「豊島おへそ池袋文京区」カテゴリーアーカイブ

中華そば「しながわ」で中華そばに煮干そば夜のみの稲庭中華何気なくも高い完成度

shinagawa池袋西口の五差路からちょっと要町方向へと往くと、道は今度はY字に分かれ行く。
池袋二又交番前と名付けられた信号を左に進むとそこは、立教大学のキャンパス前。
いつぞや、公的試験の試験会場になっていて訪れた立教のキャンパスは、都心にありながら緑豊かで、ミッションスクールの雰囲気が所々に感じられてなかなか素敵な大学構内だった。
思わず芝生でフォークギターを奏で始めたい感じの(笑)。
授業が終わる度に街中のビルからビルへと教室を渡り歩かなければならなかった自分にとっては実に羨ましい環境なのでありました。

そんな立教の前をそのまま通り過ぎ、
首都高の中央環状線の開通により、
妙に広くなった山手通りに立教通りがぶち当たるちょっと手前。shinagawa01そこに、時には行列をつくる中華そば店があるのです。

券売機でぽちっとしたチケットをお兄さんに渡して、
L字のカウンターにゆっくりと佇む。shinagawa02綺麗に並び揃えられた蓮華に几帳面な所作を思います。

まずはおひるメニューの筆頭、
「中華そば」中盛りに「特製トッピング」を加えたどんぶりを迎えます。shinagawa03shinagawa04決して奇を衒わない、ゆったりとコク深いスープに感心。
そして、粉の旨味を思わせる加水の低い麺がよく似合う。
何気なくも完成度の高い一杯と云えましょう。

おひるメニューのもうひとつが、
「煮干しそば」。shinagawa05shinagawa06中華そば同様、並盛り180g、中盛り250g、
大盛り320gと明記されている。
意外だったのは、澄んだスープの中華そばに対して、
脂と刻み玉葱とを浮かべた表情であったこと。
煮干しの旨味と香りを基軸にしつつも、
しっかりとしたボディのスープになっている。
うん、こっちも中々の出来栄えだ。

今度は夕闇迫る頃。
最寄りの要町駅からではなくて、
西武線の椎名町駅からアプローチ。

チケットを渡してから厨房をなんとなく眺めると、
目の前に何故だか栗駒特産のなめこの空き缶がある。shinagawa07なめこのトッピング、といったフレーズは、
メニューには見当たらない。

賄いに使っているのかな、
なんてそんなことを考えながら受け取ったドンブリからは、
麗しき匂いが立ち昇ってくる。shinagawa08

比内地鶏を主体としたというスープ。shinagawa09shinagawa10円やかな醤油で整えた海に、
そっとその身を委ねるように横たえた麺は、
スープを抱えるように馴染む一方で、
歯触りと滑らかさとを熟成した粉の滋味をはっきりと主張する。

ゴロッとした鶏の身の下を崩すと、
ちょっとしたとろみと一緒になめこが顔を出す。
成る程、なめこは夜の部のメニュー、
「稲庭中華そば」に用いられていたのですね。

立教通りのずっと先、
山手通り近くに中華そば「しながわ」はある。shinagawa11品川にあるから品川と名付けた訳ではないとすると、
どなたかの姓名を由来としているのでありましょう。
池袋と目白と椎名町との中間にあるつけ麺・中華そばの店、
「BASSOドリルマン」の2号店であるようです。

「しながわ」
豊島区西池袋4-19-14 [Map] 03-5926-6178

column/03636

武蔵野肉汁うどん「いろは」で 都電のある構図と純白な肉汁うどん

irohaその名を東京都電車荒川線。
またの名をチンチン電車。
トコトコ走るその姿は、鉄チャンならずとも、
なんとも云えずノスタルジックでどこか心躍るような、
そんな気分にさせてくれます。
庚申塚駅のホームに店がある、
居酒屋「御代家」の様子を反芻したり、
レールが軋む音を背中に聞きながらラーメン啜れる、
「ホープ軒」の表情を思い出したりしながら、
大塚駅前の停留場に降り立ちました。

