「四谷神楽坂お濠沿い」カテゴリーアーカイブ

飯田橋ワインバル「八十郎」で南豪州産ヤルンバの夜料理により個性的な表情を変える

hachijyuro飯田橋というとどちらかと云えば外堀通り側に出ることが多くって、そのまま神楽坂上に向かっててろてろと上がっていくシチュエーションが多かったりする。
早稲田通りを千代田富士見の丘に進めば、そうそう「青葉」の並びの餃子「おけ似」は健在だろうかと急に気になったりする。
九段下へと至る目白通り側にもお店が続いているものの如何にも幹線通り沿いの雰囲気の光景が思い浮かびます。

東西線で向かったこの夜は、
当てずっぽうに飯田橋駅のA2出口から地上へ出る。
と、目の前に早速目的地のサインを見つけてしまう。
今夜は、飯田橋ワインバル「八十郎」にお邪魔です。

促されるまま階段を辿った二階の天井は、
旧き木造建屋を利用した風情。hachijyuro02hachijyuro01誂えてくれたテーブルを囲むよう腰掛けて振り返れば、
網入り硝子越しにさっき出て来たメトロの出口が見下ろせます。

今夜のお題は、
まだ耳慣れない「ヤルンバ」というワイン。hachijyuro03コーナーのテーブルに何気なく飾られています(笑)。

「Carlsberg」で乾杯の後、
早速グラスに注いでいただいた「ヤルンバ」の白。hachijyuro04“割とクセがある感じ”という、
「ヤルンバ」経験のある女史の寸評に頷きつつ、
グラスを傾けます。

確かに独特の味わいではある。hachijyuro06ただ、いただいたのは「ヤルンバ」の中では比較的、
クセのないタイプのボトルらしく、
ドライで軽快な呑み口が第一印象だ。

どうぞどうぞと届くお皿には、
イベリコにハモンセラーノ。
どっちゃり載せた前菜の盛り合わせには、
田舎風パテや鰯の酢漬け、穴子のフリットなぞ。hachijyuro05hachijyuro07hachijyuro08青々をこんもりと盛られてきたのは、
最近よく目に付くようになってきたご存知、パクチーのサラダだ。

どこか素っ気ないのかもとも思っていた「ヤルンバ」が、
用意いただいたタパス的お惣菜たちと逢わせる度に、
ふっと表情を魅せては退いていく。hachijyuro09hachijyuro10hachijyuro11薫香を纏わせたカルパッチョに追い駆ければ、
実は得意分野なの!とばかりにふふっと笑顔を魅せたかと思うと、
次の瞬間にはすっと仄かな気配になる。

なんだかツレナイようでいて、
折に触れて眸を輝かせて応えてくれる感じのする「ヤルンバ」。hachijyuro14hachijyuro13ふたたびパクチーをいただいたトムヤム的アヒージョには、
ぴり辛系でオイリーな挑みにも柳腰で受け止めて、
妖しい流し目を送って消えていく。
白桃のニュアンスだったり、白い花のイメージだったり。
ただただドライなだけの白なのではなくて、
幾重にも個性的な味わいや香りの層を潜ませているような、
そんな吞み口が「ヤルンバ」の「ヴィオニエviognier」なんだ。

そんな「ヤルンバ」は、オーストラリアからやってきたワイン。
ワイナリー「ヤルンバYALUMBA」は、
オーストラリア最古の家族経営によるワイナリーだという。
その所在は、南オーストラリア洲のバロッサ。
それは地図を眺めると、南極に面した地域とも云えそうだけれど、
州都アデレード郊外のバロッサ・ヴァレー周辺には、
沢山のワイナリーがあり、
欧州からの移民によって開拓された、
優良なワイン産地として知られているらしい。
南極海をその先に控える地域の谷合がそんなことになっていたとは、
恥ずかしながらまったく知りませんでした(汗)。

