食堂&呑み「ボン花火」で厩橋にスカイツリー心地よき隅田川の川床にて

晩夏のある日、銀座での所用を済ませて浅草線に乗る。
向かったのは浅草のひとつ手前の駅、蔵前でありました。
偶に浅草を徘徊することはあっても、蔵前界隈をウロウロする機会はなかなかない。
改札を抜けて地上に上がり、江戸通りを浅草方向へと進むとすぐに春日通りとの交叉点に至ります。

その交叉点に立つ信号機の標識は、厩橋。
視界の抜けている隅田川の方へと、
自然と足が向かいます。ステンドグラスを収めた楕円の柱からそのまま、
優美な曲線を描く鉄橋が今の厩橋だ。
橋の名は、蔵前の米蔵の荷駄馬用の厩であるところの、
「御厩河岸」が西岸にあったことに因んでいるらしい。
ずっと下流を渡る永代橋のアーチのフォルムにも、
間近にしてその量感に目を惹かれたのを思い出します。

そんな厩橋の欄干を横目にするように、
隅田川に沿って伸びる裏通りを往くと、
“かわてらす”とルビをふった「川床」と書いた、
オレンジ色のキューブが目に留まる。店先のオレンジの箱の下には、
花開くように花火を描いた黄色い箱がある。
食堂&呑み「ボン花火」には、川床もあるようです。

促されるまま左手にカウンターの続く店内を抜け、
そのまま戸外へと出る。鋼製の階段下から蒼空を見上げます。

隅田川の岸辺を程良い高みから眺めるテラス。
すーっと風が抜けて気持ちいい。
「川床」と認めた提灯の向こうには、
今しがた眺めた厩橋のアーチの連なりが見渡せます。ぐっとひと息に傾けたビールを手に、
川上方向を見遣ればスカイツリー。
係留している屋形船の向こうを定期運航船が行き交います。

ランチに選んだのは「牛ステーキ定食」。
高菜を載せたやっこといい、
たっぷりのフライドポテトといい、
昼呑みのツマミにしながらの食事に相応しい。
噛み締める度に旨味の伝わるサイコロステーキだ。

夜の帳が降りる頃に訪ねれば、
ライトアップされたスカイツリーもまた、
卓上のキャンドル代わり。この夜のクラフトビールの中から選んだのは、
「GARGERYガージェリー・スタウト」。
スタウトの代表的銘柄ギネスと比べて、
柔らかで軽やかな印象を受けます。

ビールのお代わりを註文して、
定番のつまみの中から幾つかを。ニラのおひたしに若鶏の柚子胡椒焼き。
とん平焼きなんてのもある。
お初天神に至る曾根崎のアーケードをふと、
思い出したりなんかいたします。

テラスを囲む手摺のすぐ下をネオン色に飾った船たちが、
なかなかの頻度で頻繁に滑り往く。ハイボールのグラスの向こうにも、
やっぱり、スカイツリー(笑)。
広く視界の開けたオープンエアで呑るハイボールは、
旨いものですね。

右手に厩橋、左手にスカイツリーを見渡す、
隅田川の岸辺に食堂&呑み「ボン花火」の川床がある。隅田川の花火大会の夜にはきっと、
間近に”ボン”が体感できて、最高の見物場所になるに違ない。
対岸の高速道からも距離があって、案外と静か。
空が広くていつでも川面を眺められる。
この辺りの川沿いの一室で暮らすのもいいと、
忽ちそんな気分にさせてくれます。

「ボン花火」
台東区駒形2-1-7 MKビル1・2F [Map] 050-5590-3224
http://www.bonhanabi.jp/

column/03737

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*