「軽井沢から甲信越」カテゴリーアーカイブ

中華そば「杭州飯店」で燕三条背脂らーめん元祖と謳われるどんぶりに風格想う

koshuhanten風も冷たくなってきた秋の或る日の夕方。
信越本線を辿って新潟の三条市にいる、なんてことがありました。
東三条から分かれた弥彦線が新幹線と連絡しているのが、燕三条駅。
その駅名をみた瞬間に思い出す料理名。
燕三条といえば、あの背脂ラーメンの地ではありますまいか。

燕三条背脂ラーメン発祥の店、
とも云われている店があった筈と調べると、
中華そば「杭州飯店」がヒットする。
何処にあるのかと訊ねれば、
燕三条からふた駅通り過ぎた駅が最寄らしい。
東京への帰りがけに寄り道してみることにしました。

弥彦線の西燕という駅からひと気のない道を辿り往く。
ふと畑の上を凝視するとなんと蝙蝠が3羽飛び交っていたりする。
koshuhanten01陽の落ちる直前に目的地前に到着しました。

お店の前にしばし佇んでいると、
偶々お店から出て来たお店の方らしきオバチャンが声を掛けてくれた。koshuhanten02あ、いらっしゃい、どちらから?
え、東京から?
わざわざわ訊ねてありがとね、ありがとね。
確かにふらっと寄れる場所ではないけれど、
なんだか反って恐縮です(笑)。

黒地金文字の扁額が壁に掛かり、
天井を何気に中華な意匠が飾ってる。koshuhanten03新進のラーメン店には持ち得ない、
中華料理店の風格が窺えます。
ご註文は勿論「中華そば」。
「餃子」も添えていただきましょう。

やや小振りのドンブリになみなみと注がれた、
スープそして背脂の海。koshuhanten04想定通りの姿光景になんだか安堵。
裂いた割り箸を両手に挟んで、ドンブリに正対、一礼します。

ちょっと顔を近づけて凝視してみる背脂の具合。koshuhanten05蒲田の「らーめん潤」のドンブリをなんとなく思い出しながら、
うん、旨そうとひとり言ちる(笑)。
言い古された云い回しになってしまうけど、
見た目ほどこってりではなく、さらっと軽やかなコク味で、
煮干しを思うスープにも醤油や塩っ気も濃過ぎないのがいい。

そんなスープの中から掬い上げた麺がまた魅力的。
にゅるんとしたテクスチャと独特の平打ち形状が、
スープをたっぷりと引き上げてくる。koshuhanten06甘さに似た粉の魅力を愉しみつつ、
脂の甘さとスープの旨味を一気に啜り込む。
うん、うん、うまひ。
かつての馬込「醤屋」で初めて出会った頃には、
ちょっとした衝撃だったけれど、
今では割とスタンダードなものになった玉葱の薬味。
歯触りと辛味がスープにリズムを添えてくれて、いい。
当初から使われていたスタイルなのでしょか。

その一方、何気なく註文した「餃子」が届いて目を瞠る。koshuhanten07なにせ一個がやたらデカイい。
ひとつに小振りな餃子3個分ぐらいのあんが入っていそうな、
そんな重量感が箸の先にずっしりと伝わる。
汁の滴る具と麺と同じ旨味のある皮のコンビがなかなかイケる。
でもね、これを4つは流石に多かった。
食べ切れなかったことを謝ると、
2個のお皿をお薦めすれば良かったですねと、
逆に謝れられしまいました。
いえいえ、御免なさいでした。

弥彦線西燕に所在、
燕三条背脂ラーメンの元祖と謳われる中華そば「杭州飯店」は、
1933年の創業であるらしい。koshuhanten08ご当地の他店を味わう機会はなかなかないので、
その是非は判らないけれど、
元祖と云われ得る風格には間違いがなさそうに想う。
この味を基準線に携えてふたたび、
「らーめん潤」あたりを訪ねてみようかな。

「杭州飯店」
新潟県燕市燕49-4 [Map] 0256-64-3770

column/03632

手打そばうどん「あさぎり」でゆっくりおひるの鴨せいろ北軽井沢嬬恋のひと時

asagiriそれは、この夏の文月のこと。
軽井沢本通り沿いに移転していた薪窯ピザの店「enboca」を後にしたご一行さまは、当然のように軽井沢銀座の散策へと洒落込みます。
これは欠かせないと「ミカド珈琲」の軽井沢旧道店の店先で買い求めた「モカソフト」を手に通りをぷらぷら。
通りの店々を冷やかしたり、天皇皇后両陛下縁のテニスコートを眺めてからジャムの「沢屋」でお買い物。
観光会館でひと休みしてから「ブランジェ浅野屋」の本店で食料の買出しなんかして。

