「オヤジ新橋外堀通り」カテゴリーアーカイブ

蕎麦處「大坂屋 砂場 本店」で高層ビルと登録有形文化財老舗の安定感を思う蕎麦

それなりに年嵩を積んでから砂場と聞けば、幼稚園や公園に敷設のそれではなく、即座に蕎麦屋と応える。
そう、それがオトナの嗜みというものであります(笑)。
秀吉の大阪城築城の際に工事用の資材置き場、砂置き場としていた場所周辺に開業した二軒の蕎麦店が所在の俗称から「砂場」と呼ばれ、それが蕎麦店の代名詞となっていった、というのが「砂場」発祥の通説とされる。
そんな「砂場」の何軒かは知っていても、訪れる機会はそう多くない。
はてさて、そんな「砂場」を冠する蕎麦屋はいま、東京に何軒あるのかしらんなどと考えつつ、外堀通りを背にして琴平町方向へと歩きます。

分厚い板木で設えた銘板の前に佇めば、
その向こうに虎ノ門ヒルズの威容を望む。和装の軒先と楓の葉と無機質な超高層ビルとのコントラストに、
ほんの少し眉を顰めます。

旧大名家から譲り受けたといわれる、
「虎ノ門大坂屋砂場」が佇む角地は、
今も一等地であることに変わりはない。これまた高いビルに背後から攻め立てられているようでいて、
決してビルになぞしないという決意の表出のようにも映ります。

暖簾の右手には手水鉢。柄杓に手を清めてから暖簾を払うのもよいかもしれませぬ(笑)。

案内される儘、向かって右手の一席へ。酒の肴の件の中で何故だか「焼き鳥」が目に留まり、
「〆張鶴 純」を冷や(常温)で。

一本だけお銚子をやっつけて、
手繰るお蕎麦の到着を待つひと時がいい。届いた「芝海老のかき揚げせいろ」の、
掻き揚げのフォルムに一瞬だけ目を瞠り、
揚げ立ての芝海老の薫りを軽妙な歯触りの中に愉しみます。
求道系蕎麦とはまた違う端正にして安定感を思う蕎麦。
出汁の旨味風味をしっかり湛えた、
甘さ辛さの加減も絶妙のつゆだ。

それから間もなく、
すっかりお腹を空かせてお邪魔した昼下がり。
大葉にアスパラ、茗荷に空豆の天ぷらなぞの載った、
「夏野菜天そば」をつるんと平らげる。腹ペコの勢いのまま註文してしまった「親子丼」も、
厨房に丁寧にして熟練の手があることを明瞭に窺わせてくれます。

陽の落ちる頃に再び、
かつて琴平町と呼ばれた辺りを眺め遣る。格子戸の内側から振り返って、
大坂屋と染め抜いた暖簾の隅を目に留める。
歴代何垂れ目の暖簾なのかなぁなんて考えたりいたします(笑)。

定番「沢の井」をぬる燗でいただいて、
「いかうに和え」あたりをあてに和む。老舗蕎麦屋で呑るのはやはり、
乙にして贅沢な時間でありますね。

「桜切り」は疾うに売り切れていて、
然らばと「生姜切り」。なはは、生姜の風味がきりっとした輪郭で迫る蕎麦。
いいね、美味しいね。

わざわざそのために拵えたのではない蕎麦湯が、
塩梅のいい辛汁と相俟って、老舗の店の地力を魅せる。何処の「砂場」もこの丸に砂を印した湯桶なのでしょか。

1872年(明治5年)、
暖簾分けにより「琴平町砂場」として生まれた、
虎ノ門「大坂屋 砂場」。1923年(大正12年)建築来、
何度かの改修を経て今もそこにある、
「大坂屋 砂場」の建物は、
登録有形文化財(建造物)の指定を受けている。
また、暮れ泥む空の下の夕方辺りに、
訪れる機会のあらんことをと思います。

