「浅草で道草」カテゴリーアーカイブ

中華そば「伊藤」浅草で 中華そば煮干出汁の魅力と難しさを想う

asakusaito.jpgラーメン業界で知るひとぞ知るイラストレーターといえば、ラ部青木健さん。 その青木さんがある日こんな風に呟いた。 通り過ぎるのは、「ここラーメン屋さんかなぁ」「違うっぽいよ」の声ばかり。 いいえ、ここは有名ラーメン店の支店ですよ! そこで思い浮かべるのは、 王子神谷の煮干中華そば「伊藤」だ。 看板もなく、無愛想なアルミの引き戸に包まれたファサードなのだものな~。
でも、青木さんは「支店ですよ!」と云っている。 ってことは、赤羽の店で呟いているのかと思えば、然にあらず。 つまりは、王子神谷でも赤羽でもない処に彼の中華そば「伊藤」が出来たってことなのです。

おおおそれは、という勢いで早速、浅草に足を運ぶ。 場所は、賑やかな雷門~仲見世方面とは違う、駒形二丁目江戸通り沿い。 「駒形どぜう」の斜め向かいといえば、イメージし易いかもしれません。

10席ちょっとの小さな空間。 入口に置かれた券売機で、まずはシンプルに「中華そば 中」。asakusaito01.jpg「伊藤」の原点の表出は、質実なる普通盛り「中華そば」600円にあるのだけどね、と呟きながら受け取るどんぶり。

如何にも煮干出汁由来の色合いのスープにストレート細麺が泳いでる。asakusaito02.jpg蓮華のスープに近寄ると、より鼻先を擽る煮干の香りがより強まる。 ズッと啜るスープ。 王子神谷での初めての出会いの感激には及ぶものではないけれど、ああ、いいね。


10日と空けず、浅草で道草。 今度はちょっと奮発して、「肉そば」+「スープ増し」。asakusaito03.jpg質実なる「伊藤」の中華そばとは若干ノリが違ってくるものの、ニボニボスープをたっぷり愉しみたいものね。

ただ、この晩のスープは、エグミが強い。asakusaito04.jpg煮干くさいのは全くもって厭ではないし、むしろ歓迎してさえいる。 ニボニボ銀鱗ハードバージョンとしてニヤニヤと愉しめる。 でも、ちょっとなにかの加減でバランスを欠くと、折角の煮干の旨みをただただ真っ直ぐに味わう状況からズレるのかもとも思う。 そんな繊細な難しさがあるからこそ、感激もあるのだね。

中華そば「伊藤」といえばやっぱりこの、 加水の少ないポキポキッとしたストレート麺。asakusaito05.jpg粉の風味が素朴に伝わる、美味しい自家製麺だ。

質実なる煮干し中華そばの系譜、「伊藤」の浅草の店。asakusaito06.jpgぜひに是非に、よりストイックにより繊細にスープの仕込み仕上げに入魂して欲しい。 そして、もしもこれ以上支店が増えるようであればそれは、何をか云わんや、とも思います。

口 関連記事:   中華そば屋「伊藤」で 質実なる潔さと大盛りつゆ増しへの欲求(09年04月)   自家製麺「伊藤」で 煮干し出汁中華そば自ずと想う親仁との比較(10年08月)


「伊藤」浅草店 東京都台東区駒形2-6-9 [Map] 03-6802-8226
column/03194

中華そば「つし馬」で 冷やし煮干そば透明感の中の旨み醍醐味

tsushima.jpg都内にある煮干出汁の中華そばの店と考えて思い浮かぶのは、王子「伊藤」か、浅草「つし馬」か。 はたまた新宿「凪」か、新大久保「めとき」か。 そんな中の一軒、 「つし馬」で煮干中華の盛夏向けバージョン。 「冷やし煮干そば」を出していると知っていざ浅草。 観音通りのアーケードへとやってきました。
扉を開けて店内に入った時の煮干の風味にふわんと包まれる感じがいい。 やっぱり、限定「バリ煮干そば」も気になるよなぁと思いつつ、 券売機の「冷やし煮干そば」のボタンをぽちと押します。 めっちゃズレたタイミングでお釣がでてきてずっこけたものの(笑)、 すんなりとカウンターの隅で出来上がりを待つひととなります。 見た目はもう、温かい「中華そば」そのもの。tsushima01.jpgもしや間違ったりしてないよねとどんぶりに触れると、確かに冷たい。

