「濃いぃぞ名古屋」カテゴリーアーカイブ

串かつとん焼「のんき屋」で 串牡蠣フライ想定外の旨さ見詰める

nonkiya.jpg仮囲いに包まれて何やら工事の進む、 名駅松坂屋やバスターミナルの跡地。 想像以上に広大な敷地を横目に、 線路の高架に沿うように名駅通りを北上すると、 牛島町という交叉点に辿り着く。 そこから斜め右に道を折れた辺りに、 店先もちょっと賑わう暖簾がある。 どて焼き、串かつ、きも焼きの「のんき屋」で、 久方振りに一杯ひっかけようというのです。
暖簾越しに覗き込んで人数を告げると、 たまたま空いていた横並びの丸椅子をすぐさま指を指す。 早速腰を下ろして、麦酒を所望します。

背後を振り返れば、 「どてやき」などなどの串を八丁味噌に湛えた鍋がクツクツと湯気を上げている。nonkiya02.jpgその脇で串焼きを炙る炭が赤々としているのが覗けます。

nonkiya01.jpgまずは「串かつ」と「どてやき」とをいただいて、 久し振りだけど、やっぱり旨いなぁと頷くと、 名古屋に居ながら初めてやってきたと話す同僚もうんうんと頷いている(笑)。

「とんやき」と「きもやき」の串を平らげたところで、 厨房側とを仕切りる硝子あたりに「牡蠣フライ」と品札が提がっているのを発見! ここでそれに出逢えるとはと、すぐさま発注すると、 「何本?」と訊かれた。 あ、そうかと気がついて、本数を告げました。

当然のように串に刺さったカキフライ。nonkiya03.jpgありそうでいて、思い返すに、初めてかもしれません。

これが、あなた。 想定外の旨さ。nonkiya04.jpgなんでこんなにうめぇのだろうかと、 しばし齧ったところを見詰めてしまった(笑)。 揚げ立ての弾ける魅力以上のものが、宿っているような、 そんな牡蠣の串揚げ、串牡蠣フライだ。

「のんき屋」では、胡瓜の浅漬けも串刺しでやってくる。nonkiya05.jpg本来の屋台の姿を彷彿とさせるような、何処かのテキ屋で売っていそうな姿だけれど、 小休止というか、呑む中での読点にもいい塩梅だ。

そして、小休止したところでふたたび、 牡蠣の串を注文してしまうのでありました(笑)。

名古屋駅もほど近い牛島町交叉点近くの有名店「のんき屋」。nonkiya06.jpg店先で立ち喰い立ち呑みしているひと集りがその目標。 今迄知っていた「どてやき」の魅力に加えて、 冬場限定の串牡蠣フライの魅力も知ってしまいました。

口 関連記事:   串かつ・とん焼「のんき屋」で 串かつとん焼どて焼赤味噌なおでん(07年09月)


「のんき屋」 名古屋市西区名駅2-18-6 [Map] 052-565-0207
column/03355

きしめん「住よし」で えび天きしめん吹きっ晒しスタンドの面構え

sumiyoshi.jpg名古屋の街中には、 きしめんを提供するお店は数多ある。 数多あるけれど、訪れたことを思い出せるのは、 「川井屋本店」や今はなき名駅松坂屋店の「よしだ」くらいなもの。 その一方、移動の度ちょくちょく目にすることもあって、 新幹線ホームの「住よし」が自分の中では一番ポピュラーなきしめんの店になっています。

そんな頃、岐阜に向かうホームでこんなきしめんの店を見つけたよ、と。 ホームの隅に佇む囲いのない立ち喰い形式の売店の景色を写したその写真は、 ターミナル駅ならざる味わいを発揮していました。

新大阪へと移動する際の名古屋駅。 絶好の機会とわざわざ在来線の改札を抜け、 まだ明るさの残る東海道線の下りホームへと階段を上がる。 何処だろうと振り返ると、あった、ありました。sumiyoshi01.jpgホームの隅から此方を向いた、 俗に謂う湘南色を彷彿とさせるようなオレンジとグリーンのストライプ。

何故かちょっと急くように足早に近づく。sumiyoshi02.jpgうむうむ、やっぱり好い面構えだ。

sumiyoshi03.jpg早速、券売機の前に立って、ボタンの並びを家捜しする。 最上部に大きなボタンが4つ並んでいて、 真ん中にあるのは、「味噌きしめん」に「すきやき風きしめん」。 八丁味噌のきしめんかぁ、名古屋らしいなぁと微笑むとその脇にもポスターがあって、 “これぞ名古屋の味!”なぁんて書いてある(笑)。

でもまぁ、まずは普通なヤツでと、かき揚げかえび天かをちょっと悩んで、 「えび天玉子いりきしめん」をお願いしました。

すると早速、はいよ、えび天ね!とばかりに左手のフライヤー前のオヤジさんが、所作をとる。 どんぶりには、揚げ立ての湯気と音を出す海老天が載ってきました。sumiyoshi04.jpgsumiyoshi05.jpg空かさずその海老天を齧って広がる、海老の身の甘さと香ばしさ。 お店で出汁をひいて作るというかけ汁を啜って追い掛ければ、うーん、堪らない。

寒風が首筋や足元を襲う中、背中を窄めながら平打ちの麺を啜る。 ああ、途端に温まる。sumiyoshi06.jpg麺から立ち昇る湯気が風に揺れる様を眺めるのも、 吹きっ晒しスタンドの醍醐味でございましょう。

どんぶりをオヤジさんに戻してから、お店の周りをひと廻り。sumiyoshi07.jpgすると、横面にもかん酒・生ビールなんて表示がある。 改めて券売機を眺めると、「清酒」に「本醸造酒」に「(冷)吟醸生貯蔵酒」がある。 そして、「串カツ」「どて」「おでん3品盛」に「イカげそのフライ」「いわしのフライ」、 「さつま揚げ」に小海老・玉葱・人参の「天つま」なんてボタンも。 正面じゃなくて、横っちょに回り込んで、そんなツマミで燗酒立ち呑みして、 仕上げに揚げ立て「かき揚げきしめん」なぁんてのもいいよねぇ(笑)。

名古屋駅のホームそれぞれに配置されたきしめんの店「住よし」にあって、 唯一吹きっ晒しのスタンド「住よし」名古屋駅5・6番ホーム店。sumiyoshi08.jpg燗酒からいただいちゃおうかな!っとふたたび在来線改札から東海道線下りホームへ。 ところが、目指す場所には、工事中を示す表示と仮囲いの万能鋼板の壁。 ちょっと酔っ払っている所為か、場所が間違っているのじゃないかと右往左往するも、 どうやらあの好い面構えのスタンドは、その壁の中であると確かめる。 ああ、もうちょっと早く再訪しておくのでありました。

口 関連記事:   きしめん「住よし」名古屋駅ホーム店で かき揚げ入りきしめん(07年03月)   手打麺舗「川井屋 本店」で 天ぷらきしめん手打ち滑らか仕立て(09年04月)


「住よし」 名古屋市中村区名駅1-1-4 名古屋駅構内 JR名古屋駅 5・6番ホーム [Map]
column/03347

BAR「サフラン」で 柳ヶ瀬ハイボールとゆったりオーセンティック

saffron.jpg中国料理「三本足」の仙人にご馳走さまと告げて、 柳ヶ瀬の残り香を帯びた裏道に入り込む御一行さま。 なかなかいい具合に満腹でほろ酔いな足取りで辿り着いたのは、総煉瓦タイル貼りのやや古びたビル。 入口には、槍先を載せたジャバラな門扉。 イチゲンさんを拒むような、妖しい雰囲気が色濃く漂っています。
迎える扉は、 樽材を加工して鉄の帯で留め込んだようにも見える重厚なもの。saffron01.jpgそれを勝手知ったる勢いでぐいっと開いて雪崩れ込む御一行さま。 その最後尾に付いて続きます。

するとそこには、奥へと伸びるオーセンティックなバーカウンターがある。 バックバーはもとより、その向かい側の棚一面にもボトルが並んでる。

カウンターに並んで腰掛けるのかと思いきや、 そのままカウンターの前を通り過ぎて、突き当たりにある階段を進む。saffron02.jpg階段の途中から見下ろす景色でカウンターのキャパが確認できます。

二階もあるオーセンティックバーなんて、 「Radio」ぐらいしか思い当たらないぞと呟きつつ階段を上がり切ると、 左右にゆったりしたラウンジが広がる。saffron03.jpg全体にマホガニーな色合いに統一してあって、 なかなかの落ち着きっ振りであります。

さて、柳ヶ瀬のバーで、まず一杯となれば、「柳ヶ瀬ハイボール」。 以前一度、お目に掛かかることがあったので、それはひとまず心得たもの。

ウイスキーは、岐阜県の県の鳥「雷鳥」をシンボルマークとしたスコッチ、 「ザ・フェイマス・グラウス」。saffron04.jpg小皿ないしはグラスの上に添えるは、 檸檬のスライスのみならず、胡瓜のスライスに生姜のスライス。