「大坂屋 砂場 本店」
港区虎ノ門1-10-6 [Map] 03-3501-9661

column/03730

洋食スタンド「むさしや」で定番ナポにオムライスハンバーグ丼にカレースパもいい

musashiya既に取り壊しが始まってしまった武蔵小山を筆頭に、駅前の再開発が話題に上る場所が幾つもある。
国分寺駅の北口はきっともう随分と様変わりしちゃったのだろうなと思ったり。
横にも縦にも大規模な再開発が動き出している渋谷駅の北側にあるのんべい横丁から宮下公園の区画にも魔の手が伸びるのもそう遠くないのではと思ったり。
嘗てその1/3が消失するという火災に遭った、新宿西口の俗称ションベン横丁に対しても、地図を塗り替えてやろうと画策している輩がいるに違いないと思ったり。

ハモニカ横丁と呼ばれて人気の、
吉祥寺北口駅前の商店街も元はと云えば戦後の闇市が起源。
闇市の後の横丁路地の粋でオツな風情が今や、
失いたくない稀少なものになりつつあるのです。

新橋駅西口駅前にデンと構えるニュー新橋ビルも、
戦後の闇市をルーツとする区画に建つビル。
此処は既に、疎ましく思う再開発を半世紀近くも前に断行して、
昭和の匂い芬々の雑居ビルとして親しまれてきています。

そんなニュー新橋ビルの一階商店会、
南西の角寄りにあるのが、皆さんご存知「むさしや」。musashiya01嘗ての白い暖簾から今は、
シャビーな縄暖簾で匿ったカウンターの上には、
当地の旧住所が示してある。
東京市芝區烏森四。
現在の23区部に相当する地域であった東京市は、
1878年(明治21年)の当初設けられた東京15区から、
1932年(昭和4年)の東京35区、現在の東京23区と、
市を構成する区が変遷している。
その中に、芝区とか神田区とか、日本橋区、京橋区なんかがあったンだ。
大田区の前身が実は大森区と蒲田区であることは、
知られているようで知らないひとも結構いたりするよね(笑)。

久し振りに「むさしや」の「ナポリタン」。musashiya02musashiya03もうひと超え炒め切ってくれたらいいのにな、
っていうのが正直な感想になる。
ナポリタンって、一定の地点までは、
鍋を返した回数が美味しさに比例するのではと秘かに思ってる。
そこでどうしても思い浮かべ比べてしまうのが、
同じビルの二階にある喫茶店「POWA」のナポリタン。
いやいや「POWA」のナポが美味し過ぎるからイケナイのです(汗)。

ガッツリめに喰らう感じでいきたいなと考えながら、
空席待ちの列に並んだなら、
自家製煮込みの「ハンバーグ丼」がいい。musashiya04musashiya05濃密なデミソースに包まれたコロンとしたハンバーグ。
たっぷりのソースがなにより嬉しい。
スプーンの脇でハンバーグを切り崩しては、
デミソースと一緒にライスを掬う。
刻みハンバーグ付きのデミソースライス、
ってな食べ方をどうかお赦しください(汗)。

「むさしや」のカウンターは、ひとりでも多く座れるように、
厨房側への入口にも板を渡してくれている。musashiya06図らずも覗く格好になる厨房は、
当然のように狭くて年季が入っていて、
雑前とはしているけれど、
小忠実に掃除している様子が窺えます。

「むさしや」自ら謳う代表メニューのひとつが「オムライス」。musashiya07musashiya08フライパンを操ってくれている御仁は、
これまで通算して幾度、玉子で包む所作を繰り返しているのでしょう。
半熟の表情を湛えながら薄く均一にケチャップライスを包んだ玉子に、
手練の為せる技を思います。