早速蓮華を取り出して、醤油の褐色に澄んだスープを啜ります。tsushima02.jpgうんうん、なるほど。 印象としては、「中華そば」のスープをそのままゆっくり冷やした感じ。 可能な限り脂を排し、あくまで透明感のある中に旨みがぎゅぎゅっと含んでいる。tsushima03.jpg温かいスープでも濁りないように仕立てるのはなかなかの技量を要するのではと思うのだけど、それが冷たくなるとさらに誤魔化しが利かなくなる気がする。 若干のエグみも醍醐味だなぁと感じ入るところであります。

どんぶりの縁に書かれた「青森 煮干」の文字を眺めながら啜る麺は、きゅっと冷水にシメる様子が思い浮かぶような、適度なしゃっきりテクスチャー。tsushima04.jpg冷たいスープにも親和して、持ち上げも悪くない。 ああ、「冷やし煮干そば」。 ぎんぎんに暑い日にもう一度食べたいな。

煮干中華そばの雄の一角をなす、浅草「つし馬」。tsushima05.jpg世の中には意外と煮干嫌いなヒトがいるらしいけど、 煮干が齎してくれる旨みや風味がボクは好き。 だからまた、煮干パラダイスのひとつとして思い出す度に訪ねると思います。 口 関連記事:   中華そば「つし馬」で 青森煮干の中華そばと特濃バリ煮干し旨し(09年11月)


「つし馬」 台東区浅草1-1-8 [Map] 03-5828-3181
column/03160

BAR「浅草サンボア」で 吉例ハイボール新店にして風格を想う

asakusasamboa.jpg本所の「わくい亭」を辞してなお、そぼ降る雨。 これはタクシーのお世話になった方がよいネと乗り込んだ車は、三ツ目通りから浅草通りへ。 雷門のひとつ先の信号辺りで停めてもらったのは、 伝法院へと至るオレンジ通り界隈へと忍び込みたいため。 目的地は、新仲見世アーケードの一本手前の筋、 俗に云うたぬき通りにある。
スポットライトに照らされた「SAMBOA BAR」の文字。 そう、あの「サンボア」がこの2月、 銀座、数寄屋橋に続いて浅草にもカウンターを設けたのです。

「サンボア」には、ひとりかふたりで訪れることがほとんどなのだけど、 今夜は、四名ご一行様。asakusasamboa01.jpgこれまた肘をついての立ちポーズが似合いそうなカウンターを横目に、 4人掛けのテーブル席に腰を落ち着けました。

例のブリティッシュな柄のコースターの上に載せてもらったのは、 勿論「ハイボール」。asakusasamboa02.jpg檸檬ピールの香り仄かに、 強めの炭酸にレシピ通りと思しき角瓶のアロマ。 嗚呼、新しい店の一杯にして、一種の風格を想ってしまうのは、 矜持を携えて続く「サンボア」ならではのものだ。

ただ、至る所に木のパネルを用いた内装の所為か、話声がよく響く。 ほろ酔いの勢いで喋る声が次第に大きくなり、はっとして頭を掻き掻きひそひそ声で話しているうちにまた次第に大きくなってる声に気づく、の繰り返し(苦笑)。 御免なさい、静かに呑むが似合うバーで、ちょっと五月蠅い客たちでした。

「北新地サンボア」の流れを汲むバー、「浅草サンボア」。asakusasamboa03.jpgなんと週末には11時から営業していて、 小粋なビーフハンバーガーなんぞを供してくれているみたい。 ふらっと立ち寄れるよなご近所さんが羨ましいけれど、 きっと毎回ハンバーガーだけじゃ済まないよね。 口 関連記事:   酒亭「わくい亭」で 洋風居酒屋メンチ赤ワイン煮トマトバジル炒め(11年07月)


「浅草サンボア」 台東区浅草1-16-8 [Map] 03-6231-7994 http://www.samboa.co.jp/
column/03155

洋食「ぱいち」で 厚切トーストとタンシチュー生姜焼きは二階建て

paichi03.jpgつくばエクスプレス沿線からの帰り道。 終着駅の秋葉原に着くちょっと前に、 そう云えばつくばエキスプレスは確か、 浅草を通るンだったなぁと思い出す。 国際通りの浅草ビューホテルのあたりに駅があって、いつもの浅草線や銀座線とは違う方向からのアプローチになるはず。 浅草駅に滑り込んだ車両から急遽、飛び降りるように途中下車しました。
ふらふらと当て所もなく、国際通りから仲見世方向へと徘徊するように(笑)、入り込んでいく。 純レバ丼の「あづま」は定休日だなぁとか、奮発して蒲焼「小柳」に寄ってしまおうかなぁとか、青森煮干し中華そばの「つし馬」はずっと向こうだなぁなどと考えながら、ふらふらと。 と、とある路地の前に佇んでは、 この奥の「ゆたか」でとんかつをいただいたことがあったなぁと思い出す。paichi01.jpgそしてそこは、洋食「ぱいち」の目の前でもありました。 膝をパンと打つように(笑)、以前から気になっていた洋食屋さんに早速突入を試みます。

