「ローカル池上大井町線」カテゴリーアーカイブ

古代中国料理「海新山」で 古の中華そばと変わりヘルシー餃子

kaishinzan.jpg駒沢通りと東横線が交差するガード近くの脇道を入ったところに「海新山」はありました。 暗がりに赤いテント地の庇が浮かんで、少々妖しげな雰囲気です。 ドアを押し開こうとすると、ガラス越しの正面に店主らしき老人がぼんやりと頭上のテレビを眺めていました。 先客はなし。 内外装も調度品も、朽ちる手前のような古びた味わいを湛えています。
「らっしゃい」。 ゆっくりと腰を上げて、奥の厨房の方へ向かう老人に入れ替わるようにして、女将さんが注文を訊いてくれました。 コラーゲンを使った健康志向のメニューが評判らしく、その「スペシャルラーメン醤油」に「鍋貼児 ヘルシー焼餃子」をお願いします。 全体的には古の中華そば。kaishinzan01.jpgスープにコラーゲンぽさは感じないものの、すっきりとしつつしっかりした旨味の伝わる意外とイケル味だ。 平べったい餃子を口に含むと、一瞬にゅるりとしたものが過ぎっていく。 コラーゲン? それがそうなのかは分からないけれど、メニューによるとコラーゲンにクマ笹、海草、甲殻と風変わりな具材の入ったもののようだ。 ん? メニューをよくよく見ると、焼そばや麻婆豆腐、八宝菜などといった一般的な料理のところに「要予約」と書いてある。 えー、そりゃないでしょ(笑)。 壁には芸能人のサイン色紙が貼られ、時折マスコミにも取り上げられているようだけど、無くなってしまう前に行けてよかったな、というのが正直な感想です。 「海新山」 目黒区五本木2-53-8 [Map] 03-3719-7678
column/01489

ラーメン「麺でる」で 二郎なチャーシュー麺3連5連の短冊麺

menderu.jpg駅から離れた人通りの少ない環八沿い。 「麺でる」の前には、数人の空席待ちの姿がありました。 旧札の使えない券売機で食券を買い求めてから、 奥の丸椅子へ。 隣の客に届いたどんぶりを見て、うわっ、と思う。 「二郎」だ。 どんぶりから下のお盆に汁が溢れ、野菜がてんこ盛りになっている。 麺の量も半端ない。
う~む。 そこへ「チャーシュー麺」のドンブリがやって来た。menderu01.jpg3連、5連などと、短冊状に麺の横に繋がった麺や真黒麺など、独創的な自家製麺が「麺でる」の真骨頂らしい。 途中で休んだら食べきれなくなると踏んで、一気に食べ進みます。 背脂の浮かんだ熱々のスープとモチっとしつつ意外とダレのない麺のマッチングは心憎くもある。 「二郎」では、後半になって脂と化学調味料のくどさに打ちのめされることが多いけれど、ここでは不思議とそれがない。 完食。ああ、でも苦しい。 一番奥にいた高校生は、初めて来たのにもかかわらず大盛りが食べれると注文して、食べ切らないと帰れない条件に苦悶の表情を浮かべている。 通常400gだという麺の量は指定ができるようだけど、兎に角腹ペコで行きましょう。 「麺でる」 大田区田園調布1-21-2 [Map] 03-3721-9499
column/01472

Bistro「ina」で 帆立貝柱とシャンピリオンのクリームリゾット

ina.jpg中原街道沿い、昭和大学病院の向かいにある、 ビストロ「ina」。 こじんまりとした、如何にも街角のビストロの風情が以前から気になっていました。 小奇麗な店内のキッチン前のカウンターへ。 本日のリゾットは「帆立貝柱とシャンピリオンのクリームリゾット」です。
かかっているパルミジャーノをまぜまぜして口に運ぶ。 ほー、旨いじゃん。ina01.jpg はぐはぐ。 これってホタテのだしがこっそり利いてるってことなのかしらん。 その日のパスタやリゾットなどのメニューを手元のメモから読み上げてるフロアのおねーさんの挙動も肩のこらない店では微笑ましく思えるね。 シェフは、品川界隈のホテルに永らく勤め、ちょうど1年前にこちらを開けたとのこと。 「ina」は、この30日で1周年。 青のテントが目印です。 「ina」 品川区旗の台2-1-31 03-3787-8830
column/01021

らーめん「醤屋」で 黒紫白からうすくち醤油の白玉葱みじん切り

janya.jpg 環七沿いの横須賀線脇にあるらーめん店。 たまり醤油で仕上げる「黒」と生醤油仕込みの「紫」、そしてうすくち醤油による「白」の3種のラーメンを供します。 この日は「白」に海苔と葱のトッピングを。 意外だったのはネギ。 少量の浅葱の真中に玉葱の粗みじん切りが載ってきました。増量してしまったのでちょっと辛味が強くなっちゃったけれど、量がほどよければ結構この”玉葱のみじん切り”って薬味、なかなかの”あり”ではないのかな。
「醤屋」 大田区南馬込1-10-5 03-5742-8388
column/00192

Pizzeria & CafeBar「Cagna Cagna」で ほうれん草のペンネ

cagnacagna.jpg長原の商店街の魚屋さんの脇を入ったところにあるカジュアルイタリアンのお店。 犬を主としたペット好きのコミュニティにもなってる模様。 レトリバーが鎮座している光景もよく見られます。 といって、犬好きさんたちの単なるサロンという訳ではなくて、パスタもピザもお愛想なく美味しい。 ほうれん草のソースのペンネcagnacagna01.jpgなんぞを、ね。
「Cagna Cagna」 大田区上池台1-8-6 杵家ビル 03-3727-3085
column/00019