“ヤルンバ”は、先住民の言葉で”すべての土地”の意。
自らをそう名付けたワイナリー「ヤルンバ」では、
バロッサ隣接の、やや標高の高いエデン・ヴァレーで、
栽培が難しいといわれる「ヴィオニエviognier」の栽培に、
力を注いでいるのだそうだ。

テーブルには脂のコクとスパイシーさで迫るお皿や、
蝦夷鹿の身肉がやってきた。hachijyuro15hachijyuro17hachijyuro19そこへ空かさず顔を出したのが「ヤルンバ」の赤。
シラーズにヴィオニエを数%程度含んだ2013年のボトルだ。

それは、ドン!と直球の赤ではなく、
オーストラリアを思わせるシラーズゆえの華やかな果実味。
それが、大胆な妖艶さの中に繊細さが顔を覗かせるのは、
少し含んだヴィオニエの悪戯なのでありましょか。hachijyuro18hachijyuro20hachijyuro21肉料理ばかりでなく、
胡椒たっぷり、カルダモンたっぷりのスパイシーなパスタにも、
ふたたびパクチーをいただいたアラビアータにもそつなく似合うんだ。

デザートに栗のカタナーラをいただいて大団円。hachijyuro22今までオーストラリアのワインの印象は、
シーラズの?ぐらいしかイメージを持てていなかった。
けれどこれからは、南オーストラリアにバロッサという産地があるんだ、
といった目線が活かせそう。
その代表格が、オーストラリア最古の家族経営ワイナリー、
「ヤルンバ」だって知ってしまったもんね(笑)。

メトロの飯田橋、
A2出口のその前にワインバル「八十郎」の古家がある。hachijyuro23心地よいざわめきの中で、
ワインに合う料理と料理に合うワインとを、
朗らかに繰り出してくれそうな雰囲気を持っている。

そう云えば、中央区役所裏の図書館へ向かう途中のあの店も、
新富町の「BROZERS」に向かう道すがらで目にしたあの店も、
どちらも確か「八十郎」。

そんな「八十郎」へは、
エスニック料理に「ヤルンバ ヴィオニエ」をぜひにとグイと推す、
サントリーの企画でお邪魔しました。
「ヤルンバ ヴィオニエ」ブランドサイトは、こちら から。
Amazonで速攻お試しも可能のようですよ。

「八十郎」
千代田区飯田橋3-7-8 1F-3F [Map] 03-6256-8063

column/03637

八幡浜ちゃんぽん「莢」で八幡浜ちゃんぽん長崎でないちゃんぽんは純和風

saya遠くはないのになかなか用事のないのが、例えば新宿御苑辺りとか。
新宿三丁目までは行っても、そこから更に四谷方向へ赴くことはなかなかない。
なんだかコワ~い新宿二丁目というエリアが障壁のように横たわっていることがその理由であることも否定できない。
でも新宿御苑そのものをゆっくり歩いた経験が未だにないことに気がついたりする。
毎年、桜の時季になるとそう思うものの、果たせていない宿題のひとつなのです。

過日、野暮用があって新宿通り沿いの新宿一丁目辺りにいることがありました。
このまま二丁目探検に挑もうかと一瞬思うも踵を返して(笑)、四谷方面へと向かいます。
四谷四丁目の信号を渡ったところで目に留まったのが、植栽の向こうにある「ちゃんぽん」の文字でありました。

あ、”八幡浜ちゃんぽん”のお店は此処にあったのか!と早速のご入場。saya01白基調でシックなインテリアは、郷土料理的麺類のお店とは思えぬ雰囲気です。

一杯だけとウーロンハイを所望して、ちょいとしたツマミに「じゃこ天」をいただく。saya02八幡浜名物と謳う所謂さつま揚げは、ご存知の通り魚のすり身を揚げた”てんぷら”。
石垣島の”かまぼこ”とは違って、その断面は如何にも鰯の小魚を擂りおろしたような色合い。
魚の滋味をそのまま香ばしくいただける感じが嬉しいところ。
ハランボとかいう地魚を使うことが多いようです。

お願いしていたのは「八幡山 海鮮ちゃんぽん」。saya03それは、スタイリッシュなフォルムのドンブリによそられてカウンターに置かれました。

蓮華で啜るスープは、軽やかにして出汁の風味が素直に味わえるもの。saya04いりこ出汁の軸を下支えするように鶏のコクが添えられている様子。
濃さで迫ることなく、ひたひたと表情を現す感じが好ましい。

麺はと云えば、押し出し方式で作ったかのよな丸い断面のツルツル仕様。saya05どっちかと云えば、スープとの馴染みよりも口元のツルツルとシコシコ食感に比重を置いた感じ。
でもでも、たっぷりトッピングしていくれている野菜や魚介と一緒に併せ食べれば、うんうん頷く食べ口になるのであります。

荒木町のキッチン「たか」で「牡蠣のバターソテー」を狙って赴いたものの、どうやら最近では夕方頃までに売り切れ仕舞いになることが多いらしく、すっかりフラレた足をふたたび四谷四丁目にへと向けました。

この夜お願いしたのは「ちゃんぽん」ならぬ「八幡浜 焼ちゃんぽん」。saya06オーダーが通るとすぐに具材が用意された様子で、北京鍋の煽り所作が始まります。

焼きちゃんぽんなので、当然のように麺を浸らすスープはない。saya07でも、立ち昇る湯気の中には、過日嗅いだと同じスープの匂いが含まれています。

ドンブリに盛り付けた所為もあるけれど、麺も具も十分なたっぷり感。saya08焼いたちゃんぽんは、つまりは皿うろんやないんかと長崎の郷土料理を一瞬思い浮かべるけれど、思えば福建料理がベースといわれる博多ちゃんぽんは豚骨も使った白濁スープ。
八幡浜ちゃんぽんは、いりこなどの煮干し出汁主体の実に和風な麺料理なのだ。

それぞれの系譜は詳しくは判らないけど、所違えば品変わるのもまた愉しくも面白いことでありますね。saya09久々に博多の屋台の「焼きラーメン」が食べたくなりました(笑)。

四谷四丁目の交叉点の「莢」は、初めて出会った八幡浜ちゃんぽんの店。saya10八幡浜(やわたはま)ってどこかといえば、四国は愛媛県の佐田岬半島の付け根辺り。
豊後水道の近くゆえ、八幡浜港には地魚もいろいろ揚がるに違いない。
愛媛には、松山しか訪れたことがないので、四万十川から宇和島、八幡浜と巡る旅なんかいいかもなぁなんて思います。

「莢」新宿四谷本店
新宿区四谷4-9 グゥビル 1F [Map] 03-6380-4938

column/03549

旬菜と地酒「萬屋おかげさん」で 皮剥秋刀魚肝和塩むすび大団円

yorozuya.jpg日頃主として墺太利で暮す方を囲んで、 帰国の機会を捉えてのご一献。 何処のお店にご案内するのがよいかなぁと、 なけなしの抽斗から思案する。 とっても渋~いオヤジな居酒屋はどうだろう、 カウンターだけの焼き鳥屋だと皆で話難いし、 いっそのこと池尻のフレンチなんかどうかと、 予約してみたりして。

でも、やっぱりフレンチじゃないでしょうと省みて、 予約を入れたのが、お久し振りの「萬屋おかげさん」でありました。

四谷三丁目交叉点の地上に上がり、 荒木町界隈のご機嫌を窺い乍ら、新宿通りを四谷駅方向へ。

判らずに通り過ぎてしまうひとあり勝ちな、 雑居ビルの入口を思い出すようにしながら、到着します。 ちょうど、PUB&SCOTH「cheerio」のお姐さんがスタンド看板を出すところ。 いざ、地階へと向かいましょう。

