「ぐるっと関東伊豆鎌倉」カテゴリーアーカイブ

BAR「YUMOTO」で 金柑カクテルと3回蒸溜隠れ家と彼女の凛

yumoto.jpg冷え始めた夜の三島。 うなぎ料理をいただいた「直よし」の大将に、近所に呑兵衛の集まる横丁ってないのですかと訊くと、以前は賑やかだった路地も今は寂れてしまっているという。 やや残念な気持ちになりながら辺りを散策すると、どうやら伊豆箱根鉄道の三島広小路駅界隈には旧町っぽさの名残りがあって、おぉ?なぁんて思わせる小径もある。 そして、意外やその近くに、08年のバーテンダー技能競技大会で優勝したバーテンダーのいるBARがあるという。
地図に手書きした店の所在は、源兵衛川という水路沿いにあるようにも見える。 橋の上から川辺の先の暗闇を眺めて、「川沿いに辿っては行けそうもないですね」とくにちゃん。 一本東側の径をその先まで抜けてみたものの、それらしいお店が見つからない。 念のためもう一度引き返してみようと、今来た径を再び辿ります。 と、マンションのエントランスだと思っていたところに「BAR」の文字。 「おー、あったー!」。 そのアプローチの正面には、重厚な木製の扉が構えていて、その手前左手の壁には、スコットランドの国旗。そこには、ディステイラーの方々のものと思われるサインが記されています。 ぐっと引き開いた扉の向こうには、意外なほどゆったりとした空間が広がっていて、正面の硝子越しには、ライトアップされた川辺の木々が臨める。 一瞬、祇園新橋の川際のバーにいるような錯覚が過ぎります。 yumoto01.jpgyumoto02.jpg 先客なければ、窓際だったのになと思いながら、カウンターの一番手前へ。 バックバーに、檸檬色の灯りに浮かぶグラスたち。 その脇には、大麦を乾燥させる際に使うという木製の道具、モルトシャベル。 コートを収めてくれたクロークの戸は、どこぞの町家にありそうな古民家のものだ。 yumoto09.jpg開口一番に優勝カクテルを、というのもなんだか気恥ずかしくて、壁の黒板で目に留まった金柑のカクテルをお願いします。 皮も身も召し上がってください、という台詞を添えて届いたグラスには、なるほど、四つ切りにした金柑がざくざくと入っている。yumoto03.jpg啜る滴は、ウォッカベースのすっきりとした清々しさ。 一気についーッと呑めてしまいそうになるところを堪えて(笑)、仰せの通り、皮や身を貪る。 ちょっとした苦みと華やぐ柑橘の清涼感がいい。 yumoto04.jpgお通しに苺。 フレッシュなままかと思ったら、ちょっぴり電子レンジにでもかけたのか、微妙に柔らかくしてある意外性。 切り込みに詰めたカッテージチーズと蜂蜜の風味が洒落てます。 スペイサイドからなにか、とお願いしてやってきたのが「BenRiach 1998」。yumoto05.jpgyumoto06.jpgラベルに「TRIPLE DISTILLED」とあるように、なんと3回蒸溜を施したものだという。 揮発していくようなクリアな感触とピリッとした塩辛さが同居しているような、ドライな呑み口だ。 一転今度は、思い切りクサイやつでというリクエストに応じたボトルが「Auld Reekie 10年」。yumoto07.jpgカリラやラフロイグなどなどのアイラらしいアイラをボトリングしたものだそうで、鼻先を近づけただけで、なはは~と笑っちゃうほどスモーキーなヨード香。 初めてラフロイグを舐めた時に、なんじゃこりゃ!薬クサっ!って思ったことを思い出してまた、なはは~。 今は好き好んで、それを呑んでいるのだものね。 黒いラベルに城らしきモノクロームのイラストを見つけて、隣のくにちゃんに「どこ?」と訊いてみたら、「……エディンバラ城、ですかね?」。 そう、「オールド・リーキー」というのはエディンバラの俗称なのだそう。 おお、さすがスコットランド帰り(笑)。 「08年の優勝おめでとうございます」と声をかけたカウンター越しのバーテンダーは、凛々しくって優美な女性。 並み居る男性バーテンダーを跳ね除けて、なんて云われ方はきっと不本意なんだろうけど、そんな発想が下衆なことと素直に思えてしまうほど気負いのない柔和な表情の中にビッと芯がある感じ。 思わず惚れてしまいそうになるけど、バー「YUMOTO」の名は彼女の姓でもあるけど、どうやら彼女の旦那の姓でもあるらしい。う~ん、残念(笑)。 見送りに出てくれた彼女とスコットランド国旗の前でお喋り。 国旗にサインのある蒸溜所について現地話ができるくにちゃんが羨ましい。 やっぱり、行ってみたいなスコッチの国。 三島と三島広小路の真ん中辺り。 隠れ家的×ゆったりとしたオーセンティック×水辺の情緒×彼女の凛。 源兵衛川を背にしてひっそり佇むバー「YUMOTO」にはそんな要素の融合がある。yumoto08.jpgまたお邪魔する機会を見つけて、元倉庫のものだという奥まった扉へとアプローチ。 今度こそ、創作カクテル「アプローズ(喝采)」もいただかなくっちゃ。 口関連記事:   和食「直よし」で 三島うなぎ白焼ききも焼き炊いた鰻の茶漬け丼(09年01月)   Bar「IT’S GION 2 DEUX」で 橙の灯りと英王室と青いジョニー(08年07月) 「YUMOTO」 静岡県三島市芝本町10-7 [Map] 055-981-5578
column/02750 @3,700-

和食「直よし」で 三島うなぎ白焼ききも焼き炊いた鰻の茶漬け丼

naoyoshi.jpg三島駅南口界隈にも8店ほどが見つかる「三島うなぎ横町」の幟。 夕刻に訪ねたのが、その中の一軒「直よし」です。 白木の格子戸と白い暖簾がきりりとして、どこか店主の気っ風を思わせるような佇まいだ。 こちらの「三島うなぎ横町」幟は、小さいタイプ。 暖簾に合わせて、おいでおいでと風にそよいでいました。
店内は、右に厨房とカウンター、左に座敷というレイアウト。naoyoshi01.jpgカウンターの椅子に腰掛けて正体した大将は、怒ったらちょっと怖そうな、でもファサードの印象ともなるほど合い通じる、頼りがいのありそうな表情で迎えてくれます。 手にしたお品書きnaoyoshi02.jpgには、「うな重」を含む定食7種に、幾多の一品料理が並んでる。 早速ビールをお願いすると、「蒲焼きももちろんできるけど、白焼きなんてどうです?」と大将。 なんで大将は、客の心の裡が判っちゃうのだろうと訝りながら(笑)、「はい!白焼きで」と即答する。 naoyoshi03.jpg プレミアム・モルツをキュイッとやってからいただく白焼きは、もっちりしっとりした食感が面白い。 カサカサと香ばしさを発揮する仕立てじゃなくて、といって脂ギッシュという訳でもない。 naoyoshi04.jpgnaoyoshi05.jpgnaoyoshi06.jpg 表面の極薄いパリッとしたところが凝縮感のある鰻の身を包んでいる、そんな感じだ。 折角なら本山葵で食べたいところだけど、それは贅沢かな。 naoyoshi07.jpg
ビール呑むなら当然こいつも注文むよねと、「鰻きも焼」。 ちまちましない量感は、大将の心意気のなせる業。naoyoshi08.jpgうへへと嬉しくなるほどの直球の苦味とすっきりした滋味がいい。 〆は「うな重」ってことになるだろね、と考えているところに「茶漬けもできるけど、どう?」と大将。 また客の心理を読むンだから、もう困るなぁ(笑)。 「これちょっと食べてみて、炊いたやつ」と差し出してくれたのは、小皿に載ったうなぎ。naoyoshi09.jpgおー、炊いた鰻とは。 山椒風味をふわんと煮含めてあって、さっと炙ってあるのか程よい香ばしさを纏って、 蒲焼とは違う魅力。 大将に向かって、ぶんぶんと首を縦に振ると「じゃ、半分はどんぶりにして、半分を茶漬けで」。 ひつまぶしのノリもちょっと拝借しちゃおうって工夫、うん、大歓迎。 丼に放射状に配置した鰻を端から、ガシガシと掻き込むように。naoyoshi10.jpg気を利かせて多めにかけてくれたタレの味が強くなっちゃったので、 「タレ、なくってもいいぐらいですよ」と生意気云いつつ、再びガシガシ。 そして、残り半分になったところで、急須に用意していくれた鰹昆布出汁をだーっと注ぐ。 そうそう、お茶じゃなくってやっぱり出汁だよね。naoyoshi11.jpg三つ葉と海苔、あられの薬味を載せて、今度はズルズズ。 ひつまぶしの仕上げとはまた違う、ちょいと品のあるシズルをズズ、ズズズ。 なはは、一気に食べちゃった(笑)。 この、炊いたの、も白焼き同様お品書きには載っていなのだけど、確認するとおよそいつも仕込んでおくようにしているそうだから、大将に訊いてみる価値はあるね。 そんなうなぎ料理を始め、品書きにホワイトボードに酒肴メニューあれこれの和食「直よし」。naoyoshi12.jpgそうそう、「う巻き」は一匹使ったヤツだからふたり以上でね、と大将。 三島駅南口からも程なくの、「三島うなぎ横町」の小さめ幟が目印です。 口関連サイト: 「三島うなぎ横町」14店のクーポンあるよのサントリーグルメガイド「静岡うなぎ特集」banner_blog_unagi01.jpg 「直よし」 静岡県三島市一番町12-23 [Map] 055-971-3119
column/02749

お食事処「源氏」で 三島のうなぎ伏流水の活性と釜飯の軽やかさ

genji.jpg鰻と云えば静岡の代名詞のひとつ。 三島も鰻で有名だって知ってました?と訊かれれば、 うん、でも、正直云って当地ではいただいたことがない。 それではその片鱗に触れてみましょう、ということで乗り込んだひかり号。 品川から37分で到着したホームからは、しっかりと雪を頂いた富士山が望める。 富士の裾野エリアを訪れているという臨場感に「ほぉ」と牽かれる瞬間だ。
いつ以来だろう、随分と久し振りに降り立った三島駅前。 駅舎を背にして、路線バスが信号を待つロータリーを進む。 すると正面に見つかる三角屋根を壁に模した店。 二階の壁に大きく掲げた木札には、「しらす」「桜えび」「近海魚」「生そば」、そして「うなぎ」。genji11.jpg 早速こちら、お食事処「源氏」にお邪魔してみましょう。 時刻は、正午に30分ほど前。一階の客席は既に賑わいをみせているね。 昼間っからビールを呑んじゃう気分満点(笑)なので、品書きの「うな重」を横目に「蒲焼だけってできますか」と訊いて、そのように。 届いた鰻の飴色をじっと眺めてから、箸の先でひと口に千切って口元へ。genji01.jpggenji02.jpgやや甘めでちょっと粘性のあるタレに包まれつつ、ひと切れがすっすと消えていく、そんな感じ。 プレミアム・モルツのぐっと華やぐよな香りとの取り合わせもいい。
さてご飯モノもいただいちゃおうとお願いしたのが「うなぎ釜めし」。 鰻の釜飯を口にするのはおそらくお初だ。 たっぷりの錦糸玉子の下に並ぶ蒲焼。genji06.jpgその下のご飯の色合いが濃いめなのはもしや鰻のタレを含ませて炊いているからなンだろうかなどと想像しながら、まだ熱いひとり羽釜に箸を伸ばします。 genji07.jpggenji05.jpg いただく印象は、ふっくらと軽やか。 厭な脂も勿論くさみもなく、すいっと食べれて気がつくと、もうなくなりかけている。 genji08.jpg底の方から改め杓文字で掬ったおコゲと鰻の名コンビ(笑)。

ご馳走さまをして目に留まった、店頭ではためく幟には「三島うなぎ横町」とある。 「三島うなぎ横町」とは、三島のうなぎをもっともっと遍く広く知ってもらいたいという活動のことで、 三島駅南口から三島広小路を中心としたエリアを気をつけて歩いてみると、 同じ幟がいくつも見つかる。genji09.jpg 三島で鰻を食べたけりゃ、この幟を目指して店を訪ねればいいンだ。 あ、でもそう云えば、三島産のうなぎ、というのは聞いたことがないよね。 三島のそこここに養鰻場があるわけではなくて、 では市内の河や池で川鰻が獲れるのかというと、天然鰻が希少なものとなった今では、それも概ねないよう。 なのになぜ鰻料理を供するお店が比較的狭いエリアに多くあるのかというと、その秘密はさっき新幹線のホームで拝んだ富士山にあるのだという。 富士に降った雪や雨が年月をかけて浸透し、伏流水となって湧き出すのがここ三島の地。 例えば、三島ゆかりの文学者たちの句碑「水辺の文学碑」が立つ桜川は、菰池公園の湧水池を源流としているそう。 そして、富士山の伏流水は、分子が小さく酸素を多く含んだ所謂活性水だという。 鰻をその伏流水に晒すことで、鰻が持つ生臭さや泥臭さを消し、水の持つ活性が美味しさの素である蛋白質を保ちつつ余分な脂だけを落とす働きをするというのだ。 伏流水で活性した三島のうなぎ。 釜めしのうなぎが軽やかに感じたのは、そんなことが背景にあるのかもしれないね。

