「はんなり京町修学旅行」カテゴリーアーカイブ

うどん「麺せい」で大津の琵琶湖の景色と外輪船と京阪の路面電車と鍋焼きうどん

mensei滋賀県大津市。
それが何処にあるかというと恐らく、琵琶湖沿岸の何処かにあるのだろうと朧気に推測する。
それじゃあかんと改めて地図を眺めれば然り、琵琶湖の南西に位置するのが大津市。
何気なく地図を退いてみると、京都からも程近い。
調べてみるとなんと、JR琵琶湖線快速で京都から9分の距離にあるのが、大津駅なのでありますね。

大津駅から琵琶湖方面に向かってだらだらと下っていくと、
浜大津の駅に出る。mensei01その先の広い空が琵琶湖のそれ。
穏やかな冬の日の湖面にハクチョウらしき水鳥が、
呑気に浮かんでいました。

そんな大津港マリーナには、
琵琶湖汽船によるクルージングルートがあるという。mensei02訪れた時間に接岸していたのが、
優美な姿の外輪船MICHIGAN号。
船上からは生演奏の音が聞こえてきます。

港を離れてすぐのところにあるのが浜大津駅。mensei03まるで車両基地のような駅舎から滑り出てきたのが、
京阪の石山坂本線の車輌。

そして、ギュルルンと90度の円弧を描いて坂道に向かうのが、
同じ京阪の京津線。mensei04mensei05西近江路という街道の坂道をスルスルっと上り往く4両編成。
やっぱり路面電車って、いいよね(笑)。
ただ、路面を走るのは浜大津からひとつめの駅、
上栄町の手前までのこと。
そして、その先ではなんと路面電車転じて地下鉄になるのだ。

ちょうどお昼時。mensei06京阪京津線がその道の真ん中を走る、
西近江路の坂の途中で見付けた暖簾のひとつ。
見上げた看板には、うどん「麺せい」とありました。

晴天なるも放射冷却で冷え込んだ日和だったので、
店頭のお品書きですぐに決まったメニューは、
本日のサービス麺「鍋焼きうどん定食」であります。mensei07海老天一本が載り、中央に玉子を落とした、
どこぞのサンプルであるかのように正しき表情の鍋焼きうどんだ。

箸にリフトしたうどんそのものはというと、
これもまた極々スタンダードな装いのもの。mensei08地粉やふすまの気配なしにどこまでも白く、
そして、細くも太くもない。
例えば讃岐のそれのような腰付きで迫る素振りを感じさせないのは、
鍋焼きという仕様が故のことなのか。
かといって、大阪うどん、博多うどんに思うやわやわでもない、
そんなおうどんで。
でもね、とっても温まって、ちょっと汗掻いてしまいました。

京阪京津線が路面を走る西近江路沿いに、うどん「麺せい」がある。mensei09今日もきっと、
窓越しに京阪の空色と黄色が過ぎる気配を、
誰も気にも留めることなく、
いつものうどんを啜っていることと思います。

「麺せい」
滋賀県大津市中央1-6-15 [Map] 077-522-8021

column/03640

広東料理「ハマムラ」河原町店で シャキシャキ焼鰕捲と路面店の魅力

hamamura京都のお食事処に対して、
“ほっこり”とか”はんなり”とかといった形容を安易に当てるのは、何処かその本質を見逃しそうでいけないことかもと、 最近やっと気がついた(笑)。
それでもその独特の空気感に、
思わずそんな形容詞を添えたくなるのが、
例えば、上七軒の広東料理「糸仙」。

北大路の「鳳飛」も独特な雰囲気を持っていたけど、
やっぱり「糸仙」の周辺の艶やかさの残滓と掛け合わさった情緒が印象深い。
そして、春巻の仕立ても酢豚のあんも感慨深い。

そんなことをちらっと想いながら、
三条通り辺りから河原町通りを下がっていました。
と、ひとの横顔を模した丸い看板が目に留まる。
目鼻口の処をよく見ると、それが店名「ハマムラ」を示してる。

おもろいデザインやんけとショーケースを覗き込む。
春巻も勿論ありそうだし、アーケードにすっかり馴染んだ様子もいい。
ちょっと寄り道してみようかな。

もう少しで満席になりそうな店内に、キョロキョロと居場所を探すと、
見兼ねたようにオバさまのご案内。
隅のテーブル席を充てがわれました。

麦酒に海老春巻きに、そうね、酢豚もお願いしましょう。
メニューには、例えば「古老肉(酢豚)」には、”くろよく”、
「焼鰕捲(春巻)」には、”しゅはきん”と読み方が附ってある。

麦酒をチビチビしつつのお待ちかねしてた春巻は、謂わば普通のサイズ。hamamura01「糸仙」のそれが、舞妓さんのおちょぼ口に合わせて細く小さくしているって噂を思い出して、
ニヤリとしてしまいます。

