「京橋八重洲日本橋丸の内」カテゴリーアーカイブ

RESTAUARNT「SAKAKI」で赤イサキのポワレ瑞穂いも豚の煮込みにポークジンジャー

sakaki宝町の、京橋のフレンチにして洋食屋と云えば、ご存知、レストラン「SAKAKI」。
洋食屋バージョンのランチタイムには、開店前からの行列を作ることでも知られています。
そんな「SAKAKI」には特に、冬場のカキフライの時季に訪れることが多くて、気がついたらカキフライ以外のメニューを知らないなんてことになっていました。

今年も終いのカキフライを堪能した翌月のこと。
「SAKAKI」にも生姜焼きがあるのかと勇んで出掛けたものの、
そこだけしっかりと赤線が引かれて消されてる。sakaki01そのお皿はどうやら一回転目の前半に並んでいないとありつけないものらしいと知りました。

でもでも他にも気になるメニューばかりなのが、
「SAKAKI」のおひるライナップなのであります。sakaki02まずは、生姜焼きならぬ、
「瑞穂のいも豚のポークカツ」をお願いしました。

しっかり目揚げ色の衣に包まれた瑞穂のいも豚なる豚肉。sakaki03マッシュしたポテトにも付け合わせのサラダにも、
「SAKAKI」の矜持が何とはなしに漂っています。

いも豚は、単なる脂の甘さとは毛色の違う甘さを伝えてくる。sakaki04そんな味わいの濃さを愉しむようにするといいのかもしれません。

入口脇の会計カウンターの背面には、
銅を使ったオブジェが飾られている。sakaki05フライパンも覗く窓辺では、
寸胴のソースを掻き回すコックの姿も表現されています。

選んだお皿は「長崎産赤イサキのポワレ ブールブランソース」。sakaki06sakaki07ブロックと呼んでもいいようなドドンとした量感のイサキは、
その身しっとりとして、パリッとさせた皮目も麗しい。
バターソースのたっぷり具合も心強いお皿であります。
アスパラのソテーにラタトゥイユも、いい脇役を演じてくれているね。

或るおひるには、
「瑞穂のいも豚バラ肉のトマトと白インゲン豆の煮込み」。sakaki08sakaki09これまたドーンとバラ肉の塊がお皿の真ん中に鎮座する。
噛まずしてホロホロと蕩けるようないも豚のバラ肉は、
白インゲンとトマトとを煮込んだスープをソースとしていただく感じ。
そこいらのブロック肉に思うこってり感とは趣異なる美味しさです。

「エビフライ」かどちらか悩んで選んだのは、
「勝浦産穴子のフライ」。sakaki10お皿から当然のように食み出した穴子のフライは、
まだぴちぴちと揚げ音を立てていて、
天麩羅店のカウンターに居るよな気分が一瞬過ぎります(笑)。

夏のモノゆえか、穴子そのものの食べ口は軽妙で、
さっくりと喰らうところはとっても軽やか。sakaki11それでも大判のフライを食べ終える頃には、
しっかりとお腹の求めに応えてくれます。

そして、通ったやっとこ眼前にすることができたのが、
「瑞穂のいも豚のポークジンジャー」。sakaki12厚切り肉の表面を覆うソースの肌合いは、
粉を塗してソテーする様子が手に取るように判るもの。

確かな歯応えに続いて咀嚼をすれば、
「バラ肉の煮込み」や「カツ」でのそれと同じように、
瑞穂のいも豚独特のコクと旨味が存分に弾ける。
いや、こうして生姜焼きにするのがもっともそれが愉しめるような気もします。

付け合せは、もやしにたっぷりのマッシュポテト。sakaki13彩りは地味ながら、出色の生姜焼きは、
開店早々に売り切れとなる人気のお皿のひとつ。
すぐにメニューに赤鉛筆のラインで消されてしまうのに、
限定数量を増やす気配がないのはきっと、
何か訳でもあるに違いありません。

開店前の行列が恒例の、
レストラン「SAKAKI」のランチは骨太洋食店。sakaki14未だに夜の部を知らないのもなんだけど、
それはまた、機会を得てからと思い直すのも、
充実のランチで十分だと思ってしまうからでしょか。
充実のランチだからこそ、
夜も気になるものなのですけどね。

「SAKAKI」
中央区京橋2-12-12 サカキビル1F [Map] 03-3561-9676
http://www.r-sakaki.com/

column/03594

割烹「嶋村」で金ぷら重に錦どんぶり嘉永三年創業の藍の暖簾

shimamura八重洲~日本橋界隈への所用を済ませて、例によって辺りをふらふらと徘徊(笑)。
桜通りが華やかになるにはまだちょっと早いなぁとか。
カキボールちっくな牡蠣フライの「日本橋 今泉」は健在かしらんとか。
「お多幸」本店の「とうめし」には随分ご無沙汰しているなぁとか。
めん徳「二代目つじ田」のお隣の「三洲屋」八重洲店は今、ランチ営業を止めちゃってるんだなぁとか。

ぐっと八重洲通り寄りにやってきて目に留まったのが、赤い煉瓦タイルの外装に専用の三角屋根をいただいた提灯を提げた建物。shimamura01櫻正宗提供の袖看板には、割烹「嶋村」とあります。

店先に佇んで横木の品書きを覗き込む。shimamura02夜の様子は不明ながら、お昼食ならなんとかいただけそうな料理もありそうです。

藍色の暖簾を潜ると、手前にテーブル席が数卓あって、その奥には厨房に向かうカウンター席がある。
カウンターが一杯のタイミングだったのか、テーブルへのご案内です。

きびきび立ち動く仲居さん的な姐さんにお願いしたのが「金ぷら重」。shimamura03丸いお重の蓋の隙間から海老の尻尾が飛び出しています。

蓋をパカリと外せば、意外とシンプルな見栄えのお重。shimamura04それは、背腸を外して摘んで伸ばして形を整えて衣をつけて揚げる様子が素直に想像出来る佇まい。
矢鱈胡麻油芬芬とか、矢鱈濃いぃタレに漬けるとかの押し出しの強い江戸前天婦羅ではなく、気取らず端正な海老天婦羅。
卵黄を多く使って衣がやや黄色味がかっているのも「金ぷら」たるところなのでしょう。
ご飯そのものも心なしか美味しいような気がします。

裏を返すようにして、今度は厨房覗くカウンター席。shimamura05 見上げる藍染の暖簾には、蔦のような家紋が刻まれています。

お願いしたのは「錦どんぶり」。shimamura06その名の通り、錦糸玉子がどんぶりの全面にフューチャーされ、中央に煌びやかにイクラの粒がごっそりと載る。

秋口に訪ねたら、採れ立て漬け立ての新鮮なイクラが載るのかなぁなぞと考えつつ山葵醤油を回し掛けて、箸を動かします。shimamura07錦糸玉子の下には意外や、ひじきが一面に敷かれていて、錦糸玉子とのコントラストが増す仕組み。
うん、成る程ね。

帰り際、扉の手前の壁に掲げた額が目に留まる。shimamura08所謂御料理番付で、右肩に安政六初冬とある。
安政6年は、1859年のこと。
その中央の枠の、行司と題した部分の最下段に檜物町(ひものまち)嶋村とある。
最下段に並んだ山谷・八百善、深川・平清と嶋村はともに、勧進元という最高ランクの位置付けであったらしい。
これだけで150年を超える歴史があることが判ります。

老舗割烹「嶋村」の創業は、嘉永三年(1850年)のこと。shimamura09仕出しの店として日本橋に興したのが始まりであるらしい。
時の将軍徳川家慶の頃に創業し、明治維新後に仕出しの店から料亭となったという。
そんな歴史を湛えつつ、客を妙に畏まらせるような気高い気取りを感じさせないのがいいね。

