「室町本町小舟町から横山町」カテゴリーアーカイブ

日本橋天ぷらめし「金子半之助」で穴子一本揚げ海老天四本の天麩羅飯悔しい哉

kaneko日本橋室町の路地が好き。
例えばかつて、ヒロキエさんと伺ったステーキハウス「誠」やその並びに「シンセリティー」のある路地。
例えば、その旧き良き佇まいに毎度足を留めてしまう「大勝軒」裏手の、とんかつ「かつ平」のある路地。
例えば、移転を重ねて今は「二代目 長崎楼」と名乗るちゃんぽん皿うどんの店のある路地。
最近、その「長崎楼」の路地では、路地角地の行列の異様な熱気に驚くのが毎度のこととなりました。

当の行列を生んでいる犯人は、天丼「金子半之助」。
何故だか行列に並ぶ気が起こらないものの、
何度も眺める行列に、
行列を生むなりのことはきっとあるのだろうと、
そんな風に気になっていたのでした。

行列店「金子半之助」が、
近くに別の店を出したと知ったのが確か、
昨年の秋口のこと。
その場所は「誠」「シンセリティ」も間近な辺り。
先の店の行列の凝集感に比べればと、
ほとんど抵抗なく空席を待つ列の最後尾に着くことができました。

それでも20分程は待ったでしょうか。
厨房のざわめきがそのまま伝わる、
L字のカウンターへと案内されました。kaneko01kaneko02左右に2基の油殿がある模様。
油の中の天麩羅の表情を見詰める職人さんの頭上それぞれには、
排煙のための円い赤銅色のフードが飾っています。

お願いしていたのは「穴子の天ぷらめし」。kaneko03kaneko04独特の形状の容器の網の中央に載せられた穴子は、
ご多分に漏れず、しゅっとした一本揚げ。
薄からず、かといって決して濃いぃことのない揚げ色は、
これぞキツネ色と云えそうです。

単品で追加してもらっていたのが、
茄子にハゼ。kaneko05ぺろっと平らげた舞茸も、茄子もハゼも悔しいかな、素直に旨い。

時間はちょいと流れておよそ半年後。
久し振りに「大勝軒」前の通りを往くと、
通り両側の街路樹の枝先に春の気配が色付いていました。kaneko06その内の幾つかは既に花弁を開いていて、
その色合いは八重桜のような濃いぃめのピンク。
下げ掛けられた木札には「おかめ桜」と記されています。

その横の脇道にはやっぱり行列が出来る。kaneko07どふいふ訳か、天丼の店のようにアジア系外国人の姿は見られない。
その分、行列が短いとも云えそうです。

例によってカウンターに置かれたみっつの壺のひとつから、
牛蒡のお惣菜を小皿にいただく。kaneko08天麩羅が届くまでのひと時を繋ぐ役者として、
十分な存在感なのは烏賊の柚子和え的なおかずも同じこと。
これもコチラの何気ない魅力のひとつとなっているようです。

前回お邪魔した時にも勿論いただいていたのが、
専用の蓮華に載せられた玉子の天麩羅。kaneko09kaneko10ご指南の通り、ご飯の上に載せ崩し、
醤油を回し垂らし、卓上の醍醐味と呼ぶ黒七味を振り掛ける。
こうなるともう、美味しいに決まっているよね(笑)。

「海老の天ぷらめし」には、海老の天麩羅4本がメイン。kaneko11きりっとしたツユにちょいと浸し、
大根おろしをちょちょんと載せて齧りつく。
これまた悔しい哉、文句なし。

脇役のフリして定位置を確保している、
かしわ天には紫蘇の青い風味が利いている。kaneko12成る程、行列に理由がない訳ではないのだねと、
ヘンテコな納得をして腕を組みます(笑)。

三越前の裏通り、
日本橋室町エリアの脇道に天ぷらめしの「金子半之助」がある。kaneko13天ツユがやや塩辛いのと、
店内に流れる津軽三味線が気忙しいのが、
気になるところではあるけれど、
やっぱり天丼の方もいつかいただいてみたいと、
そう思う昼下がりでありました。

