まさぴ。 のすべての投稿

サントリーバー「露口」でハイボールとふたつの笑顔のカウンターに癒される

四国松山と聞いてまず思い浮かべるのが、写真や映像に観る道後温泉本館の佇まい。
そして、坊ちゃんスタジアム、坊ちゃん列車などと公共機関に冠された”坊ちゃん”の名でも判るように、夏目漱石に縁のある土地であること。
正岡子規が確か松山出身で、漱石との交流もあったのではなかったかな、といった感じでしょうか。

道後温泉へは成る程、
松山空港から直行するリムジンバスが組まれている。
バスを降り立てばそこが道後温泉駅。
伊予鉄道城南線、つまりは松山市内を走る軌道、
市内電車の終着駅だ。坊ちゃん列車の終着駅ともなっていて、
駅舎の前には当の坊ちゃん列車用の展示線があり、
夜間の駐機場所となっているらしい。

日本三古湯のひとつとして夙に知られた道後温泉。
そのアイコンたる本館に相見える。本館に至るアーケードや本館前の広場も、
想定外のコンパクトさではあるものの、
建物全体から揮発するオーラのような存在感は、揺るぎない。
神の湯、霊の湯とふたつに分かれている風呂もなかなかの風情。
大衆浴場として現役だというのがなにより素晴らしい。

投宿したホテルから二番町の「たにた」さんへと向かう道すがら。
いい感じに飲食店の建ち並ぶ通り沿いに、
今はもう朽ちてしまったけれど、
きっと往時は味のあるバーだったのだろうなぁと、
そんな風に思わせる建物がありました。

「たにた」さんを辞して同じ通りを戻ってくるとなんと、
その古びた建物に灯りが点っている!
見上げた成型ものの看板には”サントリーバー”の文字。暗がりに浮かぶ樽のディスプレイ。
目を凝らしてみると、
店の額に渡した幕板に店名の名残りが見つかります。

恐る恐る扉を押し開けてさらに驚いた!
奥へと伸びるカウンターが既にぎっしりと満席なのだ。
ちょっと待ってね!と奥から発してくれたお姐さんの声を頼りに、
止まり木が空くまで待ってみようという気になる。
バーの前で席が空くのを待つなんて、なかなかないことだ。
と、そこへ次から次へと客が訪れる。
成る程、そんなに愛されてる店なのか。

暫し後、オニイサンどうぞーと招き入れられて、
カウンターの一隅へ。
古色がこんなにも艶っぽくも穏やかに映るのものなのだなぁと、
ペンダントライトとその上の天井を見上げます。ふと見た壁の額には、
佐治敬三氏の色紙が飾られていました。

ご註文はやっぱり、ハイボール。目を閉じていても同じようにできそうな、
そんな所作でグラスをつくるマスターは、
飄々としつつも実直さが滲み出てしまうとお見受けする。
一体今まで何杯のハイボールをつくってきたのでしょう。

決して薄めではないのに、
なんだか円やかに感じるハイボール。そんなグラス越しにふたつ笑顔が浮かんでいます。

Torys Barの名もあるコースターの縁には、
58th Anniversaryと金の文字で綴られている。
こちらサントリーバー「露口」は、
創業来なんと半世紀を疾うに超える歴史を刻んでいるのですか!
カウンターの中を行き来しするご夫妻おふたりの笑顔からも、
それを素敵に表現したイラストの笑顔からも、
そんな歴史の長さ重さを思わせない、
屈託のない魅力が存分に伝ってきます。

正面のバックバーにラフロイグのボトルを認めて、
もう一杯と所望する。両側のお客さんたちと自然と会話を交わす格好になるのもまた、
カウンターのおふたりの朗らかさによるものに他なりません。

松山の二番町に半世紀超えのサントリーバー「露口」がある。居心地のいいカウンターのひと時に癒されたひと達が、
それはそれは沢山おられることは想像に難くありません。

「露口」
松山市二番町2-1-4 [Map] 089-921-5364

column/03726

拉麺「はち屋」で海老そば中華そばドンブリの愛想に思うところと再開発計画と

西武池袋線と西武新宿線が交差するターミナルとなっている所沢駅。
沿線を知らないひとにとっては、池袋から一時間くらいかかるんでしょ!とか、場合によっては、飯能よりも遠いンでしょ!みたいな声も聞く(笑)。
まぁ、都心に近いということは決してないので、声を大にして間違いだと云うものでもない。
だって行ったことないもん!となれば、そりゃそうだよねと応じることになる。