停留場の双方向にチンチン電車が並ぶ構図がいい。iroha10ローズレットなんかのカラフルな車両もレトロ調の新型車両も悪くない。
90度ぐわんと曲がる軌道を眺めつつ、
居酒屋「江戸一」の店先の灯りを振り返りつつ、アーケードを南下します。

どういう訳だかアーケードの途切れた処。
そこに、武蔵野うどんの「いろは」があります。

萌黄色の暖簾を払うと、左手にテーブル席、右手にカウンター。iroha01カウンターの奥に腰掛けて、厨房を覗くと、
沸き立つたっぷりのお湯に、掬い網が泳いでいます。

iroha02お品書きから選ぶご注文は勿論、
当店一番人気と赤丸のついた「肉汁うどん」。
「かき揚げ」を添えてもらいましょう。

やや待って、届いたうどんの中盛りは600グラム。iroha03世のつけ麺だと、大盛りでも400グラムくらいの設定が多いような気がするのに対して、
つけうどんの場合には総じてたっぷりと重くなる傾向にあるようです。

茶碗のような器に注がれたつけ汁は、iroha05利尻昆布、宗田鰹節、鯖節、うるめ鰯、鰹節等を贅沢に使ったと謳うもの。
豚肉は勿論のこと、刻んだ油揚げや筒切りの深谷葱もたっぷりと浮かんでいい感じです。

太さ程よいうどんは、武蔵野うどんらしい灰褐色を帯びたものではなく、
湯上り艶やかな純白系。iroha04つけ汁にしっかりと浸して啜り上げると、
出汁の旨味の後から、澄んだ粉の風味が立ち上がる。
農林61号に思う粉の滋味とはちょと違う気もするものの、
これはこれで、悪くない。

出汁を吸った油揚げやしゃくっと甘い歯応えの葱もよい。iroha08600グラムをあっという間に平らげてしまったのでありました(笑)。

大塚のアーケード通りに武蔵野肉汁うどんの「いろは」がある。iroha09山手線の内側にある武蔵野うどんの店は他に知らない稀少なお店。
ただ、残念なことに赤羽のお店は閉めてしまっていて、
今はここ大塚店のみになっている模様。
今度は暑い日にやってきて、「赤山椒肉汁うどん」に挑戦しようかな。

口 関連記事:
  庚申塚「御代家」で めぬけかぶと煮かんはつもと都電のホーム(09年08月)
  中華そば専門店「ホープ軒」で 今や懐かしの一杯とんこつ醤油(11年02月)

「いろは」大塚店
豊島区南大塚3-44-15 [Map] 03-5985-4491
http://www.irohaudon.com/

column/03499

酒場「江戸一」で 白鷹かき醤油〆鯖鰯ぬた空中眺め合うカウンター

edoichi.jpg大塚さんもーるという横丁にある、 「天王寺 はち八」本店のカウンターで、 ハフホフッとたこ焼きや明石焼きなぞをいただいて、 フラフラッと界隈に漂い出る。 すると、近くから何やら賑やかさが伝わってくる。 足を向けてみるとそれは、 天祖神社という神社の境内からのよう。 階段を上がって行くとそこには、 一重二重の人垣がありました。

なんだろと近づいて覗き見ると、 刀を手にした御仁が、自らに気合を入れている真っ最中。 ちょうど天祖神社の例大祭の時季だったようで、 居合い奉納演舞が執り行われていたのです。

