「神田神保町靖国通り」カテゴリーアーカイブ

九段「斑鳩」で 余韻愉しむ本枯れ鰹珠玉煮玉子むほほ和風醤油

ikaruga.jpgすっかりご無沙汰してしまってすいません。 そうポリポリと頭を掻き掻き、 坂井さんに逢いに九段下まで。 目白通りのグランドパレス前を往けば、 早くも汗を掻き掻き。 九段エリアのみならず、千代田区内でもトップクラスの人気を得ているであろう「斑鳩」もこうもクソ暑い毎日ということもあってか、店前の行列は短めでありました。
ikaruga01.jpgまずのお目当てだった「本枯れ鰹 醤油らー麺」は、昼夜限定15食。 ところがやっぱり間に合わず、券売機のボタンには、売り止めのサイン。 ならばということで、ぽちと押したのが、「ガーリックまぜそば」のボタンです。 チケットを仕込んでドアを開け入ると、 厨房の坂井さんが顔を上げて、”いらっしゃい”の笑顔を向けてくれる。 これをほとんどの客に対して行い、続けているのは、 なかなか真似のできることではありません。 ワン・オブ・ゼムの客としてひと絡げに扱われているか、ひとりひとりの客として正対してくれているかは、そんな表情から感じるものですもん、大事ですよね。 届いたどんぶりには、その名の通り、砕いたガーリックチップがトッピング。ikaruga02.jpgikaruga03.jpg卓上の「油そばの美味しい食べ方」シートには、とにかく底の方からよく混ぜて、もっともっと混ぜてから食べるようにとの指南がある。 ならばと、天地返しを何度もしつつ、よーくよーくどんぶり底のタレと麺やトッピングを混ぜ込みます。 あれあれ?なんか麺が二色に見える! 眼を擦ってもう一度凝らしてみても、やはりそう見える(笑)。ikaruga04.jpgゴーダチーズのワックス色のような黄色い麺が不思議です。 なにを練り込んであるのでしょう。

日を改めて、お目当ての「本枯れ鰹 醤油らー麺」を。 今度は無事に間に合ったようです。 拝むように受け取ったどんぶりは、 完成度の高さが一種の風格を呼んでいるかのよう。ikaruga05.jpg乳化のまろやかさと一体となったしっかりボディのスープに本枯れ節の深い旨みが渾然として、ぐっとくる。 ikaruga06.jpgikaruga07.jpg そんなスープにすっと馴染んで、自らの粉の風味と滑らかな口当たりの魅力をさも当然のことのように伝えてくれる麺。 慌てて食べないで、啜るごとにひと呼吸待って、スープの旨みの余韻をじっくり愉しむのがおすすめ。 店主坂井さんのこのところのイチオシのであるのが頷けるどんぶりであります。 そうそう、別皿にしてもらった「煮玉子」が何気に珠玉の逸品であります。ikaruga08.jpgやや硬めにとろんとさせた黄身が香り高く、白身に滲みたタレの旨みと渾然となった瞬間には、どこぞのグランメゾンのシェフも秘かにびっくりなのではないかな?なんて想ったりして(笑)。

もひとつ気になる器があるってことで、今度は夜の九段下。 夜の部には、坂井さんの姿はなく、 いまごろきっとどこかのレストランでディナー中(笑)。 そんなことを思いながら正対するどんぶりは、「特製和風醤油らー麺」です。ikaruga09.jpg定番の「らー麺」とも違う、やや澄んだ気配のスープ。 どれどれと早速そのスープを啜る。 むほほほほほほ。 ikaruga10.jpg魚粉のズルい旨みとは明らかに違う、じっくり丁寧に煮出した印象の澄んで深い鰹出汁の旨みが動物系のストックに支えられていきいきと伸びやかにその魅力を発揮しています。 いや~、もしかしたらこっちの方が「本枯れ」よりも好みかも、です。