予約の名を告げ、掘りテーブル席のひとつに落ち着いて。yorozuya01.jpg振り返り眺める馬蹄形のカウンターでは、鍋が微かに湯気を上げています。 何を炊いているのでしょう。

yorozuya02.jpg ご案内の、今夜のおまかせ料理の黒板をじっとみる。 これが此方での愉しきひと時の口開きです。

最初だけの麦酒で乾杯して迎えたのが、「新銀杏の素揚げ」。yorozuya03.jpgこの時季ならではのオツな恵みのひとつ。 腐った果肉の匂いは難儀だけれど、洗浄や天日干しなんかの手間をいただくと、 こうしてとっても美味しくいただける。 有難いことでありますね。

お通しとして頂戴したのが、おからのお惣菜。yorozuya05.jpg滑らかにしっとりとしたおからの細やかな美味しさ。 お通しで実力が測れる、なぁんてことも云われますが、 そうであれば、此処が間違いのないことを確かめ、 そして以降の展開を期待させてくれる小皿だと云えましょう。

次のお皿の綺麗な白身は、「竹岡の活け真鯛 煎り酒で」。yorozuya04.jpg竹岡というのは、内房・富津のこと。 おろしたての鯛の身が、ほんのり酸味の煎り酒にそよいで、いい塩梅。 醤油に浸しちゃったら鯛のこんな繊細な味わい、知ることができません。 そうそう、今はなき高輪台の「梅乃家」は、竹岡式らーめんの店だったなぁ、 そんなことも思い出したりなんかして(笑)。

お酒はというと、「東光」で知られる山形・小嶋総本店の純米大吟醸「洌」から、 佐賀「鍋島」の純米吟醸・山田錦へ。

粗塩を盛った小皿には、「揚げたて蓮根のさつま揚げ」。yorozuya06.jpgはふほふいただけば、蓮根の甘さ風味が解れ出る。 ちょんヅケした塩の効果、絶大であります。

鯛と同じ竹岡からの「活き皮はぎ 肝あえ」が小鉢が届く。yorozuya07.jpg河豚より断然美味いと思い込んでいる皮剥をいただけば、 嗚呼、堪らん! そして、底冷え極寒の船上でただ一匹だけ釣れた時のシーンを思い出す。 警戒心の強いおちょぼ口な魚は、素人には釣るに難儀だったのであります。

長崎の鰹は、「わらあぶり」に加えて「づけ」までも。yorozuya08.jpgyorozuya09.jpgきちんと藁で炙るお店は、意外と多くない。 炙って包んで活性化した旨味と香りに唸り、 ヅケで纏ったほの酸味にまた唸ります。

唸ると云えば、秋口に酒呑みを唸らせる逸品のひとつが、 「秋刀魚刺しの肝あえ」。yorozuya10.jpg厚岸から届いたという、ザ新鮮なしっかりとした秋刀魚の身に、 肝の滋味が絡みつく。 同じ台詞、嗚呼堪らん!がまた脳内を駆け巡ります。

片口には、美山錦主体だという澄んだ旨味の「小左衛門 純米吟醸 ひやおろし」の滴。yorozuya11.jpg代わる片口に注がれたのは、 青森は「陸奥八仙」の純米吟醸原酒華吹雪だ。

竹製のおにおろし器を想像しながら、「新潟の舞茸 鬼おろし」。yorozuya12.jpgキノコが恋しい季節になってきた。 「雪国まいたけ」も新潟の南魚沼の会社だけど、 舞茸の国内シェアはその六割が新潟県みたいだね。

yorozuya14.jpg そんな頃には、特別純米「杉勇(すぎいさみ)」生酛辛口+14原酒。 茨城の「来福」の仕込み水を添えてもらいます。

酒肴の最後を飾るのが、「栗原豆腐と皮はぎのカマの煮付け」。yorozuya15.jpg皮剥のカマの煮付けなんて口にするのは勿論初めて。 澄んだ滋味がこれまた佳いのであります。 栗原豆腐店は、お近く四谷三丁目、創業120有余年の老舗豆腐屋さんらしい。

そして、「萬屋おかげさん」のシメといえば、ご存知「塩むすび」。yorozuya17.jpgyorozuya16.jpgyorozuya18.jpg 塩梅のいい、美しくさえもあるおにぎりをパリパリの板海苔に包んで齧り付く。 そこへ椀のお味噌汁。 大団円で御座います(笑)。

