まさぴ。 のすべての投稿

くしろ「炉ばた」で烏賊刺きんき茄子椎茸炉端焼き喜ばしき烏賊味噌しま海老

たんちょう釧路空港から釧路市街へは、阿寒バスが運行する空港連絡バスに揺られておよそ45分。
停留所のひとつ、JR北海道の釧路駅は、懐かしさと寂寞が交叉する佇まい。
赤煉瓦色の三層のラインが飾る駅舎は、その建設を国鉄と地元が共同で行い、代わりに商業施設を設けた、所謂民衆駅の道内で現存する最後のものであるらしい。
民衆駅地下には嘗て釧路ステーションデパートがあったが、2004年(平成16年)に閉店。
駅真ん前のホテルのひとつは今、廃墟のようになっています。

釧路駅開業90周年を記念して設置されたという、
D51の動輪越しに駅舎を見遣る。陽が落ちてから出没するのはそんな釧路駅前ではなくて、
釧路川も程近い末広町・栄町の繁華街。
舗道に埋め込まれた鮭のレリーフを拝み、
鮭を手に掲げる漁師に手を合わせてから向かうは、
炉ばた発祥の店と謳う、
その名もずばり「炉ばた」であります。

それは街灯の色味も手伝ってか、
古色然とした佇まい。寒さの抜けぬ頃まではどうやら、
窓にビニールで目張りをして隙間風を凌いでいるようです。

暖簾を払い、格子戸を引き囲炉裏をコの字に囲む炉端へ。竹で組んだ火棚越しに、
「たらの三平汁」に始まる品札が望めます。

北海道ご当地「サッポロ クラシック」をいただいて、
まずはひと息つく。
「いか」の刺身の按配のいい透明感と、
規則的な包丁の軌跡を暫し眺める。心地よくもねっとりとした甘さが溜まりません。

囲むカウンターの中心には、囲炉裏の主の姿がある。白髪に朱の頭巾の小母様が、煙の向こうに佇んで、
時折焼き物なぞの世話をする。
仰ぎ見た天井のコールタールを塗り込めたような表情に、
炭火の煙に燻し続けた積年を想います。

そんな炭火で焼いておろし生姜を添えた茄子が旨い。ちょいと醤油を垂らした椎茸も勿論のこと。

同時にお願いしていた「きんき」も焼き上がる。やや小ぶりな干物にも喜知次らしい脂の甘さがあって、いい。
そこへ釧路の地酒「福司」の冷やを。
囲炉裏端で呑ってる感、満載であります(笑)。

そしてそして「いか味噌」が喜ばしき佳品。ふんわり炙るように焼いた烏賊の中に、
やや甘い味噌のあん。
その甘さに嫌味なく、
烏賊の身の甘さを倍加させるように引き立てます。
そこへ「福司」をきゅっとね。

「ときしらず」は残念ながら直前で売り切れてしまったものの、
「しま海老」には有り付けた。紅い殻に縞模様がうっすらと浮かぶ。
外した殻の中のミソを吸い、白い身にしゃぶり付く。
これまた上品な甘さを想う旨味に、
ぶんぶん首を縦に振ることになりました。

品書きの「一品」の項にあった「めふん」は、
雄の鮭の中骨に沿って付いている、
血腸(腎臓)を使って作る塩辛であるようで、
これぞ呑ん兵衛の酒の友。「うに丼(小)」をいただいて大団円。
茶碗を飾る雲丹にミョウバンの気配なし。
澄んで濃いぃ旨味にじっと目を閉じます(笑)。

港町釧路で炉ばた発祥の店と謳うは、その名もくしろ「炉ばた」。“炉端焼き”という呼称の発祥は、
1950年(昭和25年)に仙台で開かれた「炉ばた」である、
というのが通説のようではあるものの、
当店が炉ばた発祥の店であり、
60余年の歴史があると品書きの裏にも明示している。
少なくともそれがただのハッタリではないと思わせる佇まいが、
今もここにあるようです。