研ぎ澄ました”気”とともに、どりゃー!と振り下ろす刀。edoichi01.jpg刃を受けて、巻き藁がすぱっと斜めに切れ落ちる。

どうだ!とばかりに切り落とした断面を確かめる。edoichi02.jpg背後には、昨今のラーメン店主よろしく、腕組した同志たちが見守っている。

ふたたび標的を、ぬぬーと凝視し、巻き藁のあるところに狙いを定める。edoichi04.jpgぬぬぬー。

いざ、参るぞ!と刀を振り翳す。edoichi03.jpgむむむー。 背後のラーメン店主ポーズの者は、幹越しに小首を傾げてその瞬間を待つ。

えりゃー!edoichi05.jpg見事今度は、真一文字に一刀が振るわれ、 敢なく散った巻き藁を確かめるまでもなく背を向ける。 拍手喝采であります。 模擬の居合い刀でないとすると、真剣だということなるね。 警察への届出なんかも済ませていたのでしょう。

天祖神社の鳥居を後にして、南大塚通りを渡ったエリアを散策する。edoichi06.jpgぐるっと廻って辿り着いたのが、ご存知「江戸一」の前でした。

凛とした”気”の漂う格子戸と扁額。edoichi09.jpg窺うように払った暖簾の奥は、 これまた静謐を基調としたよな空気を帯びています。

落ち着いた肌合いのコの字のカウンター。 向かって右手には大きな鏡があって、 その先にもまだカウンターが続いているような錯覚を覚えます。

お品書きは、中央奥の頭上に下がる木札の並び。 まぐろぶつ、焼きたらこ、あん肝煮、たらの昆布〆に、 さらし鯨、鰹の酒盗、厚揚げ、カラスミ等々。 向かい側に座るご隠居さんやおひとりさま女性客の視線がちらちらと、 時折其方へと向かいます。

灘の樽酒、「白鷹」をお燗でいただきます。 「白鷹」といえば、伊勢「一月家」の看板にも刻まれていた神宮御料酒でありますね。 杉の香りがふっと漂い、オツな気分をそっと鼓舞してくるようです。

そんな燗酒のお供には、例えば「かき醤油漬け」。 広島産だという牡蠣がゆるりと醤油に滲みている。 胡椒がよく利いています。

「合鴨つくね」は、定番のひとつである模様。 串から剥がすように齧ると、ほろっと合鴨の風味が零れる。 鶏のつくねとは違う、やや強めの香りがいたします。

「いわしのぬた」というのがあったので、それを追加してもらう。 今まで鮪とか青柳、分葱のぬたは見掛けても、鰯のぬたは初めて相見える。 ふむふむ、鰯に酢味噌ってのもオツなものでありますなぁ。

そして、これまたこちらの定番のひとつであろうところの「〆鯖」。 これがまた、なんとも美しい。 容姿端麗、眉目秀麗であります。 浸した醤油に脂が滲む。 蕩けるような美味さを「白鷹」でまた拭います。

もう一品いこうかな、ってなところでさっと切り上げて長っ尻しないのも、 ちょっとした粋の嗜みってなヤツでこざいましょう。

お勘定をお願いすると、女将さんが丈の短い算盤を手に近づいてくる。 どうやら、お皿をみて勘定するようで、値段があまりバラバラしないよう、 似たような金額のものは同じ値段にしているみたい。 ご馳走さまです。

お店の中からふたたび暖簾を払うと、目の前の南大塚通りを神輿の巡行が往く。edoichi07.jpgこんな時間にも宮入するのでしょうか。

夙に知られた銘酒場「江戸一」は、大塚駅前にあり。edoichi08.jpg少しのざわめきの中で、 見知らぬ客同士がカウンターを挟んだ空中を思い思いに眺め合う。 燗の番をしていた女将さんが時折、顔を出す。 冒頭にやや感じた堅苦しさは、お店の所為ではなくて、妙に身構えた自分の所為。 ひとりの時間をそっと過ごしたいが為に訪れる客も少なからずいるようです。 両壁に据えた行燈看板が「江戸一」と示す、八方篆書にも見える書体が、いい。 あ、「江戸一」と云えば、同名の武蔵小山「江戸一」の女将さんは元気かなぁ。

