「はんなり京町修学旅行」カテゴリーアーカイブ

Bar「木屋町サンボア」で ホットなホワイトラムにバターが似合う

kiyamachi_samboa.jpg寺町の「京都サンボア」を訪ねると、 なんとお正月明けのちょい長休業中。 項垂れてアーケードをとぼとぼと歩いている途中で他にも「サンボア」があるのを思い出し、急に足取りを早くする。 水路を渡ったその先の「西木屋町通り」という路地にある「木屋町サンボア」へお邪魔してみました。
ほんわかと和やかな雰囲気のカウンターには、一番奥にひとつ、空席がありました。 きゅっと冷えた夜ですから、たまには温かいモノでもいただいてみようかと、どこか飄々とした佇まいのマスターにそんな意向を伝えると、「ラムなんかで、いかがです?」。

ホワイトラムを沸かしたてのお湯で割ったグラスの底に入れられたバターが浮かび上がったら、できあがりのサインです。kiyamachi_samboa01.jpgホットラムにバターを入れるなんてアイデア、 誰が最初に考えたンだろうね。 湯気立つ中に優しくて仄かなコクが生まれて、 素朴で魅力的な一杯に昇華するんだ。

いい具合のほろ酔いの常連さんたちが掛け合う会話を横耳に楽しみながら、 お隣さんが注文んだグラスと同じものを追加してみる。 今や懐かし「Underberg」に「CANPALI」とオレンジの果皮とりんどうの根からつくられたというリキュール「PICON」とでつくる一杯。 ウンダーベルグ独特のハーブ香とスパイシーさを塩梅よくバランスした仕立てが、 なかなかイケル。

「楽しめました~」と席を立ち乍らマスターにお愛想を告げると、 さり気無くにんまりした笑顔で「また、おこしやす」。 ベージュのベストが良く似合う木屋町のマスターは、 寺町の元マスターの弟さんなのだそうです。


「木屋町サンボア」  京都市中京区西木屋町通四条二筋上ル西側紙屋町367 [Map] 075-222-2389
column/02090

お食事処「山とみ」

yamatomi.jpg途中下車して、何年振りかも分からない冬の京都に降り立ってみました。吐く息が白いのは、やはり京都は冷え込んでいるということだね。夜の帳が降りる頃、四条大橋を渡り先斗町の路地へ。店頭に三つ指ついて「おこしやす」スタイルのマスコット風人形が目に留まった「山とみ」さんに闖入してみました。カウンターの向こうに目をやると、どぅはは、人形そっくりな女将さんが「おこしやす~ぅ」とにこやかな笑顔を向けてくれました。まずは「おでん」でと、定番の大根、じゃがいもに変わりダネ「ぎょうざ天」でビールをぐびびとする。あはは、ホントに餃子が入っているぞぃ。「くみ上げゆば」と一緒にお銚子をお願いして、くぴとすればもう周囲のオッチャン達とたちどころに同化する(笑)。追加したおでん「鳥ねぎ」なんかをツマミにお猪口を干しながら、ふと見た正面の壁に「くも子」という品書きを見つけた。やっぱりにこやかな表情の女将さんに「なんでス?」と訊くと、タラの白子のことをそう呼ぶんだそう。調子にのって頼んだ「かきフライ」の、油の温度が高すぎたのか衣がカリカリでところどころ弾けてしまっていたのはご愛嬌か。お品書きの「オリジナルメニュー」と記された項には、「エレベーター」「ジェラシー」なんてメニューがある。え?そう、揚げおろしに焼餅のことだそう。なんかどっかのスナックみたいな洒脱かも~。そして、お品書きの裏にも女将さんがいる。大正4年のお茶屋を起源とする「山とみ」には、なにはなくとも女将さんの笑顔です。 「山とみ」 京都市中京区先斗町四条上ル 075-221-3268
column/02089