「金子半之助」
中央区日本橋本町1-4-3 ヴィラアート日本橋1F [Map] 03-6262-3734
http://kaneko-hannosuke.com/

column/03658

肉専門の店「津多屋」で厨房通ってお茶の間生姜焼き炬燵のロースかつ

tsutaya小伝馬町にそんな店があるのかぁ。
そう思っていた矢先に、グヤ父さんが闖入していて愉しく読んだ記事がある。
店の名を「津多屋」といって、”お茶の間、おばちゃん付き!”が、父さんが評したキャッチフレーズ。
それは、横浜赤レンガ倉庫の「chino-ma」のようにちょっと小洒落たカフェなんかでは決してない。
どんなことになっとるかこの目で確かめようと、小伝馬町駅のホームへと降り立ちました。

所在地へ着いてみるとそこには、ビルを背中にし、両サイドを駐車場に挟まれた二階建の家屋がある。tsutaya01なんだか解体して一筆の敷地にしてビルにする日を待たれているような気もします。

暖簾を払ってサッシュのドアを開けるとグヤ父さんのレポート通り、いきなりそこに厨房がある。
お邪魔しまーすと入っていくと横からオヤジさんが奥へどうぞと促してくれる。
云われるまま上がり込んだ処がまさに、お茶の間なのであります。tsutaya02硝子越しに、今通ってきた厨房の様子が覗けます。

よっこらしょっと座卓に座り込むと、正面に茶箪笥が見える。tsutaya04草臥れた感じがなかなかいい味わいです。

するとそこに別のお客さん達がやってきて、勝手知ったる我が家よろしく、階段を二階へと上がってゆく。tsutaya03あ、一階のこの茶の間だけが客席ってことではきっとないもんね。

オバちゃんが淹れてくれたお茶を脇に、卓上の割り箸袋を眺めると、表側には肉専門の店「津多屋」、裏側には「梅澤商店」の名があります。tsutaya05肉屋さんとしては、梅澤商店で商いしているんでしょうね。

肉専門店ゆえ、肉料理のオンパレードでしょうと、ビニールファイルに挟んだ手書きメニューを眺める。tsutaya06でも中には「エビフライ」なんてのも紛れ込んでいて、微笑ましい。

さて、そんなメニューから選んだのは、「豚生姜焼き」。
「ヒレ生姜焼き」が別にあるってことは、豚ロースなんだろなとあたりをつけて。tsutaya07ただそれは若干予想に反して、玉葱やピーマン炒めを載せた絵面でやってきました。

お肉が結構硬めかもねと咀嚼しながらそう思う。tsutaya08タレは後から方式のような気はするんだけど、その辺りはどふいふ加減なのでしょう。
いえいえ、オバちゃんオジちゃんの作る料理に文句はありません。

別の晴れた日にふたたび訪ねると、今度は既に一階のお茶の間に先客たちがいらした。
これ幸いと(笑)、二階への階段をゆっくり上がります。
すると、視線の先に映ったのは、暖かそうな炬燵のこんもり。tsutaya09tsutaya10振り返った階段の踏面は、何人もの足で綺麗に磨かれていました。

二階には続きの間があって、三卓ぐらいは置けそうな感じ。
炬燵入れましょうねと、電源をいれてくれたオバちゃんに「ロースかつ」をお願いします。

炬燵の一角に「ロースかつ」が来た。tsutaya11お店でこふいふ光景って、そうそう見れるものでもないよう気もします。

衣とお肉がみっしり噛み合って、何処にも遜色のないロースかつ。tsutaya12例によって、お醤油と練り芥子少々にて有難くいただきます。

小伝馬町の裏道に肉専門の店と謳う「津多屋」がある。tsutaya13如何にも”肉専門店”らしい料理がある訳ではなさそうだけど、逆にそれがお手製を思わせて和ませる。
盛り付けなんかしているところで、お代を払うって場面もちょと新鮮。
ぜひ一度、小伝馬町のオバちゃん付きお茶の間を訪ねてみませんか(笑)。