「嶋村」
中央区八重洲1-8-6 嶋村ビル [Map] 03-3271-9963

column/03541

とんかつ「かつ平」で 深い揚げ色カキフライカツライス本町の裏道

katsuhei昭和の風格を湛える日本橋本町の「大勝軒」。
「中華そば」か「炒飯」かを食べ終えて、
界隈をふらふらと徘徊したりする。
天丼の「金子半之助」の頑なな行列に愕いたり、
同じ「金子半之助」でも別棟の天ぷらめし屋は、
意外なほど空いているなぁと覗いたり。
そんなことをしていた中途のちょっとした裏道に、
とんかつ店の灯りをみつけたのでありました。

気風のいい、こざっぱりした佇まいに白い暖簾。katsuhei01暖簾の真ん中に描かれた豚さんは、天真爛漫な笑顔をしています。

ガラガラっと引いた扉の先は、正面右手にL字のカウンター。
左手に二卓のテーブルというこじんまり。
コーナーテレビの下の壁に「カキフライ定食」の貼紙を見付けて早速、
厨房にオーダーの声を掛けると、オヤジさんの丁寧な受け応え。
ぴちぴちとする揚げ音を聴きながら、テレビのニュースをぼんやりと眺めます。

素ナポを添えたカキフライのお皿がやってきた。katsuhei03しっかりと深い揚げ色は、きりっとした油の温度を思わすもの。
やりようによっては、牡蠣の水分が飛び過ぎて、
スカスカの牡蠣になっちゃうパターンもあるのだけど、
その辺りのタイミングなぞの見極めに抜かりないようで、
齧れば例の、いい感じの牡蠣汁が零れ出るのでありました。

別の夕べ、人形町図書館に寄ってから、ふたたび本町方面に足を向ける。
硝子越しに覗いた「大勝軒」のオバちゃんは、テーブルに座って夕刊を広げてる(笑)。
とんかつ食べたい気分満々のままいつぞやの暖簾を払います。

改めてみる「かつ平」のお品書きの品目は、都合五品にて。katsuhei04謹厳実直真実一路な書きっぷりに思わずいいねと呟きます。

オヤジさんは、貸切宴会のやりとりをやっぱり丁寧な気遣いでもって電話応対中。katsuhei02息子さんと思しき兄さんが淹れてくれたお茶を両手で包んで啜りながら、
出来上がりをゆっくりと待ちましょう。

「カツライス定食」のカツもこんがりとした揚げ上がり。katsuhei05齧り付くと音程の高いサックリ音。
でも焦げ臭さの心配は気配もない。
所謂きつね色が揚げ物王道だとは思うけど、
きゅきゅきゅと温度高めの油で攻めて、油切れよくして余熱で仕上げるってのも、
職人技なのだなぁと思った次第です。

日本橋本町の裏道にそっと佇む、とんかつ「かつ平」。katsuhei06帰り際、今はなき上野のとんかつ「平兵衛」をちょっと思い出しつつ、
どなたかの名前に「平」の文字がつくからなんだろうなぁと思いつつ、
オヤジさんに店名の由来を訊いてみたら、意外な応えが返ってきた。
開店の際に、当時の平塚市長が訪ねてきたことをもじり、
平ツカをひっくり返して、カツ平、かつ平(かつへい)としたらしい。
その市長とは深い関係があったのですねーと訊くと、
いやぁそんなことないんですけどね、って。
あれ(笑)?