美味しい日本酒と旬の酒肴たちが揃う、 云わずと知れた四谷の銘居酒屋「萬屋おかげさん」。yorozuya19-01.jpgご無沙汰しているうちに、料理がコースになっていた。 黒板からどの酒肴をお願いしようか悩むのも愉しみのうちだったけれど、 日本酒の銘柄も含めて、まさにすっかり「おまかせ」して委ねてしまうのも悪くない。 “おかげさん”で、いいひと時が過ごせました。

口 関連記事:   旬菜と地酒「萬屋 おかげさん」で 日本人に生まれてよかったー(08年08月)   竹岡らーめん「梅乃家」で 竹岡式らーめん甘いタレ味と玉葱細麺(10年06月)


「萬屋おかげさん」 新宿区四谷2-10 松本館B1F [Map] 03-3355-8100 http://www.okagesan.net/
column/03470

鮨「てる」で 7席のカウンター真鯛昆布〆墨烏賊子供小肌秋刀魚

sushiteru.jpg例えば、神楽坂の裏道とも同じように、 その風情が好きな小道が、荒木町の裏通り。 新宿通りから進んだ杉大門通りを車力門通り方向に右に折れた、柳新道通りという筋が特に佳い。 小料理屋に居酒屋にバー、スナックなどが落ち着いた様子で佇んでいる具合が堪らない(笑)。 今宵ふたたび、柳新道通りへ参ります。
柳新道通りといえば、 以前お邪魔した焼酎屋「羅無櫓」の近くだろうと思っていたら、 一軒置いてのお隣だったのが、目的地の鮨「てる」。sushiteru01.jpg真新しい白壁のちょっと先に、「羅無櫓」前にある将棋盤が覗いています。

横桟の引き戸を引けばすぐに、L字を描く白木のカウンター。 そこは、都合7名さま限定のこじんまり。 すっきりとしたカウンターに、スマートな硝子ケースが載っています。 おつまみ~にぎりのおまかせでお願いしました。

麦酒の中瓶をいただいての小鉢は、万願寺唐辛子を炒めたもの。 続いて、星鰈と真鯖のお造りに翠の玉子を頂いた牡丹海老。 澄んだ、透明感のある味わいでスタートです。

冷やでいただくお酒は、静岡の「喜久酔」。 穏やかで呑み易いお猪口となります。

戻り鰹のたたきは、気仙沼からのもの。 薬味に添えた茗荷がいい香気です。

醤油漬けしたいくらは、極薄いその皮が柔らかく弾けて、 海の旨みをとろーんと味わえる。

太刀魚の焼きものには、酢橘に茗荷。 載せた器も熱く、ほろっとしたその身に品のいい脂が帯びて、美味しいな。

ファサードの白壁の脇で揺れていた風鈴。sushiteru02.jpg7席というこじんまり感は、カウンターの客相互とご主人との一体感を生んで、 自然と会話を交わすようになって、静かな和気藹々。 聞けば、何度も予約の電話を入れるのだけど、いつも満席で、 やっと来れたと仰る先客さんもある。 それで、前日に電話を入れて予約が出来たのは、 物凄ーいラッキーだったのだと知ったりして(笑)。

