「ぐるっと関東伊豆鎌倉」カテゴリーアーカイブ

レストラン「ほてい家」で有終のほてい家パック海老フライにふんわりハンバーグ

hoteiya所用にて京成線は千葉中央駅という駅の割と近くに明け方までいるということがありました。
深夜の小腹を黙らせようと辺りを徘徊していた時に、懸垂式モノレールの橋脚の向こうに紅いネオンサインが目に留まる。
一瞬、ちょっと妖しい旅館のそれのようにも古びた料理屋のそれのようにも見えたネオンが示していたのは、「レストランほてい家」。
全貌は暗がりの中なれど、なかなか気になる佇まいであるなぁと思いつつ、その場所を離れたのでありました。

翌朝遅めにホテルの部屋を出てそのまま、
気になっていた場所へと戻ってみる。hoteiya01hoteiya02成る程、深夜に眺めたのは幻でもなんでもなく(笑)、
葭川という川の上を走るモノレールの高い橋脚越しに、
二階建てながらどっしりとしたフォルムの建物が佇んでいました。

ショーケースと入口を覆うテントには、
since1929と表示してある。
1929年といえば、ええっと、
昭和4年創業ということになるではありませんか!hoteiya03hoteiya04そうなのかぁとショーケースを眺めていると、
開店時間早々だというのにどふいふ訳か、
続々とお客さんと思しきひと達が硝子扉を開けてゆく。
有名老舗にしても随分な人気なのだなぁと慌てて後に続きます。

それでもテーブルは少なからずありそうなので、
特に心配せずに案内を待っていたらなんと、
予約のお客さんでほとんど既に満席なのだという。
一体全体どうなっているのかと訝っていると、
支配人と思しき老紳士が「新聞に出てしまって」と仰る。
訊けばなんと、この10月末で閉店してしまうことが、
記事になり伝わって、混み合っているのだと云う。

そうとは知らずにひょっこりやってきたものの、
ギリギリでなんとか待たずに隅のテーブルに潜り込めた。hoteiya05hoteiya06そこに用意されていたメニューを見てまたびっくり。
この厚みのファイルのページそれぞれに、
一々気になる品書きが待ち構えている。
店内が混んでいることをいいことに、
前から後ろ、後ろから前へと何度もページを捲り返して、
あれこれ思案を巡らせます。

それで結局選んだのは「ほてい家パック」なる、
なにやらお得感漂うネーミングのメニュー。
「ほてい家セット」ではなくて、
“パック”ってところがいい響きです(笑)。

サービスでいただいたグラスの赤を舐めているところへ、
「コーンクリームスープ」のお皿が届く。hoteiya07これが、あれ?ってくらいに濃厚なコーンスープ。
きっと自家製なのだろうと思わせる、
玉蜀黍の自然な甘さもさることながら、
どんだけ煮詰めたの!という濃密さが、
なによりの魅力となっています。

もう食べる機会がないかもと思えば当然、
「スパゲッティ ナポリタン」に食指が動いてチョイス。hoteiya08残念ながら茹で置きの太麺という訳ではなさそうで、
仕立てはシャツに飛びそうな系のナポリタン。
ケチャップよりもトマトソースたっぷりで、
その分炒め麺にはなってない。
でも美味しいので赦しましょう(笑)。

メインの一翼が「天然有頭海老のフライ タルタルソース添え」。hoteiya09hoteiya10デデン!とお皿に横たふ立派な車海老くん。
タルタルをたっぷりと添えていただけば、
濁りなき海老の身の甘さが味蕾を包む。
嗚呼、久し振りにがっつり海老喰った!って感じ(笑)。
ちなみに、天ぷら仕立ても選べるものの、
添えてくれるソースは、フライ同様タルタルソースである模様です。

そしてそしてメインのお肉は、
「ハンバーグステーキ ドゥミグラスソース 温野菜添え」であります。hoteiya11hoteiya12鉄板からふつふつと弾けるソースが、
落ち着いてきたところでやおら、
ハンバーグのご本尊にナイフを挿し入れると、
これがあっけない程にスッといく。
この、ふんわりと柔らかなハンバーグが、
人生最初のご馳走ハンバーグであった子供が、
少なからずいるのじゃないかと、
ふと思ったりなんかいたします。

