「静岡浜松駿河湾から遠州灘」カテゴリーアーカイブ

餃子の店「福みつ」で餃子定食中に餃子20個麦酒とともに浜松餃子の人気店のひとつ

浜松が王者として君臨してきた宇都宮を下して年間消費量第1位になったとか。
いやいや、宇都宮が負けじと発奮してふたたびその座を奪還したとか。
そんなことも時に話題となる餃子の街の双璧、宇都宮と浜松。
ただ、統計から算出される消費量は、ふたり世帯以上の家庭内でのもの中心のようで、専門店や中華料理店での消費などはカウントに含まれていないらしい。

どっちも美味しければそれでええやんかーと思いつつ(笑)、
宇都宮の代表店「みんみん本店」でいただいた餃子は、
紛れもなく素直に旨かったことを思い出す。
そのご近所の「正嗣 宮島本店」にもお邪魔せねばと思いつつ、
行列もあってなかなか果たせていないことにも思い至る。

一方、浜松では駅ビル内の「石松」とか、南口の「むつぎく」、
隣駅高松最寄りの「喜慕里」あたりぐらいしか訪ねたことがない。
軽やかな感じが確かに美味しいし、沢山食べられそう。
ただ、それは幾分かの物足りなさと背中合わせであるような、
そんな感慨も含んでいました。

気になる餃子の店がひとつ、
浜松駅からちょっと離れた住宅地にある。
ふたたび浜松にいたおひる時をよい機会と遠鉄バスに乗る。
辿り着いたのは、煉瓦色の総タイル張り三階建ての建物。今時珍しくも、袖看板にネオン管を使っている。
宵闇の様子も眺めてみたいような気分が一瞬過ぎります。

人気店ゆえ、空席を暫し待つ。外壁と同じタイル張りの壁に留められたお品書きには、
餃子10個から5個刻みに50個まで。
餃子専門店としての矜持を垣間見るような気がします。

ご案内いただいたテーブルの上には、ラー油の容器も勿論ある。その周辺 がどうにもベタつくのが常だけれど、
入れ子にすることでそれを避けていて、いい。
単純なことだけど、案外この配慮を他で見ないもンね。

餃子15個の「定食(中)」の膳がやってきた。雲形と呼べばいいのか、
特異なフォルムのお皿は使い込まれて、
店名が少し擦れてきています。

浜松餃子の特色として挙げられるモヤシの姿はない。
そして、半ば揚げたかのような焼き目の表情にふと、
沼津餃子「中央亭」を思い出す。「中央亭」の餃子は、そこから湯を注いで茹でることで、
独特の食べ口を実現しているけれど、
此処ではそのまま、
揚げ焼きの芳ばしき皮の歯触りが魅力のひとつとなっています。

そんな皮に包まれたあんは、刻みキャベツが主体のようで、
肉々しく肉汁溢れる、というノリとはやはり逆方向の、
野菜の甘さを軽やかに呈してくれる餃子だ。

季節が移ろう中で、
餃子はやっぱり麦酒と一緒にいただきたいよね、
との願いが叶う日がやってきた。餃子20個に瓶麦酒。
ご飯も味噌汁もいらない。
ただただ、餃子、麦酒、餃子、麦酒を繰り返す正午前(笑)。
待っているひと達には申し訳ないけれど、
餃子が冷めないうちに、でもゆったりと。
なかなか悪くないひと時でありました。

浜松の人気餃子専門店「福みつ」は、
駅からやや離れた住宅地にある。満腹のお腹を擦りながらしばし眺めていると、
店の向かいに用意された駐車場にどんどん車がやって来る。
地元民にしっかり支持されているのだろうと思われて、
好感度がより増してくる。
なのに、宇都宮餃子ももっと知らなければと思ったりもするのは、
天邪鬼な所為に他なりません(笑)。

「福みつ」
浜松市中区佐藤1-25-8 [Map] 053-461-6501

column/03759

餃子専門店「中央亭」で大中小焼いて茹でる餃子の旨さに裏を返す

何故だか離れ小島のように西武百貨店がある処としての印象と西伊豆を訪れる際の玄関口にして漁港の佇まいもまた印象に残っていた沼津の町。
車移動での中継点であることが多いこともあって、物凄く久し振りに降り立った沼津駅の南口。
2013年(平成25年)01月に撤退した西武百貨店の跡地は今、よしもと劇場等をテナントに擁した「沼津ラクーン」と呼ぶ施設になっていました。

そんな沼津を訪れていることを知った、
友人が教えてくれたキーワードは、
宇都宮でないのは勿論のこと、
浜松でもない”沼津餃子”。
正直なところ、へっ!?ってな気持ちをも抱えたまま、
南口正面に伸びる停車場線を南下します。

大手町交叉点にある紅い看板の銀行の裏手。
店があると思しき裏通りへと折れ入って、吃驚。既に大勢のひと達が今か今かと、
開店を待っているではありませんか!