駐車場に戻って乗り込んだクルマは、
まだ日本では数少ないと云われる、
ラウンドアバウト(環状交差点)を通り抜け、
中山道へと戻ってきました。

そのままバイパスまで抜けて、
皆の御用達の大型スーパー「ツルヤ」で、
お約束の買い出しタイム。
そこから中軽駅の脇を通って、
いつの間にか日本ロマンチック街道なんて呼ばれている道を、
一路北へと向かいます。

白糸の滝に至る有料道路との合流点、
峠の茶屋から鬼押ハイウェーをするすると進み、
浅間山の裾野を左手にしながらさらに北上。
とある別荘地へと辿り着きました。

ゲートを開けて別荘地内に侵入し、
運んでくれたクルマを敷地内に乗り入れる。asagiri01asagiri02片開きの窓を開け放って、
別荘内の湿気た空気を解き放ちましょう。
あ、因みにこの別荘も素敵なクルマも、
ワタシのものではありません(笑)。

此処に夏場に来るのは随分と久し振り。
すこぉし冷んやりした気配の清らかな空気が、
やっぱり心地いい。asagiri03ウッドデッキのテラスに椅子を持ち出して、
早めの麦酒でも嗜みましょか(笑)。

牌を取り出して、
いざ囲みましょうなんて悪戯してみたものの、
そんなことに興じる時間に充てるなんて、ここでは勿体ない。asagiri04バーベキューの炭でもゆっくり熾しましょう。

まったり過ごした別荘の夜が明けて、
朝の散策と朝風呂の後には、またまったり(笑)。
おひるは近くの蕎麦屋さんに出掛けることにしました。

今や懐かしきゴルフコースの脇を下り行く。
パルコール嬬恋は、
ご無沙汰しているうちに名前も変わってしまったようで、
今は北軽井沢嬬恋ゴルフコースとなっている。
そうそう、軽井沢と云ってしまうことが多いものの、
軽井沢の北側をぐんぐん登ってきたこの辺りは実は嬬恋地域。
強いて云えば、北軽井沢と呼ぶのが相応しい。
よく通ったパルコールのゲレンデは、
今どうなっているのでしょう。

そんなことも一瞬つらっと考えているうちに、
ご近所蕎麦屋さんに辿り着く。asagiri05木々に埋もれないように大きな看板を立ててはいるものの、
平屋建ての店舗に白い暖簾だけを下げた、
媚びることのない佇まいがいい。

硝子戸に囲まれた打ち場を横目にこんにちは。asagiri06ゆったりとした空気の漂う店内は、
親仁さんおひとりで切り盛りされているのかもしれません。
限定と記された「かもせいろ」をお願いしました。

二八くらいの割合でしょか。asagiri07asagiri08求道系拘りにして少量高価なジャンルの蕎麦ではなく、
日常的な装いを潔く思う一枚のせいろであります。

合鴨の脂が乳化しかけた汁も悪くない。
汁に浮かべた炙った葱の芳ばしさもいい。asagiri09asagiri10うんうん云いながらあっという間に平らげてしまい、
ナニがっついてるの、ゆったり食べられないの?と、
窘められてしまいました。
面目御座いません(笑)。

汁椀とは別に添えてくれたお猪口で、
蕎麦湯をゆっくりいただきましょう。

日本ロマンチック街道とも呼ばれるらしい鬼押ハイウエーから、
長野街道へと抜ける道沿いに手打そばうどんの店「あさぎり」はある。asagiri11白い暖簾を振り返りながら、
朝霧に包まれた仄暗い朝からせっせと蕎麦打つ、
そんなご主人の姿をふと想像したりいたします。

「あさぎり」
群馬県吾妻郡嬬恋村大字大笹2185-10 [Map] 0279-96-2705

column/03628

薪窯ピザ「enboca軽井沢」で大葉ちりめん山椒無花果に桃のピザ再会の初夏のテラス

enbocakaru上信越道の碓氷軽井沢I.C.を出て愛宕山近くの峠を越え、軽井沢72の間を抜けていくと軽井沢プリンスの手前でバイパスと交叉する。
その軽井沢バイパスを皆の御用達スーパー、ツルヤの方向へと西進すると塩沢という交叉点を通る。
そこをしなの鉄道に沿って走る中山道の方向へと北進すると、軽井沢らしい別荘地の広がる森閑としたエリアに突入します。

