「五反田品川大井町」カテゴリーアーカイブ

本格的手造り英国風カレー「SUNLINE」で お腹ポカポカ水摂らず

sunline.jpg泉岳寺の信号からNHK交響楽団の建物を横目に進み、伊皿子坂を上がっていく。 魚籃坂に差し掛かったほの暗い通りに灯りを照らしているのが、本格的手造りカレーの店「SUNLINE」です。 板壁に取り付けられた看板には、「お水はいっさい出しません」とある。 早くも漲るこだわりが発露してきます。
店内に先客はない。 端に座るのも妙な気がして、コの字型のカウンターの中央に正対して腰掛けました。 キョロキョロとテーブルの上や周囲の壁を見回してもメニューらしきものはない。 宣言通りお冷が出てくる気配がないどころか、既に調理を始めている様子。 唯一メニューが故に注文を訊く必要もないらしい。 微妙に張り詰めた空気が流れる。 これで厳ついオヤジがカウンター内にいたりすると、余計な緊張を強いられたりするところだけれど、女性店主にそれはない。 じっと黙ってその「ビーフカレー」を待つ。 お待たせしました、と目の前に現れたプレートを見て、さらに絶句する。 皿の右側7割のスペースに人参のペーストにタバスコをを溶いたような色合いの海が広がっている。 左手にライスの小山。 やっぱ辛いんだろな~と、サラサラのスープを掬った後にライスを載せて、恐る恐るスプーンを口へと動かす。 コホコホ。 思わず咳き込んでしまったけれど、慣れるに従ってその辛味と味わいの奥行きがどんどん深くなっていく。 一気呵成に食べ終えると、間髪入れずに抹茶のアイスが出てきて、口腔のヒリつきを癒してくれる。 横浜の三渓園の近くにもお店がある云々の会話を交わした後の帰り際にひと言。 「お腹のためにもすぐに水分を摂らない方がいいですよ」。 すると、お腹がポカポカしてきて、それが妙に愛おしくて、特別水が欲しくないのが不思議だ。 店にあったシートによると、たっぷりのニンニクと各種スパイス、小麦粉をじっくり炒めたところへ特製のスープや肉・野菜を入れて長時間煮込み、蕩けたところを裏濾ししてあるという。 突如として無性に食べたくなる日が遠からず訪れるような気もする。 それはそうと、どのあたりが”英国風”なんだろうね。 「SUNLINE」 港区高輪1-5-15 [Map] 03-3441-0170
column/01427

美食「米門」品川で 牡蠣のつけ焼き丼お好み焼き思う生姜風味

maimon.jpgせんぽ病院からの帰り路。 高輪台ではなく、新高輪プリンスホテルに沿って左に折れ、品川の方へ下りてみました。 そのまま駅コンコースを突っ切り、港南口へ。 イーストワンタワー1階の「米門」へお邪魔しました。 店内に入り込んだ正面にオープンキッチンが鎮座し、その左右に大小のボックスシートが展開している。 昼尚暗い照明とあくまでモダンなインテリアのダイナーだ。
目当ての「牡蠣のつけ焼き丼」を。 丼にのるのは、宮城・松島産の真牡蠣を生姜をたっぷり利かせた醤油につけ焼きしたというもの。maimon01.jpgぷりりとした牡蠣の身に罪はないものの、箸に載せようとすると、意外や掴み難い。 そして口に入れると、生姜と醤油ベースのタレとが少し焦げた香りする。 うわ、紅生姜の入ったお好み焼きみたいじゃん。 ん~、見た目は旨そうなんだけどなぁ。 ああ、体調がよろしくないと、旨いんだかなんだか分からないのが残念だ。 キッチンスタジアムとも称すオープンキッチンの連中が憑かれたように一々発する大声が偏頭痛に響く。 無理矢理活気を作っているようで、それってどうよと思ってしまうのは、きっと体調の悪いせい。 「米門」品川店 港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー1F [Map] 03-6718-2085 http://www.maimon.jp/
column/01411

手打ちそば「しながわ翁」で 清々しい風情の鴨ざる大盛り

shinagawaokina.jpg知る人ぞ知る翁達磨氏の弟子にあたるという店主が、 インターシティを背にした八ツ山通り近くで営む手打ちそば、「しながわ翁」へ。 藍色の暖簾の奥は、既に半数のテーブルが埋まっています。中央の3人掛けテーブルへ促され、早速「鴨ざる」をお願いしました。 「普通盛りでいいですか?」。 お、大盛りあり、なんですね。 最近大盛り対応なんかしないのが真っ当な蕎麦屋のような風潮があって困惑していたので、なんだか嬉しい。では「鴨ざる大盛り」で。
清々しい風情のざるではある。shinagawaokina01.jpg頃合良く焼いた葱も柔らかい鴨肉も悪くはない。 ただ、何か愛想のなさを感じさせるのが残念でなりません。繊細なるそばであり、時期前の鴨ということなのでしょうか。もうちょっと寒くなった頃に、も一度お邪魔してみなくっちゃ。
「しながわ翁」 品川区北品川1-8-14 03-3471-0967
column/01210

BURGERS「フランクリン・アベニュー」で テラスの赤身バーガー

franklinave.jpg贅沢にホームメードのハンバーガーがいただけるので評判のこちらは島津山の清泉女子大近く。 オープンエアーのテラス席でとろりと甘い「オニオンリングス」と「ベーコンチーズバーガー」をLargeサイズでいただきます。
149gのパテを含んだバーガーを、でっかく口を開いてハグっと頬張る。franklinave01.jpgと、トマトとチーズの味に重なって、 肉の旨味がグッときて、しばし唸る。 「う~」。 サシの入った肉の脂の旨味というより、 肉の赤身部分の旨さがストレートに伝わってくるよう。 是非一度ご賞味あれ。 franklinave02.jpgマックのぼそぼそしたバーガーなんてもう食べれなくなります。 な~んてな。



「フランクリン・アベニュー 1025 Franklin Ave.」 品川区東五反田3-15-18[Map] 03-3441-5028
column/01074

肴菜百彩「かつら」で 〆にいただくしっかり出汁のすいとん

katsura.jpg山手通り沿い、大崎警察向かいにある旬菜「かつら」。
ご近所マンションのお店ということもあって時折お邪魔しています。
ひとり客は決まって左手のカウンターの隅へと忍び込む。
思えば、この頃界隈でボトルを残していたのはここだけだもんな。

katsura04.jpgおかあさんとその娘さんと他愛無い馬鹿世間話を交わしながら、 季節の酒肴で呑む。
強く印象にあるのは、毎度〆にいただいていた「すいとん」。katsura01.jpg戦中戦後の食べのもののない頃はこれでも贅沢だったんだぞと、オヤジの話を思い出す。
今は、素朴な味わいながらも出汁のしっかり利いた具沢山。
これはこれで贅沢なことなのかもしれないな。

おかあさん、また寄りますね。katsura02.jpg

「かつら」
品川区大崎5-7-14五反田ロイヤルハイツ1F [Map] 03-3779-3220

column/00424