「五反田品川大井町」カテゴリーアーカイブ

串かつ「しろたや」でジャイアントなだし巻き串かつたこ焼き串かつボンクレの会

shirotayaそろそろボンクレのボンがまたやってくるのだけど。
この夏の酷暑の頃、キミマツ姐さんにそう脅されて(笑)、お盆前後にふたたび大井町界隈に集うことを画策しました。
ボンクレの会のクレの前回は、暮れではなくて正月になったものの、元「のスた」裏に素敵な女将さんのいる呑み屋さんを見つけたりなんかして、毎度の愉しい会になったもんね。
あれからもう半年が過ぎたのかとちょっぴり感慨も含みつつ、待ち合わせの大井町駅改札へと向かいました。

あっちの筋でも大活躍ちうのグヤ父さんと、
一時帰国ちうのlaraネエさん
そして黄泉の淵から蘇った、
大井町カリスマブロガーゆきむらと、
向かったのは、ゼームス坂上ときゅりあんとの間辺り。
そうそう、ずっと昔お邪魔したことのある、
北海道料理「藤半」のある横丁だ。

グヤ父さんの目聡さに引っ付いて突撃したのは、
あの、ジャイアント白田の串カツ屋、
その名もそのまま「しろたや」。
フルメンバー予定も、
とあるバンコク事情でGinちゃんが急遽不参加だけど、
キミマツ姐さんとナポちんが合流予定なのだ。

テーブルについてふと壁のポスターをよくよく見ると、
なんと店主白田が旨そうに、
ハイボールのジョッキを傾けているじゃありませんか。shirotaya01ジョッキがグラスに見えるのが面白い。
これってサントリーの販促ツール?
それとも勝手にパロディーしちゃったヤツなのでしょか。

まずはプレモルもらって、
恒例のかんぱーい!O(≧∇≦)Oイェェ~イ♪(笑)
ご注文はひとまず、串カツ文化圏育ちの、
グヤ父さん&ゆきむらクンにお任せしませう。

まずはコレからと大阪名物!と謳う、
「どて焼き」の器がソッコーでやってきた。shirotaya02牛スジを白味噌っぽいタレで煮込んだヤツ。
でろっとせず甘過ぎず、
おろ?イケるんじゃないっと父さんも太鼓判だ。

そしてここから怒涛の串カツラインナップが続くことになる。
どん、どどどん、どんどどどん!shirotaya03shirotaya04shirotaya05うん、串かつの店だものね(笑)。
そして、基本的にウマい。

牛の「串かつ」に「鶏レバかつ」、
「大粒ホタテ」に「たまねぎ」「じゃがいも」。
透けた赤が艶かしい「紅しょうが」に、
白板メニューの「さば」もいい。
うんうん頷くグヤ父さんの様子を眺めているゆきむらが、
おおっとヒいて、目を細めておりました(笑)。

そんな中で更に注視したのは例えば、
ででん!という異形でやってきた「関西だし巻き」。
食べ分けようねと串に沿って半裁すれば、
当然のように姿を現す玉子の黄色。shirotaya06流石に出汁が滴るようなノリではないものの、
おろ?なかなかなんじゃない?と合流したキミマツ姐さんが、
云ったとか云わないとか(笑)。

“しろたや名物ジャイアント串かつ”シリーズには他に、
「ハンバーグ」「なすび一本」「ちくわ」、
そして「フランクフルト」がラインナップ。
註文んでみたいような、ちょっと怖いような(笑)。
そういや随分と長くアメリカンドックって食べてないね、
なーんて話になったりもいたしました。

白田ポスターに誘われて、
いまや定番の「角ハイボール」。shirotaya07何故か、”かんぱーい!イェェ~イ♪”を眺める構図となりまひた。
メニューの角ハイのところにもポスターと同じ写真があるので、
どうやら勝手にパクって作ったビジュアルではなくて、
ちゃんとサントリーとコラボしたものなのでしょう(笑)。

なにやら今度は、真ん円の串カツがやってきた。shirotaya08shirotaya09どれどれと半分にするとなんと中から刻んだ蛸が。
大阪もんはこれを赦すのかどうなのか!
なんてことはさておき、
熱々をハフホフと食べ切ってしまいましょう。

そして、似た様な真ん円がもうひとつ。shirotaya10これね、あのね「紀州南高梅」なんです…。
コレだけはちょっとどうかなぁと、
そう思いつつ齧り付く。
おー、おろ?意外と悪くない、かも(笑)。

あのジャンアント白田が道頓堀に続いて、
串かつ「しろたや」を据える場所に選んだのは、
我等が大井町。shirotaya11大食いタレントが繰り出す店ゆえ、
なんちゃってメニューやぞんさいメニューが、並んでるんちゃうか?
というちょっとした疑念もすっきり吹き飛んで、
心地よく次の店へと向かうのでありました。

「しろたや」大井町店
品川区東大井5-15-10 [Map] 03-6718-4995

column/03612

洋食「つばめグリル」で安定のジャーマンハンブルグステーキにブイヤベースのおじや

tsubamegrill「つばめグリル」と聞いて最初に思い浮かべるのは、銀座中央通り沿い、今はなきホテル西洋銀座の近くにあった銀座本店。
どうやら同じ場所での再開は叶わなかったようで、銀座コアのお店にはまだ寄ったことがないなぁと思い起こします。
次に思い浮かべるのが、玉川高島屋の角地に付設のお店。
ニコタマセレブたちにもご贔屓筋となっている様子を垣間見た記憶が蘇ります。
そしてもうひとつ、品川駅高輪口の白い建物もまたすぐに脳裏に浮かぶ佇まいであります。

車道の広さの割りに舗道が狭いのがやや難の第一京浜に面した「つばめグリル」。tsubamegrill01斜め向かいには、そろそろ斜陽の気配の「麺達七人衆 品達」があり、その上の高架には京急の紅い車輌が覗きます。

夏至の頃、陽が伸びて心地いい夕方にお邪魔する。
入口を入って正面に立つと、ちょうど半地下のフロアのグリルが目に留まるレイアウト。tsubamegrill02居並んだ鋳物のプレートの上には、ハンバーグステーキらしきもの達が出番を待っています。

黒板には、本日のハンブルグステーキの牛肉生産者や豚肉の生産者名が示されてる。tsubamegrill03この日の牛肉は、指宿からやってきたもののようです。
既に賑やかな一階隅のテーブルに案内されてメニューを眺めましょう。

きっと、人気No,1なのは今も、アルミホイルで包んだグランドメニュー「つばめ風ハンブルグステーキ」なのでありましょね。tsubamegrill04でも、へそ曲がりが選んだのは、ハンブルグステーキのラインアップのひとつ「ジャーマンハンブルグステーキ」。
こちらにも、創業来半世紀の味と謳われています。

大振りなクルトンも印象的な「とうもろこしのクリームスープ」。tsubamegrill05コーンスープやんけ!と一瞬思うも(笑)、これがどうして、玉蜀黍のフレッシュさを思わせる、旨いスープでございます。

そして届いた「ジャーマンハンブルグステーキ」。tsubamegrill06tsubamegrill07「つばめ風」と違うのはまず、アルミホイルに包まれていないこと。
目玉焼きのっけ、なところも「つばめ風」との違いでありましょう。

ホクホクのジャガ芋をハフハフと半分ほどいただいてから、目玉焼きの黄身を目掛けてビーフシチュー的ドミグラ系ハンバーグソースをどどっと流せば、ああシズる。tsubamegrill08丁寧な仕込を思わせるソースに赤身と脂のバランスのとれたパテが、パサ付くでも脂ぎるでもなく、真っ直ぐに旨味を伝えてきます。
素直に旨いね、美味しいね。

夕闇迫る別の時間。tsubamegrill09点したサインの灯りが効果を発揮し始めています。

今度は、螺旋階段を上がる二階へと案内されて「ERDINGER」。tsubamegrill10エルディングの町のヴァイス・ビアは、ミュンヘン空港にある「Käfer」でいただいて以来のことかも。
「Käfer」では、如何にも白ビールらしい香りに感嘆した覚えがあるのだけど、そんな香りが控えめに思うのはなんの加減でありましょか。

嬉しくも、半分でサーブしてくれるというので「ロメインレタスのシーザーサラダ」。tsubamegrill11ここにも登場する、自家製と思われる大振りクルトン。
ロメインレタスの魅力が十分に活かされていて、感心頻りであります。

ビールのお供といえば、やっぱり「自家製ソーセージの盛り合わせ」。tsubamegrill12決してミュンヘンの居酒屋でいただくものと比べてはいけません(笑)。
あ、白ソーセージの用意があったりするとより愉しいのであるけれど、なかなかそうは参りません。