今から彼此2年程前のこと。
そんな所沢駅の西口からプロペ通りを抜けて、
イオンに転じた元ダイエーの前を通り過ぎた辺り。
俗にいう”所沢ファルマン通り”の中程で、
“激安 パソコン教室!”と謳う看板に目を留めたことがありました。何気なく近づいてみて少々吃驚いたのは、
そこがパソコン教室なんかではなく、
すっかり営業中のラーメン店であったことでした。

しばしの後日、ものは試しと寄ってみる。
券売機にてお願いしたのは、品書き筆頭の「海老そば」。鶏がメインと思われる白濁スープに、
海老の風味が漂うどんぶり。
品書きには、甘海老と桜海老のエキスを合わせた、とある。
どことなく愛想がないというかなんというか、
そんな印象も抱きつつ、蓮華をふた口三口。
うん、まぁ悪くはない。

そんな濃度あるスープをたっぷりと掬った麺は、
多加水の平打ち縮れ仕様。麺の周りをスープが纏わりつくようになって、
麺から粉が溶け出しているかのような、
そんな錯覚を覚えた瞬間もありました。

いつの間にでしょうか、
お店の額に掲げている格好だったパソコン教室も看板が、
店名を大きく刻むものに代わっていました。中華そば、とキリッと認めた暖簾もいい感じです。

間が空いてのとある夜、
再び寄り道する機会を得てのカウンター。券売機で入手したチケット、
「中華そば」「海苔」「もやし」を手渡そうとすると、
いやそこに置いておけ的なことを顎で示すよな不満顔。
あれ?今来たばかりですけれどワタシなにかしましたか(笑)?
まぁ虫の居所の悪い時もあるだろうと註文の品を待つこととします。

届いたドンブリのスープは比較的澄んでいる。
「海老そば」とは別の寸胴で別のスープを仕込んでいると、
どうやらそふいふことのよう。ふたつのメインとなるスープを仕込むのに、
果たしてどれだけの手間がかかるのか。
そう思いつつも、どうもグッとこないと云うか、
旨味の発露が真っ直ぐ届かないと云いますか。
お店のスタッフの愛想とドンブリの愛想が、
妙に重なるように思えたのでありました。

所沢ファルマン通りに拉麺「はち屋」の暖簾が揺れていた。過去形で表現せざるを得ないのは、
15年5月の開店来2周年を迎えたところで閉店となってしまったから。
どうやらこのエリアで再開発事業が稼動しはじめているようで、
その影響もあったのかもしれません。

「はち屋」
所沢市東町12-10 [Map]

column/03725

Hamburger「BROZERS’」新富町で三叉の三吉橋とタルタルバーガーホットドック

グルメバーガーの店「BROZERS’」。
そう聞けば、人形町の奥のあの紅いファサードを思い出す。
その「BROZERS’」にこのところすっかりご無沙汰なのには訳がある。
そう、最近は専ら新富町のお店の方に通っているから。
今日も今日とて、首都高新富町ランプ近くへと足を運びます。

「BROZERS’」新富町があるのは、
新富町出口の導入路を挟んで中央区役所の向かい側。区役所を背にして立つと、
三吉橋の擬宝珠(とはちょと違うけれど)越しに紅いファサードが見える。

三吉橋は面白い形状の橋で、
銀座柳通りが首都高を渡る際に、
新富町側と築地側とに向けてY字に分かれて架かる。銘板の記載によると、
L字に曲がっていた築地川の角から、
楓川と繋ぐ連絡運河を開削したことにより、
T字型の水路となったその接点に渡した橋が三吉橋であった。
三叉の橋ってのもありそうでいて他に知らない。
そんな三吉橋の袂に「BROZERS’」新富町はあるのです。

「BROZERS’」は店内の基調もファサードと同じ紅。窓際に佇んで、行き交うひと達の姿をぼんやりと眺めます。
ハンバーガーとなると反射的にコーラ!となる、
その刷り込まれ状態ってなんなのでしょうね(笑)。

外光の明るい席に届いたのは「ベーコンバーガー」。これぞ”グルメバーガー”らしき偉容と申せましょうか。
何故かふと、アニメ「ポパイ」に登場していたでぶっちょの彼。
ウインピーを思い出すけれど、
彼が次々口に運んでいたのは、
こんなにタッパのあるハンバーガーではなかったのは間違いない(笑)。

人形町で初めて食べた時は正直ちょっと戸惑ったけど、
今はもう淀みない所作で卓上のバーガー袋を取り出して、
よっこらせとボリューミーなハンバーガーを包む。この袋を最初に考案したのはどなたなのでしょね。

陽射し強くとも風涼やかな日には、
外に置かれたテーブル席を所望する。長いソーセージがすっかり食み出るように誂えたホットドックに、
デフォルトにてケチャップ&マスタード。
ソーセージが滲ませる脂と旨味が、
塩っ気のあるパンによく似合います。
なかなか飲む機会のないスプライトも偶にはよいでしょう。

いつもよりもっとシズルに喰らいたいおひる時には、
「タルタルバーガー」を選んでみたりする。口の周りもいつも以上にグッチョリするのがお約束です(笑)。

日替わりメニューの金曜日版がなんと「パインバーガー」。どれどれと上のバンズを外すと、
ありますね、ありますね。
忘れずに缶詰っぽい輪切りのパインが載せられています。
感想はといえば、酢豚のパインに思うことと同じです(笑)。

ふと気休めでも野菜も摂らなくちゃと、
「コールスロー」をお願いする。
「たいめいけん」辺りのコールスローを連想していたので、
随分とサラッとしたタイプであることに少々驚く。その理由が届いた「パストラミサンド」で分かったような気になった。
ここにもそれが挟んである。
思いっきりダブった註文をしてしまったようです(笑)。

グルメバーガーで夙に知られた「BROZERS’」には、
新富町にもあの紅い店がある。2000年(平成12年)07月の創業から20年弱。
今や老舗の風格の気配すら感じさせると思うのは、
気の所為ではないかもしれません。

「BROZERS’」新富町店
中央区新富2-2-11 [Map] 03-6228-3701
http://brozers.co.jp/

column/03724

Restaurant「たかじ」でポークソテー生姜ソースにナポリタン上池上循環のバス通り

大森駅西口周辺から発着する東急バスのひとつに上池上循環という路線がある。
馬込銀座信号から環七に入り、夫婦坂交叉点で上池上商店街方向へと左折する。
そのまま坂道を下って新幹線の高架を潜り、第二京浜を横切って、本門寺を廻り込むようにして池上通りを大森駅方面に向かう。
その名の通り、上池上エリアをなぞるようにぐるっとひと廻りするルートの内回りで、逆方向の外回りもある。

そんなバス通りであるところの上池上通りが、
Y字を描く東雪谷五丁目信号近く。
いつぞやお邪魔した「マウンテンバーガー」のご近所に、
Cafe & Restaurant「たかじ」はあります。

’14年03月のオープンと訊けば合点のいく、
まだまだ真新しくて明るい店内。入口のサッシ枠の赤にソファーの赤がアクセント。
案内に沿って着いたテーブル脇の柱の黒板を横目で見つつ、
お品書きを眺めます。

別註のクラムチャウダー。ゆっくりとスプーンを動かしつつ、
のんびりしたひと時を過ごします。

お願いしていた「ポークソテー生姜ソース」のお皿がやってきた。頃合いのいい厚さのロース肉二片が、
ジンジャーソースに浮かんでいるようにも見える角度。

薄く小麦粉の衣を纏っていたのか否か。
噛み応えや脂の甘さのバランスは、こんな感じがいい。もっともっと生姜が利いていても悪くない。
そしてそんなソースに浸したキャベツの千切りが大好きです。

裏を返すように次の次の週末に同じテーブルに。
生姜焼きをいただいておいて、
ナポリタンをスルーするなんて片手落ち(笑)。太麺ノーモアアルデンテ系ではないものの、
相応によく炒めしてケチャップソースがよーく絡んだナポリタン。
ご馳走さまでした。