断面から覗くは、ギッシリの竹の子とその中央に挿した海老の橙色。hamamura02とろみのあるあんにせず、シャキッとした食感にフォーカスした仕立てと、
カラッとした揚げ焼きっぷりがとてもいい。

麦酒を干したところに、茶碗のご飯と一緒に「古老肉」。hamamura03敢えてパイナップルを探してしまうワタシをお許しください(笑)。

店名を目鼻口と顔に見立てたアイコンがトレードマークの「ハマムラ」河原町店。hamamura04京都の中華1号店とされる「ハマムラ」創業者の弟に当たる方が始めたという。
ところが、今度は「走油鶏(鳥あげもののあんかけ)」とか、
「干焼鰕仁(えびのチリソース)」「広東麺」あたりをお願いしたいなぁなどと思っているうちに、
残念ながら店を閉じてしまったらしい。
Webサイトによると、創業大正13年という「ハマムラ」の店舗は、
フードコートや専門店街の4店のみの模様。
そう思うと尚のこと、失ってしまった路面店の魅力を思わずにはいられません。

口 関連記事:
  廣東料理「糸仙」で 春花捲古老肉焼売乾焼蝦仁花街上七軒の色香(14年11月)
  廣東餐館「鳳飛」で 焼売の慈姑歯触り椒醤酥鶏柿子色鳳舞の系譜(14年12月)

「ハマムラ」河原町店
京都市中京区河原町通三条下ル大黒町58 [Map] 075-221-4072
http://www.hamamura-gr.com/

column/03503

廣東餐館「鳳飛」で 焼売の慈姑歯触り椒醤酥鶏柿子色鳳舞の系譜

houhi鹿苑寺をあとにして、
金閣寺前バス停から例によって市バスに乗る。
立命館大学前から出発した12番のバスは、
金閣寺道を経て、西大路通りを東へ向かいます。
千本通り、大宮通りを過ぎて、
降り立ったのは北大路堀川のバス停。
そこから、堀川通りを北へと歩く。
舗道の落ち葉がカラカラと風に踊っていました。


アルミ押し出し枠の行灯看板がなれければ通り過ぎてしまいそうな、
街角の古いクリーニング屋さんのようにも映る建物。
其処が廣東餐館「鳳飛」であるらしい。houhi01小さな白い「営業中」の札。
店先を竹箒で掃くお姉さんに軽く会釈をしてから、
観音開きの扉を引き開けます。

おひとりさまは、紅いカウンターに並んだ紅い座面の椅子のひとつに。houhi024人掛けのテーブルは、各様にお客さんが占めている。
奥にひとつ、小上がりのような座敷が覗いています。

正面に見上げた食器棚の上には、招き猫がずららっと。
中には、黄金色の猫もクイクイッと福を招いてる。houhi03おいでおいでしている腕は、右のものと左のものと両方あり、
よく見ると、耳より高いものと低いものがある。
どうやら、右手は金運を招き、左手は人や客を招くもので、
高くあげているものは、遠方の福を招き、
低くあげているものは、近場の福を招くという意味合いがあるようです。

瓶の麦酒のお相手にとお待ち兼ねの「焼売」がやってきました。houhi05所々に木耳のような茶褐色がちらほら覗く。
天辺に芥子をちょんと載せて、酢醤油でいただけば、
はふはふと口の中で転がす中から、慈姑(くわい)のものらしき歯触りがする。
うん、よいね。

麦酒もちょうど空いてしまったので、
お食事にしようと「椒醤酥鶏(からし鶏)」に御飯、
50円也の「蛋花湯(玉子スープ)」をお願いします。

やってきたのは、「オレンジ色のニクい奴」(古!)。houhi06少し顔を近づけてみると、柿子色を発色している正体はやっぱり、
星の数ほどに鏤められた赤い粒子たち。
それらを含んだ粘度の高いあんが、
排骨と同じように揚げた鶏肉にたっぷりと掛かってる。

うんうん、ひりっと酸っぱ辛いあんが、
サクッとした衣に包んだ鶏の滋味をぐいっと引き寄せて、イケる。houhi07あ、でも、ひりひり、ひりひり。
想定以上の辛さの余韻がずっと続いて、汗がどっと噴き出してくる。
ひーご飯ゴハンと、白飯をかっ喰らいます(笑)。

汗を拭き拭き、もう一度眺める御献立表。
他にも、「炒雑砕(かやく煮付け)」とか、
「炸裡脊肉(豚天ぷら)」「焼蝦巻(春巻)」等々も気に掛かるものの、
麦酒の所為もあって、お腹は充分だ。


