「豊島おへそ池袋文京区」カテゴリーアーカイブ

野菜を食べるカレー「Camp Express」で完全食に生姜焼きカレー

camp.jpg山手線の車両から池袋駅のホームに降り立つ。 階段を降りようとしたところで、 お、今日もやっぱりと思うことがある。 それは、ホーム周辺に漏れ漂っているカレーの匂い。 その匂いの主がどこにあるかといえば、 ホームからそのまま階段を辿ったところ。
山手線外回りホームの階段を降りて正面にあるのが、 時に空席待ちの行列をつくっているカレースタンド「Camp」。camp01.jpg以前は別のカレースタンドがあったような気がします。

「Camp Express」は、その名の通り、 “キャンプ”をコンセプトにした作り込みに徹したお店のスタンド版。 そう、キャンプといえば、カレーだもんね(笑)。

店内は、右手に洒落たバンガローを思わせるアメリカングリーンの板壁。camp02.jpgcamp03.jpgリックサックが幾つも飾られているかと思えば、 柱には飯盒が幾つも並んで、ご丁寧に野山歩きのガイドブックなんぞをあしらってある。 スタッフは、「Camp」と白抜きしたオリーブグリーンのTシャツにレインハット。 もう、雰囲気出しまくりであります。

用いる食材にも当然のように自然派な拘りたっぷり。 届いたばかりと思しき野菜の絵柄の段ボール箱や 艶のよい緑や赤や橙の野菜たちが店の隅に何気なく置かれてる。 中央のショーケースにも幾つかの食材がスタンバイ。 土香る有機野菜っていいよねと思う、そんなひと達を惹きつけています。

camp04.jpg まずはと気になるメニューはやっぱり、 太鼓判!と謳う「一日分の野菜カレー」。 厚労省推奨の一日の野菜の摂取量と同等という350g以上の季節野菜を使っているらしい。 そこへ「鶏手羽煮込み」をトッピングすればなんと、 「完全食セット」になってしまうという。

すっかりオープンなキッチンではふた皿同時進行のオペレーションが望める。 その所作には、早くブレなくカレーを提供するための細かい工夫が色々ありそうで興味深い。 脇では、電熱のプレートがカレーを盛るフライパンを熱くしています。

お熱いのでお気をつけくださいと注意喚起してくれつつ、 鍋敷きの上にスッと据えられた「完全食セット」のフライパン。camp05.jpgふつふつとして、湯気を上げています。

camp06.jpgスプーンは、カウンターの各所に置かれた飯盒の中に用意されていて、 取り出せばそれは、スコップ型。 正直云ってちょっと持ち難いけれど、それはキャンプでのご愛嬌(笑)。 お冷は勿論、水筒にて準備されています。

カレーそのものは、トマト由来とも思う酸味の利いたもの。 如何にもルーを用いた濃度のあるタイプではなくて、 スープの旨味がそのまま活きるような、 さっと湯掻いて炒めた野菜たちとすぐに仲良くなりそうな仕立てです。

金柑みたく黄色い実は、イエロートマト。camp07.jpgその下でごろごろと折り重なるように顔をみせている野菜は、 トマトに茄子、カリフラワー、蓮根に南瓜、じゃが芋、薩摩芋。 パプリカ、小松菜、さらには舞茸、占地、エノキと続く。 生野菜って意外と沢山摂れないけど、 こうするとはふぃはふぃ云いながらペロッと平らげることができてしまう。 こんな量なのですね、厚労省担当者殿(笑)。


ラーメン店にも朝メニューがあるご時世ゆえ、 「Camp」にも朝食メニューがあって、 その中にある「朝のしょうが焼きカレー」が気になっていました。 でも、その時間帯にお腹を空かせて池袋にいる機会がなかなか、ない。 と、思っていたらいつの間にか、通常メニューにも「生姜焼きカレー」が登場していました。

そんな要望相次いだのかなぁなんて想像しつつ、 早速お願いした「生姜焼きカレー」が、 これまたふつふつとしながらやってきました。camp08.jpg瑞々しくも繊細に刻んだキャベツがたっぷり。 それに負けじと豚バラ肉と透き通った玉葱が肩を寄せている。

どれどれと生姜焼きな部分をスコップ型のスプーンで杓っていただけば、 カレーに負けじとジンジャーな香りがたっぷりと豚バラの甘さを包んでる。camp09.jpg千切りキャベツを折り込みながら、 トッピングした温泉玉子を崩しながら、 これまた、恥ずかしいくらいに一気に平らげてしまうのです。

JR池袋駅のコンコースに、 野菜を食べるカレーの駅ナカスタンド「Camp Express」池袋店。camp10.jpgcamp11.jpg本丸は代々木の北参道の交叉点近くにあるらしい。 そして、改修の進む所沢駅の駅ナカにも新店舗ができました。


「Camp Express」池袋店 東京都豊島区南池袋1-28-2 JR池袋駅構内 [Map] 03-3987-7575
column/03339

中国家庭料理「楊2号店」で 四川風麻婆豆腐特製汁なし担々麺

yan.jpgそれは、陽射し強き真夏の日の想ひで。 池袋西口の芸術劇場が閉鎖されている様子を不思議に思いながら、信号を渡って路地へと入り込む。 勝手知ったるその路地はそのまま左に折れて、その先の路地へと導きます。 その先の路地が右へと折れる角にあるのが、 ご無沙汰の中国家庭料理「楊2号店」です。
汗を拭き拭き昼下がりの店の扉を開くと、ピーク時を過ぎたまったりした空気。 もう、まかないを食べ始めようかと、 そんな雰囲気がなんとなく熱帯のアジアっぽくって夏に似合う。 なんだか、青島啤酒が呼んでいます(笑)。

麦酒のグラスを傾けながら、まずはやっぱりと思うのは、 焼き餃子に麻婆豆腐。 辛さ控え目も出来ると云ってくれるけど、そこはノーマルで。 およそ間もなく「四川風麻婆豆腐」のお皿がやってきました。

自家製の辣粉、花椒が香る、と謳う麻婆豆腐。yan01.jpgその”辣”は、ぴりひりと迫りながらも、加減の良さと柔らかさがあり、 その”麻”は、ひりぴりと風味豊かにして、次のひと匙を誘う。 うんうん、美味しいぞ。 ご飯、ゴハン(笑)。

続いて届いたのが、楊特製「汁なし担々麺」。yan02.jpgyan03.jpg麺を盛った楕円のお皿の片側に挽肉のそれが載り、 反対側には砕いた南京豆のそれが載っている。 一見すると担々麺らしい辣さのモトは窺えません。

真ん中に載る青菜ごと、お皿の底の方からひっくり返すようにすると、 持ち上げの良い肌合いのストレート麺が、 挽肉や南京豆を引き連れて、みるみる橙色に染まります。yan04.jpg

旨そーと早速、口の周りを橙に色付けながら啜れば、 ナッツとラー油のまったりしたコクに辛味の刺激が加わって、 瞠目する美味しさ。yan05.jpg胡麻ペーストの担々麺も好みだけれど、ナッツ使いの担々麺もいい。 汁なしに適した、麺そのものもなかなかイケるであります。

焼き上がった「焼餃子」は、羽付きの。yan06.jpgyan07.jpg手打ち風やや厚の皮に包んだむっちり派。 ラー油にとっぷし浸して囓れば、青み彩るシンプルなあん。 ああ、満足満腹だー。

池袋西口の路地にある、四川系中国家庭料理「楊 2号店」。yan08.jpgyan09.jpg壁には、擦り切れ千切れした貼り紙に、 池袋店開店当初の楊さんのメッセージ。 五坪の狭さだという十条店に対して、池袋のお店は2番目のお店。 でも3番目のお店はないよねと思ったら、いつの間にか3号店もあるのだね。