促がされるまま座ったカウンターから振り返ると、 店の中には小上がりを覆うようにさらに屋根がある。paichi02.jpg長押には千社札仕様の弓張り提灯が並べられて、 浅草に似合う”江戸”な雰囲気が存分に漂います。

paichi04.jpg あれこれ悩んで結局、「シチューとサラダの店」と看板にあったものなぁということで、「タンシチュー」をお願いします。 幾つもの手鍋に準備されたデミソース。 目の前の厨房の五徳には、鉄鍋が載せられて、ぐつぐつに向けた加熱が始まりました。

鼻先を擽りはじめた匂いからしてもう、鉄鍋の到着が待ちどうしい(笑)。 熱いのでお気をつけください、とお待ち兼ねの鉄鍋がやってきました。 うん、みるからに旨そう。paichi05.jpg 杓文字で鍋の蓋に取り分けて早速、どれどれとそのソースを舌に載せれば、 うんうん、動物系と野菜系の旨みがベタつくことなく真っ直ぐに沁み入るように迫ります。paichi06.jpgいいね、いいね。 paichi07.jpg ライスではなくと、なんとなく選んだ「トースト」がヒット。 しっかり厚切りを香ばしくフライパンで焼いたトーストは、中がもっちり。 そのトーストとシチューとを交互に口に運ぶ、嗚呼、至福のひと時(笑)。

もう「カキフライ」の時季は過ぎてしまったけれどと思いながら、ふたたび浅草一丁目。 paichi08.jpg佇まいは小料理・居酒屋風なれど、コック帽のお三人が居並ぶ光景は正しく、洋食屋さんのそれであります。 paichi09.jpg SuperDryしかないのが残念なものの、「ポテトサラダ」あたりで瓶ビールをやっつけつつ、ひと心地。 続いて、「生姜焼き」をセットでお願いしました。paichi10.jpgオカアさんが届けてくれたのは、バラ肉系の生姜焼きとは明らかに違う端正な表情のお皿であります。 特筆するべきは、その盛り付けにもあり。 横から見て気がついた、生姜焼きロースが二階建てになっているのです。paichi11.jpg仕立ては、生姜の風味やや抑え目のあっさり系。 リングイネのケッチャップ麺もしっかり添えられています。 勿論、ジンさんナポさんも実食済だ。

paichi.jpg
昭和11年総創業、浅草平和横町の老舗洋食「ぱいち」。paichi12.jpgオカアさんに、何故に「ぱいち」なの?と訊くと、 言い終わるか否かの即答で、「一杯の逆さま、ね」。 それを聞いていた当代のご主人は、お祖父さんの時にとんかつなどの揚げモノやオムライスなんかの洋食屋にしたらしいです、と補足してくれた。 元々は、一杯呑み屋だったようです、とも。 その頃から俗に、一杯呑みに行こうぜというのを”パイチ”と業界用語チックな用い方をしていたらしい。 浅草が古くからの芸人の町であることも関係していそうで興味深いね。 「杯一」という呑み屋はあっても、「ぱいち」と表記する店は恐らくここだけだ。 口 関連記事:   柳麺・餃子「あづま」で ほろ酔いで啜るDXラーメンDXの謎純の謎(06年05月)   中華そば「つし馬」で 青森煮干の中華そばと特濃バリ煮干し旨し(09年11月)   蒲焼「小柳」で 極薄い外周とふんわり身が解ける鰻重の旨さ(07年08月)   とんかつ「ゆたか」で 牡蠣フライ的フォルムのひれかつ定食(07年05月)


