「深川両国河むこう」カテゴリーアーカイブ

燗酒とコの字カウンター「井のなか」

inonaka.jpg茅場町「五穀家」でかつて活躍していた人物が満を持して開けたという「井のなか」目掛け、随分と久し振りの錦糸町まで足を運んでみました。駅北口から間もなく。落ち着いていながらところどころにセンスを感じさせるファサードです。予約の名を告げ、右手小上がりの奥へと案内されました。喉を湿らす小ビールのお供にと、衣のサクッとした軽快さとその身の甘さがそそる「白海老のからあげ」、キッシュとゴルゴンゾーラのパテを取り合わせた「ゴルゴンゾーラタルト&ムース」を。仄かに青かびが香るところに、後半は蜂蜜に浸して、というのも面白い。さてさてお酒はと考えながらお品書きを捲ると、3種の日本酒が楽しめるという「利き酒セット」が目に留まりました。やってきたお猪口は、相模の地酒だという「いづみ橋」の80%精米歩合のものに「神亀」、そして「萩の鶴」はぬる燗で。こうしてみると、微かに含む風味の違いが感じられて面白い。以降は広島は「竹鶴」にターゲットして、「純米にごり」「無濾過生原酒雄町」「小笹屋番外編原酒」「合鴨農法雄町」といただく。鴨が水田を泳ぐ光景が浮かんだりしてこれまた楽しいね。鯖の糠漬け「鯖のへしこ」、すけそうだらの子を神亀粕と仙台味噌で漬けた「助子の粕漬け からすみ風」、福井の幻の魚「げんげ」、と如何にも日本酒にあう酒肴たちもラインナップ。また呑んじゃうじゃん。ちょっとお肉系の量感もほしくなったら、「豚ロース富士酢〆」「自家製鶏しゅうまい」「井のなかコロッケ」なんて手もいい。茨城・かくま牧場産だという滋味深くかつあっさりした脂の豚肉に「富士酢」のソースが絶妙の酸味を添えていて、こいつぁ旨い。一方、店名を冠したコロッケは、蕎麦のマッシュを使っているンだという。こいつもまた、旨いんだ。そして、ん~、見れば見るほど端から食べ倒したいと思わせる品々の載る品書き。ちょっとづつでも、より日本酒の味わいを識るのにもいいね。お猪口の底やコースターの角など店内のあちこちにいる”蛙”は、店先の行燈看板の「井のなか」にも見付かります。 「井のなか」 墨田区錦糸町2-5-2 03-3622-1715
column/01868

餃子の店「来々軒」

rairaiken.jpg東陽弁天商店街という鄙びた感じのアーケードに、空席待ちの顔が並ぶ町場の中華料理屋さんがありました。並んでいながら「ここって有名な店なんですか」「なにで有名なんですか」と訊く男に、その後ろの男が「ほとんどみんな、たんめんぎょうざ、だよ」と応えているの聞いて、なるほど餃子もつけなきゃなんだと知る。先にやってきた焼き餃子は、カリっとしてムニュっとした皮の中から程よい脂が滴って、なかなか旨い。皮が厚くてもこういう仕上がりにできるんだね。そして「たんめん」。お約束の澄んだスープを啜ると、ちょっと胡椒が強すぎる気もする。野菜やバラ肉を食べ進んだその下からは、ちょい平たい手打ち風の麺。ぷりっと感を主張してくる麺だ。ウマイ!っていうよりもしみじみと味わって温かい気分になれる、ってところかな。どっち?といわれたら古川橋のあの店に軍配を上げると思います。 「来々軒」 江東区東陽1-25-5 03-3645-6287
column/01798

特選とんかつ「すぎ田」

sugita.jpg北千住からの帰路。初めて乗る「つくばエクスプレス」から乗り継いで、蔵前は春日通りと国際通りの交差点、寿三丁目信号近くにある「すぎ田」にお邪魔してみました。カウンターが奥へと続く、小奇麗にそしてゆったりとしたお店です。カウンターバックに置かれたテレビが、店全体の雰囲気をクダケタものにしているようです。”おこんだて”から「とんかつ ロース」に「ごはん」「豚汁」のセットを。端正な桜色をした断面から透明な脂が滲んで、きれいにサシの入ったような上質なお肉であることが窺えます。やっぱり風味の強いソースは避けて、塩、そして醤油でいただきます。濃密な旨味というよりは、とんかつのクセして上品な、濁りのない美味しさが口腔に広がります。ガツンといきたい向きには物足りないかもしれませんが、これはこれで悪くない。ヒレだともっとさらっとしているのかしらん。 「すぎ田」 台東区寿3-8-3 03-3844-5529
column/01735

鳥料理「有明」で 軍鶏水炊きらーめん洗い飯地玉子のゆで卵

ariake.jpg前回期待を膨らませて訪れたら、売切れ仕舞いの憂き目に遭って以来の再訪です。 暖簾を潜ると、席を得ている客全員が一様に黙々と昼限定の「軍鶏水炊きらーめん」を啜っていました。 らーめんに無料の「洗い飯」、そして「地玉子のゆで卵」をお願いします。 如何にも丁寧に煮出されたような黄色がかったトロミあるスープに黄色い細麺が潜んでいて、2片の鶏ともみじおろしらしき辛味がトッピングされています。
上品な味付けの滋味豊かなスープについているトロミは、煮詰めてのものではなくて、加えられたお米の粘度によるものだそう。ariake01.jpg そのトロミが水っぽさを排除し、固茹での麺によく絡む。スルスルとその麺を平らげたら、小ぶりなお茶碗に盛られた「洗い飯」を投入、レンゲで均します。 ご飯を軽く洗うことによって今度は粘りをとって、サラサラの雑炊に仕立てようっていう算段なんだね。 微妙にひと味足りない気もしてきて、ゆで卵に添えられていた塩をひと掴みちょっとを加えてみると一層旨味が際立って、いい。ポン酢を垂らすっていう手もあるね。 結局最後のひと掬いまできれいに完食してしまいました。 冬場に「五鉄の軍鶏鍋」をいただきに行くっていうのも良さそうだ。 「有明」 江東区東陽3-14-10 [Map] 03-3641-4222 http://www.h4.dion.ne.jp/~horohoro/ [門前仲町に移転]
column/01509

らーめん「美学屋」で 特脇つけ麺ズルル中太麺口蕩チャーシュー

bigakuya.jpg目指した店から営業時間終了の憂き目にあって、途方に暮れた状態で永代通りを歩く。 と、真新しい雰囲気のらーめん店の前に。 今時トタン張りの看板かぁと思いつつ、券売機の前に立ちました。 ぽかぽかした陽が射すようになるとつけ麺もいいやねと、どうやら全部入りかと思われる「特脇つけ麺」のボタンをポチッとする。
塩もあるらしいけど、つけ麺で塩スープはどうかと思うままでいると、やはり醤油のつけダレでそれはやってきました。bigakuya01.jpg ズルル。 酸味のほとんどないつけダレも中太の麺も、口に含むと蕩けていくチャーシューも悪くない。 ただ、1杯づつ小鍋で温めている割には魚だしは香らないし、鶏メインと思われるスープはつけ麺には少々上品な印象がする。 らーめんも食べてみないと、だね。 「美学屋」 江東区東陽3-17-14 [Map] 03-3699-4290
column/01444