「炉ばた」
釧路市栄町3-1 [Map] 0154-22-6636
http://www.robata.cc/

column/03752

創作カレー「ロダン」でロースかつホールスパイス日替り挽肉もカレー堂からの人気店

時間を遡ること10年余り。
平成通りの一角に「カレー堂」というカレーショップがありました。
螺旋階段を巡って二階へ上がるレイアウトのお店が、突如なくなったかと思ったら、その隣の建物で「仮オープン」の貼紙を見付けた、なんてこともありました。
その店は今「ロダン」という名に代わって、鋭意営業中。
いつもお世話になっています(笑)。

八重洲通りから平成通りを「ど・みそ」方向に歩くと、
「創作カレー」と書かれた黄色い提灯が見付かる。縦張りの壁にある木製看板には、
“スパイスとハーブ料理”、
そして”世界のビール”「ロダン」と標されています。

カウンターから頭上を見上げれば、
整然と並んだヱスビーカレーの紅い缶々の列。棚の上にはいつぞやのように、
大振りなボトルに収めたスパイスたちが居並ぶ。

まずいただきたいのはやはり、
「ロースかつカレー」でありましょう。とんかつ屋さんではないのでそれ相応に。
というよりも、カレーのトッピングとしてのカツとしての、
大きさ、厚み、揚げ口がいい。

黄色いソースの彩りをスプーンで溶き、
カツとご飯とカレーとをバランスよく整えて、口へと運ぶ。シャバシャバインドカレーでも、
濃密なる洋風カレーのそれとも違うカレーには、
薫香しっかりの煮玉子もよく似合います。

ロースカツのトッピングを海老フライに代えれば、
それが勿論「海老フライカレー」。いつも「あけぼの カラメルソース」の容器に入れて使われているのは、
カシューナッツを用いた店特性のソースであるらしい。
黄色い線の描写は、茶色い料理になりがちなカレーに、
見た目の彩をも添えてくれています。

「特製ビーフカレー」はというと、
少々趣が異なってココット的容器でやてくる。白い器から掬ったソースなぞをゴロッとライスの上に着地させ、
カツよりも直截な肉々しさを愉しみます。

「ロダン」のカレーの中で最もホットなものとされているのが、
「ホールスパイスカレー」であります。シナモン、カルダモン、クローブ、鷹の爪等が、
まるごと入っているという。
オニオンスープ的シャバシャバなスープに、
その名の通り、ホールのスパイスがそこここに交錯する。
大辛仕立てなのにも拘わらず、その辛さは刺々しくなくて、
辛いモン不得意の自分にもすんなり爽やかに、
美味しくいただける逸品であります。

これまた”大辛”マーク付きのひと皿が、
「パクチーグリーンカレー」。
自家菜園のものと謳うパクチーがライスにトッピング。レモングラスの風味も利いて、
コクもありつつさらっと旨いグリーンカレー。
こぶ蜜柑の葉であるところのパイマックルーやグリーンチリ等が、
これまた丸ごと入っているという。
“タイ料理店よりも美味しく仕上がりました”という謳い文句に、
思わず微笑んでしまいます(笑)。

どうやらオーナーの気まぐれらしいのだけれど、
時折日替わりメニューに出会える。
この日はなんとかつての人気日替わり「子羊挽肉カレー」!「ロダン」のラムのキーマなんていいかも!
と期待しつつ待っていると、
パクチー、アーチャルにいつもの素揚げじゃが芋、
燻製玉子にチェダーチーズとトッピング総動員のお皿がやってきた。
ルー皿にはこれまたたっぷりのラムのキーマ。
ラムの香りがスパイスの風味と交差して旨い。
気まぐれメニュー故に再度これに出会えるのは、
きっといつことやら判らないのです。