genji00.jpg 「三島うなぎ横町」の一店、お食事処「源氏」は、なにせ駅南口の真正面。 伊豆箱根鉄道の改札からもきっと見つかる。 修善寺や伊豆長岡からの温泉帰りにすっと寄って、三島のうなぎ、ってのも一手です。 口関連サイト: 「三島うなぎ横町」の14店を紹介している、サントリーグルメガイド「静岡うなぎ特集」banner_blog_unagi01.jpg 「源氏」 静岡県三島市一番町15-22 [Map] 055-975-0882 http://www.genji3.jp/
column/02748

魚河岸「丸天」卸団地店

maruten.jpg久々に伊豆で潜ってみようと黄金崎へ。台風一過のようなクリアな空気が清々しく、海の中も大雨の翌日とは思えないくらい穏かで澄んでいた。お昼抜きの状態で2本潜り、沼津近くまで辿り着いた頃には満月がくっきり拝める時間になっていました。も~、腹ペコ(笑)。目指すは、卸団地の一角にある「丸天」。真ん中のテーブルに陣取って、まずはやっぱりビールでしょ。こゆときドライバーは辛いっすよね、とか云いつつグイといく。おばちゃんサービスの「魚一口唐揚」がそのビールに良く合う。マグロの唐揚げだ。そして店内の壁に貼られた黄色い品書きとテーブルのメニューを交互に凝視しては、迷いに迷う。特許製法だという「丸天名物 かき揚げ」から、「生イワシ」に「生シラス」「あま海老」その他刺身類諸々、素朴に「あじフライ」「海老フライ」「ほたての浜焼き」、「まぐろのテールシチュー」なんてぇのも旨そうだ。う~ん。そうかやっぱり(なにが?)「かきフライ定食」だ。中身がちょっとパサついている感じがするのが残念だけど、かまわずガツガツ食べちゃいます。あ、そうそう、「生がき」もいっときましょう。一見大ぶりな牡蠣をスルンとひと口に。身が少々薄いかもしれないけど、ま、いっか。お隣は、新鮮でちょっと小ぶりな「あじフライ」6片と、さらに隣ではでっかいまぐろのカマと格闘中。なにかにつけてダイナミック。帰りにこんなお店に寄れるってのも、西伊豆でのダイビングの醍醐味だってことを再認識しちゃった感じ 。沼津漁港のお店には行ったことがあるのを帰り際に思い出しました。 「丸天」 静岡県駿東郡清水町卸団地203 055-973-2115 http://www.uogashi-maruten.co.jp/
column/01996

中華そば「青葉」船橋店で 特製中華そば多店舗展開の有難味

aoba.jpgここへきて一気に増殖している感のあるあの「青葉」が、 船橋駅ビル「シャポー」内のラーメン横丁に、 「ちばき屋」「六角家」に並んで出店していました。 21時過ぎという時間帯の所為か、 数分の空席待ちで右隅のテーブル席へ。 悩むまでもなく「特製中華そば」を。 多少、節の香りが弱いような気はするものの正しくあの「青葉」だ。
袋入り生麺でもかなり忠実に再現できていたので、多店舗展開するレシピがきっちり出来上がっているってことなのかもね。aoba01.jpg 気がつけば中野の本店以外に9店舗も。 店舗数が増えれば増えるほど、その有り難味とカリスマが薄れていくような気がするな。 aoba02.jpg 葛西臨海公園での花見宴会の後で。
「青葉」船橋店 船橋市本町7-1-1 シャボー船橋1F船橋ラーメン横丁内 047-423-8151
column/01454