「なにわ大阪キタミナミ」カテゴリーアーカイブ

小料理「伊々」で 豚肉しょうが焼き肉なべと気になる酒肴の並び

ii.jpg御堂筋と新御堂筋が合流するのが梅新南交叉点。 梅新南に少々厳つい雰囲気を漂わせているのが、 アメリカ総領事館だ。 周囲を警備の手が囲む総領事館の裏手から、 裁判所近くの界隈にも飲食店が点在しています。 例えば、シチューの店「グリル モリタ」の近く、 幅のある車輌では通り難そうな裏道に、 ガルバリウムの波板を壁にした白塗りの店。 扉脇の石板には、「伊々」とあります。

目を惹くのは、壁に掲示されたその日のランチメニュー。ii01.jpg料理のイラストを交えた味のある手描きポスターで、 日替わりランチの三品をアピールしています。

厨房を囲むL字のカウンターがどんどん埋まってく。ii02.jpg二階にも十数名分の席があるようです。

外のメニューで即決していたご注文は、「豚肉のしょうが焼き」。ii03.jpg強い火力のレンジでじゃっじゃと炒める光景を目の当たりにして、高まる期待(笑)。 ああ、玉葱の甘さが十分に引き出され、さらっと存分に生姜の利いた好みのタイプ。 さあ、御飯を掻き込もう。

ii04.jpg “ボリュームたっぷり、お腹もいっぱい”と謳うは、「肉なべ」。 使い込まれた落とし蓋を外せばまた、新たな湯気が立ち昇ります。ii05.jpgii06.jpgii07.jpgほろほろ旨々の牛肉に甘めの汁の滲みたお麩。 半熟に解ける玉子の黄身にうどんを絡めればほら、堪らない。 さあ、御飯を掻き込もう(笑)。

「マーボ定食」や「ハンバーグ定食」、 「天丼」や「牛肉のテリ焼き丼」「豚バラ丼」といったラインナップに挟まって、 「カレー焼飯」のポスターが並ぶ日もある。ii08.jpgどこかの賄い食のようでいて、 ぴり辛具合、パラパラ具合がなかなか好ましい。 炒めるのに一瞬の躊躇もあればこうはならない、なぁんて考えたりして。

扉の脇のホワイトボードには、 ぎっしりとその夜のものと思しき酒肴たちが並んでる。ii09.jpgどれもが気になり、その姿を想像したくなるものばかりだね。

アメリカ総領事館裏手、西天満の裏道に今日も「伊々」のランチの品書きが並ぶ。ii10.jpg店名「伊々」の意味はと訊ねたら、 息子さんと思しき兄さんが親指をぐっと立てた。 「伊々」は、「いい Good!」。 夕暮れ時にお邪魔する機会があればいいのになぁ。

口 関連記事:   シチューの店「グリル モリタ」で 軽やかなるヘレ肉ビーフカツレツ(07年04月)


「伊々」 大阪市北区西天満2-9-21 [Map] 06-6362-1123
column/03417

串かつ「百百」で新梅田食道街老舗串かつ大将のいるカウンター

momo.jpgずーーっと工事の続いていた大阪駅・梅田界隈。 一年ほど前には、屋内スキー場「ザウス」を思い出させるようなドデカい大屋根が大阪駅上に架かり、 その脇では、阪急うめだ本店が建て替えを終えてグランドオープン。 最近では、かつて幾本もの線路が走っていた梅田北ヤードに「グランフロント大阪」が開業したと聞く。 久し振りに大阪駅を訪れたひとは、相当びっくりするんじゃないかと、そう思う。

阪急の梅田駅も「リファイン工事」と呼ぶ改修工事をしていて、 紅い観覧車のある「HEP FIVE」側から大阪駅へ抜ける辺りなんて、 ただでさえ狭い通路がさらに狭くなっている。 そんな通路の脇っちょに広がるのが、 JRの高架下にむりくり二階建てしちゃった新梅田食道街だ。

低い天井にちょっと首を傾げるように潜り込んですぐの処。momo01.jpgそこにいつもの串かつスタンド「百百」があるのです。

momo02.jpg どっちの暖簾の隙間から覗いても満杯の時もある。 奥にいる大将に人数を指で示すと指先のバッテンサインが返ってくる。 ニッコリ笑って頷いて、そのまま暫くカウンターに隙間が空くのを待ちましょう。momo03.jpg空いたスペースに斜めに構えて、 まずは生ビール中をと御姐さんにお願いします。