その道沿いにあるのが、
名の知られたフレンチレストラン「エルミタージュ ドゥ タムラ」。
大雨の日の午後に一度訪ねたことがあるだけですが、
それ以来この道は”タムラのある道”、と刷り込まれています。

そして、”タムラのある道”と刷り込まれる以前は、
この道は、”enbocaのある道”でありました。

「エルミタージュ ドゥ タムラ」の奥にある「enboca」に、
初めて寄り道したのはもう、10年も前のこと。
ピザを薪窯で焼き上げる様子を眺め、
その瞬間を逃さないように窯から引き出して、
そのまま供されたピザの美味しさに瞠目したのをよく憶えています。

その後、東京に出張った代々木上原の店にも何度かお邪魔して、
また軽井沢のお店にも寄り道したいなぁと思っていた、
そんな11年の暮れのこと。
その「enboca」が火事に罹り、なくなってしまったと聞きました。

確かに木造の家屋でしたし、
周りも落ち葉に埋もれるような環境なので、
一旦火が熾きたら対処もできぬまま、
あっという間に焼け落ちてしまったのだろうなと、
そんな想像をしつつ、残念に思っていました。
どうやら落ち葉処理の焚き火から引火して、
全焼に至ってしまったということのようです。

そんな軽井沢の「enboca」が復活したと知ったのが、
その翌年の春先のことであったでありましょか。
以来、再会する機会があればいいなと、
小さく考えていたのでありました。

それは、この夏の文月のこと。
お久し振りに軽井沢・嬬恋方面へとお出掛けする機会に恵まれて。

再会した「enboca」は、元あった中軽のあの道ではなく、
なんと軽井沢の目抜き通りとも呼ぶべき、
軽井沢本通り沿いにありました。enbocakaru01以前は鮮やかな群青色であったサインは、
爽やかなパロットグリーンになっていました。

外観と同じく店内も、
白一色に植栽の緑が映える設えになっている。enbocakaru02ロフトのような二階席もある。
予約の時間までちょっと早かったこともあり、
風の抜ける入口の脇にあるテラス席の、
白いパラソルの下に腰を据えることにしました。

飲み物のグラスに並んでまずは「サラダ エンボカ風」。enbocakaru03アボカドにアンチョビのソース、
そしてパルミジャーノをたっぷりと削りかけたサラダは、
ボリュームたっぷりだ。

薪窯焼き料理から選んだのは「玉ねぎ」。enbocakaru04厚手の表皮からその一枚内側の鱗葉に至ろうとするまで、
真黒にじっくりと焼いた玉葱から仄かに湯気があがってる。
十分に蒸し焼きされた玉葱の白が、
期待通りに甘くて嬉しいのであります。

ハーフ&ハーフの半分は、大葉のピザ。enbocakaru05フレッシュな大葉のペーストに煮切り醤油の隠し味。
これは青っぽさが苦手なひとでもイケる気がする。
いつぞやのピザ「野沢菜」の面白美味しさが印象深いけれど、
他にも愉し美味しいピザがありそうです。

そして、もう一方の半分はなんと「ちりめん山椒」。enbocakaru06九条葱の下から、
祇園下河原にある京佃煮「やよい」の「おじゃこ」が顔を出す。
噛めば葱の風味と山椒の風味におじゃこの歯触り。
シラスのピザは湘南辺りでポピュラーだけど、
おじゃこのピザは新食感ではないでしょか。

もうひとつのwholeは、
スタンダードに「アスパラガス」と「マルゲリータ」。enbocakaru07アスパラガスに載せたチーズは、モッツァレラ系。
たっぷりしたチーズのボリューム感とアスパラとのバランスやよろし。
季節のピザに目が向きがちな「enboca」で、
敢えて「マルゲリータ」を註文するひとは少ないかもしれないけれど、
地力を窺わせる標準のピザであるのは何処も同じだね。

やっぱり追加でお願いしていたのは(笑)、デザートピザ。enbocakaru08一番旬なものをということで、選んだのはイチジクと桃。
火が入ってすっきりと爽やかな甘さの華開いた桃も美味。
そして、温められた無花果の風味もまた面白美味しいのでありますね。