シンプルに「カレー」でもいただこうと思い描きながら、
空席待ちの列に並んだおひる時。musashiya09気が付けば何故か、
カレーはカレーでも「カレースパゲティ」を註文していました。
カレー粉によるものが故か、
太麺の炒め具合必要十分で、なかなかいい。
ふと「ジャポネ」の「インディアン」もこんな炒麺だったら、
もっといいのになと思ったりして(笑)。

闇市の気配を残すニュー新橋ビルのメインコーナーに、
明治創業と謳う洋食スタンド「むさしや」がある。musashiya10中央の幕板に示した創業年は、明治拾八年。
ニュー新橋ビルの竣工が1971年(昭和46年)のことなので、
ビルが建つずっとずっと前に創業していたお店ということになる。
時代はぐるっと巡って、二度目の再開発が発表されたニュー新橋ビル。
南側の桜田公園あたりまでに陣地を広げての二棟立てらしいけど、
その一角にも「むさしや」の名があることを秘かに願っています。

「むさしや」
港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F [Map] 03-3501-3603

column/03683

ホルモン「在市」芝大門で旨い赤身肉とホルモンのごちゃ混ぜ焼きとジントニと

zaichiそれは、師走の平日の夜のこと。
大門駅から地上に上がって、第一京浜の横断歩道をてけてけ渡る。
この処、間置いて何度か通った芝神明商店街を北へと上がる。
両側に点在する飲食店の表情を眺めつつ、このまま真っ直ぐ往って商店街を抜けると老舗とんかつ店「燕楽」のところに出るなぁという辺りで、今宵の目的地の提灯を見つけました。

店先にはメラメラと囲炉裏の炎が揺らいでる。zaichi01その囲炉裏の背中の壁のディスプレイをよくよく見ると、
丸型の焼肉グリルが何枚も飾られている。
枡に突き刺したプレートの文字を辿ると「ごちゃ混ぜ焼き」と読める。
はて、「ごちゃ混ぜ焼き」って何でしょう。

寒い中お迎えいただいた方たちや、
先陣切って着座していた愛ちゃんにコンバンハ。zaichi02今夜は、円形の排気ダクトの傘の下、
焼肉グリルを囲んでの忘年会なのであります。

口開きは、武蔵野ビール工場での一杯も思い出す、
気品あるコク味「MASTER’S DREAM」から。zaichi04zaichi03蓮根なんぞのお通し的ナムルが手始めに控えています。

本日のメニューが予め配られて、
それは流れを知れて安心のカタチでもあると確かめる。zaichi05正肉コースのメニュー後段に店先で気になった、
「ごちゃ混ぜ焼き」もオススメアイコンと供に載ってるね。

メニューに則ってまずは「上タン塩」のお皿がやってきた。
濁りのないピンク色の上に粗挽きした胡椒の粒が踊ります。zaichi06zaichi07グリルにてさっと炙った上タンが、
想定以上に軽快な歯触りだったのは、
裏側に均等に施した包丁のお陰でもあるのでありました。

そして、メニューの下枠に大きなフォントで提示されていたのが、
「ジントニ」なるお呑み物。zaichi08“肉専用サワー”と謳う、
「ジントニ」専用のジョッキには、”ジンと肉”の文字。
ジョッキにガチャっと盛られた角氷の上にたっぷりと黒胡椒を盛る、
そんなスタイルのジントニックだ。
ん?”ジンと肉”? あれ(笑)?

そのジンが何かと問えばそれはご存知「BEEFEATERビーフィーター」。zaichi09zaichi10バックバーには欠かせない四角い透明ボトルは、
ロンドン塔を護る近衛兵の図柄がシンボル。
恥ずかしながら認識していなかったのは、
「BEEFEATER」の名前の由来。
それはつまりは、BEEF(牛肉)+EATRER(食べる人)。
その昔、国王主催のパーティーの後に、警護にあたっていた衛兵たちが、
パーティーで残った牛肉の持ち帰りを許されたことから、
“牛肉を食べる人”と呼ばれたという。