口 関連記事:
  中華料理「大勝軒」で 中華そば炒飯その佇まいいつまでも其処に(14年11月)
  とんかつ「平兵衛」で 衣二度づけカキフライにみる高次パラダイム(08年12月)

「かつ平」
中央区日本橋本町1-2-3 03-3243-6858

column/03510

中国料理「小花」で 吉例の鮮蠔湯麺解禁一気に開花の牡蠣の旨味

ohana.jpg京葉線東京駅コンコース直結の、 新東京ビルB1レストラン街。 その一角に、のむちゃんの記事でもお馴染みの 中国料理「小花」がある。 毎年一度は、こっそりと訪ねていて、 それは秋から冬にかけてのこと。 そのタイミングなのには勿論理由があって、 言わずもがなの「鮮蠔湯麺」が目的なのであります。

脳裏にあのどんぶりの光景と味わいが浮かんだら、もういけません。 足が京葉線の東京駅に向かう準備を始めちゃう。 改札を出たその足はそそくさと新東京ビルへと急ぎます。 そんなに慌てなくてもいいのにね。

店頭には、解禁を知らせるステッカーにサンプルのどんぶり。 「鮮蠔湯麺」に添えた副題は、”新鮮!生牡蠣のスープそば”。ohana01.jpgただ、「鮮蠔湯麺」が云えなくてもなんら問題はありません。 お店を仕切るオバサマに「カキ!」とひと言告げればよいのですから(笑)。

男性客ばかりの円卓に案内されて、ふと横を見ると、 お隣は女性客ばかりの円卓になっている。 女性がちょと気兼ねするのかな。 オバサマの差配はそんなふうにも気を利かせているのかもしれません。

あちこちから「カキ!」「かき~♪」「牡蠣をね」とドンドコ注文が入る所為もあるだろうけど、 きちんと丁寧につくるという厨房からどんぶりが届くのは、 意外と時間が掛かるのが常。 深呼吸して、落ち着いて待ちましょう(笑)。

はい、カキ、おまち遠さま。ohana02.jpg塌菜(タアサイ)彩る、お待ち兼ねのどんぶりがやってきました。

粉を叩き揚げた牡蠣の麗しいお姿。ohana03.jpg火入れの加減も素晴らしく、閉じ込められた旨味が甘めのスープに浸ることで、 一気に開花してくれるのです。 きっと、知ってる方々はうんうん頷いていただけることでしょう(笑)。

麺は自家製風の、粉の主張のある中太麺。ohana04.jpgすぐに伸びてしまうような柔なヤツではございません。

刻んだエリンギとともにたっぷり載った牡蠣の幾つかは、 こうしてご飯ノセしていただける。ohana05.jpgご飯に合わない訳が勿論なく、 この牡蠣使った中華丼も作ってくれないかしらんなんて思うのは、 自分だけではない筈と考えたりなんかいたします。

のむちゃんが記していたと同じように、 相席の円卓は「鮮蠔湯麺」のお客さんばかり。ohana06.jpg人気のほどが窺えようものですね。 ちなみに、「鮮蠔湯麺」は、シィェン・ハオ・タン・ミィェンと読むようです。

解禁の声を聞けば、「鮮蠔湯麺」目当ての客が群がる、 新東京ビル地階の中国料理「小花(こはな)」。ohana07.jpg実はもう今シーズン2度訪ねていることは、内緒です(笑)。

口 関連記事:   中国料理「小花」で 香りに驚く金胡麻の担々麺とかきソバへの誘い(06年02月)


「小花(こはな)」 千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1F [Map] 03-3211-8570 http://kohana.dreamblog.jp/
column/03473

江戸前うなぎ「松よし」で うな重裏小路の暖簾熾る備長炭兜町の今

matsuyoshi.jpg永代通りと平成通りが交差する茅場町交叉点。 東京証券取引所の売買立会場に大勢が出入りし、 華やかなりし頃の賑わいは今はなく、 集積していた証券会社の本丸もあちこちに移転して、 その跡が目立つようになっている。 それでも、SMBCフレンド証券が本店を置き、 岩井コスモ証券や内藤証券、極東証券といった証券会社の看板が目に留まります。