ひとランク違う完成度とそこに留まらない探究心で期待に応え続ける、 ダンディー店主坂井さんの店、九段「斑鳩」。ikaruga11.jpgスタッフが伝える注文に「ふぉ~」っと応じる坂井さんの声と笑顔に接することができるのは、昼の営業時間のみです。


「斑鳩」 千代田区九段北1-9-12 九段下ビル1F[Map] 03-3239-2622
column/03027

包子餃子「スヰートポーヅ」で 素朴に旨い餃子天津包子水餃子

suitopozu.jpgところは書籍街、神田神保町。 喫茶「さぼうる」「さぼうるⅡ」のある路地より一本皇居寄りの鈴蘭通り。 狭い間口の額に印象的な黄色い看板を掲げているのが、「スヰートポーヅ」。 「包子餃子」の4文字が、やや暗がりの夜の通りに浮かんでいます。
真ん中の通路の両側にテーブルが並びそこへ懐かしきパイプ椅子が寄り添う。 お品書きには、大中小皿の「餃子」に「水餃子」「天津包子」。 コップのビールをまずはぐーっと干して、あとは小皿の塩豆をあてにちびりちびりしながら焼き上がりを待つことにします。 届いた焼き餃子の中皿は、棒状にも見える餃子が12片。suitopozu01.jpg 箸にしてじっと拝む「スヰートポーヅ」の「餃子」の特徴は、 左右の口が開いていること。suitopozu02.jpgふたつ折にした両側の縁を切れ目なく重ねて一体に綴じるのではなくて、 明らかに口を開けておくのがスタイルらしい。 そして、脂を滴らせたり、大蒜を強く匂わせたりするようなことのない、 素朴な美味しさだ。 やっぱり、「水餃子」と「天津包子」も気になるぞと注文もうとすると、 もう既に売り切れ御免状態だとオカアサン。 ならばとふたたび出掛けたおひる時。 目当てのふた品は、お昼のピークをちょっと外した13時からのご提供。 その時間まで、「餃子(小)」をお供に麦酒で過ごす。suitopozu03.jpgああ、通りの陽炎と餃子の焼目と麦酒壜。 そろそろ持ってきますね、ってことでまずいただいたのが、「天津包子」。suitopozu04.jpgsuitopozu05.jpg所謂、肉饅の小振りなヤツという姿の包子(ポーヅ)を手に、 かぷりと齧りつく。 蒸かし立てだけれど、妙にあっつ熱ではなくて、 軽くほふほふとする感じ。 ふっくらもっちりした厚手の皮の中から零れるのは、 椎茸や筍の真っ直ぐな旨み。 当初からの作り方を守っているのだろうと思わせる、 素朴さがやっぱりいい。 そしてお待ち兼ねの「水餃子」。suitopozu06.jpg手前の汁椀にお湯を切って移してから食べてねとオネエサン。 ツルツルしつつも、崩れてしまうような気配のないしっかりしたフォルムの餃子をご指南の通り、湯を切るように蓮華で掬って汁椀に移す。 そして、つるんと逃げないように気をつけながら、 タレ皿にちょんちょんと浸し、口へ。 むほほ、やや厚手の皮が旨い。suitopozu07.jpg乙な仕立ての「すいとん」をいただいているような気分が一瞬過ったりする。 卓上に用意されている練り芥子の風味を添えてもまたよろし。

昭和11年から営むという天津風餃子専門店「スヰートポーヅ」。suitopozu09.jpgsuitopozu08.jpg品書きの裏に記した「スヰートポーヅいろいろ」によると、 満州・大連で創業し、帰国後、食堂「満州」の名で終戦まで営業、昭和30年に大連時代の店名で再開したのだという。 その大連時代の店名が「スヰートポーヅ」。 「スヰートポーヅ」は「おいしい包子(ポーヅ)」という意味。 箸袋には「是味多包子」とあるね。