火災を乗り越えて軽井沢の本通りに移り、
安定した人気の薪窯ピザ「enboca軽井沢」の旧軽井沢店。enbocakaru09enbocakaru10椎茸や松茸のピザとかフェンネルのピザ、
果ては自家製からすみのピザなんてのもある。
軽井沢へはどうしても車で出掛けることになるけれど、
偶には新幹線で出掛けていって、
パルミジャーノとオリーブオイルだけの「生地焼き」つまみに、
同じテラスで白ワイン呑んでみたいななんて思ったり(笑)。
そうそう、京都にまで出店しているなんて知らなかったなぁ。

「enboca軽井沢」旧軽井沢店
北佐久郡軽井沢町軽井沢1277-1 [Map] 0267-42-0666
http://www.enboca.jp/

column/03624

純手打生蕎麦「奥藤 本店」で鳥もつ煮発祥の蕎麦の店信玄公像と舞鶴城公園の桜と

okutou甲府というと思い出すのは、そのちょっと先にある北杜市のこと。
中央本線の小淵沢駅からクルマで赴いたのは、サントリーの白州蒸溜所。
木々の間から覗いたキルンを模したという双頭の建物「ウイスキー博物館」で貴重なボトルたちを眺め歩いてから、蒸溜所のポットスチルをまじまじと見詰めたり、貯蔵庫に壮観に並んだオーク樽の山にオオオとただただ感嘆したり。
勿論、10年12年18年ものを呑み比べたり、「白州25年」なんぞも舐めたりして、とっても有意義な時間を過ごせたのでありました。

それからなんと7年程振りに乗り込む「あずさ号」。okutou01なんか車両がすっかり新しいような、前回もこの車両だったような。
ここでE257系の薀蓄を語れないようでは、鉄ちゃんには なれません(泣)。

そんな中央本線新宿駅9時発JR特急は、あずさ号9号。
あずさ2号は今は、信州に旅立つ旅客ではなくて、松本始発の上りの一番列車であるらしい。
ちなみに新宿発8時ちょうどの列車は、スーパーあずさ5号。
あ、前回はあずさ号ではなくて、きっとスーパーあずさだったんだ。

およそ100分の旅程を経て到着した甲府駅の南口駅前広場。
そこにはデデンと武田信玄公があらせられる。okutou02甲斐の国の守護大名、ここにありという風格でありますね。

午前中の用事を終えて向かったのは、身延線の国母という小さな駅。
辿り着いたのは静かな住宅地の中の蕎麦の店。okutou03okutou04手打ち蕎麦屋なのだけど、暖簾の手前には「元祖鳥もつ煮」の立て看板。
暖簾の内側にも「元祖鳥もつ」の大看板。
その隣には、「B-1グランプリ全国制覇」の文字が躍っています。
そんなことはもう、皆さんご存じですよね(笑)。

素直な気持ちで選んだのは、おすすめの「甲府鳥もつセット」。okutou05鳥もつ煮の小盛りにもりかかけかの蕎麦かうどん、小さめご飯に香の物がつくというものです。

どれどれと「鳥もつ煮」を凝視する。okutou06テラテラと照る様子から既に甘辛い風情が滲み出ています。
レバーにハツ、砂肝、キンカンまでもが濃いぃ飴色に包まれて、それぞれの食感と滋味を何気なく主張してくる。
品書きを改めて読むと、「甲府鳥もつ煮」は戦後間もない昭和25年頃、この店「奥籐」で誕生したとある。
“どこが元祖だ問題”は、色々な土地や事柄で起こり得ることだけど、こちらが甲府の「元祖鳥もつ」発祥の地なのでありましょう。

どうも鳥もつ煮にばかり気が向いてしまいますが、こちらはそもそも蕎麦屋さん。okutou07田舎蕎麦とは趣の違う蕎麦は、量を拵えているがゆえの端正さなのでありましょか。
仄かな香りと喉越しは決して観光地的ものじゃない。
なかなか美味しゅうございます。

腹ペコに勢い込んで註文んでしまっていたのが「信玄鶏の天ぷら」。okutou08初めて見知る”信玄鶏”。
名前そのものにはあやかり系の匂いも少々思うものの、身肉の味わいが濃くって旨い鶏天麩羅。
麦酒が呑みたくなってきました(笑)。