「津多屋」
中央区日本橋本町4-9-6 [Map] 03-3661-7638

column/03538

ちゃんぽん皿うどん「二代目 長崎楼」で戻った路地のちゃん竹皿竹とあの頃

nagasakiro今からもう20年以上も前のこと。
日本橋の室町のまさに路地と呼ぶべき場所に「長崎楼」というちゃんぽんと皿うどんの店がありました。
ガラガラっと開く古びた木戸を入って狭い階段を降りると、正面の小さな受付のようなところにおばあちゃんがいて、そこで注文をしてお代を払う。
引き換えに確か、木札か樹脂の楕円の札を受け取って、左手に降りた厨房のカウンターに並んで順番を待つ。
札とお皿や丼とを引き換えて自ら、空いている席に運んで座り込む。
奥に大きな鍋が湯気を上げていて、相撲経験者かと見受ける大柄な兄ちゃんがゆっくりと鍋の中を掻き回している光景を覚えています。

その後随分経ってから、何度となく通っていた店の建物が老朽化のため取り壊すこととなり、閉店してしまう。
ああ、もうあのちゃんぽんや皿うどんは食べられないのかと落胆した暫くした或る日、近くの古河ビルの地階へと移転していると知り早速出掛けたこともありました。
ただ、何が違うと説明出来ないものの、何処か往時の魅力を確かめられずに足が遠のいてしまったのでありました。

その後「二代目 長崎楼」があった古河ビルは、室町古河三井ビルディング、つまりはCOREDO2へと変貌を遂げた。
室町で映画が観れるようになったのかと、それはまさにCOREDO2のシネコンで映画を観た帰り道。
路地へと向く足の行くまま室町の裏道を辿っていた時のことでした。

路上に一匹の猫がいて、思わず立ち止まる。
愛想を振り撒くでも、逃げようとするでもなく泰然とした風情でそこにいる猫。nagasakiro01その先には、如何やら海外のひとを含めて有名らしい「金子半之助」なる天婦羅屋の行列の人垣。
その猫の前にあったのが、「二代目 長崎楼」の暖簾でありました。

おおお、もしかしたら元あった場所に戻ってきたのかしらんと思うも、うろ覚え乍ら以前の場所はもう一本「大勝軒」寄りではなかったかなぁとも思う。
何れにしても室町の路地に「長崎楼」が戻ってきたのだなぁと嬉しくなりました。

厨房の下り壁に貼った品書きには、往時と同じ、ちゃんぽん、皿うどん、炒麺(ちゃーめん)の三品が並ぶ。nagasakiro02松、竹、梅のボリューム三種も変わりません。

千円オーバーかぁとちょっと複雑な気分になりながら「皿竹ください」とオバちゃんに声を掛けます。
地下にあった頃と違って、テーブル2卓にカウンターだけの店ですから、厨房のオッチャンにもその声は通ります。
ちょっとあれ?っと思ったのは、オバちゃんに前金でと云われたこと。
そう云えば、移転したところでもそうだったかもしれないし、往時の受付オバちゃんへの先払いシステムを受け継いでいるのでしょう。
でも、喰い逃げするつもりはないですよっと(笑)。

湯気を上げてる「皿うどん(竹)」をオッチャンから受け取って。nagasakiro03量感は往時とほぼ同じかやや少ないか。
練り芥子を容器から多めに掬って、皿の脇に擦りつけます。

大きな保温ジャーから既に炒めてあった太麺を取り出して、そこへアンを回しかけるスタイルは、往時のまま。nagasakiro04胡椒の粗い粒が浮かぶのも往時のまま。
ただ、もっと海老烏賊浅蜊辺りの具材がたっぷりとしていたような気もします。

所々芳ばしく焦げている麺は、湯搔き立ての麺と違って、乾いている分あんとよりよく馴染む。nagasakiro05そこへ練り芥子を多めに混ぜ込んでいただくのがお作法なのです。
うん、悪くない。
ただやっぱり、なんとはなしにしっくりこないのは、通っていた当時の上手い!の記憶が強すぎることと、あそこまでの大鍋でたっぷりと作る訳ではないこととが相乗しているような気がします。