京の紫野下鳥田町、堀川通りの暗がりに廣東餐館「鳳飛(ほうひ」がある。houhi08かつて加茂街道紫明にあった「鳳舞(ほうまい)」という、
広東料理の店で修行したご主人が、
「鳳」の1字をいただいて切り盛りされているらしい。
地元に根付いて、如何にも落ち着いた風情がまた良いのであります。
北大路通り沿いの「白雲(はくうん)」とはご兄弟のようで、
店内の間取りも同じらしい。
今度は、そちらにも行ってみたいな。


「鳳飛(ほうひ)」
京都市北区紫野下鳥田町37-1 [Map] 075-493-5025

column/03487

割烹「やました」で 高瀬川一之船入艶やか硝子地炉利生姜の氷菓

yamashita.jpg紅葉のシーズンにはまだ早い、 麗らかな初夏のようなさらっとした空気と陽射し。 心地よい気分で散策したのは、高瀬川沿い。 木屋町通りからふと姉小路通りに折れ入って、 河原町通りで御池通りを遣り過ごす。 ホテルオークラの処で右に曲がるとそこは、 押小路通りと呼ばれる、まさに小路。 旅館や京料理屋の佇まいに沿って歩きます。

ふたたび高瀬川に戻った処が押小路橋。yamashita01.jpg見下ろす川面は、水量少ないながらも澄んでいる。 ふとその先に視線を送ると、 なにやら米俵をきちんと積んだ木船が浮かんでいます。

廻り込んで読んだ、 「高瀬川一之船入」と題する川辺の案内標には、こうある。yamashita02.jpgこの立札の後方の入江を一之船入(いちのふないり)という。 船入とは、荷物の積み下ろしや船の方向転換を行う場所で、 二条から九条の間に九箇所作られたが、 国の史跡に指定されているこの場所を除いて、すべて埋め立てられている。 高瀬川は、保津峡の開発などで有名な江戸初期の豪商・角倉了以・素庵父子が、 慶長十九年(1614年)頃に開いた物流用の運河で、 この辺りを起点として鴨川の水をとり入れ、鴨川に平行して東九条まで南下し、 鴨川を横断して伏見に通じていた。 水深の浅いことから、底が平らな高瀬舟という船が使われ、ここから川の名が付けられた。

成る程、「高瀬川」の名の由来はそんなところにあったのかと、 さも得心したかのように腕を組む(笑)。 その頃の様子を再現するように、繋留してある船だったのですね。

その立札からくるりと真後ろに振り向けば、 そこがこの日のおひるの目的地。yamashita03.jpg割烹「やました」が明るい陽射しに照らされています。

カウンターの中程に通されて、 見据える正面には、壁一面の食器棚。yamashita04.jpg成る程、上向きに跳ね上げるように開く扉なら、 比較的邪魔にならずに済むよねなんて考えます。

冷酒を所望すると、なんとも艶やかなグラスと硝子の地炉利。yamashita05.jpgお酒は、京都にあって、青森の「田酒山廃」であります。

先付けに煮付けた床伏に卵の黄身の味噌漬け。yamashita16.jpg鼈甲の珠のような玉子に味噌の風味が滲みて、愉しからずや。

花を生込みするかのように盛り込まれたお造り。yamashita06.jpgエッジの立った身は、鯛に烏賊、鮪(こしび)のもの。 烏賊に施した包丁がいいよね。

次のお皿には、合鴨ロースがたっぷりと。yamashita07.jpgうんうん、しっとりと凝集した旨味と香り。 素朴に美味しゅうございます。

焼物は、真魚鰹の西京焼き。yamashita08.jpg甘く綻ぶ身が嬉しくも、ひと口でいけてしまいそう(笑)。

炊き合わせた煮物の中心は、蛸。yamashita09.jpgいただきながら、団栗橋「蛸長」の蛸のおでんを思い出していました。すいません。

そんな頃大将が、水槽でゆらゆら泳いでいた鱧の骨切りを。yamashita12.jpgyamashita10.jpg眺め見ているうちに、天麩羅を食べ終わっていました(汗)。

細やかなもずくをいただいてから、御飯、味噌汁に香の物。yamashita13.jpgyamashita14.jpgデザートは、生姜の風味が愉しいシャーベット。 口腔がさらとしてこれはいいかも。

高瀬川一之船入のその前に割烹「やました」。yamashita15.jpgお昼の献立ということもあってか、 めくるめく喜びはなかったなぁというのが正直な感想です。 鯖寿司に後ろ髪を引かれつつ、 夜の部はどうなのかなぁとか、鱧の夏はどうなのかなぁとか考えつつ、 背中で扉を閉じるのでありました。

口 関連記事:   おでん「蛸長」で 澄む出汁大根飛龍頭豆腐鴨捏蛸葱鮪炒皮紐育(13年05月)