ビールコールと同時に注文んでいた串かつが早速やってくる。momo04.jpg衣からその色が透けた赤いウインナーとビールとの相性が堪らない。 少々慌て気味になって、ソースに漬けるのも忘れてしまいます(笑)。

玉ねぎもまた必須アイテム。momo05.jpgほらほら、想像通りの玉葱の甘さが揚げ立ての衣と一体となった瞬間を、 きっとあなたも想起できるでしょう(笑)。

大将が澱みない所作で次々に衣をつけ、次々と串を揚げていく。momo06.jpgあちこちからその都度入る注文もさくさくと捌いては、 パットに載せた揚げ上がりを配り、御姐さんに声かける。

momo07.jpg 「ネギ鳥」はさしずめ、 焼き鳥で云うところの「ねぎま」でしょうか。momo08.jpg鶏の身肉もあっつ熱。 長葱の真ん中辺りもあっつ熱。

串かつとビールと三角形を描くもうひとつの合いの手は、 なんのことはないざく切りのキャベツ。momo09.jpgソースをちょっと漬けては、ぱりぽりとなるべく大きな音を立てて齧るのが、 不思議と癖になる。

「ウズラ」の玉子がすっかり飛び出しちゃっていても、それはご愛嬌。momo10.jpg軽い火傷の危険があるので、「椎茸」は慎重にいただきましょう(笑)。

新梅田食道街に串かつの老舗「百百(もも)」がある。momo11.jpg問わず語りに聞くには、 大将が指でバッテンを示していたのは、”空席ないよ”のサインではなくて、 “(朝からずっと串を揚げ続けてるので、営業時間中だけど)もう仕舞いにしたい”のサイン、 だったらしい(笑)。 還暦とっくに過ぎてるのにこんなにこき使われて、もう引退したいのにぃ、と苦笑する大将。 それでも次々やってくる客たちに阿ねず、サボらず(笑)、応対してくれている。 お疲れさまと永年の労を労ってあげたくもなるけれど、 大将がここにいない光景は、きっとやっぱり寂しいだろうなぁ。


「百百」 大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街 [Map] 06-6312-1423
column/03386

皇室御用達「ビーフン東」で 新橋でお馴染みビーフン中華ちまき

azuma.jpg西天満の京阪国道沿いに建つは、宇治電ビル。 昭和初期のものだというその建物は、 重厚さと壁のレリーフなど、 趣ある意匠が印象的でした。 地階には、御食事処「一力」。 お盆を手に、棚に用意されたお惣菜や小皿を選んで、 自らお好みの定食に仕立てる例のスタイル。 如何にも大阪の昼飯処の風情があったけど、 結局お皿を幾つも取り過ぎて、 豪勢なおひるになってしまうのでありました(笑)。

そんな宇治電ビルは、 今はもう取り壊されて新しいビルの建設が始まっている。 白い万能鋼板で囲んだ敷地の裏側を通った時、 店の前に立つ黒板の文字を何気なく読んで、思わず振り返る。azuma01.jpgだってそこには、「ビーフン東」と書いてあるのだもの!

「ビーフン東」といえば、 言わずと知れた新橋駅前ビル1号館の台湾料理店。 「Az」と切り抜いたステンレスの文字を横目にしてから、 階段を下ります。

新橋の店のアジアンなイメージでいると少々戸惑うことになる。azuma02.jpgシュッと洗練されたデザインの、地階にして抜けの良いフロア。

カウンターから見上げる黒板のメニューは、 台湾料理とバル・ビストロ料理とが違和感なく並存しています。azuma03.jpgそうは云っても、間違いなくあの「ビーフン東」であるのは、 ランチメニューを眺めればすぐ分かる。 「焼きビーフン小」と「バーツァン(中華ちまき)」のセットをいただきましょう。

オープンキッチンで炒める様子を眺めつ待った「焼きビーフン」。azuma04.jpg焼き目もソースや醤油の色もなく、塩焼きな見映えがそれらしい。

そして皇室御用達とも謳われる中華ちまき。azuma05.jpg竹の皮を恭しく解き開けば、堂々たる風格の姿で鎮座します。

飴色に艶やかなその表面。azuma06.jpgその味を知れば、思わず涎の湧き出す景色であります。

齧った中には、角煮のような賽の目の肉片や煮付けた椎茸など。azuma07.jpg肉や野菜やの出汁が濃いめの味付けの中にしっかりと息づいているのが、 「バーツァン」の魅力のひとつでしょう。

azuma08.jpg別のおひるには、「担々汁ビーフン」とのセットで。 摩り胡麻泳ぐやや辛スープに浮かべても、 米粉由来のビーフンはビーフンのシャキっとした食感のまま。azuma09.jpgスープを持ち上げる感じには乏しくとも、 さらっとした軽妙さもまたオツなものでございます。

昼は、皇室御用達の中華ちまきとビーフンの店「ビーフン東」。azuma10.jpg夜は、ワインビストロ「Az(アズー)」。 「ビーフン東」は、新橋にのみ存在するお店だとばっかり思っていたけれど、 1967年に西天満に「台湾料理 東」をオープンしたのがそもそもだという。 二代目が新橋に進出したその後、西天満の店は閉めてしまっていたらしい。 二代目のご子息、三代目・東 浩司さんの手によって、20年振りにご当地に復活したのが、 こちら「Az/ビーフン東」なのです。

口 関連記事:   ビーフンとバーツアン「ビーフン東」で お初の五目焼きビーフン(06年08月)


「Az/ビーフン東」大阪店 大阪市北区西天満4-4-8 B1F [Map] 06-6940-0617  http://www.az-bifun.com/
column/03376

なにわフレンチ「Begin」で 癒し美味し愉しマスタの黒板メニュー

begin.jpg心斎橋駅を大丸の前に出て、 そのままちょっと南下する。 ひとつめの信号を左折すれば、 飲食店も犇く周防町筋へと入り込む。 “すおうまち”とはなかなか読めないね。 俗にヨーロッパ通りとも呼ばれているらしいけれど、 それはアメリカ村との対比もあってのことだったらしく、 どこまでポピュラーな呼び名かは分かりません。
妙にスタイリッシュなラーメン「神座」の店舗を横目にしながら、 アーケードが戎橋へと至る心斎橋筋、丼池筋(どぶいけすじ)、三休橋筋を横切って、 オイスターバル「KAKIYA」のある中橋筋の手前で立ち止まる。 laraさんがlaraの大阪大冒険!で訪れた店「Begin」は、 周防町筋沿いの飲食店ビル、月虎51番館に看板を掲げているのです。

エレベーターの扉が開いた目の前に掛かる葡萄色の暖簾が「Begin びぎん」の入口。 予約電話の名を告げて、カウンターの真ん中あたりへ。 迎えてくれる「Begin」マスターのにこやかな笑顔に忽ちホッと落ち着きます。

さがり壁に掛かった黒板たちには、 その日の入荷食材を反映したオススメメニューや、 時季の定番メニューなどなどがずらっと並んでる。begin01.jpg探し求めた食材や工夫を添えた料理たちにる対すマスターの気持ちが、 そのまま現れているような白墨の文字。 あれも気になるこれも気になると目移り必至であります。

begin02.jpgああ、八戸「サバの駅」と同じ、北緯40度30分海域限定の鯖かしらんと、 秘かに考えつつまずお願いしたのが、 「八戸の前沖鯖のマリネ ムースリーヌソース」。begin03.jpg花弁を広げたようなお皿には、食用菊の黄色がさらに華やぎを添えている。 浅く〆た鯖の身には均一かつ細やかに程よい脂がのっていて、 そのままいただいても、なはは、美味である。 お醤油とちょっとのおろし山葵でもというところへ、ムースリーヌソース。 謂わば、オランディースとホイップした生クリームによるソースなのだけど、 酢〆の鯖が潜めた甘さがより引き出されるようで面白いであります。

ぜひぜひとマスターおススメなのが、「びぎん名物 MIXサラダ」。begin04.jpg明石の蛸か徳島の足赤海老か、アマホリさんのトマトか。 それぞれがゴロゴロっと大胆に盛り上げられてきて、おおおーと思わず感嘆する。 厳選素材のそれぞれが大胆にして、じっくり味わうに的確なサイズ形状にカットされていて、 ドレッシングをきちんと纏っている。 そして、アマホリさんのトマトが、旨い旨い。 ハウス栽培の完熟トマトなんだけど、豊かな甘さとまろやかな酸味が仲良く迫るのだ。

begin05.jpg 自家製イクラございます!との黄色いチョークの文字に誘われると、 はい、と小皿がやってきた。begin06.jpg醤油系のタレに漬けたイクラの上に半熟の茹で玉子が載っている。 滋味に満ちた半熟鶏卵とイクラとを一緒にタマゴ&タマゴでいただいてしまうという趣向。 当の鶏の方の玉子は、「初玉子」という玉子だそうで、 産卵を始めたばかりの若鶏が生む小さめサイズの玉子のことらしい。 ううむ、意外や贅沢なものなのですね。

モンサンミッシェル産ムール貝入荷!ってことでマリニエール(酒蒸し)に。 begin07.jpgモン・サン・ミッシェルに強行軍で出かけたナポちんのことを思い出しつつ(笑)、 次々いただく牡蠣のお友達。

白ワインのグラスを傾けながら、 黒板の隅に見つけた「高知 みょうがの茎のピクルス」。begin08.jpg飯尾さんのところの紅芋酢を想起させるナチュラルに鮮やかなピンク。 茗荷は好きでよく食べるけれど、思い返すにそのピクルスは恐らく初めて口にする。 茎のところだけをこんな風に仕込んでしまうマスター、素敵です(笑)。

また別の夜の周防町筋。 カウンターの隅でまずいただいたのが、 サラダ春菊を添えた「白糟町より”こだわりハンター”のエゾシカ シンタマのたたき」。begin09.jpgシンタマとは、腿の一部位を指すらしい。 予想以上に柔らかな蝦夷鹿の身肉。 噛むにつれ、澄んだ旨みが増してくる。 春菊の苦味がよく似合います。

「Begin」では、ワインを気軽にグラスでお願いするのがいい。 例えば白だったらと二本から選んだのは、穂坂収穫の「甲州シュール・リーSur Lie」。 begin18.jpg例えば赤では、アリアニコかメルローかと悩んでメルローの一本を選んだり。 お代りをお願いした頃にはメルローが空いていて、 それならもう一本のアリアニコを、ってな具合で構わない。

がっつり気分で「肩ロースのステーキ」も気になりつつも、 「山原島豚のウデ肉の田舎風パテ」。begin10.jpg山原(やんばる)といえば、あの夏の日の「山原そば」を思い出す。 ひとりでいただくには多いかなぁとも思いながら口に運ぶと、 脂の重ったるさがなくて、じわんと軽やかな旨み。 今度はルッコラの苦味が合うねと食べ進んで、ぺろっと平らげてしまいました(笑)。

begin11.jpg 黒板に牡蠣メニューをみつけて、 「坂越カキと紅あずまのポタージュ チーズたっぷりグラタン」。begin12.jpg坂越は、兵庫・赤穂の牡蠣産地。 滑らかなベシャメルの中から掬い上げた牡蠣は、ふっくら熱々で旨み最高潮。 一緒に含んだサツマイモの繊細なテクスチャもまた、いい。

begin13.jpgデザートにと、「初玉子と種子島の原糖のプリン」。 贅沢な玉子の深く素直な滋味に、 仏産フランボワーズビネガーのカラメルが色を注す。 なはは、こふいふのもイケルくち(笑)。

美味しく愉しく和める、”なにわフレンチ”「Begin びぎん」のカウンター。begin14.jpg begin16.jpgbegin15.jpgbegin17.jpgカウンター越しに聞く柔らかな関西弁と調理の所作の数々織り成すライブ感。 マスターの魅力的な人となりが、 そのままお皿にグラスに空間に時間に生き活きと体現されていて、 きっとそれに癒されに通う常連さんが少なくない。 サラリーマン辞めて脱サラで、さぁ始めよう!と。 だから「Begin びぎん」。

口 関連記事:   オイスターバル「KAKIYA」で 大黒神島かき料理あれこれ旨し嬉し(12年12月)   本場「山原そば」で 三枚肉そばソーキそばやんばるの中の洗練(10年07月)


「Begin びぎん」 大阪市中央区東心斎橋2-5-31 月虎51番館4F [Map] 06-6211-1240 http://ameblo.jp/naniwa-f-begin/
column/03352

おさかなやたい「まつり」で チビ旨い先端にカキフライかきまぶし

matsuri00.jpg過日お邪魔した宗右衛門町の「KAKIYA」。 高島総料理長がデンと構えるオイスターバルなのだけど、そのステージを共に営んでいるのが、 大阪地区を代表するグランオイスターマイスターの 井川大輔さん。 殻付き生ガキの伝導士ことゲンさんにして、 大阪は任せた!と言わしめたのは、 このひと、この二人の存在に対してのことなのだ。

名古屋から到着したその足で降り立ったのは、雨のそぼ降る心斎橋。matsuri01.jpg御堂筋から一本裏手の筋を博労町方向に往くと、 その先に紅い円盤に「浜焼」の文字が見つかる。 それが、おさかなやたい「まつり」の目印のひとつだ。