口 関連記事:   中国家庭料理「楊2号店」で 尾を引く汁なし担々麺辛くて辛くない(06年07月)


「楊 2号店」 豊島区西池袋3-25-5 [Map] 03-5391-6803 http://yang0123.web.fc2.com/
column/03322

喫茶「ルオー」で セピア色したゆっくりな時間とセイロン風カレー

rouault.jpg本郷の赤門の前に立つとどうしても、 学生時代の懐かしさが込み上げて…。 と、そんな気配は勿論まったくないけれど(笑)、 云わずと知れた最上位の最高学府だもの、 存在感はあって然るべき。 そんな東大の敷地を右手に本郷通りを往き、 赤門前を過ぎて少々。 歩道上に煉瓦を模した意匠の看板が見つかります。

きっと極端なへそ曲り以外の東大生が一度は訪れたであろう喫茶「ルオー」。 「ルオー」は、セイロン風カレーで有名らしい。rouault01.jpg界隈にはそうそう来る機会も多くないので、ちょっと寄り道してみましょう。

店内は、セピア色した、如何にもの落ち着いた雰囲気。rouault02.jpg椅子に座る頃には、さっきまでの時間がゆっくり流れはじめるのが分かります。 椅子の背凭れには、喫茶店らしい意匠の刳り貫き。rouault03.jpg永く使われてこその風合いが木目の艶に現れています。

rouault04.jpg 眺めるメニューにお食事系は他になし。 その名もそのまま、「セイロン風カレーライス」をいただきます。

滑らかなピアノ流れるクラシックは、どなたの曲でしょう。rouault05.jpgじゃが芋と肉片とを戴いたカレーのお皿が届きました。

どこがどうセイロン風なのか、とちょっぴり身構えつつスプーンを動かすと、 そんな食べ手の余計な力みなんてどこ吹く風。rouault06.jpgrouault07.jpgスパイシーな辛さやコクが主張するでもなく、 突出した風味で演出する訳でもない。 かといって、お家カレーとは何かが違う。 そして、じわりじわりと美味しさが伝わってくる。 繊維に沿って解すお肉は果たして、 すっかり脂を落とした豚肉か、胸肉あたりの鶏肉か。

セイロン島には行ったことがあるのですか、 なんて訊くのはまさに野望なことだと思えてくる。 実際のところはさて置いて、 「だから”風”なんですよー、笑」みたいなご主人の笑顔が容易に想像できる。rouault08.jpgセットのアイスコーヒーをいただきながらそんな風に思うのでありました。

ラッキョウを丁寧にスライスしてある感じとか、 喫茶店なのに禁煙にしてくれているところなんかも、いい。 二階の席も同じように禁煙なのかな。

本郷通り東大前、本郷郵便局並びの「ルオー」は、昭和27年開業の老舗喫茶店。rouault09.jpg店名の”ルオー”は、”Rouault”と綴る。 そうなのかどうか訊き損なってしまったけど、 “Rouault”はどうやら、フランスの画家「ジョルジュ・ルオー」に因むものであるらしい。 そうか、セピアの壁に掛かっていた額の幾つかは、「ルオー」の作品を飾るものなのかもしれないね。