「やました」 京都市中京区木屋町通二条下ル上樵木町491-3 [Map] 075-256-4506
column/03480

廣東料理「糸仙」で 春花捲古老肉焼売乾焼蝦仁花街上七軒の色香

itosen.jpg京都バス案内のアプリでルートを調べて、 四条河原町辺りから市バスに乗り込む。 四条通りを東へ向かったバスは、 西大路四条で右折して、西大路通りを北進する。 横切る嵐電の雄姿を眺めて和んでから、 同じ嵐電の北野線の起点となっている、 北野白梅町駅のところでさらに右折したバスは、 今出川通りを東進します。

左手に北野天満宮の気配がしてきたら、 右手にいつぞやの豆腐料理「とようけ茶屋」が視野に入ってくる。 今日は此処ではなくて、もうひとつ先の停留所、 上七軒で市バスを降りましょう。

今出川通りから左手前に進むのが上七軒の通りと町並み。itosen01.jpg上七軒(かみしちけん)は、 桃山時代から西陣織の隆盛も背景にして栄えた花街。 室町時代に北野天満宮の再建の際に残った資材を使って、 七軒の茶店を建てたことが、「上七軒」の由来だという。 通りにはそんな色香がまだまだ漂っているように感じさせます。

いい表情をした鰊そば「ふた葉」の様子を横目にしつつ、 その先の路地を左手に折れ入ります。

軒先と軒先がくっ付きそうな路地の奥。itosen02.jpgそこに、「糸仙」の看板が見えてきました。

この路地にこの佇まい。 萌えないひとがいるでしょか(笑)。itosen03.jpg廣東料理と示す暖簾の脇には、上七軒花街が用いているという、 五つ団子の紋章の入った提灯がさがる。 紋章は名物御手洗団子に由来するものであるらしい。

予約の名を告げて、カウンターの一席へ。itosen04.jpg麒麟のラガーをいただいてから、廣東料理献立表を睨みます。 定番メニューは、1番の「叉焼(やきぶた)」から24番の「御飯」まで。

まず手元にいただいたのは、「春花捲(はるまき)」。 東京でいただく春巻きとは、装いが違ってる。itosen05.jpg皮の畳み込み方が筒状で、それがなんだか愛らしい。 そして、やや細かめの刻んだ筍の食感がいい。 パリッとし過ぎない皮の歯触りも風雅な印象のする。 一本を4つ切りに包丁を入れているのも、 舞妓さんのおちょぼ口でも食べやすいようにとのことからのようです。

麦酒のコップ片手に、正面から受け取ったお皿が、 「古老肉(すぶた)」。itosen06.jpg itosen07.jpgとろーんと飴色に覆ったあんが廣東風と云おうか京風と云おうか。 ぎゅぎゅっと揚げた豚が甘酸っぱいあんに絡まって、うん、美味しい。 よくみる酢豚と違って、彩り鮮やかな野菜などは一切入っていない潔さ。 豚以外の唯一の材料が、よく酢豚において話題になるパイナップルであるところが、 なかなか愉しいのであります(笑)。

両手鍋を振るったり、中華お玉を繰っている厨房の様子を こうして間近の背後から拝見できるのは、 あるようでそうそうないことではないかしらん。itosen08.jpg黒光りしている鍋の内面が印象的です。

と、そこへ「焼売」が蒸し上がる。itosen09.jpg如何にも手作りな表情のシュウマイたち。 人差し指と親指とを丸めたサイズだと必然的にこんなサイズになるのだよなぁと、 嘗て一度教わった「魚菜学園」の教室を思い出す。 余計な混ぜ物のないお肉のお味。 香りの優しい軽やかな味わいに、あっという間に平らげてしまいます。

もう一品いただいてしまおうと、「乾焼蝦仁(小エビのチリソース)」。itosen10.jpgたっぷりの刻み葱と仄甘いチリソース。 ヒリつくような辛さや塩っぱさとはベクトルの違う、あっさり感に和みます。 御飯貰おうかな。

デザートまで奢って、「杏仁豆腐」。itosen11.jpgゼリーの型から出てきたような白い小山の頂上には、 よく見るクコの実ではなくて、春菊の葉先のようなものが挿してある。 ふむふむ、杏仁粉の風味が濃厚で、美味しい。 ご馳走さまでした。

花街の色香の残る上七軒の、かつてお茶屋さんだったという建物で営むは、 廣東料理「糸仙(いとせん)」。itosen12.jpg油や辛味、塩分の強さを抑えた、飾らない味わいが魅力的。 今度は、「炒飯」「炒麺」「叉焼麺」も試したい。 天神さんをお参りしてから何処かで油を売って、夕方の営業開始時間に。 混み合うので予約が必須です。

口 関連記事:   豆腐料理「とようけ茶屋」で 燗酒と湯豆腐膳とようけ丼と梅の花(13年03月)


「糸仙」 京都市上京区真盛町729-16 [Map] 075-463-8172
column/03477