八丁堀は平成通り沿いに創作カレー「ロダン」はある。並びにあった「カレー堂」を現店舗に移し、
その名を「ロダン」と改めて今に至る。
「ロダン」と云えば彼の仏彫刻家にして近代彫刻の父、
「考える人」のオーギュスト・ロダンを真っ先に思い浮かべるところ。
訊ねればやはり、オーナーがロダンの大ファンで、
そのまま店名に戴いたものなのだそう。
ただ、店内にロダンの彫刻のレプリカが幾つも飾られている!
なんてことはないようです(笑)。

「ロダン」
中央区八丁堀3-8-4 [Map] 03-5541-5777

column/03751

手打ちうどん「今浪うどん」でスジ肉ごろごろ肉肉うどんこりゃ美味し嬉しい発見

いつ以来か思い出せないけれど、確か二度目の小倉駅。
そう云えば、小倉駅周辺は北九州市の中心地区に当たると思うのだけど、北九州駅ってのは聞いたことがない。
どうやら、元々小倉駅は嘗ての小倉市の中心駅で、1963年に門司市・小倉市・戸畑市・八幡市・若松市が合併して北九州市となり、そのまま特に駅名を変えることなく北九州市の中核に位置している、ということらしい。
さいたま市と浦和駅と同じような構図になっているんだね。

初めて小倉駅を訪れた時も乗ったので、
駅から南に向かってモノレールが走っているのは憶えてた。小倉競馬場のひとつ前。
北方という駅で下車します。

駅の階段を降り切って早速に目に留まるのが、
うどん店の店先の様子。純手打ちうどん「百合」に手打ちうどん「山ちゃん」。
界隈には他にも「北方うどん」とか「久野(ひさの)」とか、
「福ちゃんうどん」等、何軒ものうどん店がある模様。
うどん喰いの土地柄のようであります。

都市モノレールの高架から少し離れた駐車場の向こう。入母屋屋根の建物の軒先に、
暖簾の揺れるのが見付かりました。

暖簾を潜って引き戸を引いて一歩、
店内に顔を入れてまず目に飛び込んでくるのが、
湯掻いたうどんを水でしめるための盥。ボコボコとした年季の入り具合が美しい。
その並びに羽釜があるのも素敵な風情であります。

お店の奥に空いたスペースを見つけて、
カウンターの隅に腰掛ける。洗い込まれた様子の沢山の箸が、
出番を待ってくれています。

お願いしたのは「肉肉うどん」の中盛り。肉の盛り度合いを表現するために、
「肉肉」と肉を重ねて表記しているものと心得る。
スジ肉らしきコロコロとしたブロック状の肉がたっぷり。
常連の中には「肉肉肉うどん!」なんて註文を云い出すひとが、
きっといるのではないかなんて、
ふと思ったりなんかしてニヤリとします(笑)。

博多うどんとは毛色の違う黒っぽいツユ。
けれど決して塩辛いことなくかつ脂っぽさもない、
素朴に出汁の旨味の滲むツユ。麺もまた柔い博多のそれとは明らかに違う方向で、
しっかりとした持ち重りのする量感が実に素晴らしい。
小麦粉が濃密かつ均質に纏められ、鍛え上げられているようで、
讃岐うどんの”コシ”を凌駕しているとさえ感じます。
あれあれまぁ、こりゃ美味い(笑)。

おろし生姜をたっぷり投入しての味わいもご堪能。すぐ脇にあったガラス戸棚の中からひとつ、お稲荷さん。
おにぎりやお稲荷さんとの相性もばっちりのおうどんであります。

小倉駅から都市モノレールで南下した、
小倉競馬場近くの住宅地に「今浪うどん」はある。「どきどき系」なんて括りで語られているようで、
その由来がどうも判然と致しませんけれど、
兎に角もう、小倉周辺がこんなにもうどん圏だったなんて、
露程も存じ上げず。
なんだか妙に嬉しい発見をした気分なのです(笑)。