そうか”牛肉を食べる人”だったのか!と感心しているところへ、
ドドドンとジングルでも鳴りそうな威容で牛肉塊のお披露目。zaichi11zaichi12塩焼きでと運ばれてきたお皿には、
さらに艶めかしさの増した見映えのミスジにハラミ。
細やかにサシの入った様子は、
柔らかに蕩けそうなことを容易に想像させる。
こうしてまた、美味しく、牛肉を食べる人、になる(笑)。

醤油焼きにはリブ芯辺りのものだというzaichi13zaichi16サシの入り方がまたちょと違う。
包丁の入れ方も厚みも部位や食べ方によって、
当然のように変えているのでしょうね。

店内を精力的に動き回ってくれているスタッフが、
腰に巻いている前掛けが紅くてよく目立つ。
それは「ビーフィーター」の紅。zaichi15zaichi25檸檬半個分が基本レシピの、
「ビーフィーター」使った「ジントニ」であるそうなのだけど、
檸檬に代えて、グレープフルーツを使ったバージョンもなかなか旨い。
グレフルの苦みがオトナな味わいとなるのです。

紅い前掛けのお兄さんが今度は、
薄めにそして大判にスライスしたお肉たちを運んできてくれた。zaichi17zaichi18zaichi19zaichi20zaichi21それをグリルに載せてはすぐさまひっくり返し、
それはまるで鉄鍋の底でお肉を煽るかのように。
「サーロインすきやき風」は勿論、解した玉子でいただくスタイル。
なはははは、思わず哂っちゃうくらい旨いであります。

そしてそして、本日メニューの殿に控えていたのが、
名物にして看板メニューのひとつと思しき「ごちゃ混ぜ焼き」。zaichi26zaichi22九条葱もたっぷり盛られたお皿を、
グレフル・ジントニでの改めての乾杯で迎えます。

「ごちゃ混ぜ焼き」とはつまりは、
上質なホルモンあれこれに赤身肉も含めてやや甘めの味噌で、
その名の通りごちゃ混ぜにして焼いちゃうヤツ。zaichi23それってメッチャズルいヤツやん!と、
小さく叫んで(笑)、次々と箸を伸ばす。
たっぷりした旨味とコクと脂が混然となったグリルに、
ほろ苦いグレフル・ジントニがよく似合います。

芝神明商店街の北寄りに、
赤身肉もホルモンも旨い「在市(ざいち)」がある。zaichi24それなりに歳を重ねてくると(笑)、
少しずつのお肉を変化をつけながらいただくのが、
食べ方として美味しいのを再確認できた夜でした。
そのお供に洒落も含めた「ジントニ」が面白い。
そんな「ジントニ」を推すサントリーのWebページはコチラです。

「在市」芝大門
港区芝大門1-2-8 [Map] 03-3431-5233
http://zaichi-shibadaimon.com

column/03651

とんかつ「燕楽」でカツ丼カツカレーロースカツ定食あの頃の溢れる活気と朗らかさ

enraku大門の駅を降りて地上に上がり、第一京浜から一本日比谷通り側の裏道を新橋方面へと歩く。
駅に近いだけあって幾つもの飲食店が連なっていて、角にある中国薬膳料理「味芳斎」の店先なんかを懐かしく思い、今もヌードポスターが貼ってあるのかと硝子越しに覗き込んだりする(笑)。
どふいふ訳か、焼肉系のお店が多いエリアだなぁと思ったりもする。
今はどの街でも肉料理の店が凌ぎを削っているけれど、この辺りはそれ以前から韓国料理店を含めた焼肉系のお店が多かったような気もします。

そんな裏通りは浜松町一丁目信号辺りで商店街の端に出る。enraku01頭上を囲うアーチで、
それが「芝神明商店街」であったことが判る。
そしてその向こう正面にポッと点る看板の灯り。
看板には”とんかつ”と書いてあります。