口 関連記事:   居酒屋「一月家」で お伊勢参りと御酒鮫だれふくだめ老舗の風格(14年10月)   居酒屋「江戸一」で 味噌で冷トマトにオムライス女将さんの手料理(10年06月)


「江戸一」 豊島区南大塚2-45-4 三栄ビル1F [Map] 03-3945-3032
column/03463

本場台湾「線條手打餃子専門店」で 如意餃子健康美人富貴薬膳

senjyo.jpg人波のうねりを想起させるサンシャイン60通りや、 東口ロータリーを中心に混み合う東池袋一丁目。 それと対比して、夜の池袋二丁目界隈は、 ひと気少なく妖しさが増してきます。 池袋郵便局の前を通って、 うなぎ「かぶと」の店内から漂う魅惑的な雰囲気に、 すっかり惹かれながらも、敷居の高さもちょと思う。 そのまま、いつぞやの2号店を思い出す、 中国家庭料理「楊」1号店の前を通り過ぎて、 「肉のハナマサ」の方へと右折れします。

目的地は、そのマーケットのすぐ隣。 もう何度目のお邪魔になるでしょう、 黄色い看板が目印、「線條手打餃子専門店」。 両腕を広げればお店の幅に届いてしまう一間間口。 ふと石垣島の「ゆうくぬみ」を思い出させる、この間口がまず印象的です。

店内に入って、ずずずいっと一番奥へ。senjyo01.jpgといっても、通路のようなスペースに、ふたり掛けのテーブルが三卓あるのみ。 賄いいただく厨房裏にでもいるような、 ちょっとした秘密基地にでもいるような気分がして参ります(笑)。

いつもニコヤカに応対していくれるお姐さんに、 「飲み物は?」と訊かれてお願いするのは、「台湾焼酎」の「台湾茶」割り。senjyo02.jpg「台湾茶」は、烏龍茶、ジャスミン茶、阿里山高山茶、 そして、金木犀、菊の花にラベンダーと6種類をブレンドしたものだそう。 夏は冷たくして美味しく、特に冬にホットでいただくと温か美味いのだ。

餃子が出来上がる前に小皿料理の幾つかをいただきましょう。senjyo03.jpgひもかわ状に幅広に刻んだ押し豆腐とセロリをさっと炒め和えたもの。

此方は、「台湾干し大根玉子焼き」。senjyo04.jpg西蒲田の「喜来楽」でいただいた「菜脯蛋」とはちょっと違う趣き。 切干大根というと、細切りというか、短冊切りして縮んだような形状を思い浮かべるところ、 この干し大根は、輪切りした大根を干したもの、なのかな。 そんな干し大根がわさわさ入っていて、それで厚みのある玉子焼きになっている。 干し大根独特の風味が漂って、イケルよ、お姐さん!

さてさて、「線條手打餃子専門店」では勿論、餃子がメニューの中心にある。 まず度肝を抜かれるのが、その種類の多さ。 なんでも60種類程もあるらしい。senjyo05.jpg写真つきのメニューは1シートには収まり切らず、4枚にも5枚にも分かれてる。 きっと目移りして迷わない訳がない。

例えば、「えびにら餃子」。senjyo06.jpg湯掻いた水餃子にすることが多いよう。 たっぷりの韮の甘みに負けじと粗微塵の海老の甘さが迫ります。 薬膳入りのタレをつけず、そのままでも美味しいね。

そしてやっぱり、此方の代表的メニューのひとつ「如意餃子」。 焼いてもらうというのも一手であります。senjyo07.jpgsenjyo08.jpg人参、茄子、アスパラガス、キャベツ、セロリ、パプリカ、木耳など。 色とりどりの餃子の皮は、 生野菜をミキサーにかけたジュースや薬膳素材を生地に練り込んだもの。 天然の素材だけで作り、余計なものは入っていない。 だから、鮮やかな色を出すのなかなか難しくその色もすぐ飛んじゃう、と姐さん。 皮も違えば、勿論、中の具もあれこれ違って愉し美味しなのであります。

