「惜別の移転閉店またいずれ」カテゴリーアーカイブ

BAR「2nd Radio」で 店内に色濃い隠れ家的空気

radio01.jpg ベルコモンズから西麻布方向へ。 外苑西通り左手のビルの小さな看板がさりげなくその在り処を知らせています。 ちょっと押し開くのを躊躇わせるような堅牢な質感のドアから階下へと。 カウンターに運良く残り2席の居所を得られました。
何をいただいたか記憶していないのがとても残念(笑)。 でも、知る人ぞしる著名店のバーテンとのやりとりにちょっと緊張していた覚えが残ってます。 店内に色濃い、隠れ家的空気と一緒にね。
「2nd Radio」 港区南青山2-29-8 和幸ビルB1F 03-3405-5233
column/00595

日本料理「三人百姓」

sanninbyakusho.jpg庄屋というか農家というか、農具があったり囲炉裏があったり、よくわかんない骨董の品があったりの、でもまあ小料理&居酒屋。
こなすの漬物がおいしかったよ、おかーさん。あと汲みだしとかのお豆腐料理も美味です。

sanninbyakusho01

「三人百姓」
横浜市中区弁天通6-79港和ビル [Map] 045-212-1714

column/00048

Cuisine Francaise「Le CoCon」で 繭と呼ぶかまくらに篭る夜

lecocon.jpg 渋谷の「繭」と同方向のコンセプトになる、 繭(ル・ココン)を模した個室が印象深いフレンチ系創作料理の店。 こちらは繭というよりは、雪でつくる「かまくら」にも近い形状の狭い個室に案内されました。 四つん這いに屈まないと入れないのがなんとも不可思議な、でも篭る感じがちょっと楽しい、妙な空間です。
料理をサービスする方もなんだか大変そうだったね。 赤で「ホロホロ鳥のロースト」かなんかをいただきました。 サンプラでの達郎のコンサートから足を伸ばしてこちらへ。
「Le CoCon」 渋谷区鶯谷町2-8 ユニオンスクエアビル B1F・1F 03-5459-5366
column/00278

ristorante「DA Noi」で キャベツのスパゲティー

danoi.jpg すでにもう老舗の領域にあるかもしれない、ここダノイ。
でもその実、家庭的な雰囲気と活気が嬉しい親しみあるお店です。
思いのほか狭い店内に居場所を確保するには今でも要予約の状況のよう。
夜はコースで。

キャベツのスパゲティーが面白い。
アンチョビの塩っけと香りがキャベツの甘さとよく合うのですね。
全体に抱く印象は、なにかが突出したりガツンと強い要素のない優しい仕立て、かな。
ワイン呑み過ぎたのか、酔っ払いモードで外苑西通り。
「ダノイ」は、広尾駅から西麻布方面、日赤病院下信号を左折して、さらに右折した右手ビルB1階です。
1階は併設のカフェになってます。

「DA Noi」
港区西麻布4-6-7麻布司研堂ビルB1F [Map] 03-3797-4444
http://www.danoi.jp/

column/00445