店前のテント地庇の下に、
営業中と示した小さな幟が吊るされる。待ちかねた様子の皆さんの頭越しに認めた幟には、
餃子を模したであろう、
小さく描かれたイラストが歓迎の意を表してくれています。

「中央亭」のメニューは餃子専門店たる潔さ。
それぞれ6個8個10個からなる「小」「中」「大」の餃子に、
大盛りか普通かの「ライス」。
店内に貼られた品書きにはもはや、
「餃子」とはどこにも書いていない!
そして、ドリンク類の中にビールがあることにニヤリとします(笑)。

いきなり大というのもなんなのでと、
お願いしていた「中」のお皿が届きました。両サイドが三角に突き出てはいるものの、
フォルム全体の印象はぷっくり丸々。
厚手に思わせる皮にパリッとしたテクスチャはまったくありません。

促されるまま、まずはそのまま大口開けて齧ってみる。
ムニッとした包みの中からじゅわっと解け出るあん。
ありゃ!!
うまひ!!
芳ばしい餃子の美味しさとは対極にある、
でも、水餃子のニュルうまとは明らかにノリが違う。
成る程こりゃぁ行列するわなぁと膝を打つ。

正に裏を返して翌日また行列のひととなる(笑)。
卓上には、醤油注しに七味唐辛子の缶、
そして自家製からし油とテプラの貼られた油注し。
自家製ラー油には激辛注意のものが少なくないので、
加減しながら使うとこれが、あんまり辛くない。
油っぽくなり過ぎてもなんなのでと思えば、
七味に手を伸ばす手もありかと思ったり。

そして、昨日の今日でやっぱり美味しい。
ひと口でいけるサイズにしたらもっと旨いのではと思ったり、
いやいやこの量感だからいいのだと思ったり。「大」をぺろっと平らげお会計。
昨日もいらしてたわよね?とお姐さんに云われ(笑)、
ハイと頭を掻きつつ厨房を覗くと、
既に焼いたらしき餃子を並べたフライパンに、
たっぷりの湯が注がれている。
そう、ここ「中央亭」の餃子は、
焼いてから茹でるという方法で供される餃子なのだ。

それからおよそ二週間後。
またまた「中央亭」の行列に並んでいました。今度は、ライスの代わりにビールを所望しての「大」。
餃子の脇のお皿を覗けば成る程、
焼いた後に茹でたであろう、
油と湯が渾然となったような汁がみられます。

けれど決して油っこい印象はなく、
ムニンとしてちょっと官能的な皮と、
なにやらやたらと旨味充満のあんとの取り合わせは、
素朴にして唯一無二のもののようにも思えてしまいます。勿論ビールとの相性も悪くないけれど、
勿論ライスとのタッグも悪くないけれど、
ここ「中央亭」の餃子は、
ただただそれだけを貪り喰らうのがいい!
そんな気がいたします。

入口扉の脇の壁には、こんな内容の貼り紙がある。
当店には、支店、姉妹店、のれん分け等の店はございません。
類似店にご注意くださいませ。それが、沼津駅北口にある、その名も、
「北口亭」を指すのは暗黙の周知のことのよう。
はてさて何があったのかなと勘繰りたくなってきますね。

沼津餃子の店といえばそれは、
大手町にある餃子専門店「中央亭」のこと。テレビの下に貼られた貼り紙には、
3月にして、年末のお持ち帰りの予約が既に終了したとある。
「中央亭」の餃子を年末の恒例にしているひと達がどれだけいるのか、
地元に根付いた人気のほどが圧倒的な温度で伝わってきます。

「中央亭」
沼津市大手町4-4-7 [Map] 055-962-4420

column/03719