「エリアあちこちの日記帖」カテゴリーアーカイブ

ふぐ旬菜「翠幸」ですきやきハフハフ大人気まぐろ丼手造りハンバーグもいい

八丁堀の鈴らん通りと交叉する裏道のひとつ、通称二八通り。
魚料理「殿長」の跡にできたビストロ「Roven」は最近、ランチの空席を待つ人影が目に留まるようになってきた。
その斜め向かい、この辺りの老舗と云えば、和食・とんかつの「山城屋」。
そしてその並びのビル地階にこっそりとあるのが、ふぐ旬菜・味と酒「翠幸」だ。

おひる時、路上に据えた黒板仕様のA看板では、
夜メニューを覆い隠すようにして、
“寒さに負けない!スイコウのスキヤキ”をアピール。何気なく”八丁堀で30年”とも謳っています。
並びの「山城屋」ほどではないものの、
八丁堀で立派に歴史を刻んできていると云えましょう。

“ふぐ旬菜”と冠するだけあって、
階段の踊り場には鰭が干してあるのが恒例の景色。そう云えば、こちらでひれ酒をいただいたのは何時のことだったろうと、
ちょっと遠い目になったりもいたします(笑)。

厨房の奥に目を遣れば、コンロの上はファイヤー!状態。
牛肉を載せた幾つもの鉄鍋が強い火に炙られています。冬場には特にほとんどのひとが註文するのが翠幸の「すきやき」。
800円とリーズナブルなのも人気の一因となっています。

くつくつと煮えた牛肉から湯気が上がる。過度に霜降りではない肉の煮えばなが、ほろほろとしていい。
割り下の甘さ加減も塩梅やよし。
溶き玉子を絡めていただくズルさをひるからハフハフ堪能するのが、
ちょとした倖せ気分にさせてくれます(笑)。

どうしてもお邪魔する度に「すきやき」と叫んでしまうものの、
「翠幸」のおひるメニューはそれだけでは勿論ない。半端にトロに寄ることなく、端正な鮪の赤身が、
過不足なくどんぶりの頂を飾る「まぐろ丼」。
刻み海苔や摺り胡麻が、何気なくもオツな風味を添えてくれます。

時には気分を代えて、
「手造りハンバーグ」という選択もなかなかどうして悪くない。
右の本格派を思わせるドミグラスソースに意表を突かれる。
みっしりと肉々しいパテは量感たっぷりだ。

おひる時のスキヤキも大人気の「翠幸」は、八丁堀に早30年。偶には夜の部にもお邪魔して、
店名「翠幸」の由来なんかも訊ねてみなくっちゃ。
熱めのひれ酒を啜りながら、ね(笑)。

「翠幸」
中央区八丁堀2-15-6 カガヤビルB1 [Map] 03-3206-0144

column/03800

野菜料理とワインの店「binot」で自然派ワインと定番のお皿たちまた遠からず

鎌倉駅は東口の小町通り。
週末ともなれば、ここは竹下通りか!というくらいに混み合う印象がある。
イワタコーヒー店の佇まいを横目で見乍らゆっくりと歩けば、左手頭上にいつぞやの「なると屋+典座」の横顔が窺える。
その先を踏切の方へと左折するとCafé「vivement dimanche」のある辺りだなぁと思ったりする。
小町通りと交差して、若宮大路の段葛へと抜けていく横筋にも沢山の観光客の姿がみられます。

そんな小町通り界隈も、夜の帳が下りて暫くすると、
急速に行き交うひとも疎らに静まってくる。
鎌倉駅からの鳥居を潜って一本目の路地ともなれば、
ひっそりとした暗がりの細道となる。細道が二の鳥居前へと抜けるその手前に「binot」はあります。

滑らかにL字を描くカウンターの左隅辺りに居場所を得て、
「アンヌマリー」というカヴァで口開き。突出看板に描かれているものと同じタッチの図柄が、
サーブされたお皿にも描かれている。
ちょっとしたセンスが何気なく好感を抱かせます。

定番中の定番のひとつと思しき「白インゲン豆とピスタチオのパテ」。
白隠元の柔らかい風味の中にピスタチオが緑の縁を覗かせて、いい。いぶりがっこは、青かびチーズにもとても良く似合うのです。

