スタンディング「8オンス」で白州18年ハイボール松本城の濠の上時空を越えて

世にニッポンの城めぐりを趣味としている方はきっと沢山いらっしゃる。
趣味とは云わないまでも、そこにお城があるならば、是非一度は訪れようと思うのも人情というものでありましょう。
お城ファンは漏れなく攻め込んでいるであろう城のひとつ、松本市の市街地に佇むは、国宝松本城。
Webサイトでは、松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。とその概要を紹介しています。

日中に砂利敷きを鳴らして、
おもてなし隊の忍者にちょっかいを出し、
ヒーヒー云い乍ら急な階段を昇り降りするのも一興。
そして一転して、市街地にして森閑とした、
夜の松本城に踏み入るのもいい。酔いを覚ましつつ、散策はゆっくりと。
濠の縁に佇んでしばし、ぼんやりと城の佇まいを眺めます。
ふと時空を超えて往時の時代に吸い込まれそうな、
そんな気が一瞬いたします(笑)。

そんな夜の松本城を離れてのんびり歩き、宿の近くに戻ってくる。
ホテル向かいの角地にあるのが、酒販店の「平出商店」。その左側面の壁には、ハートランドの緑色のボトルが並ぶ。
灯りの点ったスタンド看板が示すは、
スタンディングバー「8オンス」だ。

立ち呑みコーナーとして加減のいい、ミニマムな空間がいい。白州に山崎などなどなど。
注文を受けるカウンターには、
ウイスキーをはじめとするボトルたちがぎっしりと寄り添って、
出番が来るのを待っています。

お願いしたのは、白州18年のハイボール。あの、蒸溜所の空気感や建物の表情、
樽貯蔵庫の様子などを思い出しつつ、
ツツ、ツツツっとグラスを傾けます。

グラスを手にふと、開け放したドアの向こうを眺め遣る。そこは、東門の井戸。
平出商店・8オンスがある辺りはちょうど、松本城の濠の外周にあたり、
三の丸から外へ出る場所で、東門と馬出しがあったという。
いま立って呑んでいる場所も嘗ての濠の上なのかもと思いつき、
また時空が飛びそうな気になるのは、
美味いハイボールの所為でありましょうか(笑)。

松本城の古の濠の上、東門の井戸の向かいに、
スタンディングバー「8オンス」はある。液体の単位として使用される”オンス(ounce、記号:oz)”は、
バーテンダーが用いるメジャーカップなどによる計量でもお馴染み。
平成8年の8の日に開店したから8オンス。
塩見なゆ女史のWebサイトでは、そう紹介している。
酒販店「平出商店」の角打ちが進化したのが、
いまの「8オンス」のカタチなのでしょう。
また松本を訪れる機会があったなら、
近くのホテルを宿としてふたたび定めたい。
宿の近くに止まり木があるって、いいよね。

「8オンス」
松本市大手4丁目10-13[Map]0263-32-0179

column/038259

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください