「神田神保町靖国通り」カテゴリーアーカイブ

大衆割烹「三州屋」神田本店で鰤大根煮鰯塩焼銀むつあら煮鯖塩焼に鳥豆腐

kandasanshuya大衆割烹「三州屋」といえば、カキフライでも名を馳せている銀座二丁目のあの路地がまず脳裏に浮かぶ。
二丁目店にフラレてお邪魔した一丁目店もその臨場感は負けてない。
店の前は何度となく通っていても、夜の時間には最近になってやっと止まり木することができたのが、JR蒲田駅東口ロータリーに面して建つ「三州屋本店」。
其処でも「カキフライ」や「鳥豆腐」をアテにした一杯が嬉しい時間を提供してくれています。

春もいよいよのそんな頃。
神田駅周辺に所用があったおひる時には、靖国通りへ向けて4車線一方通行の神田警察通りに佇んで。kandasanshuya01通りが横切るJRの線路は、ちょっと吃驚するほど高いところに高架が増設されていて、ああそこを上野東京ラインが走っているのかと合点する。
神田駅北口近く、神田警察通りに揺れる暖簾が「三州屋」神田本店です。

店先のお品書きを横目に暖簾を潜ると、オバチャンたちの「いらっしゃーい!」。kandasanshuya02おひとりさまは、左手のカウンターが定位置となりましょう。

今日は「ぶり大根があるよ!」とオバチャンにおススメされれば、そりゃいいねと素直に従います。kandasanshuya03お新香に「とーふ汁」にご飯、その中央に「ぶり大根煮」の器が届いて定食のひと揃いです。

どこどこっと折り重なった鰤の身は、ふわっと煮付けて汁滲みて。kandasanshuya04主役の大根はさらに鰤の脂や旨味までもを吸い込んで、美味しゅうございます。

「いわし塩焼き」はどんなかなぁと注文んでみれば、どどんと立派な鰯二尾にちょっと感激。kandasanshuya05たっぷりとした身におろし生姜がよく似合います。

ここ「三州屋」神田本店の昼定食は、お椀を「とーふ汁」からアップグレードすることができる。
例えば、「あさり赤出汁」を所望すれば、しっかりサイズの浅蜊が溢れんばかりに盛られた姿でやってくる。kandasanshuya06赤出汁に滲み出た浅蜊のエキスになんだか元気をもらえた気がします。

「ぶり大根」が品書きにない通常では、オバチャンたちが「煮定」と呼んでいるのが「銀むつあら煮」。kandasanshuya07これまたごろっとした銀むつの身を箸先で解せば、ほくほくとした甘い身が愉しめる。
骨の際が特に美味しいような気もします。

サバスキーには「鯖塩焼き」も外せない。
これまた十分な肉厚の切り身が二片のお皿。kandasanshuya08〆ても最高、焼いても最高の鯖に感謝の念が沸いてきます。

鯖塩のお供に選んだのが、ご存知「鳥豆腐」。kandasanshuya09蓮華で啜る出汁の具合やよろし。
その出汁に泳いで温まった豆腐をはふほふと口に含む一瞬がいい。
鶏の身はというと、汁に出汁を出し切った感じです(笑)。

神田駅北口、神田警察通りに大衆割烹「三州屋」神田本店がある。kandasanshuya10オバチャンに「裏の店とはどういう関係?」と訊くと、当のオバチャンはちょっぴり勢い込む感じで「ここが本店であっちが支店。支店の方がおひるは開店が10分遅いよ」と仰る。
いつぞや闖入した今川橋店とは本店支店の関係だったのだ。
神田本店は通し営業なようで、ランチタイムが落ち着いた昼下がりに冷や酒で一献なんて、きっとい佳いでしょね(笑)。

「三州屋」神田本店
千代田区内神田3-21-5 [Map] 03-3256-3507

column/03544

とんかつ「ポンチ軒」でロース豚かつヒレ豚かつひとクラス上の牡蠣フライ

ponchiken神田あたりでイケてるとんかつ店といえば、まず思い浮かべるのは須田町の「勝漫」か「やまいち」でありましょか。
師弟とも云われる両店では、しっかりした身肉の旨味と脂の甘さをそれぞれに思い出します。
そして、「やまいち」では、揚げっぷりのいい牡蠣フライもいただいた。
牡蠣フライといえば、同じ須田町の「万平」の牡蠣フライや牡蠣のバター焼きなんてのもありますですね。