毎日6種から7種のボトルが用意されている模様。
その中から札幌は藤野ワイナリーの「KOHARU」。
成る程、色味のイメージを裏切らない、
クランベリーやピンクグレープフルーツの風味のするロゼだ。ふと右手の壁に掲げられた小さなキャンバスに、
“満月ワインバー”とあるのが目に留まる。
それは、満月の日に開催する自然派ワインのイベントであるらしい。

別の宵には「ローラン・ルブレ」という地品種ムニュ・ピノの発泡。
熟成感がなんだか嬉しい(笑)。「ニコルの牡蠣」のニコルってなんです?と訊けば、
仙台ののんびり酒場「ニコル」提供の東松島産の牡蠣オイル漬け。
旨味が穏やかに凝集していて、うん、美味しい。
仙台で機会があったら「ニコル」にも寄ってみよう。

ちょうど正面に見据える壁に黒板がふたつあって、
それを右へ左へ視線を迷わせるのもまた愉し(笑)。右手黒板筆頭の「14ヶ月熟成生ハム」もきっと定番中の定番。
ホロホロとしたそれでいてしっとりして優しい塩気が旨味を包む。
「パーラー江古田」のパンを齧りつついただくのもまたオツなものです。

時には日本のワインをと甲州の醸しワイン「金茶色」。
成る程、中国茶のような風味がして面白い。黒板に楕円の囲みを見つけたそれは「イタリア風おでん」。
豚スネに鶏モモにソーセージ、大根にカブ、じゃが芋から選べる。
とろんとしつつも煮崩れないカブがいい。
ストックでじっくり煮込んで沁み沁みにしたって感じでしょうか(笑)。

鎌倉は、小町通りを入って一本目の横筋を右に折れ。
二の鳥居前へと抜ける細道に「binot」はあった。「binot(ビーノ)」とはフランス語で、犂(すき)を意味する。
掘り起こしたり、耕したりする道具を店の名に冠したことになるね。
あったと過去形なのは、
この1月下旬をもってこの場所での営業を終えてしまったから。
元々定期借家での契約だったそうで、契約の更新されなかった模様。
移転を模索しつつの店主阿部さんは、
この2月から週末の鎌倉彫会館一階にて、
binot第二幕をスタートさせたようです。
その様子も覗きたい、また遠からず。

「binot ビーノ」
鎌倉市小町1-5-14 [Map] 0467-50-0449
https://www.facebook.com/Binot.kamakura

column/03799

ラーメン本舗「末廣」秋田駅前分店で中華そばヤキメシ富山のそれとは違うブラック

何を隠そう、生まれてこの方秋田という土地を訪れたことがありませんでした。
仙台を過ぎてなお北進した新幹線のレールは、盛岡から分岐して日本海側に折れ入って走る。
粉雪の舞う山間をうねる様に進む車輌に揺られ、雫石、田沢湖、角館と辿る。
大曲でスイッチバックした新幹線は、秋田駅のホームへゆっくりと到着しました。

冬場の秋田ともなればと、
街の雪景色を思い浮かべていたものの、
雪の名残もない様子に、残念なような安堵するような(笑)。
でも、吹き抜ける風は流石に冷たいものでした。

そんな初秋田の駅近くで、
どこか見慣れた黄色い看板が目に留まる。今はなき仙台は国分町店や、
アーケードの一角に潜む仙台駅前分店にも行った。
東京にも出来たかと高田馬場分店にも足を運び、
煮干中華の誘惑の中、青森の分店にも酔った足を向けたこともある(笑)。

東北四県に跨るように店を置くラーメン本舗「末廣」は、
創業の昭和13年から続く、思えば老舗の中華そば店だ。壁には「秋田ブラック」なる書を収めた額がある。
確かに”富山ブラック”ばりにスープは黒いけれど、
攻撃的な塩辛さを伴った、ネガティブを含んだ”ブラック”と、
「末廣」のブラックが持つ持ち味とを並べて称するのは、
どうも合点がいかないぞと思いつつ、
食券を紅いカウンターの上に並べます。

カウンター越しに眺める厨房には、幾つかの大きな寸胴が並んでる。
なみなみとスープのネタたちを浮かべた寸胴の中へ、
棒状に干された昆布をどんどん差し込んでいく。しっかりとスープをひいている様子を垣間見たような心持に、
どんぶりが届くのがより待ち遠しくなるのでした。