「ルオー」 文京区本郷6-1-14 [Map] 03-3811-1808
column/03273

中華そば専門店「ホープ軒」で 今や懐かしの一杯とんこつ醤油

hopeken.jpg大塚有数の酒処「こなから」で、 気の利いた酒肴をあてにあれこれ呑んで酔った夜。 なはははと笑いながら(笑)、駅へと向かう道すがら。 ちんちん電車が目の前を往く。 そしてその向うに「ホープ軒」の黄色い看板が誘っていました。
誰からともなく、喰っちゃう?ということになる。 嗚呼、禁断の呑んだ挙句の夜半らーめん。hopeken01.jpgでも、たまにはいいよねと自分に言い聞かせ、そうとなればもうなにをどう啜っちゃおうか考えはじめます。 「ホープ軒」で思い出すのは、千駄ヶ谷の本店や吉祥寺のちょい路地の店か。 確か、環七の高円寺陸橋近くにもあったはず。 いまはもっと増殖しているのか、 それとも今どきのラーメンに押されて衰えてしまっているのか。 なにはともあれ、ものすごーく久し振りの「ホープ軒」のラーメン。hopeken02.jpgシンプルに「ラーメン」、でも「玉子」を味付で。 「ニンニク」もちょっと入れてもらっちゃいましょう。 ああ、そうだ、そうです、そうでした。 やや薄めのような気もするものの、その頃、思い出しては時折無性に食べたくなった動物系エキスがうるっと滲む醤油とんこつスープを思い出す。hopeken03.jpg見た目を裏切るさっぱりとそれでも脂にとっぷり、 という味わいに麻薬的な魅力を感じたものです。 むにっとした自家製麺での持ち上げも悪くない。 化調云々もかん水っぽさも不思議とどこ吹く風な気分。 hopeken04.jpghopeken05.jpg これがご馳走だったのだよなーとノスタルジックな気持ちを膨らませつつ、 また啜るのであります。

荒川線の車窓を彩る黄色い看板が目印の中華そば専門「ホープ軒」大塚店。hopeken06.jpg hopeken07.jpghopeken08.jpghopeken09.jpg “中華そばなら中華そばの”元祖・ホープ軒、が謳い文句。 開けっ放しの店構えは、屋台の名残りか。 他には、阿佐ヶ谷や古川橋にもあるらしいけど、 まずは千駄ヶ谷に行ってまた、懐かしい想いに浸ろうかな。 口 関連記事:   居酒屋「こなから」で のどぐろ真鱈白子焼酒盗和え酒肴いきいき(10年12月)