別の日には、テーブル席で「ちゃん竹」を。nagasakiro06トッピングのあんに思うところは皿うどんと同じこと。
以前はもう一声旨味の濃密なスープだったような気もします。

訊ね損なったけれど、この太麺は何処で製麺しているのでしょう。nagasakiro07思えばこの太麺を湯掻いている割には、ドンブリの出来上がりが早い時もある。
どんな裏技があるのでしょう。

世代を代えて室町の路地に帰ってきた、
ちゃんぽん皿うどんの「二代目 長崎楼」。nagasakiro08往時を懐かしんで訪ねるひとも少なからずいるものと存じます。

「二代目 長崎楼」
中央区日本橋室町1-11-15 [Map] 03-3241-7010

column/03532

焼き牡蠣とオリジナル和食「茅場町 牡蠣入レ時」で 塩で牡蠣フライ

kakiiredoki新川の霊岸島から永代通りの新川一丁目交叉点へ。
そのままその先を見据えると、
道路の延長線上を首都高の高架が塞いでる。
日本橋川を湊橋で渡って行くは、
箱崎湊橋通りと名付けた通り。
その歩道に「牡蠣入レ時」とだけ示したスタンド看板が見付かりました。

蒲田のkimimatsu姐さんが、イケメンのいるオイスターな店として紹介していた、
バーボンロードの「牡蠣バル」の兄弟店が箱崎にあると知ってやってきたのです。kakiiredoki01kakiiredoki02

引き戸を引いて下足を外して、板の間に上がる。kakiiredoki03壁にドン付けのテーブル席も右手のカウンター席もどちらも掘り炬燵スタイル。
カウンターの中程で改めてお品書きを眺めます。

kakiiredoki04牡蠣目当てのランチとなると選択肢は「カキフライ」のみ。
早速のオーダーをいたしましょう。

常呂に坂越に昆布森。
頭上に掲げた殻付き牡蠣のラインナップを眺めつつ、
フライヤーで油が撥ねる音を聴きながら出来上がりを待ちます。

飾り気のない盆の飾り気のないお皿に、
温度高めの揚げ色を為す牡蠣フライが5つ載る。kakiiredoki05

意外だったのは、最初から塩を盛った小皿が添えられていたこと。kakiiredoki07例えば、キャベツも美味いとんかつ店「にし邑」でも、
お好みでどうぞと岩塩のボトルを添えてくれたり、
蒲田「檍」でもカウンターに塩の準備はされている。
でもそれは、豚カツをいただく際のことであって、
牡蠣フライのためのものではない。

それはそれはと、小皿の塩をちょん付けしていただけば、
成る程、磯の風味の発露が素直に促されるようで、
なかなか宜しい感じになる。kakiiredoki06フライの脇に添えたマヨネーズはほとんど千切りキャベツのためのものになる次第。
油の温度がちょい高かった所為か、折角の牡蠣汁が飛び気味に映ったのが、
加減の利かせどころかもしれません。

箱崎湊橋通りに小粋に洒落た名の「牡蠣入レ時」がある。kakiiredoki08「牡蠣入レ時」の”時”の日偏が牡蠣殻を模したデザインになっている。
焼き牡蠣を始めとした牡蠣料理のあれこれが夜のメニューにラインナップ。
殻付き生牡蠣の提供っぷりは、夜に訪ねないと判らないけれど、
なかなか如何して悪くない、そんな予感がいたします。

口 関連記事:
  とんかつ「にし邑」で 肌理のロースかつ小振り牡蠣フライ旬の甘藍(14年11月)
  とんかつ「檍」で 林SPF豚普通のロースでキャベツお代わり(11年11月)