使い込まれたひら皿に載せてどんぶりがやってくる。
そうそうこの景色この景色。
ブラックなばかりじゃないことをボクは知っている(笑)。

優しくてしっかり旨味を含んだスープを醤油のまろみがまあるく包む。加水の低いパツっとしたストレート麺がそんなスープに良く似合う。
起源となった京都「新福菜館」のどんぶりよりも、
もしかしたら美味しいのじゃないかと、
そう思うのはきっと、
自分の体調が頗る良かったからなのかもしれません。

「末廣」に来たら「ヤキメシ」も欠かせない。これもタレ色に”ブラック”だけれど、勿論塩辛くはなく、
さらっと甘味を含む味付けなのであります。
今度は「黄身のせ」にしなくっちゃだ。

ラーメン本舗「末廣」の黄色い看板は、秋田駅前でも誘ってる。次に秋田を訪れたならば、
宵の一献を供してくれた料理居酒屋「酒盃」を後にして、
ほろ酔いのまま同じ山王地区にある秋田本店に寄ってやろうかと、
いつになるか分からないその日を今から愉しみにしています。

「末廣」秋田駅前分店
秋田市中通4-15-1 [Map] 018-825-1118
http://www.fukumaru.info/suehiro/

column/03798

居酒屋「さきと」でクエ刺しサバ三点盛りあまたい焼物博多一本〆魚茶漬け

福岡にも赤坂があると知ったのは確か、初めて彼の地を訪れた2000年か2001年辺りのこと。
その後幾度か訪れているものの、博多と福岡の違いも区別も未だに何処か判然とはしないまま。
でもその度に福岡に赤坂あり、と思うのも、地下鉄赤坂駅最寄りの場所にずっと気になる居酒屋があるからなのです。

やっと予約が叶いその店を訪問できたのは、
一昨年(2018年)の初夏の頃。スチールの枠組みで二階までのファサードを構成したその表情と、
店先の鉢植え達が印象的な居酒屋「さきと」は、
福岡市地下鉄空港線赤坂駅から徒歩3分ほどの裏通りにあります。

斜めに配した扉に掛かる暖簾を払う。ほぼ直線のカウンターに招かれて腰を据え、
まずは正面の棚に貼り下げられた、
筆の品書きの並びを眺めることとなります。

例えば「マスターズ ドリーム」辺りをいただて、
品書きの上で目線をキョロキョロする時間を確保する。鮪を大根と煮付けたどんぶりが嬉しいお通しだったりする。
これで十分一杯呑れちゃいますよね(笑)。

お造りに何をいただこうかとぐるぐる悩んで「クエ刺し」を。透き通った薄紅色の身が美しい。
綺麗で繊細な切り身から仄かに滲む甘さを探るように。
福岡県三井郡の蔵「三井(みい)の寿 純米吟醸」をお供に選びます。

絶対これは外せないと思わず叫びそうになる(笑)のが、
「さば刺し・ごまさば・〆さばの3点盛り合わせ」。たっぷり肉厚の〆鯖は、
酢も塩も過ぎることのない熟練の仕立て。
福岡の郷土料理たる胡麻鯖もまた、
来た甲斐を思わすオツな味わいです。

焼物でとご指名したのが「あまたい」。頭・真ん中・尻尾とどこが良い?と訊いていただき、真ん中を。
ふんわりと儚い柔らかさのその身がそのまま堪能できます。

目移りしながら福岡・博多の酒をと「博多一本〆純米」を。調子に乗って、久留米の老舗酒蔵 池亀酒造の「池亀純米」。
ラベルに描かれた亀の図柄を有難く眺めつつ、
その一杯々々を有難くいただきます。

「フエダイの煮付け」は、皮の裏のとろんとした脂が旨い澄んだ味。
お品書きの隅に見付けたフレーズが「おきゅうと」。
そう、これも福岡の郷土料理と呼んでよいのでしょうね。
心太のような蒟蒻のような、
それでいてどこかその何れともちょっと違うような。
「エゴノリ」「イギス」といった海藻を原料とするもののよう。
にゅるんとした独特の食感とさっぱりとした磯風味が面白い。

もうこの倖せなまま何処にも寄らずにホテルに戻りたい。
そう思ってお願いしたのが「魚茶漬け」。白身魚のづけの上にたっぷりの刻み海苔。
あられを浮かべた旨味ひたひたの出汁。
ずずず。
あー、うまひー(笑)。
ご馳走様でした!

福岡は赤坂の裏通りに夙に知られた居酒屋「さきと」がある。たまたまカウンターで横並びになった同志は、
揃って呑み歩き界のメルクマール太田師匠の薫陶を受けた方々。
定期的に通っていらっしゃるようなのがまず羨ましい(笑)。
こちらも負けじとまたこのカウンターに座りたい、
時々思い出しては強くそう思う次第であります。

「さきと」
福岡市中央区舞鶴2-8-25 [Map] 092-781-8778

column/03797

SPAGHETTERIA「Hungry Tiger」でやはりダニエルそしてバジリコワシワシ麺がいい

随分と前のことになりましたが、虎ノ門駅前辺りに日参する時季が割りと永くありました。
虎ノ門界隈は、オヤジ天国なお隣新橋とは違って、落ち着いた街並みの中に少々格式にも配慮していそうな店が点在するという印象がありました。
官庁街・霞が関も近いということもあり、そちら方面のニーズもあるためだったのかもしれません。

今を遡ること10数年前の虎ノ門一丁目の横丁。
現在ビストロ「CENT GRAMMES」となっているビルにあったのが、
ご存知「ハングリータイガー」

その後2012年にそのすぐ近くに移転開店。
とってもお久し振りに訪ねるとそこには、
サーモンピンクに外壁を塗った、
イタリアンレストランらしい佇まいの建物がある。路地に降り注ぐ陽の光とともに仰ぎ見れば、
其処はナポリかアマルフィか、はたまたシリチアか(笑)。

行列の先頭を切って店内に雪崩れ込む。トリコローレの三色をベタに用いたのが味だった、
古く懐かしい以前のお店とは違って、
ちょいと洒落たインテリアたちだ。

「ハングリータイガー」といえば、
まずはやはり「ダニエル」でしょう。ハムとベーコンの具材を玉子で炒るようにして仕上げた逸品は、
ハングリータイガーオリジナルのカルボナーラ風。
2.0mmを軽く超える極太パスタにまったりと絡むソースと玉子。
それをわしわしと咀嚼するのが、
まったくもっての愉楽のひと時だ。

「バジリコ」もここでは、オリジナルパスタのカテゴリーにある。バジリコなんだからバジルでしょ、
ペスト・ジェノベーゼでしょと思うなかれ(笑)。
刻んだ大葉とオイルとで仕上げるのが、
ハングリータイガーオリジナル。
ご存知「ジャポネ」の「バジリコ」もこの路線でありますね。

カウンターに用意されているフォークをよく見ると、
先端の右側が波型に括れている。パスタ専用のフォークなんだねと思いつつふと、
サウスポーな方用はあるのかななんて思ったりして(笑)。

カウンター越しに失礼して、
目の前の厨房を覗き込む。
角地の棚に置かれた大振りのバットに、
茹で上げた麺がたんまりと用意されている。“ノーモア・アルデンテ”。
ナポちんが提唱するイケてるナポリタンの魅力の要素のひとつが、
ここでも当然の如く実践されているように映る。
強めの火力で煽るようにソースと和えるのも王道の手立てだ。

三品あるオリジナルパスタのもうひとつが「パンナ」。ソースの具は仔牛の挽肉にマッシュルーム、玉葱なぞ。
“パンナ”はパンナ・コッタのパンナで生クリームを指すらしい。
クリームソースだからそのまま「パンナ」。
そんな理解でよろしいでしょか。

「ダニエル」か「バジリコ」か。
どうしてもそんな註文になりがちなのだけど、
偶にはトマトソース直球の「ポモドーロ」なんて選択も悪くない。トマトの甘みと酸味がそのまま伝わっていそうなソースに、
いつものワシワシの麺が絡んで迫る。
粉チーズをたっぷり掛け回していただきましょう(笑)。

虎ノ門の裏路地にSPAGHETTERIA「Hungry Tiger」健在なり。創業1967年と云えば、
古株どころか老舗と呼んでしまいたいお年頃。
いつからその冠に”SPAGHETTERIA”と置いたのか知らないけれど、
厳然と存在するそのカテゴリーの最古参であることは、
間違いないのではないでしょか。

「Hungry Tiger」虎ノ門本店
港区虎ノ門1-11-12 [Map] 050-5872-8359
http://www.hungry-t.com/

column/03796