秋の気配の夕暮れ時。 江戸橋の方向へ抜けて行こうと、 どこかの教会のようにも思う光世証券の建物の脇の小路へと何気なく折れ入りました。

すると目を惹く、何処か鯔背な気風を思わせる青藍の暖簾。matsuyoshi01.jpg店先に漂う雰囲気も積年の色合いを感じさせています。

通り過ぎようとしたところで、 粗い縦格子の間から厨房らしき部屋内が覗けてしまいました。matsuyoshi02.jpg覗き見して御免なさい(汗)。 でも、炭焼き台に備長炭が紅く熾ってる様子に引き寄せられてしまったのです。

暖簾の前へと踵を返して、店頭のお品書きを凝視する。matsuyoshi03.jpg鰻を焼く匂いに誘われるってのはよく聞く話だけど、 見詰めた炭火に誘われるって面白いなと自分を省みる(笑)。 下から二番目くらいが、庶民の偶の奮発に相応しいと心得ます。

よし!と小さく心の中で叫んでから(笑)、 引き戸に手を掛けようとしたら、 その取っ手が鰻を象ったものであるのに気がついた。 細かいところへの細工に心意気が窺えます。

その引き戸の中もなかなかの枯れた風情で、いい。matsuyoshi04.jpgクランクするように曲がったテーブル席の奥は、座敷になっている模様。 壁には、先代と思しき大将の写真が額に収められています。

湯飲み茶碗にお茶をいただき、注文を終えると、 さっき覗き見た処であろう部屋からパタパタと団扇を煽ぐ音が聞こえてきた。 フゴフゴいっているのは、鞴(ふいご)でも使っているのでしょうか。

つるっとして綺麗な塗りの重箱の蓋。matsuyoshi05.jpg刻んだ模様は、何でしょか。 山椒とはちょと違う植物のように見受けます。 矢張り、鰻のお重ほど、その蓋を開ける際の刹那がヴィヴィッドなものはありません。

パカリと開けたお重から仄かな湯気と匂いが沸き立ってくる。matsuyoshi06.jpg一瞬白焼きを思うような、全面均質に飴色な表情とはやや異なる焼きっぷり。 何度もバシャバシャにタレに漬けない流儀なのか、その加減なのかは分かりません。

稚魚の不漁や価格の高騰が巷間で取り沙汰されたり、 一転しての稚魚の豊漁や完全養殖の成功が報じられたりと、 何れにしても心配とともにその情勢が気に掛かる昨今の鰻事情。 ここはその恵みに感謝しつつ、有難くいただかなければなりますまいて。 割り箸に両手のひらを添えて、いただきます。

きりっとしたタレの風味が芳ばしさとともに甘い滋味の鰻の身を包んで、 うん、美味しい。matsuyoshi07.jpg重箱の右の隅から左の隅目掛けて、まっしぐらに箸と口を動かします。

実は、鰻というとどうしても、 浅草「小柳」でいただいた時のときめきが強すぎて困る。 ふっくらした鰻の身を備長炭に炙られた表面が薄く芳ばしい膜が包んで、 その張りたるや、なんとも絶妙なのでありました。 いかんいかん、そんな雑念は、 目の前の美味しいうなぎを美味しくいただくには邪魔になるだけですね。

兜町の裏小路に凛として暖簾を掲げる、江戸前うなぎ「松よし」。matsuyoshi08.jpgその佇まいや漂う気風は、ただただ魅力的。 きっと証券業界華やかなしり頃には、より繁盛していたのでしょう。 証券取引所界隈といえば、久し振りに「喜代川」へも足を向けてみようかな。

口 関連記事:   蒲焼「小柳」で 極薄い外周とふんわり身が解ける鰻重の旨さ(07年08月)   うなぎ「喜代川」で 小網町路地の鰻重備長炭の焼き目のシズル(11年06月)


「松よし」 中央区日本橋兜町9-5 [Map] 03-3666-0732
column/03452