オレンジのシャーベットをスプーンで掬いながら、
手許にあったナプキンを眺める。hoteiya13店先では見つからなかった、
布袋さんのお姿をその真ん中に認めました。

レストラン「ほてい家」は、1929年(昭和4年)創業の老舗洋食店。hoteiya14七五三のお祝いにとか、誕生日のお食事にとか、
きっとそんな特別な日のテーブルにずっと選ばれてきたのでしょう。
二階は宴会場になっていて、
結婚式の披露宴会場としても定番だったらしい。
この10月末日で閉店するという「ほてい家」に、
寂しさとともに感慨を憶えるひと達が沢山いるに違いありません。

「ほてい家」
千葉市中央区本千葉町9-8 [Map] 043-227-0281

column/03696

珈琲舘「純」でしっかり炒めの正しきナポリタンひと気少なき西那須野にて

jun那須と聞いて思い出すのは、ハンターマウンテンという名のスキー場。
あんまり天候が優れなくて、足許もベチャっとしたゲレンデの風景。
きっと避暑にもよい処だと思うのだけど、そふ云えば夏の行楽に訪れた記憶が浮かばない。
涼し気な温泉宿なんかあったりするのかしらん。

そんなこともふと思いながら降り立ったのは、
那須塩原からひとつ宇都宮寄りの西那須野。
着いてからおひるを済まそうと思いつつ、
微かに抱いていた杞憂が現実のものとなる。
例によって駅前にはなんにもないのでありまする。

はてさてと、そすい通りと呼ぶ通りを往くと、
煉瓦調の建物の脇に「珈琲」の文字が見える。jun01ランチをやってくれているかもと、
早足で近づきました(笑)。

柔和な笑顔の親爺さんに迎えられ、
窓辺のテーブル席へ。
早速眺めたメニューには、
期待通りの「生姜焼き」と「ナポリタン」の文字。

註文から間もなく聞こえてきた炒め音に耳を欹てる。
ぢゃっちゃっしゃっ、ぢゃっちゃっしゃっ。jun02よく鳴るナポリタンが、
その音からイメージする通りの麗しい姿でやってきました。

マッシュルームの縁の焦げ具合で、
炒め具合の手練が窺える。jun03ケチャップにどれだけ火を通すのかが、
ナポリタンの要諦のひとつなのだと、
ひとりブツブツ呟きます(笑)。

うんうん、しっかり炒めのシャツに飛ばない系。jun04粉チーズの助けを借りずとも美味しくいただけるのが、
正しいナポリタンなのでありますね。

西那須野駅正面のそすい通りに珈琲館「純」がある。jun05割と最近外装を改めたようで、
改装前はまた趣のある喫茶店だったのでありましょう。
喫茶店で「純」というとどうも連動して思い出すのが、
松本零士の「男おいどん」。
純喫茶「不純」という店が登場してたのです(笑)。

「純」
那須塩原市扇町6-17 [Map] 0287-36-1310
http://kohiyakata-jun.com/

column/03691

酒蔵「瀬良美」で地酒燗酒一品稲里地物平目に焼き蛤常磐沖の鮟鱇鍋偕楽園の梅の花

serami相当昔のことにはなるけれど、笠間あたりのゴルフ場に時折出掛けたりしていたこともあって、遠いっちゃ遠いけどそのうち訪れる機会もあるだろうと思っていた場所のひとつが、水戸の町。
毎年、梅を愛でようと足を運んだ沢山のひと達で、水戸・偕楽園が賑う様子をニュースなんぞで眺める度に、あ、ここ一年も訪れる機会がなかったなぁと小さく思うのでありました。

漸く水戸を訪れる機会がやってきて、
それが図らずも凡そ梅の花咲く頃。
夕闇迫る時間帯なれど、
名勝の誉れ高き「偕楽園」へと足を運んでみました。serami01serami02もう盛りを過ぎたのか、これからひと盛り上がりあるのか。
全体的には閑散とした表情の梅の花。
狙ってきた訳じゃないので仕方はない、
またこなくっちゃと思いつつ御成門から園を辞することとします。

駅界隈に戻って、
何処かで水戸での一献を呑っつけようと辺りを散策する。
ペデストリアンデッキのある南口よりも、
国道50号線の終点となっている、
北口方面の方が賑っているようです。