店先に置かれた食材ケースを横目に硝子戸を引けば、 威勢のいい声と大漁旗が迎えてくれる。 その名の通り、屋台仕様の飾らない設え。 一階のテーブルに陣取りました。

早速のご注文はやっぱり、ご存じ世界戦略用牡蠣「先端」から。matsuri02.jpg同席してくれた同僚は、 えーそんなに小さい牡蠣なんだー!と覗き込む。 そう、一丁前以上の旨みを小さい中にすっと含んだ牡蠣がチビ旨いのだ。 殻の中に湛えた海水と一緒にいただくにも丁度いい。

続け様に届いたのが、「究極カキフライ」。matsuri03.jpgmatsuri04.jpg揚げ色しっかり目の揚げ立てをフーフーとして、まずはそのまま。 うんうん、香ばしき衣と凝集した旨みの一体感が素晴らしい。 二個目からは、タルタルならぬマッシュポテトを添えて。 いつかこんなスタイルも定番のひとつになってるかもしれないね。

「本日のお刺身」を眺めれば、やっぱり「カワハギ」に惹かれちゃう。matsuri05.jpg例によって、肝をその身でくるりとしていただけば、 白身の甘さ旨みが肝のコク味に引き出されて、しみじみと。

matsuri06.jpgそうとなれば、日本酒の出番でしょうと、一升瓶を所望すると、 紅一点マキちゃんが手に傾けてくれたのが、 愛知・海部郡の山忠本家酒造の「義侠」無濾過生原酒 槽口直詰め。 そんな男気溢れるお酒をコップに溢れんばかりに(笑)。

「KAKIYA」にお邪魔した時にもカウンターで応対してくれたリョウくんは、 破顔一笑ならぬ破顔大笑とばかりに炸裂させる笑顔がいい。 頼り甲斐ありそな御大、井川ダイ兄ぃと調理場に並べばもう、 愉しい雰囲気満載の屋台となるのであります。

焼いたのも欲しいなぁとお願いしていた兵庫の「坂越かき」が、 焼きの頃合い加減も絶妙に焼き上がった。matsuri07.jpg早速、はふはふしながら、その身をつるんと口に含んで咀嚼する。 活き活きとした旨みと清らかな磯の風味が弾けて巡る。 やっぱ焼き牡蠣は旨いなぁ、 殻付き生牡蠣の伝道士ゲンさんには申し訳ないけど(笑)。

牡蠣料理まだまだあるよと、鰻巻きならぬ「かまき」。matsuri08.jpg下味を施した牡蠣の身をふんわりと包み込んだ玉子焼き。 牡蠣は玉子との渾然一体も得意技。 下味つけて炙り焼いた牡蠣でやると香ばしさが加わってもっといいかもなぁんて思ったりして。

matsuri09.jpgグラスにたっぷりの「義侠」がカーンと利いていてるところへ、 愉しさ紛れに調子に乗ってもう一杯。 黒地に剣に龍が纏わり付いた、これまた勇壮なラベルのお酒は、 河内長野の蔵元「天野酒」がなす、スペシャルな一本だそう。 もう一度じっくり味わいたいと思っても、もうないのでしょうね。

そして、〆のご飯も牡蠣だもんねと今度は、 ひつまぶしならぬ「かきまぶし」。matsuri10.jpg matsuri11.jpg甘辛濃いめに味付けした牡蠣の身がまさしく、その下のゴハンを誘う。 そのまま一気に食べちゃいそうになったところを静止され(笑)、 お出汁を注いで完食です。 ああ、愉しく美味しく酔っ払った夜でありました。 ダイ兄ぃ、リョウくん、マキちゃん、ありがとー。

気の置けない雰囲気にして、何気に大阪の牡蠣シーンをリードする、 GMO井川さんの店、南船場おさかなやたい「まつり」。matsuri12.jpgmatsuri13.jpgあの、世界戦略用牡蠣「先端」を大阪でいただくには、 やっぱり此処かオイスターバル「KAKIYA」へ。 さらに今なら、梅田D・D house地階の一角を間借りして、 牡蠣小屋「KAKIYA」も営っちゃっているらしい。 阪急梅田の裏手にも寄り道しなくっちゃだ。

口 関連記事:   オイスターバル「KAKIYA」で 大黒神島かき料理あれこれ旨し嬉し(12年12月)


「まつり」 大阪市中央区南船場4-8-2 [Map] 06-6282-5570
column/03342