「今浪うどん」
北九州市小倉南区北方3-49-29 [Map] TEL非公開

column/03750

BISTRO「Roven」で彩り三種のロールキャベツにハンバーグ気になるファサード

それは確か芝の某所からの帰り道。
旧海岸通りがJRなぞの線路を潜る高架の脇から伸びる横丁を往く。
怪しさ満点の印度カレー店「アミン」の前を抜け、高架と第一京浜との間を平行する道の視界が明るく広がろうとする辺りでふと立ち止まる。
それはそこに印象的な佇まいのお店があったからなのでした。

白い格子戸の並びに同じ硝子格子の扉がある。陽射しが格子を通して、
店内一階のカウンター沿いを照らしていました。

BISTRO「Roven」のランチメニューは、
デミグラス、トマト、ホワイトの3種のソースの、
ロールキャベツにハンバーグ、
そしてドライカレーの3種を定番とする構成になっている。それにサラダと時季により日により替わるスープと、
サラダ、パンとがセットになっています。

ちょっと前にいただいた、
デミグラスソースのヤツも良かったけれどと独り言ちつつ、
「ホワイトソースのロールキャベツ」をお願いする。手鍋で再び温められたロールキャベツに、
滑らかなるホワイトソースが丁寧に載せられました。

キャベツの質感をいい按配で残しつつ、
柔らかに煮込んだ加減がいい。フォンを伴った肉汁滲むタネにも旨味たっぷり。
毎日仕込むことが、一日の長に確かに繋がると、
そう思わせる手練を生んでいるように思います。

「デミグラスハンバーグステーキ」は、コロンと俵型。ナイフの刃先で切れ込めば、
閉じ込めた肉汁が割りと品良く零れ出す。
それが肌理の整ったデミグラスと渾然となる。
うん、いいね。

「ローブン」ランチメニューの第三極が、
店の名を冠した「ローブン ドライカレー」。セルクルを使ったにしては自由な盛り付けのライスの上に、
同心円のドライカレーが二層のフォルムを形作る。
ジャガイモと一緒に載せたオクラや人参が彩を添えて。
酸味も程よいカレーがスプーンの先をグイグイ動かさせて、
恥ずかしいほどあっという間に平らげてしまいました(笑)。

第一京浜とJR線路との間の抜ける裏道に、
BISTRO「Roven」のファサードがある。WebサイトによるとBISTRO「Roven」は、
「KABUTOS」という会社が営む鵠沼海岸「カブトスカフェ」の兄弟店。
壁画制作・装飾塗装や空間装飾に関わる企画・デザイン・施工、
グラフィックデザイン・webデザインはもとより、
美術作品の制作・販売までもが事業内容に謳われている。
成る程、店の内外装にみられる拘りも、
そんなデザイン志向の賜物なのでありますね。
昨年(’17年)11月には、
「ローブン」の2号店が横浜・関内にオープンしたようです。

「Roven」
港区芝4-13-11[Map] 03-3452-5110
http://kabutos.jp/roven/

column/03749

TAVERN「POSTSTUBE 1327」でトラウン湖の風光エッゲンベルグとグーラッシュ

カウチなソファーに寝転がって、
“大江戸”がテーマの某国営放送スペシャル番組を観ていた時のこと。
幕末の江戸の様子を撮影した写真がオーストリア国立図書館で発見されたという件がありました。
その写真のネガがびっくりするほど高精細で、江戸の町の風景を実にヴィヴィッドに蘇らせていて、ぐぐっと引き寄せられる。 およそ150年前の日本・江戸でその写真を撮影したのがなんと、オーストリアのバート・アウスゼー出身の写真家だという。

危険を冒して遥々と海を渡り、
往時の”江戸”をカメラに収め、
異国での困難を乗り越えて自国に帰る。
当のネガフィルムたちが、
バート・アウスゼーのカンマ―ホフ博物館に所蔵されていると、
番組は紹介していたのです。