「茅場町 牡蠣入レ時」
中央区日本橋箱崎町16-8 石塚ビル1F [Map] 03-6661-2035

column/03501

中華料理「大勝軒」で 中華そば炒飯その佇まいいつまでも其処に

taishoken.jpg映画館不毛地帯であった日本橋界隈。 そこへ、この3月にコレド室町2が開業して、 TOHOシネマズ日本橋が出来た。 ならばそろそろ、新しいシネマで映画観ちゃおうと、 コレド室町村へと向かう道すがら。 久し振りに古の「大勝軒」の前に差し掛かる。 改めて眺めるは、 昭和初期創業と云われる堪らない味の佇まい。 ノスタルジック嗜好な気分が頭を擡げてきます(笑)。

看板建築の銅板が吹いた緑青の色のようなタイル。taishoken02.jpg側面の二階の窓上の壁には、「大勝軒」と店名を示したタイル張り。

同じ緑系統の縞に染めた日除け雨除けのテント。taishoken01.jpgその向こうにコレド2の頂が望めます。

往時は瀟洒でハイカラであったであろう建物も今は、周囲の高さに囲まれている。taishoken03.jpg陽射しに文字の掠れたアクリルの看板。 入口硝子扉の紅く丸い取っ手と一箇所絞った目隠しのカーテン。 いいね、いいね。 屋上の小屋は何に使っているのでしょう。

窺うように硝子扉を押し入ると、まだ先客もなく、まったりモード。taishoken04.jpg内壁にも厚手のタイルを使った意匠で、 何気になかなか凝っている。 見上げた天井の造作もちょっと面白い。 どなたの設計によるものなのでしょうか。

taishoken05.jpg両面に記したメニューから、まずは昼夜定番モノを物色します。 町場の中華料理店のメニューの並びは、 大概こうくるものだよねと納得しながら、 まずは筆頭の「中華そば」をお願いします。taishoken06.jpgいただいたドンブリの景色もまた、正しき素朴さ。 ナルトのスライスは見当たりませんが、 きっとその系統ではそもそもないのでしょう。

鶏ガラと野菜たち主体と思しき澄んだスープに和むひと時。taishoken07.jpg過剰な脂や塩分、濃厚な味付けは此処にはない。 化調が甘さを演出していたとしても、 それを織り込んでなお、温厚篤実な一杯であります。

taishoken09.jpg今度は、メニューを裏と表をくるくる回し見て、 「炒飯」に「揚げシューマイ」を奢ってしまおうかと腹積もる。 パラパラっとして、ご飯の一粒ひと粒を玉子と油で薄くコーティング。taishoken08.jpg何気ないけど、それが基本形だよねと安堵する。 そんな頃、女将さんや大将は、大相撲の逸ノ城の動向を注視中(笑)。

「揚げシュウマイ」も素朴な美味しさ。taishoken10.jpg包んだ皮が薄くカリっとする。 そして、その中から何事もなかったかのように顔を出す肉のあん。 あ、瓶の麦酒もお願いするんだった!

1933年(昭和8年)創業の日本橋本町「大勝軒」。taishoken11.jpgそれは、いつまでも其処にあっていて欲しいと思う佇まい。 青木 健さんの「ホントにあったラーメン劇場」が毎回楽しみな RamenBank によれば、 東池袋系とも永福町系とも違う、人形町系と呼ばれる流れを汲んでいるそう。 茅場町の「大勝軒」や横山町の「大勝軒」、 浅草橋の「大勝軒」が同じ系統の兄弟店だということになる。 独特の極細麺が不思議な魅力だった人形町三丁目の「大勝軒」は、いまはもうない。 早いこと浅草橋のお店にも行ってみなくっちゃ。

口 関連記事:   中華料理「大勝軒」で レトロな佇まいとチャーチューワンタンメン(05年03月)   中華料理「大勝軒」で レバ好き誘う卵黄のせ純レバ丼と酸辣麺(09年08月)   中華料理「大勝軒」で 創業来空気と小器湯洲麺にんまり汁錦飯(09年10月)


「大勝軒」 中央区日本橋本町1-3-3 [Map] 03-3241-2551
column/03469