1913年(大正2年)に甲府の駅前に創業した手打蕎麦「奥藤本店」は、
甲府鳥もつ煮発祥の店。okutou09創業来一世紀を経て今なお親しまれ、繁盛している様子は、素晴らしい。
B-1グランプリによる町おこし取り組みも伊達じゃぁないなと、やっとこご当地に来れて思うのでありました。
事務局長、お元気かな。

午後の用事を済ませて、上りのあずさ号の時間までの束の間を甲府駅近くの舞鶴城公園を散策する。okutou10時季は桜の散る頃。
鉄門(くろがねもん)の前に置かれた解説を読むと、甲府城は豊臣秀吉の命で浅野長政・幸長によって築城されたもだという。
武田信玄の城ではないのかと頭の中?マークで一杯になったのも歴史的知識の浅きが故。
信玄公は、生涯城を持たなかったようですね。

「奥藤 本店」
山梨県甲府市国母7-5-12 [Map] 055-222-0910
http://www.okutou.com/

column/03576

手打生そば「かぎもとや」本店で 安い燗酒と野趣のそばゆるゆる

kagimotoya.jpg台風余波の雨がやっとこ上がった軽井沢。 しなの鉄道にひと駅だけ乗って中軽井沢へと思うも、 次の電車まで30分弱ほど間があるタイミング。 タクシーを駆って中軽井沢駅前へとやってきました。 お目当ては、久し振りの「かぎもとや」のゆるゆるお昼時なのであります。
中軽井沢の駅はすっかり取り壊されてしまっていて、今は仮駅舎のプレハブ仕立て。 以前の駅舎の表情の記憶は朧げながら、ちょっと寂しい光景。 長野新幹線の開業が駅周辺を閑散とさせたことは想像に難くありません。 今は鬼押し出しへと至る千ヶ滝通りを一躍脚光を浴びるエリアにした星野リゾートが中軽井沢駅の窓口業務の委託を受けているようです。 「かぎもとや」本店は、そんな中軽井沢駅前、中軽井沢交差点脇にある。 ちょうど八年振りの「かぎもとや」本店は変わらぬ風情でそこにありました。

八割の入りの店内は、今もって軽井沢定番のお昼処であることを印象づける。kagimotoya01.jpgテーブルから見上げる、厨房の上の写真には、例えば若かりし頃の裕次郎がいる。 隣では、昼にしてすっかり出来上がっちゃた兄ちゃんが新幹線の時間なんか気にせずに呑むんだと駄々を捏ねている(笑)。 お銚子をいただきましょう。

安っぽい燗酒にはワサビを添えたきつねのお皿。 甘く煮立てた油揚げに忽ち、ゆるゆるとした気分になってきます。kagimotoya02.jpgkagimotoya03.jpg 野沢菜あたりだと気が利いた感じになるのだけどとも思うお新香は、 キャベツの浅漬け。 でもこれがずっと「かぎもとや」のスタイル。 これだけで、お銚子を何本もお代わりしちゃうヒトも少なくないかもしれません。

今日は蕎麦打つ様子は見られないかなぁと厨房の方を眺めつつ、 ざるそばに天ぷら、けんちん汁のつく「もみじセット」をお願いしました。 笊に載るやや幅広のそばは、変わらぬ黒っぽい色合いの。kagimotoya05.jpg 繊細かつ洗練の蕎麦とはやっぱり対極にありそうな蕎麦だと思わせるその表情は、 惹きぐるみのそば粉を大胆に繋いでいる様子に映る。kagimotoya06.jpg丸抜きの蕎麦の仄かな甘さみたいなものではなくて、 外皮が齎すであろう日向くさい野趣が「かぎもとや」のおそばの個性なのであります。

宿場町沓掛(くつかけ)に「かぎもとや」が創業したのは、明治三年のこと。kagimotoya08.jpg「かぎもとや」は、”鍵本屋”。 Webサイトには、「鍵本の名は、本陣の鍵を預かっていたことから由来し、如何に、お上に信用があったかが伺われる。」とある。 往時の宿場町としての賑わいの残り香に唯一触れられるお店なのかもしれません。

口 関連記事:   生蕎麦「かぎもとや」本店で 素朴かつ野趣あるとろろ大天ざる(03年09月)   手打生そば「かぎもとや」バイパス塩沢店で 天ざる山うどの香り(04年05月)


「かぎもとや」中軽井沢本店 長野県北佐久郡軽井沢町長倉3041-1 [Map] 0267-45-5208 http://www.kagimotoya.co.jp/
column/03178