信号を渡り当の看板の主の場所へと近づけば、
岡持ちもまた看板代わりになっている。enraku02enraku03いつから用いているものなのでしょう。
藍染の暖簾がいい感じで色褪せて、
擦り切れたところに穴が空いています。

夕暮れの店内に入ってまず驚くのが、
先客のないこと。enraku04卓上のショップカードは、
1950年の創業と伝承の味であることを知らせています。

オーダーを告げたその後に、
コンロの上に使い込んだ親子鍋が置かれた。enraku05五徳が大きくて火が鍋の回りから零れるので、
持ち手が焼けてしまわないか心配になったりする(笑)。

お願いしていたのは「ロースカツ丼」。enraku06完成度を思わせる端正な顔立ちのドンブリである、
と云い切るには少々無理のある見映えではある。
営業形態が変わる前の築地場内「豊ちゃん」の「カツ丼」に見た、
三つ葉のあしらいや溶き玉子のかけ回し具合、
火の通りの加減などと思わず比べてしまいました(汗)。

もうひとつのカツ丼はドンブリが違うのですぐに見分けがつく。enraku07どっちと訊かれたらやっぱり「ロース」と応える。
でも、もうちょっと自分の年嵩が増したら、
「ヒレカツ丼」が好きだと云い始めるかもしれません(笑)。

妙にカレーも食べたくて「カツカレー」を所望した或る夕べ。enraku08コッテリし過ぎていない代わりに、
特段の深みもないカレーをソースとしてロースカツを頬張る。
お蕎麦屋さんのカレーに似た感じやもしれません。

ちょっと呑みたい時には麦酒ではなくてハイボール。enraku09細かく気の利く、中国系の方だと思われる女将さんが、
缶からジョッキに注いでくれるので、
角瓶と炭酸の割合は間違いはない。
「ロースカツ定食」を注文して、
添えてくれる「ポテトサラダ」と「お新香」をアテにして、
もう一杯(笑)。

ロースカツの揚げ上がりに思う遜色はなし。enraku10enraku11店内に貼られたポスターから、
使っている豚は平田牧場の三元豚であるらしい。
衣が豚の身から剥がれてしまっているのが少々残念だけれど、 火の通りや脂の程よい甘さに文句はありません。

季節が冬ともなればやっぱり、アレが気になる(笑)。enraku12enraku13黄色い品札にその名を見つけたならばの「カキフライライス」。
タルタルではなくポテトサラダが添えられるスタイルに、
丁度よいサイズのカキフライが基本形なる5連隊。
噛んでじゅわっと滲み出す牡蠣の旨味を味わいながらふと、
池上の「燕楽」には「カキフライ」があっただろうかと考え始めます。

創業1950年と謳う老舗とんかつ店「燕楽」は、
浜松町一丁目信号の近くの裏道にある。enraku14今を営むはどうやら三代目の方のようで、
女将さんと同じく中国系の方なのではないかと思われる。
ずっとずっと昔何度か訪れた頃の、
職人技の発露に集まるひと達の溢れる活気と朗らかさには、
残念ながら触れることが叶いませんでした。

「燕楽」
港区新橋6-22-7 [Map] 03-3431-2122

column/03646

炭の屋「でですけ」で炭焼き鯖串にレバー串日本固有品種の赤マスAが良く似合う

dedesuke新橋のランドマークと云えばやっぱり新橋の駅前、SL広場にも面して建つニュー新橋ビルでありましょう。
昭和46年に開業したというニュー新橋ビルは、つまりは45歳ほど。
オリンピックの頃には、昭和の後半から平成までの半世紀を眺めてきたビルになる。
昭和の空気どころか戦後の闇市の残り香さえも思わせるような独特の風情を孕んだニュー新橋ビルに対しても再開発の動きがあるらしい。
耐震や防災対策の必要性は否定できないけど、あちこちでみられる古き良き建物の解体には、遣る瀬なさを想うばかりであります。