そーなのか!
ネガを実際に拝見できるか分からないけれど、
その博物館目掛けて出掛けるのも一興だということで、
ザルツブルク中央駅に向かう。
ところが、余裕かましてコーヒーなんぞを買っているうちに、
予定していた列車に乗り損なう(笑)。

一本後の列車に乗り込んだものの、
オフシーズンの博物館は午後は閉館してしまうため、
間に合わないと知る。

然らばと途中下車したのが、
当然のように無人駅のTraunkirchen Ort Bahnhofでありました。降り立ったホームからすぐ、
大きな湖が見下ろせる。
湖の名は、トラウン湖Traunsee。
ザルツカンマーグートSalzkammergutにあっては、
MondseeやFuschlSee、Wolfgangsee、Atterseeよりも、
さらに東寄りに位置する湖だ。

湖を見下ろす駅から下り降りると、
マイバウムMaibaumの高い高いツリーが、
飾られ屹立してる湖畔に出た。面積が約24.5km²あるというトラウンゼーの水面は、
ゆったりと春の陽射しに煌めいていました。

澄んだ空気に誘われて早速湖畔を散策。水打ち際近くの芝生の上に、
ちょこんちょこんと置かれたベンチがいい風情。
そこへ一艘のボートが通り過ぎます。

振り返れば岩の上に教会の塔が見える。船着場の案内板は、
湖上を巡るフェリーのルートを知らせてる。
船着場近くのホテルには、
幾つものデッキチェアが並んでいました。

手工芸品の博物館Handarbeitsmuseumを覗いて、
マイバウムを臨む場所へと戻ってきた。旅籠の名は「Hotel Post」。
seppガイドによるツアーにも登場するのがお約束の、
往時郵便を司る場所が町々の中心にあり、
自ずとひとが集まり旅人が立ち寄る場所となり、
郵便局が宿を兼ねるようになっていく。
こちらもそんな時代の背景により生まれたホテルなのでしょう。

当ホテルの一階にあるのレストランが、
「POSTSTUBE 1327」。比較的最近改装を施したのではないかなぁと思わせる店内は、
落ち着いていてかつ要所要所の造作のセンスがよい。

ビールは、Schloss Eggenbergと刻印のあるジョッキで。Schloss Eggenberg は、トラウン湖の北の町にある歴史ある醸造所。
ザルツカンマーグートの村々で呑るビールは、
このエッゲンベルグが定番なのかもしれません。

そしてまずは「Rindsuppe」。実に明瞭で曇りのない滋味のコンソメがいい。
麺状に刻んだ人参などの根菜を浮かべ、
両面を芳ばしく焼いたクネーデルにはチーズを含む。
うん、美味しい。

魚料理のお皿を横目にしつつ、
お願いしていた「KutscherGulasch」のお皿を前にする。パプリカを散らすだけで、
こんなに華やかなになるのかのよいお手本(笑)。
丁寧に拵えているのがソースの均質さから伺えます。

サワークリームをたっぷり頂いた器にて、
小粒のすいとんのようなダンプリングが添えられる。ジャガイモと小麦粉とを合わせたような、
独特モッチリのちび団子たちをグーラッシュのソースに絡める。
うんうん、食べ応えもして、
実によい感じであります。

トラウン湖Traunseeの畔、
Traunkirchenの郵便局お宿の一階に、
TAVERN「POSTSTUBE 1327」がある。無人駅の眼下にもこんな素敵なレストランがあるなんて。
エッゲンベルグSchloss Eggenbergのジョッキはまたきっと、
湖面眺める店先のテーブルでも美味しいことでしょう。

「POSTSTUBE 1327」
Ortsplatz 5 A-4801 Traunkirchen [Map] +43 (0)7617 2307
https://www.hotel-post-traunkirchen.at/kulinarik/wirtshaus-poststube-1327/

column/03748