台湾焼酎の台湾茶割りのお代わりを戴いて、「台湾竹の子炒め」senjyo09.jpg柔らかで瑞々しい竹の子をぴり辛に炒めた一品。 台湾の竹の子というと、 「喜来楽」で甘いマヨネーズとともに生で食す「緑竹筍」が印象的。 那覇・牧志の「青島食堂」のカウンターで沢山いただいた記憶も蘇ります。

厨房から出ていらしたマダムにおススメいただいたのが、 その名も「健康美人チャーハン」。senjyo10.jpgそれはもう、赤や緑や黄色や黒や。 野菜や薬膳素材のあれこれを一緒炒め。 黒いのは烏賊墨ではなくて、「杜仲」という樹脂の粉末だそう。 あの、独特風味の杜仲茶の「杜仲」だね。

最後にこれまたマダムのおススメの「台湾富貴黒胡麻油薬膳」。senjyo11.jpgなにやら如何にも薬膳スープ然とした黒褐色の滴。 決して強い味ではないのだけれど、これがじわじわっと沁みる様な滋味。 飲み終わった後の鉢の底には、 クコの実、紅棗、蓮の実、金針菜、百合根などと思われるもの色々が残っていて、 それをしげしげと眺めて感心する(笑)。 木の根のスライスみたいなのは、甘草でしょうか。

中国人が多いとも云われる池袋の裏通りに、 本場台湾の餃子と薬膳料理の「線條手打餃子専門店」がある。senjyo12.jpg朗らかで元気なマダムと姐さんがぐいぐいと供してくれるのは、 美容と健康のエネルギーを美味しく得て欲しいとする愛情と熱意、 そして創意工夫と信念の賜物ではないかしらん。 本国台湾を愛し、そして今いる日本も愛してる、そんな気がいたします。

口 関連記事:   中国家庭料理「楊2号店」で 四川風麻婆豆腐特製汁なし担々麺(12年11月)   八重山そば「ゆうくぬみ」で 隅っこ心地よき八重山そば黒糖金時(12年08月)   台湾家庭料理「喜来楽」で緑竹筍絲豆腐菜脯蛋牡蠣煎大腸麺線(12年09月)


「線條手打餃子専門店」 豊島区池袋2-55-12 セピア池袋Ⅱ 1F [Map] 03-5391-0691
column/03462

中国東北家郷料理「永利」池袋本店で 夫妻肺片拌土豆絲牙签羊肉

eiri.jpg池袋駅の北口を出て、池袋大橋方面へ。 相変わらずガランとして駐車場になっている区画を、 なんとはなしに眺める。 地上げが捗らず、イライラしている地上げ屋がいるのじゃないかと、ちょっと愉快に思ったりもして(笑)。 ここからの景色は抜けがいいけれど、 その分周囲のラブホテルやソープランド、風俗店の看板が目に留まる。 通りすがりの女性達が早口で話しているのは、 中国語だったりタガログ語だったりしています。

そこを斜めに入って歩く先、平和通りのアーチを潜る。eiri00.jpg 目的地は池袋・平和通り沿いの紅い看板の示す処。 中国東北家郷料理を謳う「永利」の池袋本店に、 およそ一年振りにやってきました。

同志のみんなと合流して、予約の名を告げる。 奥寄りのテーブルに案内されました。

オーダー制の食べ飲み放題コースにしようか、皆でぐるぐる悩むも、 ボリュームのあるお皿を相応の枚数食べないと元が取れないし、 時間を縛られるのも難だと判断して、結局、個別に普通にオーダーすることとする。 そして、なにはともあれ、お久し振りの乾杯!です。

