リッチなカレーの店「アサノ」で揚げ立てカツカレー美味しさに潜むリッチな手間

町田市と云えば、都下エリアの最南端。
北は丘を越えて八王子市と多摩市、東は川崎市と横浜市、西は相模原市と大和市に接している。
神奈川県に食い込むように突き出していて、明治元年当時は神奈川県の管轄だったというのも頷ける。
改めて地図を眺めてみると、西方へ向けて角を伸ばすように細長く領地が伸びていて、それは遠く高尾山近くまで。
町村の合併によるものなんだろうけど、どうした訳でこんな特異な形状になったのでしょうね。

そんな町田市は町田駅周辺を随分と久し振りに訪れた。
小田急の駅からすぐの裏道に何気なくある、
酒蔵「初孫」の軒先に連なる提灯に惹かれるも、
それにはまだちょっと時間が早い(笑)。

そのまま流離うように商店街を往くと、
急に懐かしい気分にさせてくれるアーケードの前に出た。町田仲見世商店街と大きく文字書きされている。
開業から60余年という大屋根の下への入口には、
大判焼きのお店に小陽生煎饅頭屋。
通路を奥へと進むと沖縄料理の「ニライカナイ」や、
タイ料理店や洋食「モナミ」等々の店が並ぶ。

ふたたび商店街の入口前に立ち、少し左手を見遣ると、
また別の小さな入口があって、
仲見世飲食街という看板を掲げている。その幅半間の狭い通路を往くと、
小さな突出しの看板に目が留まると同時に、
カレーの匂いに気付く。
壁の看板には、リッチなカレーの店とある。

短いカウンターに沿ってカバーを掛けた丸椅子が並ぶ。元々は小料理屋のようなお店だったことが偲ばれる。
そんな食器棚に小さめの紙に認めて、
メディアへの露出をお知らせしている。
なかなかの人気店であるようです。

メニューに麦酒のアテを見付けて所望する。ラッキョウでビール呑ってはイケナイでしょか(笑)。
貼紙にあるようにカツは註文を受けてから揚げてくれるので、
それを待つのにちょうどいい一杯になりそうです。

「カツカレー」のお皿がやってきた。火傷しないように齧り付くカツが、やっぱり旨い。
揚げ立てに勝るものなしだ。

サラサラのカレーには、玉葱の甘さに似た旨味と、
贅沢にとったと思しきスープストックの旨味がたっぷりと潜む。色々なスパイスの香りがふつふつと顔を出しつつ、
全体としては角がなく、辛過ぎずに旨味を倍加してくれているみたい。
いいねいいね、美味しいね。

そんなこんなでおよそひと月後にまた、
裏を返すようにお邪魔した。ぐるっと思案したものの、註文は同じ「カツカレー」。
勿論、ラッキョウとビールでカツが揚がるのを待つのでありました(笑)。

町田駅から程なくの昭和の色濃い仲見世商店街に、
リッチなカレーな店と謳う「アサノ」がある。店内に掲示した届け出のお名前を拝見するに、
飄々とした雰囲気のご主人がどうやら浅野さん。
なんとはなしに筋金入りの凝り性でいらっしゃるようにも窺える。
そんな御仁が供するカレーが兎に角旨い。
ここで云うリッチとは、過分な素材というよりは、
旨いカレーに必要十分な手間がかかっている、
ということではなかろうか。
ああ、思い出してまた食べたくなっちゃった(笑)。

「アサノ」
町田市原町田4-5-19 町田仲見世飲食街 [Map] 042-729-7258

column/03763

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください