「西行き中央線方面」カテゴリーアーカイブ

ネパール・インド料理「ナマステカトマンズ」で 豆のカレー

namaste.jpgUFJ銀の脇を入った筋のビル地階にある「ナマステカトマンズ」でランチ。 席に着くも、せっせとナンを叩いたりカレーを盛っている男性ひとりがキッチンにいるのみで、オーダーを取ってくれる気配がない。 気長に待ってもいいや、とそんな気になったところへ、店に来る途中の路上ですれ違った女性が戻ってきて、ホールの応対を始めました。 ビラ配りをしていたのですね(笑)。
「豆のカレー」をナンでいただきました。 辛さはほとんどなく、ひよこ豆や黒ひよこ豆と思われる豆たちがほんのりとした甘さを纏っている。namaste01.jpg辛いモン好きにはなんとも物足りないものかもしれないけれど、これはこれで悪くないな。 ビラ配りをしていた女性がマダム然として「いかがでしたか」と声をかけてくれる。 料理屋にあって至極当然なこのフレーズが妙に新鮮で、 それほどに耳にする機会がないことに気づく。 客の感想に率直に向き合おうとする姿勢のお店が如何に少ないか、ということなのかもしれないね。 ネパール・インド料理の店「ナマステカトマンズ」。 池袋店もあるようです。 「ナマステカトマンズ」 武蔵野市吉祥寺本町2-11-7 横瀬ビルB1 [Map] 0422-21-7010
column/01535

濃厚つけ汁ソバ「FRIDAY」で 濃厚つけ汁ソバひと品夜の地雷源

jiraigen.jpg動物系と魚介系とのブレンドしたタイプの中でもかなり洗練されたラーメンがいただけそうな期待を抱きつつ、環七から泉南の信号を斜めに入る。 車を停め、辿り着いた店は、全身ほぼ黒尽くめのソウル・バーのような佇まい。 頭上の看板には確かに「JIRAIGEN」とあるが、店頭のメニューはつけ麺一辺倒だ。 どゆこと?
混乱のまま、唯一メニューの「濃厚つけ汁ソバ」をのり増し、地鶏の煮玉子つきでお願いしました。 ほほう、酸味や甘味・辛味が突出することなく、白湯スープの厚みに魚介系の香りが重ねられたつけ汁はなかなかの完成度だ。jiraigen01.jpg固めに茹でられた平打ちの麺にもっとモチモチ感があればさらにいいのになぁ。 つけ麺のお約束、スープ割りをして割と満足の面持ちで店を後にはしたものの、やっぱりメニューの豹変に合点がいかない。 どうやら、我流旨味ソバ「地雷源」は昼のみの営業で、夜は「FRIDAY」としてつけ汁ソバの専門店、さらに定休日には味噌味ラーメンの店と3つの顔を持つラーメン店であるらしい。 「せたが屋」の二毛作の上をいく、三毛作ってことだったんだ。 「FRIDAY」(地雷源) 杉並区和泉1-39-10 坂本ビル1F [Map] 03-3325-1287 http://www.jiraigen.com/
column/01465