まず見た目からして辛そうなのが、 「夫妻肺片(牛すね肉と牛ハチノスの麻辣味)」。eiri01.jpgまぁ、辛いには辛いけど、 それよりもハチノスやスネ肉の旨味を引き出す効果の方が断然利いてる感じ。 そして、ヒーーとなってビールが進みます(笑)。 これは辛さを示す”唐辛子マーク”2本レベル、だったかな。

豆苗のヤツもいいなぁと云いつつ注文んだのは、 「蒜蓉空心菜(ニンニク入り空心菜炒め)」。eiri08.jpgこれはもう、期待通りの青菜の美味しさ。 大蒜の風味が背中を押して、ぐいぐいと食べれてしまいます。

takapu と一緒なら、やっぱりカキタベ!もしなくっちゃね(笑)と、 「脆皮炸海蛎(揚げカキの山椒塩つけ)」。eiri03.jpg山椒といっても、あの若草色した山椒粉ではなくて、 添えてくれた小皿にはなにやら赤いツブツブがたっぷり。 花椒に茴香、八角なんかが入っている気がする。 それを牡蠣のフリッターをちょんとつけて、齧る。 うん、旨い! パン粉のカキフライはもとより、こふいふ揚げ方も牡蠣によく似合うし、 風味ある辛塩っぱいヤツでいくのも成る程な、でありますね。

ジョッキのビールに替えて、紹興酒を所望する。eiri04.jpgすると、届いたのは「菊正宗」と書かれた白磁の徳利と「iichiko」と刻まれたグラス。 きっとお燗の日本酒や麦焼酎を求める客がいたのだろうなぁと思いつつ、 あるものは使う的な、ちょっと屋台ちっくな匂いがして、なんだか愉しいぞ(笑)。

これは前回訪れた時もいただいた、 「拌土豆絲(じゃが芋千切りの辛味冷菜)」。eiri05.jpg繊切りにしたじゃが芋がいい感じにしんなりして、 しゃくっとした歯触りを残しつつ、甘さを発揮。 それを纏った辛味がどんどこ次を誘ってきます。

隣のlara さんお目当ての品が、「牙签羊肉(ラム肉串揚げ)」。eiri06.jpgラムの匂い香ばしく、それを包むようにした孜然(クミン)の風味芳ばしく。 もしかしたら苦手なひともいるかもしれないけど、これ、とっても美味しい。 深い滋味をスパイシーにいただけるのが、なんだか有難い想いになるですよ。

甘いもんも挟みたいと、「脆皮炸鮮奶(練乳の揚げ物)」。eiri07.jpg練乳を凍らせてから揚げるのか、衣に含ませて揚げているのか。 フリッターの側の中から練乳の優しい甘さが広がって、オツなお味。 老若男女に好かれそうな、そんな気がいたします。

壁に貼られたおすすめメニューから〆にと、 「福清番薯丸(手作り豚肉とカキ入りさつま芋団子)」。eiri09.jpgeiri10.jpg白湯の張られた湯殿に浮かぶは、 薩摩芋の自然な黄色いが微笑ましい団子たち。 引き上げてハフハフと齧れば中からは、 そぼろな豚肉に高菜、そして牡蠣の身が顔を出す。 胃の腑が贅沢に温まって、活力がでるよな、そんなドンブリでありました。

気がつけば満席御礼、 安定した人気の中国東北家郷料理「永利」池袋本店。eiri11.jpgなんだか何処かの中華街を訪れて、 その街の住人たちに紛れて食卓を囲んでいるような気になる瞬間がある。 中国語を話す客人が多いことからも、 彼らご当地の料理として支持されているのがよく判る。 「永利」は、此処以外にも池袋・西口五差路近くに西口店、 豊洲駅至近のセンタービルに豊洲店、シエルタワーに豊洲駅前2号店があるようです。


「永利」池袋本店 豊島区池袋1-2-6 ベルメゾン池袋 [Map] 03-5951-0557
column/03444