「ホープ軒」大塚店 豊島区北大塚2-14-8[Map] 03-3940-0982
column/03084

居酒屋「こなから」で のどぐろ真鱈白子焼酒盗和え酒肴いきいき

konakara.jpg夙に知られた大塚の酒処「こなから」。 以前この近くであった研修からの帰り道に、その在り処は確認済だったのだけど、その後なかなか来れず仕舞いでありました。 暮れ泥む大塚駅の北口から荒川線の踏切を渡り、ここは結局何叉路?と訝りつつ、その先斜め左方向へと進みます。 「こなから」は、開店まであともう暫く。 あ、灯りが点ったね。
所謂、桜に赤短、でしょうか。 花札を模した刺繍が印象的な暖簾を一番のりで潜り、案内されたテーブルへ。 あとからあとからどんどんお客さんが入ってきて、カウンターが埋まりはじめます。 薄張りグラスでちょんと乾杯して傾ける、泡の肌理細やかな麦酒は「ブラウマイスター」。 konakara01.jpgそして、お通しの如くまず届けてくれたのが、蜆の味噌汁です。 蜆の成分が肝臓を労わってくれるということが脳裏を過ぎって、流石気の利いた酒処であると思ったりします。 口開きに、三陸の「生かき」をいただきます。konakara02.jpg酢橘をちょっぴり搾って、そのままずるっと口へ滑らす。 あらかじめあっさり利かせたポン酢も助力になって、いいね、やっぱり。 銚子の「金目鯛」、気仙沼の「戻りがつを」、新島の「シマアジ」、神津島の「黒ムツ」と気になるところばかりを取り揃えてくれたお造りのお品書き。 そこから気になる最右翼、焼津の「のどぐろ」を選びます。 「あかむつ」のことだっけねなどと云いながら。 konakara03.jpgkonakara04.jpg 炙った皮目を愛でつつ、その一片におろし立ての山葵を載せていただきます。 断面からも窺えた通り、これまた肌理の細かい脂が品良く迫る、粋な佳肴でございます。 日本酒へと走る前にと、品書きの端にみつけた「ハイボール」。 「PEAK使用」ってなんだろう。 すると、黄色いラベルの一升瓶をグラスと一緒に運んでくれました。konakara05.jpg「PEAK」というのは、岐阜の銘酒「醴泉」の蔵元玉泉堂酒造が醸すウイスキー。 炭酸越しではあるけれど、キリッとしたボディがありつつまろやかな呑み口、ってそんな感じがする。 家呑み用の「角」から、こちらに浮気しようかしらん(笑)。 そこへ、お願いしていた「真鱈の白子焼き」がやってきました。 品書きの上で目にしたら、注文まずにはいられない!ってね。konakara06.jpgグラデーションにてかる焼き色がもう堪らない。 しっかりと張りがあるのはきっと、鮮度の証。 早速口に運べば、解けるクリーミーと弾ける滋味。 ああ、なんの文句もありませんと目を閉じる。 お猪口には、お品書き筆頭、福井の「早瀬浦」純米吟醸から。konakara07.jpgそのあと、同じ「早瀬浦」の山廃純米原酒、そしてお燗で純米酒と進めてゆきます。 konakara08.jpg「青とうがらしのだし巻玉子」は、ふわりと静謐。 優しい甘さのあとから、すすすっと青唐辛子の薫りと辛みが通り過ぎる。 なるほど、こふいふ手があったのだね。 京都からの「堀川ごぼうのから揚げ」。konakara09.jpgそうだ、錦市場のアーケードで眺めた堀川ごぼうは、でっかくて太い牛蒡だったもんな。 しゃくっとした歯触りのあと、土の香りとともに甘いような旨みがふっとやってくる。 はふほふ。 うーん、旨い。 もいっちょ牡蠣もの「かきとうすあげ玉子とじ」。konakara10.jpgしっかりひいた出汁にふわふわと玉子とお揚げが浮いて、そこに牡蠣の身が見え隠れ。 硬くならないように炊いた牡蠣をみつけては、先を争うように、はふはふはふ。 「早瀬浦」をつつつつつー。 きっとそれだけでも澄んだ甘さが存分に愉しめそうな富山の白海老は、 「白えびの酒盗和え」に昇華。konakara11.jpgうはは、燗酒にも至極当然によく合うのであります。 そして、佳肴の揃う「こなから」のお品書きにあって、 更に「酒の肴」と括った中からお願いしたのが、若狭の「鯖のへしこ」に佐渡の「ゴロいか」の一緒盛り。 ぎゅぎゅっと凝縮したへしこの旨みは、なるほどお酒を誘う逸品。 konakara12.jpgkonakara13.jpg 「ゴロいか」の「ゴロ」とはどうやら肝のことのようで、炙った烏賊にとろんと垂らした肝のタレのほの苦さがいい。 ということでまた、お猪口に手が伸びるのだ。 konakara14.jpg入口脇の柱に掲示板があって、 そこにはびっしりと名刺やチラシが貼られています。 中央には、桜の中の赤い短冊に「こなから」。 その花札を囲むように、「ACCA」に「流石」、「Dhaba India」に「らーめんえにし」、「Vin de Reve」に「銀座ささ花」、「樋口」に「西尾中華そば」。 ちょうどこの宵、カウンターに訪れた若き有名ピアニストのチラシもみえる。 ここ「こなから」を訪れたひと達の足跡なのだろうね。

酒肴のひとつひとつがいきいきとした魅力で迫る、大塚有数の酒処「こなから」。konakara15.jpg「こなから」は、「小半ら」と書いて、二合半のことをいうらしい。 一升の1/4、すなわち二合五勺。 そば猪口が七勺半だそうなので、三杯で二合二勺ちょっと。 二合半くらいまでのお酒が美味しく呑めるお酒です、とこっそり教えてくれてるような(笑)。 口関連記事:  RISTORANTE「ACCA」で黒鮑のリゾットこのこのフェットチーネ(07年04月)  手打ちそば「流石」で つーっと昼酒わさび海苔焼き味噌かけそば(10年01月)


「こなから」 豊島区北大塚1-14-7[Map] 03-5394-2340
column/03055