その一方で、最近注目のとんかつ店が、須田町のご近所小川町にあると知ったのは、13年の夏頃のことでした。ponchiken01秋口の雨の日に訪ねた店内には、温かな灯りが点っていました。

カウンターの隅に陣取ると、目の前にはお皿の山。ponchiken05山の間から厨房を覗くと、調理師用なのか、白いキャップを被った黒縁眼鏡の方が慣れた所作で立ち動いているのが目に映る。
何故だかふと、蒲田「鈴文」のオヤジさんの若い頃をみるような気がして、頼もしく思えたのでした。

「ロース豚かつ」の上を定食でお願いしました。ponchiken06こんもりと高く盛ったキャベツを背にし、網の台に載せた豚かつの姿が美しい。

パン粉はその繊細な表情が愉しめる大振りタイプ。ponchiken07狙いによってはわざわざ細かくする場合もあるようだけど、粗めのパン粉を用いる方がきっと技量が要るのではと思ったりもいたします。

とんかつの断面を窺うとみっしりとして均質の身肉が素敵(笑)。ponchiken08そして、衣がしっかりがっしりとその素敵なお肉を包んでいるのもまた素敵であります。
檸檬をさっと搾り振っただけのまま、そっと歯を立てると、軽やかな香ばしさと 婀やかに応える身肉。
脂の甘さだけではない、旨味が脳内を駆け巡ります。

裏を返すようにして、今度は「ヒレ豚かつ」。ponchiken10ponchiken11玉のようなヒレ肉にじわじわっと火を通した様子がなんだか思い浮かぶような断面にしばし見入る(笑)。
これにはちょっと醤油をかけていただきたい衝動に駆られます。
ロースに比べると脂の甘さに代わって、上質な豚のコクのようなものが阿ることなくアピールしてきます。

名物と謳うは、その名も店名を冠した「ポンチかつ」。ponchiken12お品書きには、ローススライスを巻いたジューシーカツ葱と黒胡椒風味、とある。
その断面は、恵比寿の「キムカツ」本店のミルフィーユカツを思い出すひとは少なくないはず。
これみよがしでない感じにまず好感。
成る程、葱風味胡椒風味が利いていて美味しいけれど、どちらかと訊かれたら普通にロースカツをいただく方をきっと選びます。

キャベツの美味しさでいったら、東銀座「にし邑」に軍配かな(笑)。ponchiken09でも、丁寧に刻んだキャベツに遜色はない。
お代わりは自由。
専用のドレッシングを使うにしても、キャベツの水気に晒されることなく最後の一片まで揚げ物を美味しくいただくには、この網ノセは佳い手立てでありますね。

そして、やっとこ冬の時季にお邪魔することができました。
それはもちろん、「かきフライ」をいただくためであります。ponchiken02例によって、恭しく網に載った牡蠣フライ4ヶが整列しています。
牡蠣は、三重は鳥羽から届いたものだそう。

イケてるタルタルがあるならば、ソースも醤油もポンチ軒特製柚子ペッパーソースも要りません。ponchiken04ハフっと齧れば、濃密にして爽やかな牡蠣の滋味が迸る。
ハフハフハフ。
ああ、うまひ。
ひとクラス上の牡蠣フライをいただいた満足にその場でしばし陶然となりました(笑)。

ひるによるに人気のとんかつ店は、東京神田小川町の「ポンチ軒」。ponchiken13Webサイトは、静岡のステーキ・洋食料理「旬香亭」のサブディレクトリに置かれてるので、当の「旬香亭」がその出自なのでありましょう。
14年末に目白にオープンしたという、洋食&ワインの「旬香亭」も気になり始めました。

「ポンチ軒」
千代田区神田小川町2-8扇ビル1階 [Map] 03-3293-2110
http://www.shunkoutei.com/ponchi/

column/03525

あんこう鍋「いせ源」で 風間浦鮟鱇の刺身肝燻製と名代鍋の宴

isegen.jpg戦災の炎火から逃れた一角、神田須田町。 そう聞けばすぐさま、蕎麦の「まつや」、とんかつやカキフライの「万平」、その先の「神田やぶそば」なんかの佇まいを思い浮かべる。 そんな界隈でずっと気になりつつも訪れたことのない老舗がありました。 鳥すきやき「ぼたん」と並んで気掛かりだったのは、あんこう鍋の店「いせ源」です。

如月の末の頃。 秋葉原からアプローチして、いそいそと足を運んだ神田須田町。isegen01.jpg 「まるごと青森」のKuuさんにお招きいただいての、お初「いせ源」。 それは、名付けて「青森・風間浦(かざまうら)の活あんこうを”いせ源”で食す」会。 愉しみです。

ちょっぴり軋む、ちょっぴり迷路のような廊下を案内されて辿り着いた座敷。 ふと、桜なべ「中江」を訪れた時の映像がデジャヴのように脳裡を過ります。 老舗なお店の座敷には、同じ風情があるもンね。

isegen02.jpg 乾杯を”泡”でと洒落込んで、「華雪LOWER SNOW」と謳うラベル。 特別純米生にごり酒「外ヶ濱」は、「田酒」の西田酒造の発泡清酒。 「酒徒庵」で発泡清酒をいただいた時は、慣れたお店のスタッフがちょっとづつガスを抜きつつ上手に抜栓してくれたけど、慣れないと難しいかもなぁと見守るボトル。 あわわ、案の定噴き零れる事態になっちゃいました(笑)。

長皿に盛られた前菜三品は、「とも和え」に「煮こごり」「肝卵巣巻き」。 まずは、「とも和え」が旨い。 「とも和え」というのは、ぶつ切りにして湯掻いたあんこうの身を肝と味噌とで和えたもの。isegen03.jpg田舎のつくりと違って、上品な仕立てになっているそう。 そう聞くと、それじゃご当地青森では、どんな仕立てなんだろうと比べてみたくなっちゃうね。 アラから剥がれた身なのでしょうか、ぎっしりと詰まった「煮こごり」。isegen04.jpgこれまた酒肴にぴったりなのは、言わずもがなでありますね。

そして、恭しく受け取った刺身用の丸皿。 紅葉おろしや食用菊、橙なんかが鮮やかに飾っています。isegen05.jpgでも、お皿の主役は、しっとり密やかに控えた透明感のある白い身。isegen06.jpg「あんさし」、つまりはあんこうのお刺身だ。 添えられた肝を崩し溶いて、何故かゆっくりとした所作で箸を動かします。 お皿の真ん中にある、帆立の貝柱のような身が、ホホの肉という。 isegen07.jpgisegen08.jpg うー、河豚とは違う品のいいほの甘さ。 うー、美味しいぃ。 風間浦というのは、曲げたひと指し指みたいなカタチの下北半島のずっと北側にある村。 大間と並んで津軽海峡に面し恐山を背負う、つまりは本州最北端の村だ。 その風間浦では、深海魚ゆえなかなか生きたまま水揚げされることのない鮟鱇を、泳ぎ回るほどの状態で水揚げしているそう。 あんこうの刺身は珍しいのです、と「いせ源」七代目の若主人。 風間浦から一日で届くので、刺しで出せるのです、と。 すると、青森のあんこうは、マアンコウでなくキアンコウですよね、と釣りキチ四平さん。 その通りです、と七代目。 冬の下風呂漁港では、雪上であんこうを捌く”雪中切り”による解体実演をはじめ、あんこうを堪能させてくれるおまつりが催されるそうだ。

「あんさし」の余韻褪めやらぬところへ届いた「肝刺し」。isegen09.jpgすっきりとしたコクは、塩でいただくのもまたよく似合います。

isegen10.jpg 傾ける猪口の純米吟醸は、黒石の中村亀吉の「亀吉」。 「いせ源」では、あんこうの卵巣を干してヒレ酒にしてみたら、なんてことも準備中らしい。

そして、「いせ源」のご本尊が運ばれてきました。isegen11.jpg isegen12.jpgisegen13.jpgこれぞ、「名代 あんこう鍋」。 月島「ほていさん」のように、アンキモのコクでこれでもかとばかりに迫る土鍋とは明らかに違う仕立て。 しみじみとそして骨太に伝えてくる旨みの本懐とぷりぷるとしたコラーゲン的食感。 ああ、いいね。

isegen14.jpg やっぱり外せないのが、「豊盃」の特別純米。 青森のお酒の定番であります。isegen15.jpgそんな「豊盃」を舐めながら、今度はこうくるですかぁーとあんこうの「照り焼き」に感心していたら、さらに白眉な酒肴がやってきた。 それは、桜チップで燻したという、あんこうの「肝くんせい」。isegen16.jpg生であることからくるやや重さが昇華して、凝縮した旨みと一緒に薫香に包まれている感じ。 ああ、ああ、ああ(笑)。 このトキメキをどうお伝えすればよいのでしょう。

isegen18.jpg あれ、その、仄かに翡翠色した玉子は、小舟町の「La Fenice」でも拝んだことがある「緑の一番星」じゃないの?と眺めていると、割られ、溶かれ、名代「あんこう鍋」に注がれて、「おじや」へと。 isegen19.jpg宴の大団円に相応しく、ベジアナあゆこと、小谷さんも満面の笑顔です(笑)。

夙に知られた名代・あんこう鍋の老舗「いせ源」。isegen20.jpg江戸末期の天保元年にどじょう屋「いせ庄」として京橋に創業。 二代目の源四郎が神田に移すとともに「いせ庄」の”いせ”と自らの”源”とを組み合わせて「いせ源」と改称し、大正時代の四代目の時にあんこう料理の専門店となり、今に至るという。 関東大震災による全焼後、昭和5年に建て直したままの姿で往時の風情を伝える「いせ源」の建物は、東京都歴史的建造物に選定されている。 近く、風間浦あんこうの「あんさし」がいただける店としても、知られるようになるのかな。 口 関連記事:   Cucina Italiana「La Fenice」で南部せんべいで青森イタリアン(10年03月)   日本酒と干物と牡蠣「酒徒庵」で 日本酒でやる怒涛の牡蠣づくし(11年01月)


「いせ源」 千代田区神田須田町1-11-1[Map] 03-3251-1229 http://www.isegen.com/
column/03114

とんかつ「やまいち」で 魅力たっぷりな大振りかきフライ四つ並び

yamaichi.jpg須田町のとんかつ「万平」で、 牡蠣料理をいただいた帰り道。 神田駅へと向かう道すがら。 そういえば、「やまいち」はこの辺りだったよなぁと思いついたところがその目の前でした。 当時、とんかつ「勝慢」からのご近所独立で話題となった「やまいち」。 いまはもう、わざわざ「勝慢」との関係性を考えることもないでしょう。
「かきフライ」を横目に「特ロース」をいただいたことを思い出す。 そうだ、「やまいち」のカキフライもいただかねばなりません。 ということで改め出掛けた神田・淡路町駅。 「やまいち」の所在は、靖国通りを跨いでいても、「万平」や「いせ源」なぞと同じ須田町になるのだね。 深緋の暖簾を払って、ビールをやっつけているテーブル席を眺めながら、 カウンターの隅へと進みます。 yamaichi01.jpg「特ヒレ」「特ロース」と並ぶお品書きから選ぶは、最後尾の「かきフライ」。 お皿の到着まで、やや眉間に皺を寄せた面持ちで手元の所作を続ける大将の動きを目で追って過ごします。 大将から直接手渡されたお皿には、どどんと大振りな牡蠣フライが四つ。yamaichi02.jpg全般に小振り傾向だった今季にあっては、殊更に大きさが印象的に映ります。 大きめパン粉の衣に檸檬を搾って、皿の脇に添えてくれているタルタルをちょんとのせて、 大口開けて(笑)喰らいつく。yamaichi03.jpg箸に載る重量感と歯応えの重量感が一致して、口中に牡蠣の甘さが広がります。 前後して、衣の軽快なサクサクがテンポを生んでくる。 「銀座 三州屋」の「カキフライ」の絶佳な魅力とは少々ベクトルが違うものの、この「かきフライ」もそれに伍して引けをとらない感じ。 たっぷり感がありつつ厭な臭み一切なく、ストレートにその魅力を弾けさせる。yamaichi04.jpg一見、岩牡蠣のフライでもあるかのようなサイズの牡蠣だけど、どこの牡蠣なのだろうね。 二丁づけかもなぁと齧った断面を覗くも、その気配はないし。 でも眉間の皺が気になって、どこの牡蠣なのか大将に訊ねることができませんでした(笑)。

「車エビフライ」や「貝柱コロッケ」に「海老しんじょう揚げ」。 ロースやヒレのとんかつの美味しさはもとより、魚介のフライも気になるとんかつ「やまいち」。yamaichi05.jpgこふいふお店の「ポテトサラダ」はきっと旨いに違いない。 今度は、「かつ煮」「純レバ」「生ハム」「肉よせ」「豆腐」といった夜のおつまみメニューで、 一杯やっつけるのも一興かもね。 口 関連記事:   とんかつ「やまいち」 で塩と檸檬柚子胡椒で特ロース(08年03月)   とんかつ「万平」で カキフライ定食カキバター焼き定食ああ堪らん(11年02月)


「やまいち」 千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル1F[Map] 03-3253-3335
column/03090

とんかつ「万平」で カキフライ定食カキバター焼き定食ああ堪らん

manpei.jpg戦災の炎火から逃れた神田須田町。 手打ちそばの「まつや」や「神田やぶそば」。 鳥すき焼きの「ぼたん」やあんこう鍋の「いせ源」。 ちょっと行けば、洋食の「松栄亭」。 下町風情を残してくれている飲食店があって、ずっと気に掛かる界隈だ。
そんな須田町の一角。 「まつや」のところを万世橋の方へ斜めに入り、ちょうどカレー「トプカ」辺りで左手の路地を覗くと、暗がりを照らす灯りがある。manpei01.jpgその灯りの主が、とんかつ「万平」です。 manpei02.jpg左手の壁のタイルにこんな貼り紙をみつけました。 「カキの季節になりました、岩手県広田湾米崎産」。 おお、この暖簾の向こうで、広田の牡蠣が待ってくれているようです。

店内は、4人が腰掛けられるベンチ椅子形式のテーブルが4卓。 テーブルも椅子も白木の造作で、それが柔らかな印象を与えてくれています。 まずはやっぱり(笑)、「カキフライ定食」。 厨房からの揚げ音が、じゃーぴちぴちっと聞こえてくる。 そしてその音は、ゆるやかに調子を上げていくます。 懐かしの洋食屋さん的にステンレスの楕円皿でそれは届く。 フライの数は、二の四の六個。manpei04.jpg檸檬をささっと搾り、ふふっとしてからやおら、齧りつきます。 ああ、いい。 衣細やかなタイプで、牡蠣エキスの封じ込めに適ってる。 manpei05.jpgmanpei06.jpg ほんのもう少し、迸るような旨みの弾けがあればと過度な求めをしてしまうけど、 それは過剰な期待というものでしょう。

そして、「万平」の牡蠣料理のもう一方の雄が、「カキバター焼き定食」。manpei07.jpgつやつやと飴色にも思う、そそる景色に仕立てられた牡蠣のつぶ。 むほっと齧りつけば、ミネラルが昇華したような牡蠣の旨みとバター醤油の風味が渾然一体となって、堪らん感じ。 ご飯は勿論、いろんなお酒にぴたっと合ってしまう、きっと。 manpei08.jpgmanpei09.jpg 例えば、「新富 煉瓦亭」がそうであるように、 「カキフライ」にするかはたまた「カキバター焼き」にするかは、 今後も悩むことになりそうです(笑)。

神田須田町の路地裏にひっそり佇む、とんかつ・洋食の店「万平(まんぺい)」。manpei11.jpgmanpei10.jpg「ハンバーグ定食」などなど他のメニューも気になるので、 温かくなったらまた足を運んでみなくっちゃ。 オバちゃんに、なんで「万平」という店の名前なのか訊ねたら、 「あ、あのね、お店の誰かの名前となじゃなくってね、昔誰かがそうつけてくれたの」という意外と素っ気なくも不思議なお応え。 もしかしたら、語るに語れない物語があるのかもしれません。 口 関連記事:   洋食元祖「新富 煉瓦亭」で 超揚げ立てカキフライあぁ至福の時(11年02月)


「万平」 千代田区神田須田町1-11[Map] 03-3251-4996
column/03088