「スヰートポーヅ」 千代田区神田神保町1-13-2[Map] 03-3295-4084
column/03011

お食事「菩提樹」で かきフライ定食シーズン最初のぷっくり牡蠣

bodaijyu.jpgいよいよ始まった、あのシーズン。 そう、「カキタベ!」の時季がやってきました。 この冬を占うように、まずは銀座「三州屋」を訪れるのも王道のひとつ。 築地の場内場外で、届いたばかりの牡蠣を愛でるのもこれまた、その本懐だ。 そんな中、まずはここからと思いついて訪れたのは、 雨の水道橋。 東京ドームの向かい、白山通り沿いにある「菩提樹」へ。
見上げるは、看板建築を思わせるような銅葺きのシブい看板。 そんな年季の入った装いは、地階へと辿る階段、そして案内されたフロア全体からも色濃く主張してきます。 Webサイトには、昭和57年に開店し、近年になって改装を施したとあるのだけど、いやいや昭和30年代からずっとそのままであるような気がしてきます。 重厚さを誘う無垢材の梁や背凭れ、煉瓦の壁や柱、小上がりの奥の棚にはコレクションを誇るように骨董と思しき大皿が飾られている。 なんだか、蒐集が趣味で妙なクセのあるオーナーが登場しそうな、そんな予感がひしひしと(笑)。 bodaijyu01.jpgbodaijyu02.jpg 案内されたテーブルの真ん中には、ヤケに大きな二つ折りの物体がデンと置いてある。 なんの悪戯?と廻り込んでみれば、なはは、メニューであります。 なにもこんなに大きくしなくっても~、と思いながら、大変だね大きくてと訊くと、慣れましたから~とオネエちゃん。 bodaijyu03.jpgbodaijyu04.jpg1/2グラスなんてのがあるのでちょうどいいなと「バスペールエール」のグラスを傾け、つつーっとしていると、そこへ届いたのがこれまた大きなサラダボール。 いや、あの、いくらなんでもそんなにサラダ喰えないって(笑)。 bodaijyu05.jpgお食事をお持ちしてよろしいですか、との問いにハイと応えて待っていると、やってきました今シーズン最初の牡蠣フライ。 牡蠣フライが載るお皿は、およそ丸皿が多い気がするのだけど、目の前の牡蠣フライは竹簀を敷いた真四角の皿に載っている。 しかも、中央から四隅の向けるような配置で、それもまた珍しい。 そして、これまた大きな牡蠣フライ。bodaijyu06.jpgシーズン早々、こんなぷっくり牡蠣なのかいなとしげしげ。 ソースと辛子をどうぞ、と用意してくれているけれど、くし切りの檸檬とタルタルがあれば十二分。 bodaijyu07.jpgbodaijyu08.jpg 早速カプッと齧れば、ああ、季節の訪れを実感して感慨深い(笑)。 二丁づけ?とも思う量感の牡蠣が臭み微塵もなく、たっぷりとした旨味を伝えてくる。 訊けば、気仙沼産の牡蠣だそう。 やっぱり、いいなぁ。 この風味を真っ直ぐ愉しむには、紫蘇ご飯じゃなくて、普通のご飯の方が良かったかもしれないな。 無垢材と骨董が囲む独特雰囲気のとんかつステーキレストラン「菩提樹」。bodaijyu09.jpg「元祖かつ丼」や小澤ミートから仕入れのA5「和牛ハンバーグ」も気になるところ。 プロ野球開催の週末には、きっと混み合うのだろうね。 「菩提樹」 文京区本郷1-14-3東野ビルB1F [Map] 03-3818-1020 http://www.bodaijyu.co.jp/
column/02876 @2,350-

四川料理「川菜館」で 涼衣白肉水煮牛肉沸騰魚辛旨いの愉しさ

sensaikan.jpg駿河台の一角に四川料理の佳店として知る人ぞ知る館があるという。 思えば、辛いモノは断然苦手だった頃からそれなりにちょっとづつ修行を積んできて、全く駄目ということではなくなってきているものの、例えば上野毛「吉華」で体験した息苦しい辛さと痺れは許容範囲のすっかり外にある。 その辺りにちょっぴり気を揉みつつ、新お茶の水からアプローチ。 階段を二階へと辿ります。
半円型のテーブルに待ちかまえていたのは、つきじろうさん。 そして築地王さん、八面大王さんが合流しました。 ハートランドで乾杯して、メニューを物色。 汗っ掻き自慢のつきじろうさんも辛いモノで汗だーだーになっちゃわないかと、 予防線を張りたい構え(笑)。 一方辛いモノも大好物な築地王さんがダイジョブダイジョブと仰る。 ま、こうなりゃ(笑)食べてみて楽しまなきゃね~とお皿のチョイスを始めます。 まずやってきたのは、「涼衣白肉(皮付き豚バラ肉ときゅうりの創作料理)」。sensaikan01.jpg縦に薄くスライスした胡瓜と、その胡瓜と形を揃えるように縁取りのあるバラ肉が薄くスライスして添えてある。 それが手桶の取っ手のようなところに洗濯物を干すかのように二つ折りに吊してある。 sensaikan02.jpg初めてみる光景に思わずへーと云いながら、その胡瓜と豚バラを一緒に箸で掴んで、その下に用意された赤い液体に恐る恐る浸して食べる。 ん?お?意外とそんなに辛くない。 とろんとした滑るような甘さに似たその中に香辛料諸々が利いていて、かの辺銀さん「石垣島ラー油」に連想が繋がるタレだ。 どこかでこのタレ使えるかもと、下げられないように確保しておいたりして(笑)。 ハートランドに続けて、辛い時対処も考慮して(?)、ビールのピッチャーをもらう。 そして、「四川定番料理」から肉と魚の料理を選ぶ。 「水煮牛肉」は、わしわしと盛られた牛肉の赤い色はもとより、そこに盛り載せるようにされた粉の赤褐色もキケンな雰囲気。sensaikan03.jpg再び恐る恐る小皿にとって、口へ。 山椒のビリビリに身構えた肩がふっと軽くなるくらい、意外やそんなに辛くない。 いや、辛いは辛いけど、角が立った辛さじゃなくて、丸さのある辛さなんだ。 お魚料理でと定番から選んだもうひと品が、きんめ鯛を使っているという「沸騰魚」。 届いたドンブリを覗いて思わず、うおー、と洩らしたのは、そこで油が沸き立っていたから。 sensaikan04.jpg泡が収まるに従って浮かび上がる唐辛子。 とうとうキタかと観念するように箸を伸ばして、白菜やきんめの白い身辺りを取り分けてじっと見る(笑)。sensaikan06.jpgどれどれとおずおずと口にするとこれが、きんめの身がほっこりと甘く、旨い。 辛旨いとはこふいふことも云う、ということにしちゃっていいでしょうか、って感じ。 辛く、というよりは白身を薫り高く包み込んだんだよっ、てな料理だ。 でも、つきじろうさんのオデコで汗が光ってる(笑)。 豚牛魚ときたら、鶏もいただかねば(?)ということで、 思わず”口水”(=涎)が出ちゃうという名の鶏「口水鶏」。sensaikan07.jpg次第に安心しつつ箸を伸ばしている自分に気がついて、少しはオトナになったかと腕を組む(笑)。 sensaikan08.jpgちょっと毛色を変えてと「炒双緑」。 ブロッコリーとセロリをXO醤でピリ辛に炒めたもので、うん、これも安心な美味しさであったりする。 お酒はとっくに長い口から注ぐ紹興酒に変えている。 ここから定番系で仕上げに入るぞと「鐘餃子」に「麻婆豆腐」。 sensaikan09.jpgsensaikan10.jpg 特製ラー油のかかった水餃子をつゅるんと嚥下して迎える紙鍋。 ここの「麻婆豆腐」は蛇腹に折った紙鍋でやってくるのだ。 ここまでくると身構えることはもうなくて、ほんのちょっと片栗少なくてもいいかもなんて口走る(笑)。 〆にはやっぱり、汁なしという「本場四川担々麺」。sensaikan11.jpg小振りな器がちょうどいいやとひと啜り。 そこでふと思い出すように、冒頭の「涼衣白肉」に添えてあったタレをちょろろと垂らすとまた旨い。 刺すような辛さ・痺れで辛痛いお皿に出くわしたらどうしようと、 ちょっと気を揉みつつ訪れたお茶の水仲通り。 ヒ~!となるどころか、甘ささえ思わせるような赤い料理たちの辛旨さを愉しませてくれました。 きっと唐辛子そのものも違うのだろうね。sensaikan12.jpg「川菜館」の名はそのまま、四川の料理の館、という意味だそうです。 口関連記事:NUCHIGUSHI CUISINE「辺銀食堂」で五色餃子島食材の宴(07年09月) 「川菜館」 千代田区神田駿河台3-7-7 [Map] 03-3295-3818
column/02791 @6,000-

らーめん「めん屋 そら」で シャキっと麺のコク味しお醤油純レバ

sora.jpgJR神田の南口を背にして信号を渡り、覗き込む路地。 袋小路のようにも見える暗がりに、居酒屋や怪しいバーの看板が誘っています。 そのちょっと奥の路上に、ぽっかりと浮かんでいた文字が「そら」。 A看板に描いた、手作りな感じのビジュアルが妙に気になります。 ちょっくらお邪魔してみましょうか。
元は居酒屋かなにかだったのかな、という造りの店内にも、ところどころに手作りな汗が潜んでいるかのよう。 メニューは大きく分けて、醤油か塩か。 「味玉入りしおらーめん」をに「揚げネギ」、そして「岩磯のり」のトッピングでお願いします。 塩だったら、細麺が合いそうだね。 sora01.jpgおよそ白濁していないスープは、一見あっさりしてそうでいて、見る見る脂の幕を張ってくる。 sora02.jpgsora03.jpg 見かけと違って滑るようにコクが深く、それは脂や野菜の甘さに感じる方向へと展開していく。 縮れのある細麺は、シャキっとしたテクスチャーで、隠れこってりのスープに軽快さを載せている。sora04.jpg かつてどこかのお店で食べたことのあるような、でもそれがどこだか思い出せないまどろっこしさと懐かしさに包まれながら、麺を啜る。 揚げ葱と磯海苔のトッピングも正解だったな。 別の夜に今度は醤油で。 「醤油らーめん」に「純レバどん」を添えてみました。 醤油には、平打ち麺が合いそうです。 なるほど、塩で味わったスープの背景と啜る醤油スープの下地のイメージとが合致して、その上で醤油の描く輪郭と風味が愉しめる。sora05.jpg今となれば、とてもスタンダードなタッチにも思えるけど、それもなんだか安堵の一杯であるのだね。 ぴろぴろ感のある麺はふと喜多方の麺を連想するような歯応えと口滑り。 sora06.jpgsora07.jpg 何気にイケテる麺かもねぇとメニューの裏側を読むと、南部小麦を使用し、三陸沖の海洋深層水と仙人秘水と天然塩のみで打つ岩手の職人が打った麺だそう。ほうほう。 「純レバ丼」と云えば、浅草の「あずま」を思い浮かべるけど、残念ながらまだ口にしたことがない。sora08.jpg当に軽く火を通したレバーがタレとともにご飯に載っているだけのもので、添えてくれた七味を振ると格段に旨くなる。 神田の路地に浮かぶ、文字は「そら」。sora09.jpg 2階は女性専用にしてあるようで、その天井のイラストにも「そら」があるらしい。 「そら」 千代田区鍛冶町1-7-1 [Map] 03-5294-9191
column/02754 @900-