ふたたびハンブルグステーキというのもなんなのでと選んだのが「ブイヤベースのおじや」。tsubamegrill13みんな〆のおじやが食べたくてブイヤベースを食べていませんか!とそんな風に告げられている気分(笑)。

グツグツの中から小海老や鱈や帆立などの魚介が顔を出す。tsubamegrill14どんな魚介でスープを採っているのかは判然としないけれど、しっかりとそんな出汁の滲むおじやにお腹も和みます。
後半になってから、添えてくれていたガーリックソースを投入すれば、ますます堪らん感じに昇華するのです。

その創業1930年(昭和5年)と80余年の歴史を刻む洋食「つばめグリル」の品川駅前店は、品川プリンスの壁の前。tsubamegrill15Webサイトによると、アルミホイルで包むスタイルで「つばめ風ハンブルグステーキ」が誕生したのは1974年(昭和49年)のことだそう。
「つばめ」の名はやっぱり、嘗て東海道本線を走っていた“特急つばめ”なのですね。

「つばめグリル」 品川駅前店
港区高輪4-10-26 [Map] 03-3441-0121 http://www.tsubame-grill.co.jp/

column/03589

つけ麺まぜそば「ajito ism」でピザソバペペロッソ醤油ラーメン静かなる意気軒昂

ajitoism開店して暫く後の大井町「ajito」には、ちょこちょこ顔を出していたけれど、その後パッタリとお邪魔しない時季が続いてしまいました。
偶に足を向けたら臨時休業だったり、早仕舞いに出会したり。
そんな或る日、とっても久し振りに「ajito」のある裏道に行く。
すると、あの黒いテントから「ajito」の文字がなくなっている。
あらら、イッタイゼンタイどうしちゃったのかと検索をかけてみると、なんとご近所に移転しているではありませんか。

嘗て「ajito」があった場所は、なにやらファンシーな三色に壁を塗りたくってしまってた。ajitoism01壁の脇にはカレーライスの幟が立っています。

移転を知ってから、比較的ちょこちょこと足を運んだのは、光学通りをつらつらと登り、登り切る一本手前を左に入り込んだところ。ajitoism02店の前をそのまま通り過ぎて歩けば、元あった場所に至るというそんなご近所への移転であったのです。

久々にここから註文もうとお願いしたのが「ajito ism」の創作まぜそば、つまりは「ピザソバ」。ajitoism03サラミやトマトの紅にクレソンやピーマンの緑、パプリカの黄色などなどが鏤められて、艶やかなドンブリ。
節粉らしきものも一種類ではないようです。

それを良く混ぜてコールにしっかりと応えるように、ドンブリの底から天地を返すようにして、更にさらによく混ぜる。
するとさっきの艶やかな気配が一転して、シズルにタレや粉エキスを纏った光景を映します。ajitoism04チーズの風味にピーマンの苦味が重なるだけで既にピザっぽいし、そこにトマトやサラミの味わいが重なれば”ピザソバ”たるに十分な風格を備えることになる。
でも結局、この麺を活かすドンブリ底のソースが肝なのでありますね。

カウンター満席のタイミングで訪れたなら、初めて奥に唯一のテーブル席になんてこともある。ajitoism05常連さんは、一番手前のレジ横で立ち呑みしながらマスターとマニアックな話をしたりしています。

お願いしていたのは「ぺぺロッソ」。ajitoism06ajitoism07粉チーズを頂いた麺を浸すソースは、その名の通り赤味を帯びています。

ぺぺロッソのぺぺは勿論、ぺペロンチーのぺぺ。ajitoism08ajitoism09そんなに辛くちゃやーよと思いつつ、恐る恐る麺を啜り上げる。
うんうん、旨い旨い。
ヒリッとはするけれど、妙に刺激的な辛さではなくて、ややもするともったりする輪郭を辛味がシャープにしてくれる感じだ。

冬の夜には、冬の夜に15食限定の「ajito ismの醤油ラーメン~モダンヴィンテージ」。ajitoism15それは、つけ麺やまぜそばの店だとばかり思っていた人々を驚愕させる完成度。
愉しげに奇を衒ったり、マニアックに濃度を増したりしている訳では勿論なくて、スープの採り方にも麺の仕立ても基礎がなってなければ果たせないことなのが判る、そんなドンブリだ。

スープを最後の最後まで堪能してしまおうと「〆のぞうすい仕立て」もお願いする。ajitoism16スープを残したドンブリを一旦カウンターの中に返して、玉子にライス、追加のりに辛味オイルでどんぶりを仕立て直してくれる。
満足満腹の一杯プラスアルファであります。

イレギュラーメニューや限定メニューもよいけれど、時には基本形の「ajitoのつけ麺」も時にはいいでしょう。ajitoism13ajitoism14ここからすべてが始まった。
そんな想いがマスターにもあるのかもしれません。

そうそう、2年程前の夏にはレギュラーメニューに「つけ麺じゃないロッソ」なんてのもありました。ajitoism10ajitoism11その名の通り、ロッソのソースをアレンジして汁そばに仕立てた佳品。
これまた安心納得の完成度安定度。
最近のメニューにコレがないのが不思議でならなけど、「ajito ism」がつけ麺まぜそばのお店であってラーメン店ではない、ということに起因しているのかもしれません。

ご近所に移転してなお静かなる意気軒昂さを魅せる「ajito ism」、
ここにあり。ajitoism17タイミングによっては勿論、満席のこともある。
そんな時は、入口脇にあるショーケースに飾られたフィギュアあれこれを眺めつつ、席が空くのを待つのも一興です。
今度はイレギュラーメニューにしようかな、それともレギュラーメニューにしようかな。

「ajito ism」
品川区大井1-37-4 オラシオン1F [Map]

column/03588

味の店「さんご」でかきフライとソースの相関と生姜焼きサンプルの考察

sangoそれは、山手通り沿いに建つマンションの一室に間借りして暮らしていた頃。
五反田駅を利用することの方が多かったけれど、どちらかといえば大崎駅の方が最寄りでありました。
その頃の大崎駅西口はまだ明電舎やソニーの工場の名残りがあり、確かりんかい線が延伸した頃だったんじゃないかと思う。
大崎駅西口から線路に沿って新幹線のガード方向へと向かって右手に折れた処が百反坂。
以前は工場の塀に沿って回り込んでいく感じだったけれど、今は南改札口からのコンコースが接続したThinkParkやNBF大崎ビルなどの間を抜けてショートカットして行ける。
出火してしまった「六厘舎」はまだ営業再開していないのかなぁなど考えながら、たらたらと緩い坂を辿ります。

通りの左側には気になる飲食店がポツポツとある。
その中の一軒、南の島を想起させる名前のお食事処「さんご」に寄ってみました。

暖簾の中は、右手に厨房に向かう狭いカウンターがあり、左手と奥にテーブル席を配したレイアウト。sango01常連さんエリアと思しき奥を避け左手テーブルに居場所を見つけました。

壁に並んで掛けられた黒いアクリルの品札の中から間に合ったみたいだねと選んだのが「かきフライ定食」。sango02あああ、でも、まず残念なのがデフォルトでソースの帯が行き来していること。
ソースでは味が強すぎて、折角の牡蠣の風味を逃す効果の方があるのじゃないでしょか。

オバちゃんにそんな文句を垂れたところで始まらないかと気を取り直して、その一片に齧り付く。sango03しっかり揚げることは必要なのだけど、牡蠣の水分が飛んでしまってはちょと困る(笑)。
だからソースなのだとは思いたくありませんよね。

すっかり暖かくなった春の夜に百反坂へとふたたび。
「さんご」のショーケースを何気なく覗いて仰け反ってしまった(笑)。sango04 優しき紳士のGingerちんはそこに直截触れていないけれど、ショーケースのしょうが焼きサンプルが凄いことになっていたのです。
紫外線を浴び続けるとこんな劣化を来たしてしまうというのがサンプルの宿命なのでしょう。

サンプルみたいなことは決してないとそう信じつつ、注文んだ「豚ロースしょうが焼き定食」がやってきた。sango05もやしの土台にたっぷり盛った焼き目とタレの色。

白椀の豚汁を啜ってから齧った生姜焼きは、生姜の利き具合がいい感じ。sango06やや硬めに齧り甲斐のあるのは、ロース生姜の常道か。
豚バラのオイリーさも決して嫌いじゃないけれど、こんな夜はそうこんなのがいい(笑)。

百反坂の御食事処「さんご」は、オレンジ色の庇が目印の。sango07各種定食類に重宝しているひともいれば、奥の壁に貼られた一品料理で麦酒やサワーや焼酎をやっつけるオッちゃん達もいる。
なにか海方面のお話が聞けるかもと、店名「さんご」の由来をオバちゃんに訊ねたけれど、それがね判らないのよ、とその辺りはちょと残念なお応えでありました。

「さんご」
品川区西品川3-6-3 [Map] 03-3491-9514

column/03566

つけそば中華そば「浜屋」で濃厚和風に濃厚味噌にあっさり和風自家製麺中華そば

hamaya五反田というと、東口のゆうらく通り界隈のなんとなく如何わしい雰囲気を含めて、風俗街のひとつというような云われ方をすることが少ない。
ただ、ちょっと目線を駅前周辺から外すと、意外な高級住宅地を背後に抱えていることに気付きます。
以前何度か一宿の恩をあずかったことのある元同僚のマンションは桜田通り西側にあって、その先には池田山と呼ばれる住宅地の丘になっている。
皇后美智子さんの実家である正田家の邸宅があったのも池田山の高級住宅地の一角だ。
目線を大崎方面に振ると、クリスチャン系お嬢様学校の清泉女子大学のキャンパスがあり、その辺りが島津山と呼ばれる高台で、その名の通り島津公爵邸の跡地が大学のキャンパスになったもの。
さらにその先は、嘗てソニーの本丸があった御殿山エリア。
御殿山の名は、徳川将軍家が鷹狩の折りに休んだ品川御殿があったことによるもので、問題なく五反田からの徒歩圏ではあるけれど、ここまでくるともうさすがに五反田ではない(笑)。

足を向けたのは、池田山の邸宅街。
ぷらっと徘徊してから、桜田通り方向へ急坂を下りていく。hamaya01そこで見つけたのが、”特製自家製麺つけそば中華そば”と示す看板です。

壁の額には、麺づくりとスープづくりに関する思いが綴られている。hamaya02毎朝店内でつくる麺は、保存料・着色料を使用せず、かん水や塩分も控えめだという。
スープも鶏ガラ、豚骨、道南昆布、椎茸、四種類の節とふたつの産地の煮干を使って煮出しており、業務用スープは勿論のこと、化学調味料に頼らないスープとなっているという。

まずは黄色が目立つボタンをポチとした「濃厚和風特製中華そば」。hamaya03でろんと大判のチャーシューにふたつ割した煮玉子、海苔をトッピングするのが、特製であるらしい。

ずいっと目線を近づけると成る程、スープの濃厚さがよく分かる。hamaya04トッピングのチャーシューに乗り上げたスープの縁がこんもりとしてる。
トンコツの白濁濃度と鶏の脂と節の三重奏が繰り出す濃度が決して野卑に感じさせないまとめ方にはなっている。
一番最後の後口はちょっと纏わりつく感じもあるけれど、うん悪くない。

かん水控えめの自家製という麺は黄色味を帯びていて、例えばつけ麺「隅田」の麺を端正にした感じ。hamaya05 旗の台「ぶらいとん」の麺にかなり近いものという印象だ。
こんな濃度のスープに合わせようと思うとこの手の麺になるでしょか。

別の夜には入口脇にある製麺室を覗き込んでから薄紫色のボタンをポチとする。hamaya06製麺機を製作する工場は国内に幾つくらいあるのかなぁなんて思いつつ。

これまた濃度どっぷりのスープにチャーシューが浮かぶ、というより載っている。hamaya07hamaya08そもそもが濃密なスープゆえ、辛味も含む味噌の風味はやや押され気味。
ココのあたりはちょっくら「ど・みそ」とコラボしてもいい部分かもしれません。
もっとも、これ以上濃くしてどうしようって話でもあるかもね(笑)。

やっぱりこのあたりがスタンダードなんじゃないかと「あっさり和風中華そば」。hamaya09ところがパッと見は、なかなかに濃密な表情も窺わせるドンブリだ。

流石にチャーシューに乗り上げる現象は観察出来ないゾと誰にともなく報告しつつ(笑)、蓮華を動かします。hamaya10おお、成る程、濃厚と謳うドンブリとの比較もある所為か、軽やかにして程よい凝集感をもっていただける。
中野「青葉」にオリジンを想い浮かべつつ、素直に旨いと頷きます。

池田山の眼下につけそば中華そばの看板を掲げるは、
「浜屋」という自家製麺の。hamaya11自家製麺がすっかり珍しいものではなくなった昨今ですが、それによって「開花楼」あたりの製麺所もよりプロとしての気構えを強くしているんじゃないかなぁなんてふと思ったりなんかして。
「浜屋」は茨城県北相馬郡利根町に本店があるそうで、五反田店は我孫子店に続く第3号店であるようです。

「浜屋」五反田店
品川区東五反田4-10-5 [Map] 03-3441-3335

column/03559