バス通り上池上商店街の一辺にカフェレストラン「たかじ」がある。 最寄りと思われる西馬込駅でも徒歩15分程と、
循環バスがグルグルする理由がよく判る、
そんな立地ののんびりスポットです。

「たかじ」
大田区上池台3-47-5 [Map] 03-6451-7242

column/03723

郷土料理處「こつこつ庵」で関さばの琉球丼に豊後名物とり天だんご汁

初めて大分を訪れたのは恐らく、’00年(平成12年)のこと だったのではないかなぁ。
’09年に廃止されてしまったと聞くホバークラフトがまだ空港から大分川河口の乗り場まで運んでくれていた。
エンジンが伝える不思議な振動に揺られながらスルスルと海面を滑り、そのままコンクリートの斜面から上陸して、ドリフトしながら停止する様子をよく憶えています。
時代の趨勢とはいえ、一種の風物が失われるについては、一抹の寂しさを覚えるものでありますね。

空港と市内を結ぶ連絡バスに乗り、大分駅前へ。
バスロータリーのある北口を離れて大分城址(府内城)の方へと歩く。
するとひとりの紳士が木陰に佇んでおられるではありませんか。近づいて声をかけると(笑)、
その御仁はかの有名なる瀧 廉太郎先生その人でありました。
東京で生まれた廉太郎は、地方官も務めた父の事情から、
富山や大分の竹田市に移り住んだらしい。
幾編もの童謡を作曲した後、ドイツに留学したものの、
肺結核を患い、帰国。
療養し、そして23歳の若さで没した地が、
当地大分市の府内町であるという。

瀧 廉太郎の銅像がある遊歩公園や府内城からも程近い、
大分県庁舎の別館裏手に蔦の絡まる建物がある。すわ、ゴミ屋敷か!?とほんの一瞬たじろぐも(笑)、
此方が目的地だと承知する。
郷土料理處「こつこつ庵」は、
昼尚妖しい佇まいで迎えてくれました。

ホーロー看板を幾つも貼り込んだ外観に負けじと、
店内も丸ポストが鎮座していたりと、
懐古趣味的アイテムが鏤められています。案内いただいたカウンターから眺め上げた品札の列。
矢切のワタス、すったものだ、なすの与一、サバの女王、骨まで愛して、
ラッキョセブン、一言いわし天、東京ナットクラブ、いかさま料理等々、
駄洒落の連発に思わずニンマリしてしまいます(笑)。

お願いしたのは関サバの「琉球丼」。品書きには、カンパチ、鯛、関あじ、関さばのいずれかとある。
云ってしまえば、胡麻たっぷりの醤油タレによる漬け丼。
これらを”琉球”と呼ぶ由来には諸説あるようだけれど、
そんなことどうでもよくなる程にただただ旨い!

と云うことで、県庁舎別館の裏手へと宵闇にも足を運ぶ。豊後名物三品を示すスタンド看板が暗がりに浮かぶ。
店の内外にみられるサインペンによる似顔絵はきっと、
此方の名物大将のご尊顔なのでありましょう。

昼間と同じカウンターの一席に陣取って、
スタンド看板にも挙がっていた「だんご汁」。その名の通り、小麦粉を手延ばしして、
鶏肉や椎茸、人参、里芋、お揚げなんかと一緒に、
味噌仕立てにした汁であります。
だんごが麺状になっているのが、
所謂すいとんとはやや異なるところでしょうか。
後半になってからカボスを搾って味変するってのも特徴ですね。


もうひとつの名物は、最近すっかりメジャーになった「とり天」。品書きには、練り芥子を溶かした酢醤油でいただくのが、
一般的だと解説がある。
成る程、どこかの焼売みたいな食べ方がスタンダードなんだね。
塩っ気はあるので、熱々の裡はそのままがいいかも。

大分は府内町の裏道に郷土料理處「こつこつ庵」はある。ホーロー看板を張り巡らせた蔦の絡まる外観にも、
駄洒落連発の品札や飾らない名物料理のあれこれにも、
人柄の滲み出るよな朗らかさがあって、和みます。

「こつこつ庵」
大分市府内町3-8-19 [Map] 097-537-8888

column/03722