例によって(笑)、
駅前から早速、横道へと忍び込む。
佇まいからして、そして店から漂い出る出汁の匂いに一気に惹かれた、
郷土料理の店「環翠」の暖簾を払う。
店の中に身体を入れると更に、美味しそうな空気に包まれるも、
なんと予約で一杯なのだそう。

成る程、人気なのだなぁと思う感心と、
そこにありつけなかったなぁと思う無念を交錯させつつ、
その先の横丁路地へと徘徊範囲を広げます。

ウロウロ歩き回った挙句辿り着いたのが、
国道沿い南町一丁目信号近くの酒蔵「瀬良美」であります。serami03駅から離れていることもあってか、静かな店内。
客間の真ん中に据えた囲炉裏端に腰掛けます。

お通しの長角皿には、
鮟鱇の煮凝り風ゼリー寄せに蛍烏賊、蕗の薹味噌。serami04冬が春の気配を帯び始める、
そんな時季を思わせる誂えでありますね。

水戸の地酒、辛口「一品」をぬる燗でお願いして、
お相手は、茨城は那珂湊の「ひらめ刺」。serami05旨味の廻った白身の歯触りは、むっちり系。
脂を含んだ縁側も艶かしく迫ります。

一個がそんなお値段(797円)なのですかとも思いつつ、
大洗産の「焼きはまぐり」も是非にとご註文。serami06挿し入れてくれた切れ目も嬉しい、
しっかりサイズの蛤くん。
熱々を頬張れば花開く清らかな磯の旨味滋味。
そんな身から滲み出た汁も勿論逃さずに(笑)。

選んだお猪口は笠間焼きですよと訊いて、
そこに注ぐのも笠間の地酒にしてしまおうと、
純米酒「稲里」をクピっといただきます。

おひとりさまで喰らうには量が心配ですねと云いつつ、
折角なのでとお願いしちゃった「あんこう鍋」。serami08調理場で煮立てた土鍋がそろりそろりと到着します。
ふつふつと沸く肝味噌仕立ての汁の湯気に、
燗酒が温めてくれた頬をさらに温くしてくれるような気がしてきます。

しっかりとした旨味を湛えつつ、
決して濃密な加減に転がらない汁がいい。
べったり濃いぃばかりの鍋はもう卒業のお年頃(笑)。serami07常磐もの入荷と品札にあるのは、
常磐沖とも呼ばれる茨城沖の鮟鱇であるという。
最近、何処も獲れなくなっているそうですねと訊くと、
一般には品薄と聞きますが、
ウチは長く培った仕入れ先があるので、
比較的安定していますと仰る女将さん。
常磐沖はつまりは浜通りも近いことをちらっと思いつつ、
一人前を美味しく平らげる。
流石に雑炊までには至れなかったのがとっても残念であります。

そうそう、女将さんによると、
鮟鱇は、雄が専ら小さくて、
偶に見かける唐揚げにしたものは、雄か外国産のものだという。
たっぷりとした鮟鱇鍋になってくれるのは、
主に雌の鮟鱇だということなのですね。

水戸駅からちょっと離れた国道近くの裏通りに、
日本酒専門店を謳う酒蔵「瀬良美」が静かに佇む。serami10日本地図の上に日本酒の銘柄名を認めた箸袋には、
創業昭和46年とある。
きっと半世紀近くの永きに亘って、
茨城や水戸の郷土料理やお酒を供してくれてきて今がある。
女将さんのお名前が、
良美さんであるかどうかは、訊き損ないました(笑)。

「瀬良美」
水戸市南町2-2-32 [Map] 029-227-3701

column/03665

家庭の味「だいこん家」で大根と角煮煮玉子目光唐揚げ銀鰈煮付けほっこり温もり

daikonya夏も真っ盛りになろうとしている或る日の夕暮れ時のこと。
いわき駅周辺の街中におりました。
いわき市が何処にあるかというとそれは、福島県浜通りの南側。
太平洋に面していて、県内で最大の面積があり、中核市に指定されているらしい。
郡山から行こうとしたらJRの磐越東線にちょうどいい電車がなくて、高速バスの方が便利なのだと知る。
初めて訪れたいわきの街は、意外と大きなものでした。

