BISTRO「Roven」で彩り三種のロールキャベツにハンバーグ気になるファサード

それは確か芝の某所からの帰り道。
旧海岸通りがJRなぞの線路を潜る高架の脇から伸びる横丁を往く。
怪しさ満点の印度カレー店「アミン」の前を抜け、高架と第一京浜との間を平行する道の視界が明るく広がろうとする辺りでふと立ち止まる。
それはそこに印象的な佇まいのお店があったからなのでした。

白い格子戸の並びに同じ硝子格子の扉がある。陽射しが格子を通して、
店内一階のカウンター沿いを照らしていました。

BISTRO「Roven」のランチメニューは、
デミグラス、トマト、ホワイトの3種のソースの、
ロールキャベツにハンバーグ、
そしてドライカレーの3種を定番とする構成になっている。それにサラダと時季により日により替わるスープと、
サラダ、パンとがセットになっています。

ちょっと前にいただいた、
デミグラスソースのヤツも良かったけれどと独り言ちつつ、
「ホワイトソースのロールキャベツ」をお願いする。手鍋で再び温められたロールキャベツに、
滑らかなるホワイトソースが丁寧に載せられました。

キャベツの質感をいい按配で残しつつ、
柔らかに煮込んだ加減がいい。フォンを伴った肉汁滲むタネにも旨味たっぷり。
毎日仕込むことが、一日の長に確かに繋がると、
そう思わせる手練を生んでいるように思います。

「デミグラスハンバーグステーキ」は、コロンと俵型。ナイフの刃先で切れ込めば、
閉じ込めた肉汁が割りと品良く零れ出す。
それが肌理の整ったデミグラスと渾然となる。
うん、いいね。

「ローブン」ランチメニューの第三極が、
店の名を冠した「ローブン ドライカレー」。セルクルを使ったにしては自由な盛り付けのライスの上に、
同心円のドライカレーが二層のフォルムを形作る。
ジャガイモと一緒に載せたオクラや人参が彩を添えて。
酸味も程よいカレーがスプーンの先をグイグイ動かさせて、
恥ずかしいほどあっという間に平らげてしまいました(笑)。

第一京浜とJR線路との間の抜ける裏道に、
BISTRO「Roven」のファサードがある。WebサイトによるとBISTRO「Roven」は、
「KABUTOS」という会社が営む鵠沼海岸「カブトスカフェ」の兄弟店。
壁画制作・装飾塗装や空間装飾に関わる企画・デザイン・施工、
グラフィックデザイン・webデザインはもとより、
美術作品の制作・販売までもが事業内容に謳われている。
成る程、店の内外装にみられる拘りも、
そんなデザイン志向の賜物なのでありますね。
昨年(’17年)11月には、
「ローブン」の2号店が横浜・関内にオープンしたようです。

「Roven」
港区芝4-13-11[Map] 03-3452-5110
http://kabutos.jp/roven/

column/03749

「BISTRO「Roven」で彩り三種のロールキャベツにハンバーグ気になるファサード」への2件のフィードバック

  1. このお店のごく近くに職場が3月に移転してきましたw ここも結構おいしいです。

    1. Re:puzzさま
      ご無沙汰しておりまーす。
      ファサードも気に入ってこっち方面の用があるとと偶に寄ってます。
      職場が定期的に動くのも悪くないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください