「室町本町小舟町から横山町」カテゴリーアーカイブ

日本橋 橘町「都寿司」で堪能あん肝春子〆鯖金目鯛対馬の穴子

miyako.jpg日本橋 橘町「都寿司」。 最寄りでいえば、東日本橋か馬喰横山か人形町か。 云わずと知れた佳店は、ロレンス卿の記事でもお馴染みなところ。 ご主人がかつて修行したという蛎殻町「都寿司」へ一度赴いたことがあるだけで、こちらへはお初。 それも新年仕事始めという晩にお邪魔しました。
東日本橋のさつき通りという静かな裏道からみつけた「都寿司」。miyako01.jpgmiyako02.jpg新春の清々しさが似合う店内。 若きご主人、がにこやかに迎えるカウンターは、やはり予約で満席です。

miyako03.jpg 麦酒なぞを飛ばして、石川の純米「五凛」の常温を所望する。 乾杯をして、衣被ぎを極力上手にちゅるっと皮を脱がせます。miyako04.jpgひっくり返した切り口には、雲丹が塗ってあり、いい。 おまかせで肴を幾つか仕立ててもらいましょう。

まずは、蛸。 塩と山葵でいただきます。miyako05.jpg山葵は御殿場のご指名生産者さんのもの。 鮫肌におろした肌理優しく、豊かな香りの中に甘さを含む、つまりは美味しい山葵だ。

鰤のづけは、そのままで。miyako06.jpg炙った皮目に添えた辛子に冬の鰤の脂が溶け込んで、云うまでもなく旨い。

手渡しでいただくは、帆立の磯辺焼き。miyako07.jpg半ん生の帆立の甘さと炙った醤油の香ばしさ、海苔の風味。 これぞ寿司屋のカウンターならではと思い嬉しくなるね。

あん肝がまた絶品で。miyako08.jpg濁りなくとろーんと溶けて、コクの鮮やかさが官能的だ。 宮城の純米「日高見」の常温もよく似合う。

断面の大きさから、元のサイズを想像する鱈子の山葵漬け。miyako09.jpg薄皮のように包んだ外皮の儚さが印象的であります。

包丁の細工がもたらすか、皮目のスリットをじっと眺めてからいただく、鰆の焼きもの。miyako10.jpg厚みのある身にぎゅっとたっぷりと旨味を湛えています。

もう少しつまみますか、にぎりますか、ということで、ここからにぎっていただきます。 一貫めに、細魚(さより)。miyako11.jpgぴり、しゅっ、と皮を剥ぐ所作から忽ちの芸術だ。

唸らせるにぎりのひとつが、春子(かすご)。miyako12.jpgmiyako13.jpgいただく春子はは、血鯛の子。 仄かに華やぐような皮の香りと上品に甘く綻ぶその身。 いやはや、なんとも。

背中を開いたようなフォルムの鯵。miyako14.jpgおろし生姜を載せている姿が定番だけど、ここではそっと中に仕込む。 口にした時最初に生姜の味に当たらず、後から追い掛けるように愉しめるよう計算してことなのです。

miyako15.jpg 生姜といえいば、こちらのガリ。 あくまでドライにぴりりと辛い、気風のいい奴なのだ。

あくまで均質均等に脂を配した中トロ。miyako16.jpgこれはもう説明なんかいらないね(笑)。

目の前の硝子ケースで皮に包まれて万を時していたのが、〆鯖。miyako17.jpgああ、絶佳なるかな。

白眉に思うは、金目鯛。miyako18.jpg加減よく熟成したであろうその身には、芥子をちょん。 炙った皮目の香り柔らかいに、金目の脂の美味さがそっと弾けます。

車海老のシャリは、そうしているのか、仄かにあたたか。miyako19.jpg女性には尾を落としてから供してくれます。

miyako20.jpg 妖艶なる赤貝に続いて、 津軽海峡のむらさき雲丹。miyako21.jpg海苔で囲んで軍艦にする雲丹も悪くはないけれど、こうしてみるとタネとシャリのコンビネーションを真っ直ぐ味わえて、至極真っ当なことになる。 ここの雲丹はミョウバンが匂ったりすることがなく優れモノなんです、とご主人。

ここで追加で一貫だけと、鮪の漬け。miyako22.jpg熟成した赤身の香りととろんとした酸味に溜め息。 いいなぁ。

煮ツメでいただいた対馬の穴子。miyako23.jpg思わず誰でもニンマリしてしまうと確信するほどふんわり具合が物凄い(笑)。 ああ、堪らん。

miyako24.jpg 丁寧にキューブに包丁を入れた玉子焼きでひと通り。 これまた断面の肌理が美しい。miyako25.jpg当然なこと乍らこれをこのように焼くってのだけでも、可成りの研鑽が要りそうだ。

云わずと知れた佳店、日本橋 橘町「都寿司」。miyako26.jpgmiyako27.jpg年明け初日はちょっと緊張すると、ご主人。 一週間程度の休みであっても、さまざまな感覚が少しでも緩んでやしないか気に掛かるのだ。 素直な満足顔に礼を云われて、こちらからも感謝の意を返します。 またお邪魔しなっくっちゃ。

口 関連記事:   すし「都寿司」蛎殻町 で羽太を含んだ特撰にぎり(07年12月)


「都寿司」 中央区東日本橋3-1-3 奥田ビル1F [Map] 03-3669-3855
column/03216

うなぎ「喜代川」で 小網町路地の鰻重備長炭の焼き目のシズル

kiyogawa.jpg証券取引所の前を通って、 蛎殻町の五叉路方向へと日本橋川を跨ぐ鎧橋。 渡り切った先の右手はぺんてるビル。 どこだろうと探るように視線を泳がせたのは、 その向かいのリサイクルショップと「カクヤス」の間の路地でした。 そのまま抜けると、ナポリタンと昭和な空気が懐かしい喫茶「桃乳舎」の前にでるなぁと思いつつ進むと、 風に微かに揺れる白い暖簾が見えてきました。 今日のお昼は奮発して、鰻を喰ってやろうという魂胆なのです。

初めて訪れた、うなぎ「喜代川」。kiyogawa01.jpg そのまま暖簾を払って、打ち水をした三和土に立って人数を告げると、 右手の方へ回ってくれとお姐さん。 左様ですかと何処ですかと一旦路地に出てみると、右手にも小振りの暖簾がある。 なるほど、左手玄関はお座敷へのアプローチで、 右手にお手軽なテーブル席が用意されているらしい。kiyogawa02.jpg新富の割烹「躍金楼」を思い出したりしながら右手の暖簾を潜ると、 そこはどうやらちょうど満席のご様子。 テーブル4卓の小じんまりだものなと思うも、 今度は席が空くまで、左手の玄関から上がって待っていてくれないか、と別のお姐さん。 ありゃまたそっちに戻るのね、と苦笑しながら、 ふたたび左手の暖簾に廻り込んで、奥の待合い椅子でしばし。 お待たせしました、と呼ばれるとまたまた靴を履いて、右手の暖簾へ。 行ったり来たりさせちゃって御免なさいね~とお姐さん。 なんかまぁ、事情が分らんでもないので、 不思議とそんなに悪い気はいたしませんです、はい(笑)。

麦酒空けちゃってるテーブルを羨ましく眺めつつ、 テーブル席メニューから「うな重 竹」をお願いしました。kiyogawa03.jpg

塗りの漆が照明に映えるお重が肝吸いと一緒に届く。kiyogawa04.jpgほんの少し恭しい所作で蓋を動かしたくなる気分のする(笑)。 お重に収まった蒲焼きとご対面。kiyogawa05.jpg目線を近づけて、焼き目を凝視すると、 紀州備長炭で炙られている様子が浮かんだりします。kiyogawa07.jpg こうなるともう、ちょっと慌てた感じで箸を動かすことになる。kiyogawa06.jpgkiyogawa08.jpgそれを誰も哂えないでしょう(笑)。 浅草「小柳」で感じた、鰻の身のふっくらを包む薄い薄いぱりっとした外周の妙は感じられなかったけれど、辛目のタレでさらっとしつつ、癖のない鰻の滋味と脂の甘さを愉しめた。 たまにはいいよね、ちょっとしたこんな贅沢。

小あみ町、うなぎ「喜代川(きよかわ)」。kiyogawa09.jpg老舗旅館と見紛う建物は、築80年を超えるもののようで、枯れた風格がいい。 お座敷にはシッポリとふたり用の個室なんてものあるらしい。 口 関連記事:   喫茶・軽食「桃乳舎」で カツハヤシにスパゲティ旨い洋食の店(09年03月)   すたんど割烹「躍金樓」で鰈煮おろし豚角煮天丼膳やはり天麩羅(10年06月)   蒲焼「小柳」で 極薄い外周とふんわり身が解ける鰻重の旨さ(07年08月)


「喜代川」 中央区日本橋小網町10-5 [Map] 03-3666-3197 http://www.unagi-kiyokawa.com/
column/03139

ラーメン「わかい」で 懐かしさ漂うみそラーメンにあぁ温まる

wakai.jpg人形町の裏通り。 名古屋発味噌煮込みの「山本屋総本家」もご近所の路上を往くと汎用の赤いラーメン幟が目に留まる。 路地を覗き込むと同じく赤いテントに赤い提灯に赤い暖簾。 きっとずっとここにあるのであろう雰囲気が漂います。
暖簾を払って、頭を店内に入れた途端に眼鏡が曇る。 慌てて眼鏡を外しながら、カウンターの隅に座り込みます。 wakai01.jpg赤茶けた「MENU」には、「しょうゆ」「みそ」とそのバリエーション。 既に満席になろうとしている周囲の卓上を見回すと、どうやらほとんどの皆さんが「みそ」のあれこれを啜っているご様子。 然らばということで、「みそラーメン」を「ゆでたまご」のせでお願いしました。 目の前で北京鍋を煽って野菜を炒め、そこへスープを注ぎ、味噌ダレを溶く。wakai02.jpg思えば元来、北京鍋で仕上げるのが味噌ラーメンのスタイルだったもんね。 「わかい」の「みそラーメン」のスープは、白味噌を思わせる白濁した褐色。 啜れば、どこか懐かしいスープの仕立てと胡麻の風味。 化調の気配はそれとして、過剰にならない味噌味とコクのバランスが嬉しい感じ。wakai03.jpgwakai04.jpgつるんとしたやや縮れの麺にはもしかしたら改良の余地があるかもだけど、久し振りに「麺硬」コールしてみたら印象が変わるのかもね。


めちゃくちゃ寒いおひる時。 あのみそラーメンでもう一度温まりたいなぁと人形町へとふたたび繰り出しました。 今日も今日とてオトコ率95%の店内(笑)。 何故だか前回と同じカウンターの隅っこに案内される。 今日は奮発して「みそチェーシューメン」にしようかな。wakai05.jpg どんぶり一面を埋めるようにトッピングしてくれたチャーシューは、とろとろ仕立て。wakai06.jpg味噌なスープにひたひたして、ちゅるんといただくのがよく似合う。 そしてやっぱりスープのコクと甘さの加減の良さを嬉しく思うのでありました。 あぁ、温まる。

人形町路地の、懐かしき風情の「わかい」で味噌ラーメン。wakai07.jpg今度は、「ねぎラーメン」あたりも試してみようかな。 作り置きでなければ、チャーハンもお願いするのだけどな。 口 関連記事:   煮込みうどん「山本屋総本家」で 玉子入りカレーきしめんズニュっ(09年11月)


「わかい」 中央区日本橋堀留町1-7-16[Map] 03-3661-3661
column/03095

割烹「多賀山」で カキフライ定食路地裏割烹ひるどきの熱気

tagayama.jpg日本橋といっても、中央通り沿いとはガラッと雰囲気の違う本町あたり。 頭上に首都高上野線を載せた、昭和通りから路地に入り込む。 脇に停めたバイクの荷台には、ハッポーが括り付けられていて、これがきっと河岸への足なんだろなと思わせる。 今日はそのバイクを前にした割烹「多賀山」でおひるどき、です。
店内は既にほぼ満席で、ちょっと熱気を帯びた空気。 二階も一杯の様子の中、運よくカウンターの一番奥へと誘われました。 隣のおっちゃんに肘があたりそうな密集感にちょっと身を縮めながら腰を据えました。 オーダーは勿論、牡蠣フライ。「カキフライ定食」をお願いします。 小皿に鮪の赤身と鯵のお刺身。tagayama01.jpgそれだけで、なんだか贅沢なお膳の見栄えのする。 そして、フライ5つは、しっかりした揚げ色。tagayama02.jpg大きめ粒子のパン粉を使っています。 檸檬を絞って、火傷しないようにそっとひと齧り。tagayama03.jpg軽い衣と味わいに芯のある牡蠣の身の共演をただただ素直に愉しむように。 夜メニューとして貼られている品札には、岩手産生カキとあるので、このフライの牡蠣も同じ岩手産なのでしょう。 旨いもんは、あっという間に食べてしまうのね(笑)。


日本橋本町の路地裏に潜む、割烹「多賀山」。tagayama04.jpg夜は、おまかせコース4,000円の6品、5,000円の8品が基本形である模様。 この路地をふたたび訪れるのも一手と憶えておきましょう。


「多賀山」 中央区日本橋本町1-6-12[Map] 03-3279-5954
column/02957

中華料理「大勝軒」で 創業来空気と小器湯洲麺にんまり汁錦飯

yokoyamacho-taishouken.jpg山岸のオヤッサンが作り上げ広めた「大勝軒」という店の名は、弟子たちによる伝播でさらに一般化した感がある。 でもね、新川の「大勝軒」や室町の「大勝軒」など、 南池袋系ではない「大勝軒」にも興味があるンだ。 そんな一軒が、地盤沈下が云われて久しい繊維問屋の街、馬喰横山界隈にもあるという。

歩く視線の先に望む「大勝軒」は、創業大正13年というのがなるほどと思わせる佇まい。yokoyamacho-taishouken01.jpgyokoyamacho-taishouken08.jpg建物はきっと戦後のものなのだろうけど、赤茶に塗った建具に鈍く光る壁の金文字、掠れた深い藍の暖簾。 よくみると、引き戸の中桟にも「大勝軒」と抜いてある。

店内は、翌日からそのまま日本そば屋が営業できそうな、そんな雰囲気。 手前にひと塊のテーブル席があり、奥には神棚を背にした小上がりがある。

「焼ブタソバ」と補足のある「炒焼麺(シャショウメン)」をお願いすると、不思議と不機嫌そうな表情のオバチャンが「今日はない」という。 スープや麺がないということは考えられないので、焼ブタが用意できていないってことなのだろうね。 そんな不意打ちを喰らいつつ(笑)、然らばと「湯洲麺(ヨウシメン)」をお願いしました。

築地王が「ちっちゃい…」と呟いていたと同じ小口径のどんぶりで、その五目ソバがやってきた。 ドンブリの縁には、例の雷門(渦巻きマーク)が飾っているので、間違うことなき中華のドンブリなのだろうけど、ここでもやっぱり、そのまま日本そば屋に使えそう、なんて思っちゃう。yokoyamacho-taishouken04.jpgああ、甘く、懐かしいスープでありますね。

他のお客さんが食べていて気になったチャーハンをいただこうと、再び横山問屋街。 テーブルについて一応、品書きを眺めていると、ほぼ同時に席についたご高齢カップルが、「ヤキメシにスープ」とハモった。 同じテーブルのジイチャンお三人が食べているのもどうやらそのセットらしい。 ほう、と思い「じゃ、ボクも」と体よく便乗することに。 「汁錦飯(ヨウギンハン)」がヤキメシ、「肉片湯(ヨウペントウ)」がスープだ。

ここ「大勝軒」では、ヤキメシもドンブリで供される。yokoyamacho-taishouken05.jpg汁モノのそれと比べてやや浅いドンブリに、綺麗なお椀型の輪郭をみせています。

そして、このヤキメシが、旨い。yokoyamacho-taishouken06.jpg玉子をたっぷりと纏って、玉子の風味を存分に放っているのに、食べ口はパッラパラ。 何気なくも絶妙だなぁと、感心しつつ、にんまり。

yokoyamacho-taishouken07.jpg飲み干したスープの底にも「大勝軒」の文字。 ずっと使い込まれた器であるような、そんな気がしてきます。

お品書きの書きぶりからは、本場中国のどこかご出身で、還暦もとうに過ぎた痩せ型のご主人が厨房に立つ姿が思い浮かぶ。yokoyamacho-taishouken09.jpg横山町「大勝軒」は、そんな大正13年創業からの空気とともに味わうのがいい。 浅草橋にも行かなくちゃ。

口関連記事:  中華料理「大勝軒」で レバ好き誘う卵黄のせ純レバ丼と酸辣麺(09年08月)  中華料理「大勝軒」で レトロな佇まいとチャーチューワンタンメン(05年03月)


「大勝軒」  中央区日本橋横山町8-12 [Map] 03-3661-7068
column/02883