そんなニュー新橋ビルの裏手、週末の烏森通りは、
駅方向へ向かうひと達とそれとは逆に、
新橋三丁目辺りの店に向かうであろうひと達が、
行き交い擦れ違う賑やかさ。dedesuke01通りを照らす看板のひとつに、
今宵の止まり木、炭の屋「でですけ」の文字を見つけました。

案内されたのは、先客さん達の間を擦り抜けた先のカウンター。dedesuke02頭上には、焼鳥屋の佇まいを表す行燈が浮かんでいます。

口開きの麦酒をバーニャカウダ的お通しと、
「鶏のポテトサラダ」でやっつける。dedesuke03粗くマッシュしたタイプではなくて、
しっとり滑らかにさせたタイプのポテサラだね。

ここでメニューから選んだは、
今夜のお題”日本ワイン”のひとつ、
ジャパンプレミアム「マスカット・ベリーA2012」。dedesuke04グラスに注いだ時の明るめの紅が印象的だ。

マスカット・ベーリーAは、
日本固有の、日本を代表する赤ワイン用品種。
1927年(昭和3年)に”日本ワインの父”と呼ばれる川上善兵衛氏が、
ベーリー種とマスカット・ハンブルグ種とを交配して、
生み出したものだそう。

赤ワインを註文んでおきながら、
目の前の炭焼き台に載せられたのは、
縞模様も鮮やかな「サバ串」。dedesuke05dedesuke07程良く焼き上げられた鯖の串は、
キリっとした醤油タレが塗られて出来上がり。
脂がよーく乗った皮目あたりがめちゃ旨い。

そして、そんな醤油タレの鯖串に、
マスカット・ベリーAの軽やかなにして、
ふくよかな果実味が良く似合う。dedesuke06魚料理に合うのは一般に白ワインだと云われているけれど、
日本ワインはちょと違うと実感させる瞬間だ。

目の前の炭焼き台から続いて届いたのは、
串焼きの「こころ」。dedesuke08一瞬の弾力ある歯応えの後、
包みこんでいた旨みが一斉に弾け出る。
そして、こんな串にもマスAの、
華やかな香りがすっと馴染む。

正直なところ、
カベルネ・ソーヴィニヨンのチリワインあたりに代表される、
重さと濃密さ直球の赤ワインには縁遠くなっているけど、
こふいふ赤だったらもっと目線を向けてもいいかもと、そう思う。

「コショウ鶏」は、その名の通り、
胡椒味仕立ての鶏のソテー。dedesuke09齧ったピンクペッパーの香りに、
やわらかな口当たりの赤を追い駆けましょう。

さらに炭に炙られ、焼き上がったのが、
「レバー」に「つなぎ」。dedesuke10dedesuke11ふんわりと加減良い焼き具合のレバー。
醤油タレに包まれたレバーの甘さが解れ出して思わず唸る。
焼鳥には兎に角日本酒でなんて、
ステレオタイプしちゃっていたけれど、
渋味や重さの代わりに心地よい果実味のある、
日本固有種の赤ワイン、合うんじゃないでしょか。

もしかしたら鮪赤身のづけとか、
銀鱈の西京焼なんて酒肴の美味しさも、
より膨らませてくれるかもしれません。

新橋駅烏森口徒歩1分、
ニュー新橋ビル裏手の烏森通りに炭の屋「でですけ」がある。dedesuke12「でですけ」というとJRの車窓からも眺める、
饂飩も喰える恵比寿のお店だけかと思っていたら、
新橋・銀座にも展開していたのですね。

そんな「炭の屋 でですけ」には、
サントリーの企画で訪問しました。
希少品を含むサントリーの日本ワインの幾つかは、
amazonから試すこともできるようですよ。

「炭の屋 でですけ」
港区新橋3-16-4 西原ビル1F [Map] 03-3431-3442
http://www.dedesuke.com/

column/03616