荷物を降ろしてから早速、
街中を徘徊しようとホテルを抜け出ます。
偶々ホテルの窓から見えていて目星を付けていた、
地魚料理「旬」へと足を向ける。
ところがどうやら人気の店らしく、
ほとんど予約で満席でと謝られてしまう。
席がないと知ると益々、後ろ髪が引かれるもので(笑)。

そのすぐ近くには、
復興飲食店街”夜明け市場”という看板を掲げた、
ひと筋の横丁がある。daikonya0110数軒の飲食店が並ぶ横丁の脇にある、
和楽「魚菜亭」に食指が動いて、
えいっと扉を開くも、こちらも満員御礼だ。

界隈にお店が少ない訳ではなくて、
そこそこに飲食店の灯りが点っている。
それでもやっぱり人気店にひとが集まるのは、
世の常でありますね。

すっと今晩の止まり木を得られるものと踏んでいたのは、
意外と甘い考えだったのじゃないかとちょっぴり焦り出し(笑)、
駅正面の磐城街道を渡った西側へも足を伸ばしてみる。

LATOVラトブという再開発ビルの裏手には、
スナックがメインの妖しい路地がある。
ここでも再開発の巨大な建物と、
旧来からの風情ある街並みとが、
微妙に切ないコントラストをみせています。

そこから陸前浜街道方向へ、
裏通りをぷらぷらと南下する。
酒菜「英」という間口の狭い店が気になって突撃するも、
なんとここも満席。
週の始めだと云うのに一体どふゆふことでしょう。

と、やや暗がりにぽっと灯りを点した店がある。
ここには空席がありますように!と祈るような気持ちで(笑)、
苔色の暖簾を払いました。

なんだかほっこり柔らかな空気に包まれつつ、
店内左手のカウンターへと案内いただく。
背後のテーブル席エリアからは、
さわさわとした賑やかさが伝わってきます。

目の前には、でんでんでんと惣菜を載せた大皿が並んでる。daikonya02暫くしてから気がついたのは、
お店のメンバー全員が女性であること。
店に入った瞬間に感じた空気は、
そんなことにも由来しているのかもしれません。

歩き回った所為もあり、
まずはやっぱり麦酒から。
「大根と角煮と煮玉子」をいただいて、
やっとこひと息つけました(笑)。daikonya03煮崩れずしてとっぷりと煮汁の沁みた大根が、
期待通りに嬉し美味い。

「目光の唐揚げ」は、
深海の暗がりに明かりを照らしたら、
束になって飛び出してきたような、
そんな盛り付けが面白い。daikonya04身柔らかく、ほろほろと脂が旨いんだ。

会津の蔵元のものと聞く、
「飛露喜」の純米吟醸をいただいて、
「銀ガレイの煮付け」。daikonya05ふっくらと柔らかな身をほじほじして、
グラスを傾けキュっと。
カウンターの中で忙しなく動く、
何処か鯔背な気風のお姐さんが、
それでも時折ひと言ふた言、
言葉を投げてくれるのが妙に嬉しい(笑)。

どんな感じかなと想像しながら、
「みそいも」の到着を待つ。daikonya06醤油のあんで絡めたようにもみえるけど、
齧ればまったりと味噌の風味に包まれる。
うんうん、こんなんも嬉しいお惣菜。
こっち方面の家庭料理なのでありましょか。

食事も済ませてしまおうと、
店の名を冠した「だいこん家茶漬け」。daikonya07たらこ茶漬けに刻んだ昆布と大葉を添えて。
四角く刻んだ板海苔を浮かべた感じも面白い。
どの女将さんのアイデアなのでしょね(笑)。

いわき駅南側、
磐城街道と陸前浜街道が交差する辺りの裏通りに、
家庭料理の店「だいこん家」がある。daikonya08「大根と角煮と煮玉子」が、
定番中の定番のお惣菜ではありそうだけど、
大根使った料理がずらっと並んでいる訳では勿論ない。
気取らない家庭の味と、
ほっこりとした店の雰囲気は、
店名にも相通じる温もりでした。

「だいこん家」
いわき市平二町目58-1 [Map] 0246-22-7015

column/03622

Restaurant Bar「馬酔木」でさらさら粒子のコクが旨い馬酔木カレーに出会う

ashibi京葉線に乗って千葉みなとまで下って、そこからモノレールでとことこ千葉駅まで。
タウンライナーと呼ばれる千葉都市モノレールに乗るのは果たしていつ以来のことかまったく思い出せない。
でも、初めてではないような気はする。
そこから外房線の高架に沿うように進むと、それ相応の賑わいのあるエリアを通ることになる。
千葉駅周辺の繁華街というのはこの辺りになるのだろうかと考えなら足を運ぶと、千葉街道と標識のある通りに出た。

交叉点を渡ったところでふと振り返ると、通りの向こうに大きくて無機質な三越の立体駐車場棟が目に映る。ashibi01その並びの木立の陰に、なにやらどこかの洋館のような煉瓦色の建物が覗いていました。

横断歩道を戻って正面に立ってみると、成る程フェイクでない煉瓦を積んだ建物には、周囲と一線を画すようなちょっとした風格がある。ashibi02意外や中央の階段の奥は「大将軍」という焼肉店のようですけれど(笑)。

左右にシンメトリーに設けられた地階への階段を覗くと、煉瓦の壁とカラフルな硝子を填めた窓辺が見える。ashibi03中央の階段の真下に地階のお店の入口があるようです。

煉瓦で囲んだ地階のアプローチを入ると、なにやら木彫りの御仁が迎えてくれる。ashibi04御仁が跨った樽の前のプレートにはこうある。
この像は、ガンブリヌスといい、ヨーロッパで“ビールの王様”と云われています。
彼が実在の人物であったかどうかは定かではありませんが、16世紀にそれまで薬草で香りをつけたグレートビールに代わって、ホップをつかったビールの普及に力を尽くした。
このガンブリヌスの像をみていると、心からビールを愉しんでいる様子が伝わってきます。

入り込んだ店内はやや暗く、しっとりした雰囲気のバーカウンターが目に留まる。
案内に従ってさらに奥へと進んで窓際のテーブル席へ。ashibi05改めて様子を窺うと、スピーカーやスポットライトの吊るされた辺りにアップライトピアノが置かれてる。
ちょっとしたライブも催されるのかもしれないね。

窓辺のテーブルには、外から眺めたカラフルな硝子の色を受けて、グラスが虹色を帯びる。ashibi06なんだか綺麗じゃんとオジサン、独りごちる(笑)。

「馬酔木」のランチメニューは、特選和牛ハンバーグステーキ、ドリア、シーフード、パスタなど日替わりを含めて8種類ほど。ashibi07セットの南瓜のポタージュスープには、出来合いのものとはちょっと違う、そんな美味しさが漂います。

ランチメニューから選んだのは、店の名を冠した「馬酔木カレー」。ashibi08ヤングコーンやサヤインゲン、皮目に包丁の細工のある茄子、パプリカといった素揚げ野菜のトッピングの向こうにしっかりした色目のサフランライスが顔を覗かせています。

やおらスプーンを動かすとこれが、意外といっては失礼なほど上等に美味しい!ashibi09さらさらとしつつ、しつこくないコク。
油脂の重たさがない代わりに、丁寧に炒めたであろう小麦粉やスパイスの粒子が旨味を孕んで優しく迫る。
いやはや、いままで食べた中でも特に印象に残る、旨いカレーだ。
千葉駅近くの街角の、専門店でもないレストランで、こんなカレーに出会えるとは思ってもいませんでした。

千葉街道と外房線の交差するあたりの煉瓦造りの洋館に、
レストラン・バー「馬酔木」がある。ashibi10何気なくWebサイトを眺めて愕いた。
こちらの創業者は、昭和40年に市場町にて「喫茶馬酔木」を夫婦二人でオープンし、昭和47年には螺旋階段のある店として有名となった2号店を新町に開き、千葉県下では初のジガーバーをもオープンしてしまう。
昭和52年に開いたシブい風情の酒場、串揚処「馬酔木亭」に続いていよいよ、ニューイングランド風と謳うこの煉瓦造りの洋館に移り、喫茶、ビアレストラン、バーの3つの異なった空間を供していたらしい。
今は焼肉店となっているところももしかしたら「馬酔木」の一部だったのかもしれませんね。

「馬酔木」
千葉市中央区富士見2-5-5 B1F [Map] 0432-22-3838
http://www.ashibi.co.jp/

column/03564