「とある人形町風情」カテゴリーアーカイブ

そば處「水天宮 長寿庵」で熱ソーメンカツカレーそば自慢オリジナル愉しきお品書き

茅場町の蕎麦屋と云えば、まず思い浮かべるのが「更科 丸屋」。
何故って、呑み過ぎてしまった翌日にちょくちょくお世話になっているから(笑)。
その次に思い浮かべるのはやはり、市場通りと永代通りの交叉点、茅場町一丁目信号角地にずっとある「茅場町 長寿庵」でありましょう。
牡蠣南蛮や柚子切せいろあたりが印象的な蕎麦の老舗。
社用にもしっかり向き合った佇まいもまた、
「茅場町 長寿庵」の個性であります。

数多ある”長寿庵”は、近く新川一丁目にもあり、
さらには水天宮のお宮さん近くにもある。日本橋蛎殻町の裏通りに足を運ぶと、
若竹色の暖簾が静かに風に棚引く。
街角の蕎麦屋感が実に好ましい佇まいであります。

「水天宮 長寿庵」。
暖簾の頭上には、立派な扁額が迎える。どなたが揮毫した文字なのでしょう。
十分な厚みと立体感のある彫刻文字は、
金箔様に彩られています。

割と細かい文字でずらずらっと行の並ぶお品書き。
ざっと40種類程はあるでしょうか。
その筆頭の一群のタイトルは、
“当店自慢オリジナル”。
蕎麦屋の品書きではなかなかお目にかかれない、
特異なフレーズではないでしょか。

当の”当店自慢オリジナル”ブロックで、
まず目を引くのが、”熱”の文字。
「熱野菜そば」をお願いすると、
卓上に届いたのは想定外の桶。厚焼き玉子に海老の剥き身。
油揚げや蒲鉾に玉子で綴じた野菜あれこれが、
たっぷりした装いで載っている。
あがる湯気からは桶に籠った熱気が、
ひしひしと伝わってきます。
掘り返すように汁の中の蕎麦を手繰り揚げると、
一気に熱気が開放されて、ハフハフさせる。

「熱野菜そば」と同じに見える桶の正体は、
お品書き筆頭の「熱ソーメン」。熱々の汁にとっぷりと浸っているので、
ソーメンはヘナヘナかと思ったら然に非ず。
しゃきっとした歯触りをしっかり維持していていい。
冬場に嬉しいオリジナルメニューです。

“自慢オリジナル”のラインナップには、
「揚餅うどん」に並んで「揚豆腐うどん」がある。厚揚げうどんではなくて、揚げ豆腐うどん。
註文を受けてから揚げたのであろう豆腐は熱々で、
これまた冬場の似合うメニューで御座います。

そして品書き筆頭の「熱ソーメン」に続いて、
第二行目に示されているのが「カツカレーそば」。土鍋風のドンブリの湖面を湛えるカレーのとろみ。
カツをしっかと受け止めて浮かべる和出汁のとろみは、
汁の熱気をたっぷりと内包してる。
そこから引き摺り出した蕎麦が茶蕎麦色なのが、
なんだかちょっとシュールではありませんか(笑)。

10席ほどのコンパクトな客席ゆえ、
既に満席のタイミングとなることもある。
空席を待っている間にショーケースを覗くと、
納豆そばらしきサンプルがあったりする。それもいいなぁと、
そう思いつつ硝子戸を引いたのに、
註文したのは温かい「納豆そば」。
ネバネバの堪能には至らずも、
納豆の粒を掬いつつ蕎麦に絡めていただく感じもまた、
どうして悪くない。

またまた”自慢オリジナル”からと、
「ワカメそば」を選ぶおひる時もある。そうかと思えば今度は、
“特製品の部”からその末尾を飾る、
「椎茸そば」なおひる時もある。

そしてそして、お蕎麦やさんの「生姜焼き定食」も侮り難し。生姜の風味がぴりっと利いた、
まったりコクのあるタレがゴハンを誘う。
「さば味噌定食」あたりもきっと、
なかなか佳いのではないかと狙っています(笑)。

水天宮エリアの裏道に、
立派な扁額を額に掲げた街角のそば處「水天宮 長寿庵」がある。少なくとも創作意欲という点では明らかに、
茅場町の店を凌駕してると思うところ。
「冷納豆そば」に「鴨カレー南蛮」。
「開花丼」に「親子丼」も気にかかる。
あ、そうそう「熱ソーメン」はあっても、
「ソーメン」が品書きには見当たらないのが、
ちょっと不思議なところです。

「水天宮 長寿庵」
中央区日本橋蛎殻町1-33-7[Map]03-3667-3365

column/03746

RESTAURANT「日勝亭」でカキフライヤキメシメンチカツ秘かに祝う老舗の新装

nishotei枯れた風情も昭和な匂いも素敵な老舗が店を閉めてしまうことが、少なくない頻度で起きている。
建物の傷みがいよいよ激しくなってしまい、建て替えてまでして営る年齢ではもうないから、なんてことが、個人経営のお店では当然のことのように起きていることは、想像に難くない。
まだまだ建物は頑丈なのだけど、肝心の後を継いでくれる子供や人材がないので残念ながら、なんてことも往々に起きていることでしょう。

去る’14年の晩秋の頃。
90年ほども親族で経営してきた蛎殻町の洋食店が、
閉店すると聞いて一瞬、嗚呼ここもまた、
燈火を消す老舗のひとつになってしまうのかと思ったものでした。

’14年の11月末をもって一時閉店していた「日勝亭」が、
その姿をふたたび現してきたのは、
確か’16年の年が明けた頃。nishotei01前を通る道路や舗道の改修と歩調を合わせるように、
工事の最終工程に差し掛かっているように映りました。

その1月末に晴れて新装開店した「日勝亭」。nishotei02開店を祝う生花が店先をそっと華やかに飾っていました。

新装開店早々のメニューには勿論、
「カキフライ」もある。nishotei03nishotei04油の温度高めを思わすしっかり揚げ色の衣に包んだ、
牡蠣はやや縮んでいる気もするものの、
たっぷり添えてくれたタルタルのナイスフォローで、
一気に美味しくいただきました。

「ナポリタン」は勿論いただいたことはある。
でも、そふ云えば、
「ミートソース」のお皿を拝むのは初めてのことかもしれません。nishotei05nishotei06敢えて言い切ってしまえば、
他に類を見ない色味のミートソースではあるまいか。
グダっと汁っぽいこともなく、
こんもりと盛れる黒褐色ソースに目を瞠る。
成る程、ブラウンソースとはその名の通りと、
今更のように感心したりする(笑)。

「ハンバーグ」も気になるけれどと思いつつ、
「メンチカツ」を註文してみた。nishotei07細やかで緩みなき衣を飾っていたもの、
ミートソースと同じ色味のブラウンソース。
旨味や芳しさをたっぷりと湛えたソースが、
メンチの味をより一層高めてくれるのです。

「チキンピラフ」と並んでメニューに載っている、
チャーハンもとい「ヤキメシ」も所望する。nishotei08nishotei09一瞬魚肉ソーセージでは?と思わせた、
頂上に載せた小口のハムが特異な表情にする。
ジャッジャジャッジャとフライパンを返す所作を想像しつつ、
ゆっくりとスプーンを動かすとより美味しくいただけるようです(笑)。

90年の歴史を経て、新装なった蛎殻町の老舗洋食舗、
レストラン「日勝亭」ここにあり。nishotei10時間を積むように使い込んだ古いお店の味わいを失うのは、
勿体なくも切ないものだけど、
こうして新たに続き始めたことを秘かに祝おうではありませんか。

「日勝亭」
中央区日本橋蛎殻町1-32-2 [Map] 03-6319-1077

column/03694

大衆料理「川治」で天然鰤に柳の舞煮付馬頭鯛塩焼烏賊大根ショウサシのひるの贅沢

kawadi人形町通りに交叉する新大橋通りに甘酒横丁、そして地下を浅草線が走る金座通りに繋がる通り。
その辺りが住居表示でいうところの日本橋人形町。
人形町通りから明治座のある清洲橋通りや隅田川方向へ向かい、浜町川の跡に残る緑道を渡ると住所が日本橋浜町になる。

そんな裏通りのおひる時。kawadi01時として行列を作る店がある。

足早に向かって二回転目の先頭になんとか潜り込む。kawadi02全18席と訊く店内はぎっしりと埋まります。

大衆料理「川治」のおひるは、日替わりの四品。
四品の定食には”ショウサシ”なるものを添えることができる。
初めて訪れた時はなんの符丁かと思い聞いていたのだけど(笑)、
それはつまり”小刺し”のことであるらしい。kawadi03“ショウサシツキデ”とお願いすれば、例えばこんな、
小というにはたっぷりな「ねぎとろ」のお皿がやってくるのです。

或る日には、小刺し付きで「天ブリ煮つけ」。kawadi04麗しき煮上がりの艶に針生姜。
繊細にして大胆な天然鰤の身と脂。
それが煮汁に促されるようにぐぐっと迫って、
思わず瞠目してしまいます。

或るおひるの小刺しは、平目とワラサ。kawadi05ワラサの切り身が真っ昼間から美しい(笑)。
そしてそのふた切れがひるのひと時に贅沢にして丁度よい。

鰆の塩焼きなんぞと悩んで選んだのが、
「やなぎのまい煮つけ」小刺し付き。kawadi06ガオー!と口を開けた一尾の煮つけに、
これまた贅沢さを思いつつ箸を動かす。
皮目や骨の際の白身がたいそう美味しゅうございます。

またまた或る日には「一汐まとう鯛」。kawadi07馬頭鯛の塩焼きなんてのをいただくのは、
もしかしたら初めてことかもしれないなぁと考えつつ、
お皿の上の切り身二片に、
独特の菱形の体躯の真ん中に所謂”図星”の斑点のある姿を思い浮かべる。
そうか、馬頭鯛ってなかなか淡白な、
こふいふ食べ口なのでありますね。

これまた或る日の小刺しは、ビンチョウのブツ。kawadi08いい具合にブツ切りの包丁の具合。
夜の部の煮魚も焼き魚もそしてお造りも惣菜すらも、
絶対いいに違いないと思う瞬間です。

そして例によって四品から選んだのが「いか大根」。kawadi09鰤大根と同じく、主役は大根。
烏賊の風味が滲み込んだ大根が旨い。
その分烏賊そのものは部位により噛み切り難くかったりはするけれど、
それも美味しい大根のためであるのです(笑)。

人形町の向こう、日本橋浜町の裏通りに大衆料理と謳う「川治」がある。kawadi10絶対いいに違いない宵闇の「川治」へ、いつ行けるかな。
きっと予約が必要なのでしょね。

「川治」
中央区日本橋浜町2-8-5 [Map] 03-3666-1100

column/03647

京粕漬「魚久」本店あじみせで看板の銀鱈京粕漬鮭に本鰆に嘗ての銀鰆美味也

uokyu日比谷線の人形町駅を茅場町駅寄りに出ればそこは、甘酒横丁と人形町通りとの交叉点。
おひる時にはどふいふ訳か、甘酒横丁を辿ることは稀で、甘酒横丁からそのまま日本橋川に向かって伸びる通りを往くことが多いのであります。

喫茶去「快生軒」の匂いを嗅ぎ、
例によって「玉ひで」の行列を遣り過ごして、
谷崎潤一郎生誕の地にある「谷崎」の前も素通りして、
日本橋図書館の通りとの交差点に立てば、
その先に「魚久」本店の店構えが迎えます。uokyu01一階の店内では、品の良さそうな小母様が京粕漬けの品定め中。
おひる時には既に「切り落とし」は仕舞いとなっている。
実は、そんな一階の店舗には一度も足を踏み入れたことはなくて(笑)、
いつも目指すのは、横手に架かる暖簾の方。
「魚久」の京粕漬けがいただけるお店が本店の二階にあるのです。

「あじみせ」と染め抜いた暖簾を潜ると途端に静かな賑わいに包まれる。uokyu02uokyu06おひとりさまは大概、左手にあるカウンターへご案内。
右へ左へと立ち動くオバさまや兄ちゃん達の所作を眺めながら、
注文の膳が届くのを待ちます。

何度となく注文いしているのはやっぱり、
「銀鱈京粕漬定食」。uokyu03uokyu04しっとりとした飴色を魅せる銀鱈の身。
そこには勿論、酒粕の風味が塩梅よく滲みている。
ほろほろと脂ののった銀鱈の身と酒粕との相性の良さが、
こんなにも惹き付ける切り身へと昇華する。

流石、登録商標頂く「魚久」の銀鱈だと思う一方で、
八丁堀の街角で親しんでいた季節料理「殿長」で、
亡きオヤジさんが焼いてくれた銀鱈を、
毎度毎度思い出したりもいたします。

銀鱈とば別のものを思えば、
「鮭京粕漬定食」を所望する。uokyu07それは、鮭の中でも脂ののりの良い、
キングサーモンを用いた酒粕漬け。
銀鱈よりもやや濃い目に思う酒粕の風味に、
鮭独特の香りが相俟って、
こちらも負けじと旨いのだ。

鮭といえば、皮目も勿論。uokyu08こんがりと焦がした皮目にも酒粕の風味が宿っています。

時には「本さわらの酒粕白味噌漬」がメニューに載ることもある。uokyu09uokyu10金目鯛のあらの煮つけも添えられ、華やいだ膳になる。

どちらかと云えば淡白な鰆の身をややこってりと白味噌の風味が包む。uokyu11しっかりと加減をみて漬け込んだ仕事なのでしょうが、
こうなってくると、ただただ”ズルい”と云いたくなってきます(笑)。

さらに別の日和には「ミナミカゴカマス京粕漬焼き」が、
おすすめ定食となっていることもある。
“ミナミカゴカマス”って聞き慣れないけれど、
嘗て「銀鰆」として売られていたものらしい。uokyu12成る程、身質の細やかな銀鱈という感じもする。
こちらもこちらで美味しゅうございます。

建物の隅切りの際には、
「魚久」本店の由来の地を語るプレートがある。uokyu13この辺りに西郷隆盛が居を構えたことがあるなんて、
知らなかったなぁ。

京粕漬けの老舗店として夙に知られた「魚久」の本店ここにあり。uokyu14今度デパ地下で見かけたら、幾つか買い込んでみなくっちゃ。
贅沢なご飯のお供としては勿論のこと、
いいお酒の供になること疑いなしですもんね。

「魚久」本店 あじみせ
中央区日本橋人形町 1-1-20 [Map] 03-3666-3848
http://www.uokyu.co.jp/

column/03597

生蕎麦「東嶋屋」でコップの麦酒にカレーせいろ牛玉丼人形町に馴染む佇まい

toshimaya神楽坂や荒木町などに並んで住みたい街ランキングの先頭集団にいるのが、日本橋人形町。
どこかのアンケート結果ではなくて、単に自分がふと思うランキングではありますけれど(笑)。
その昔花街だった界隈というのは、今も尚その残り香のような雰囲気を漂わせていて魅力的に映る所為かもしれません。
人形町は、江戸の初期には後の明暦の大火で移転する吉原遊郭があったようだし、芝居小屋なんかもあって大層賑わっていたらしい。

歴史の深浅は様々なれど、「芳味亭」や「喜寿司」「人形町今半」「日山」「小春軒」に「来福亭」、「よし梅」やいつも行列の「玉ひで」などなど積年の風格ある店々が点在しています。

甘酒横丁から人形町通りの一本裏手を行けば、なかなかの面構えのおでん「美奈福」がある。toshimaya01-01今は小売だけで、店内ではいただけないらしいのがなんとも残念だ。
あ、そうそう残念と云えば、何度も寄り道させてもらった新富町のおでんと鯛焼きの「にしみや商店」さんは、この4月一杯で現役引退、閉店。
最後になって、ずっと念願だった「にしみや商店」の簡易カウンターでおでんで一杯を実現できました。
ご馳走でした、お疲れ様でした。

甘酒横丁から「美奈福」の筋へと曲がる角にもすっかり周囲の雰囲気に溶け込んだ店がある。toshimaya02人形町の町の蕎麦処「東嶋屋」へ寄り道してみましょう。

ちょいと静かな店の隅でキリンラガーをグラスに注ぐ。toshimaya03品書きを眺めると、「板わさ」「山葵おろし」「塩から」「ぎんなん」などといった蕎麦前の定番が並んでいます。

麦酒のあてにと選んだのは「肉豆腐」。toshimaya04なんの変哲のない鉄鍋ではありますが、出汁の風情には一日の長を思わせます。

お蕎麦のご注文は、ふと茅場町の今はなき「藪平」の定番だった「冷たいカレーそば」を思い出しての「カレーせいろそば」。toshimaya05ワイシャツへの跳ねを気にしつつも、一心不乱に啜り上げるノリだったあの頃を思い出しつつ啜るせいろ。

つけ汁はザ蕎麦屋のカレーのとろみたっぷり。toshimaya06toshimaya07それが蕎麦に纏わり付くのがジャンクな魅力なのでありますね。
この場合、カレー汁の負荷を受けても容易に千切れない蕎麦であることが肝要です。

別の夜に、壁に掛けられた額の絵が目に留まる。
ラフな水彩に雰囲気がよく表現されている。toshimaya08お隣の豆腐の「双葉」の店先には、甘酒の屋台が描かれています。
そのさらに隣は、何時ぞや抹茶パフェをいただいた「森乃園」だ。

例によって麦酒で喉を湿らせて、夕餉にといただいたのが「牛玉丼」。toshimaya09親子丼でもなければ牛丼でもない、ありそでなさそなそんな趣向のドンブリです。

中央に横たえた海苔がなんだか、目線に置いた黒塗りのよう(笑)。toshimaya10親子の相性の良さには敵わないとしても、でもでもこれはこれでありだと思います。

人形町甘酒横丁みすっかり馴染む町の蕎麦処「東嶋屋」。toshimaya11油揚げに揚げ玉入りだという「むじな」なんていう、あまり馴染みのないメニューもこっそりあったりして侮れません(笑)。

「東嶋屋」
中央区日本橋人形町2-4-9 [Map] 03-3666-6964

column/03562