「ぱいち」 台東区浅草1-15-1 [Map] 03-3844-1363
column/03134

貝料理「海作」で 貝づくし床伏煮牡蠣甘辛揚げみそ玉焼き焼蛤

kaisaku.jpg本所吾妻橋に貝尽くしの居酒屋があるという。 新川のあの店で牡蠣づくし、なんても手もあるぞと選択に悩みつつ、やっぱり気になる貝づくしをとまずは浅草を目指します。 浅草は吾妻橋の五叉路から隅田川の向こうを眺めれば、アサヒビールの例のモニュメントが否が応でも目に留まる。 吾妻橋を徒歩で渡るのは初めてかも~と話しながら進むと、アサヒビールの建物向こうに暗闇ににょっきりと浮かぶ工作物が視界に入ってきます。 うん、スカイツリーだね。
お目当ての貝料理「海作」は、浅草通りが清澄通りと合流する辺り。 iphoneのMap頼りに進んだら、とんちんかんに行き過ぎ戻りつしの到着です(笑)。 座卓について迎えてくれるのは、栄螺あたりの蓋を貼り合せてつくった箸置き。kaisaku01.jpg貝料理の店らしい細工が嬉しいな。 麦酒を貰ってまずは、煮物から「床伏」を。kaisaku02.jpg雲見あたりの西伊豆で潜って幾つかを獲っていただいたことを思い出す(漁師さんごめんなさい)。 じっくりと柔らかく煮付けた床伏が滲ませる滋味がいい。 「トコブシ」も「床伏」と書くとなんだか一層乙なものに感じられるね。 あれこれ迷って困るので、貝のお刺身は盛り合わせにしてもらいます。 ゆっくりと運んでくれる女将さんの足元を心配しつつ受け取ったお皿には、さざえ、とり貝、北寄貝、白みる貝、帆立、赤貝に平貝。 kaisaku03.jpgkaisaku04.jpgkaisaku05.jpgホヤは天然モノではないかもねと思うのは、外側にはっきりした突起がないから。 それは、青森料理の店「なか村」の女将さんの解説による。 「焼き牡蠣できますか?」と訊ねてOKの、ひとりひと皿。kaisaku06.jpgどこかウミウシのような顔つきだなぁと秘かに思いながら(笑)、ちょっぴり檸檬を搾って、一気にちゅるんとゆく。 まだ最高潮のぶりぶり状態には早いみたいだけど、うんうん、滋味滋味。 そこへ届いた「焼き蛤」。kaisaku07.jpg生でもいいんだけどね的に火を入れ過ぎないように炊いた蛤にほんの数滴の醤油を垂らしていただけば、はふはふ、むほほ。 kaisaku08.jpg さざえには、「つぼ焼き」と「丸焼き」とがあって、100円安い不思議を女将さんに訊ねながら、「つぼ焼き」を。kaisaku09.jpgこりっとさくっとした身を美味しく平らげたら、その身が浸っていたつぼの中を改めて覗き込む。 そこに残った汁をどうしても啜りたいと思う、この衝動を誰が嗤えましょう(笑)。 「一品料理」の中で気になったのが「みそ玉焼き」です。 なにかの貝の身に赤味噌か田舎味噌あたりをこってりのっけて炙り焼いた感じなのかなぁと想像するも然にあらず。kaisaku10.jpg女将さんの指令は、蓋をしたまま1分ほど焼いて、一旦掻き混ぜてからまた1分ほど蓋をして焼いて、そのあとは火が消えるまで混ぜまぜしなさい、と。 陶板に載せた貝たちの真ん中に玉子が配してあって、玉子でコーティングするように火がすっと通れば出来上がり。kaisaku11.jpgああ、仕込んであった白味噌の風味が味わいに輪郭を添えて、お酒のピッチが上がります。 壁の黒板メニューから選んだのが、「カキの甘辛揚げ」。kaisaku12.jpg旨みをぎゅっと閉じ込めるように揚げた牡蠣が甘辛のタレにたっぷりと浸って、なんともイケる。 お酒にもご飯にもテッパンな、ズルい逸品であります。 kaisaku13.jpg そこへ、ちょっと珍しいフライがあるよと「北寄貝フライ」。 牡蠣フライの魅力には及ばないけど、これはこれでいいね、面白いね。 コキールは定番の帆立で。kaisaku14.jpgベシャメルのクリーミーと帆立の相性は、誰もが合点のいくところ。 も一度登場のコンロには、今度は昆布が載っている。 盛り合わせの貝たちの「昆布焼き」だ。kaisaku15.jpg牡蠣に蛤に北寄貝、平貝に、解けた輪切りは「あげまき」か。 kaisaku16.jpgふつふつとゆっくり火が通るにつれ、 昆布の香りも色を濃くしていきます。 争うようにして(笑)、ハフハフつるん。 すいません、牡蠣、いただきます、使命なもので(?)。 〆にと「貝飯」をお願いしたら、今日はないのよーと女将さん。 ないと知るとますます恋しいと身悶えしつつ、ならばと「貝雑炊」をお願いします。kaisaku17.jpgホロ酔いになりながら最後まで貝づくしで堪能できるなんて、 なんて倖せなのでしょう。

本所吾妻橋の貝料理屋、その名も「海作(かいさく)」。kaisaku18.jpgありそでなさそな貝づくしのお座敷は、貴重な存在ではありませぬか。 下町の良さを漂わす女将さんがいつまでもお元気でありますように。 口関連記事:  青森料理・割烹「なか村」で 田酒呑る素焼みずしゃこほや亀の手


「海作」 墨田区吾妻橋1-6-5[Map] 03-5608-3900
column/03039