タイ料理「pink elephant」でガパオにソフトシェルクラブ玉子カレー炒めピンクの象

それは確か、三吉橋を挟んで中央区役所のお向かいにある「Brozers’」からの帰り道。
平成通りから一本高速道路寄りの裏通りを何気なく選んで進むと、割と真新しい気配の店先が目に映る。
開け放った硝子戸を覆う庇のテント地には、ショッキングピンクのイラストとともに「pink plephant」と印されていました。

並んだテーブルの向こうにあるカウンターへと促されて、
スツールに腰を据えたその目の前にもピンクの象の像(笑)。タイでのピンクの象というと、
ワット・サマーン・ラッタナーラームという、
バンコク近郊のお寺にあると云う、
巨大にして寝そべったピンクガネーシャが有名どころでしょうか。

象頭神ガネーシャは、ヒンドゥー教の神の一柱とされ、
インドでは現世利益をもたらす神として非常に人気がある、らしい。
そして、仏教国タイにあっては、
ガネーシャが仏教徒に信仰されている、という。

ピンクの象をぼんやり眺めているとそこへ、
註文していた「ガパオライス」のお皿がやってきた。炒められたガパオの葉の混じる挽肉からいい匂いのする。
長粒米と合わせ混ぜつつ、
有楽町から移転してしまった、
「あろいなたべた」の「ガパオ」も美味しかったなと、
他の店の料理を思い浮かべるなんて不埒なことをと思いつつ、
ペロリと平らげてしまいます。

裏を返して、ピンク象のいる同じカウンター。
あれこれ選べるBセットにNo.4、5、7をチョイス。
4は「豚挽肉のラーブ」で、5が「チキングリーンカレー」。
7が「イカと野菜の辛味タイバジル炒め」。
ラーブというのは、肉類を使ったタイのサラダを云うらしい。

苦手なもので辛さ控えめでとお願いしたところ、
そんなには変えられませんけれどと脅されたのが(笑)、
「トムヤムクンヌードル」。恐る恐る啜る紅いスープはすっきりとして、
それでいて旨味のしっかりある。
うん、ここまでなら美味しくいただける辛さです!と、
喜んでいるうちに額に汗が滲んできます(笑)。
平打ちの米麺のつるつると一緒に啜る裡、
こんな辛さは、汗を掻けども心地いいことに、
今更ながら感じ至ります。

思わずうめ~と唸ってしまったのが、
「ソフトシェルクラブと玉子のカレー炒め」。旨味たっぷりの身を含む芳ばしきカニと、
カレー風味のとろん掻き玉子の取り合わせが実によい。
辛いばっかりがタイ料理じゃないってことにも、
今更ながら感じ至ります(笑)。

新富町の裏通りにタイ料理の新顔「Pink elephant」がある。昨16年11月のオープンとのこと。
オープンエアが似合う時季にはきっと扉を開け放っている。
夕暮れ時に店先のテーブルで、
シンハーあたりで始める夕餉も愉しみたいな。

「pink elephant」
中央区新富2-4-13 ホテルアマネク1F [Map] 03-5566-5568
http://www.sukho-thai.co.jp

column/03733

「タイ料理「pink elephant」でガパオにソフトシェルクラブ玉子カレー炒めピンクの象」への2件のフィードバック

  1. いつも貴重な情報をありがとうございます。こちらのお店には先日初めて伺いました。ガパオライスを頂きましたが、とても美味で大変気に入りました。これからもちょくちょくお邪魔しようと思っています。

    1. Re:バードさま
      コメントありがとうございます。
      近頃は定期的な更新も儘ならず、すいません(汗)。
      近所にありそでなさそなタイ料理店へ、夜も行きたいなぁと思っているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*