キュウリを入れると不思議とメロンの風味のする。 ジンジャーを加えれば、ピリッとスパイシーなキレ味が出る。saffron05.jpgこのキュウリとジンジャーとを挿し色にするのが柳ヶ瀬スタイルのハイボールなのだ。

ここ「サフラン」は、一軒目使いするのもまったく心配がないほど、 フードメニューが充実してる。 「朝天椒と青山椒の炒め」とか「カエルの唐揚げ」とか、 さっきまでお邪魔していた「三本足」より本格派アプローチの中華タイトルも並びます。 でももう、お腹一杯なのだー(笑)。

saffron06.jpg山崎蒸溜所訪問を果たしたというseppさんの話を聞きながら、 それならと、やっぱり「山崎12年」をトワイスアップで。 ゼロ年の生まれたてモルト原酒なんかを口にできるのは、 蒸溜所を訪れてこそのエピソードだね。

1968年創業の「サフラン SAFFRON」は、 きっと岐阜市中の重鎮的オーセンティック・バー。saffron08.jpgsaffron10.jpgsaffron07.jpgsaffron09.jpg古いアルバムの写真なんかを見せていただきながら話を訊けば、 「サフラン」の名は元々、バーへと衣替えする前の喫茶店の名前。 バーとしての店名に変更しようと思っている裡に愛着が湧いて、今に至るの巻だそうです。

口 関連記事:   中国料理「三本足」で円やか辛み麻婆豆腐麻婆ナス四川タンタン(12年11月)   Bar「Radio」で ストローハットとXYZとお猿さんモチーフのその訳(08年09月)


「サフラン」 岐阜市御浪町9 [Map] 058-263-2015
column/03330

中国料理「三本足」で円やか辛み麻婆豆腐麻婆ナス四川タンタン

sanbonashi.jpg仕事を済ませて急ぎ新幹線に乗り込んだ。 名古屋で乗り換えて長駆訪れたのは、 一年ちょっと振りの岐阜の街。 北口に出てタクシーを待ちながらその表情を窺うは、 黄金の信長像。 信長が駅前を堂々と飾るほど岐阜の地と深い縁があったのかなぁと訝るようにすると、やや暗がりに何かの灯りを照らして鈍く光る。 そして何ゆえ金ピカなのでしょう(笑)。

タクシーで向かったのは、長良橋通りを金華山方向に走って若宮通りを左に折れた辺り。 柳ヶ瀬の一角ということになるのでしょうか。 不思議な名前のお店だよなぁと思いながら通り沿いの店々を眺めていたら、 脳裏で探していたその店の在り処を示す黄色い看板が目に飛び込んできました。

目的地の中華料理店は、その名を「三本足」。 遅くなりましたと奥の座敷の円卓へとずずずいっと侵攻します。

訊けば、こちらのご主人は、 日本における四川料理の祖とも父とも謳われる、かの陳健民の直弟子だそう。 つまりは、陳健一の兄弟子ということになるね。

そうとなればまずはやっぱり、 「麻婆豆腐」からいただかねばなりませんと満場一致(笑)のオーダーが通ります。sanbonashi01.jpgもしかして、ひ~!となるよな攻撃的な「麻婆豆腐」であったらどうしようと、 秘かに危惧していたのだれど、それはまったくの杞憂でありました。 円やかな辛みと旨み。 芳しい山椒の風味と仄かなヒリつき。 なんだか頑固爺も年嵩を経て穏やかな味わいに落ち着いたような、 そんな風情の麻婆豆腐だ。

「焼きぎょうざ」に添えられたのは、 南京町を思い出すよなちょっと辛味を含んだ味噌ダレ。sanbonashi02.jpgsanbonashi03.jpg「から揚げ」に軽く塗したタレの辛味も、 齧って弾ける鶏の旨みにすっと輪郭を与えてくれる加減のもの。 どうやら全体的に戦闘的な四川とはベクトルの違う仕立てのようだ。

お品書きの隅っこに見つけた「特別料理」枠で見つけたのが「カキぽん」。sanbonashi04.jpg揚げた衣に包まれて凝集した牡蠣の旨みと豆豉の発酵風味が好相性。 優しい酸味のタレの按配も悪くない。

紹興酒の勢いもついてきて(笑)、「麻婆ナス」もいただきたいと所望する。sanbonashi05.jpg浅目に素揚げして茄子をシャクッとさせた麻婆茄子をイメージしていたら、 それに反して、蕩けるようにクタっとした茄子が麻婆ソースに浸ってる。 はふはふほふふ。 なはは、美味しさがじわっとくる感じがいいぞ(笑)。

意表を突いて何気に劇辛だったりして、と秘かに期待してみたりもした「水ぎょうざ」。sanbonashi10.jpg受け取った器は至極真っ当な。 たっぷりのスープに浮かぶは、 ぶりっとした皮にぎっしりとあんの詰まった餃子であります。

そしてやっぱり最後はこれで〆ようと満場一致(?)したのが「四川タンタンめん(漢方)」。sanbonashi11.jpgとうとう赤いヤツが登場したかと思いつつ、小皿にとったスープを啜る。 芝麻醤でぐいぐいっとくるタイプでなく、なるほど”漢方”と括弧書きしてある通り、 薬膳チックな風味が利いている。 そして意外なくらいに角の立った辛さがないのが印象的なのです。

陳健民直弟子のご主人が迎える岐阜・若宮町の中国料理「三本足」。sanbonashi12.jpgsanbonashi13.jpgカウンターの真ん中辺りで長く白い顎鬚を摩りながらニコニコされているのが、 当のご主人。 訊かずはおれない、店名「三本足」の由来を訊ねると、 ほれそこに、とばかりに壁に留めた額装を指し示す。 そこには、相田みつをばりのタッチで「三本足とは」で始まる書が認められていました。

「論語」の述而篇からの出典で、「三人行有我師正焉(三人行えば必ず我が師あり)」。 三人で事を行えば、他の二人のする事の中に見習うべき手本、真似てはならない悪い見本と自分の先生となるものが必ずあるものである、という意が添えられている。 直接の出来事は分からないけれど、自らのお店を構えるまでの経歴のどこかで、 この論語の一節に感じ入ったのでありましょう。 どうやら規模のあるホテルの料理長であったらしいと聞けば、尖り過ぎず万人に優しい仕立てにもなるほど合点がいく気がいたします。


「三本足」 岐阜市若宮町4-22 [Map] 058-263-1446
column/03325

COFFEE「びーんず」で 鉄板と玉子とウインナ名古屋式ナポリタン

beans.jpg名古屋駅から地下鉄東山線でひとつめの伏見駅。 ホームに降りて栄の方向へと進んで改札を抜けると、 そのまま真っ直ぐの地下商店街に立ち入ってる。 通路の片側に並んでいるのは、チケットショップにヒーリングサロン、画廊に宝石店、幾つかの飲食店。 開業1957年という伏見地下街は、その当時の匂いをいまだ色濃く残しています。
そんな伏見地下街の栄寄りに認めたお食事処が、 コーヒーショップ「びーんず」。beans01.jpgネオンサインの感じからは、「び〜んず」と表記するのが雰囲気かもしれません。

喫茶店のランチといえばやっぱり、ナポリタンならぬ「イタリアン」。 男性率95%の店内で、いざいざご注文です。 やや遠く、厨房の方から聞こえてくる炒め音。 じゅーというその音が何故だかだんだん近づいてきました。

お待ちどーさまー、とお姐さんがテーブルへと差し出したのは、 板に載った楕円の鉄板。beans02.jpgそう、こちらの「イタリアン」は、所謂名古屋式なのであります。

赤いウインナーも愛らしい。beans03.jpg周囲の玉子も半熟な表情が窺えて、これまたいい感じ。

玉子との境目辺りにフォークの先を入れて、ひっくり返す。beans04.jpgああ、鉄板による焦げがあったりなんかして。

麺の太さもノーモアアルデンテの食感も悪くない。beans05.jpgナポちんはもう試したかな。 そして、鉄板焼き&玉子使いのスタイルはどこから始まったことなのでしょう。

名古屋式ナポリタンがいただける、伏見地下街のコーヒーショップ「びーんず」錦店。beans06.jpg写真入りお品書きには、あんかけの「モンテスパ」「モンテバーグ」なんてメニューがあって、その”モンテ”がなんだか気に掛かる。 訊けば、いまはもうない「モンテ」という名の喫茶店のメニューを引き継いだものらしい。 「イタリアン」もそんな経緯に影響を受けているのかもしれないね。


「びーんず」錦店 名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街 [Map] 052-211-3335
column/03218