にぎりの最初は、真鯛の昆布〆。 明らかに小さくにぎるスタイルで、かつスラッとしたそのフォルム。 昆布〆した鯛の独特の香り。

サクッとした歯触りが印象的な墨烏賊の子供。 赤貝には、酢飯が酸っぱめになった。

新子のちょい大きいクラスの小肌。 ハラリと解ける舎利の塩梅がいい。

利尻の馬糞雲丹の軍艦に、 海老は才巻よりちょっと大きいくらいのもの。 秋刀魚、美味し、脂の加減よく。

ここで、大とろ。 穴子はツメで。 小さいにぎりでも、十分に満たされてくるものです(笑)。

にぎりの印象は、透明感があり、軽やかで、繊細で、いい。 ただ、その分、味わいの芯が頼りなく思う瞬間もある感じだ。

荒木町柳新道通りに、居心地よき新進の鮨「てる」がある。sushiteru03.jpg訊けば、若きご主人は「てる」さんではなくて、智弘さん。 「てる」の名は、ご主人のお祖母さんからいただいたものだそう。 お祖母ちゃん子だったというご主人のお祖母さんは、群馬にお住まいの御歳90ン才。 自分の名前が付いたお店ならもう、何度も店を訪れていても不思議じゃないと思うところ。 ところが件のオバアちゃん、此処へは一度来たっきりだという。 なにせ肉好きなもので、なんですって(笑)。

口 関連記事:   本格焼酎屋「羅無櫓」で おまかせ吟味役小あじ唐揚げ蒸野菜鍋(10年09月)


「てる」 新宿区荒木町7 [Map] 03-5379-8138
column/03305

かつれつ「四谷 たけだ」で 軽やかカツレツと軽やかカキフライ

takeda.jpg四谷しんみち通り入口の洋食店といえば、 誰もが知ってる洋食「エリーゼ」。 オムライスにカツカレー、大きなハンバーグに大きなポークジンジャー。 エビフライにカニコロッケ、「ぽてころ」まで。 「メンチカツ定食」「ビーフトマト定食」もお気に入り。 いつも混んでいるのが玉に瑕。

そんな「エリーゼ」は、黒地のテントに大きく描いた筆文字のロゴが印象的なファサード。takeda01.jpgニュー新橋ビルにも登場したかと思っていたら、意外と間もない閉店を知る。 そして、相前後して、本丸の四谷のお店も閉めたと聞きました。

本丸の事情が新橋と違うのは、閉店した翌日に引き継ぐように揚げ物の店を開店させたこと。 店名とテントとメニューは変わっても、装いは大筋そのまま。 かつれつ「四谷 たけだ」は、間違うことなき「エリーゼ」の継承店だ。

極寒の中、行列してたら敵わんなぁと案じつつ、しんみち通り。takeda03.jpgひとり待ちなら許容しましょとしばし待つ。

案内された店内は勿論、およそ「エリーゼ」のまま。 悴んだ指先を温めながらカウンターの一席に落ち着きます。

takeda04.jpg新生「たけだ」のメニューは、豚ロース、豚ヒレ系カツの定食に鶏肉カツ、 牛肉カツにメンチカツ定食。 別掲のカキ料理を含めた魚介系のフライにカレーあれこれ。 オムライスやハンバーグ、ポークジンジャーといったフライパンメニューは割愛中だ。

ご注文はやはりここからとお願いしたのが、「ポークカツレツ定食」。 明るい色合いに揚げた衣のカツにデミグラスソースがたっぷり。takeda05.jpgどれどれとやおら齧りつくとこれが、意外なくらいにさくーーーーってな歯触り。

軽やかさこの上ない衣がソースを纏って持ち上げてもなお、さくーーっとしてる。takeda06.jpgこんなに軽やかなカツレツは初体験かもしれません。


こんな衣でカキフライしちゃったら、どうなるのだろうと改めてのしんみち通り。 またまた、ちょうど満席のしばし待ち。

やや粗めのパン粉がおよそ均一に牡蠣の身を包んでる。takeda07.jpg箸でそっと優しく掴んで、そっと歯を立てる。

ああ、期待通りの軽やかさ。takeda08.jpgこんな軽やかなカキフライもまた初めてだ。 香ばしさのための胡麻油とかコクを添えるラードなどを使わず、 コーン油100%で揚げているらしい。 酸化し劣化した油じゃこうはいかないとすると、 上等な天麩羅店よろしく油を頻繁に交換しているのでしょう。

洋食「エリーゼ」が昇華して揚げ物に特化した、かつれつ「たけだ」。takeda09.jpg2代目店主が自らの姓を店の名に掲げたその覚悟にふと思い至ります。


「四谷 たけだ」 新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1F [Map] 03-3357-6004
column/03247