Bistro「Le Cake」でケイクサレ添えサラダにアッシパルマンティ灯りまたひとつ

lecakeそれは今年の春先あたりのことだったでしょうか。
なかなか行けないお肉系イタリアン「Nodo Rosso」の裏手の道に折れ入って、鰻「青葉」や「煉瓦亭」新富本店の店先を眺めつつ、ワインバー「R」のある路地を曲がろうとしたところで、飲食店らしき佇まいの気配に立ち止まる、なんてことがありました。

そのままずっと往くと洋食「三好弥」へと続く裏通りに、
小さく突き出した四角いサイン。lecake01lecake02店先のA看板は、黒板形式。
ここは是非OPENの札に誘われてみましょう。

調度も含めて、
胸の高さより下の部分にぐるっと木目を廻しました。lecake03lecake04そんな印象のインテリアに包まれるように腰掛けて、
見上げた壁にはこれまた黒板メニュー。
夜の部のものらしきビストロメニューが並んでいます。

例えば、野菜のコースを選んで届いたスープは、
白ネギのポタージュだったりビシソワーズだったり。lecake05lecake06おひるどきにきちんと手を入れたスープをいただけるのは、
何気に嬉しいものでありますね。

野菜コースですもの勿論、
サラダのお皿がやってくる。lecake07lecake08「Coulis」のランチを思い出しつついただくことには、
やっぱりなってしまうのではあるけれど(笑)、
野菜をたっぷりいただけることは有難いことであります。
野菜のお皿には、キャロットラペやアボカドのパテや、
ウルイと呼ぶギボウシ属の野菜などなど、
そしてそこにケイクサレCake saléが添えられています。

メインのお皿は例えば「鶏もものクリーム煮込み」。lecake09鶏ももからの旨味もしっかり滲んで、
一緒盛りのライスとクリームソースが、
あっという間に仲良しになります。

別のおひるには例えば「スズキのポワレ」。lecake10鱸に法蓮草のソースが似合うのがちょっと意外で、
それがなんだか愉しくも微笑ましい。

少々冷え込んできた秋のある日には、
「アッシパルマンティエHachis parmentier」をなんてこともある。lecake11lecake12耐熱皿の表面はカルメル状に仕上がって。
そこをフォークの先でホジホジすれば成る程、
副題に肉ミンチとじゃがいものグラタンとあるように、
ベシャメルチックなジャガ芋のソースと渾然となったお肉が顔を出す。
ふーふーふー。
なんだかちょっと贅沢な気分になるのは何故でしょう(笑)。

新富町の裏通りにまたひとつ点ったビストロの灯り、
その名はBistro「Le Cake」。lecake13何故に”ケーキ”という名をお店に冠したかと訊ねたら、
割りと意外な応えが店主から聞くことができました。
加藤シェフがフランスで働いている時に、五回程も、
「Le Cake」という名前の店で働いている自分の夢をみたから。
ケーキという、なんかこう楽しい感じの名前の、
ビストロもあっていいのじゃないかなって。

「Le Cake」
中央区新富1-6-15 サニービル102 [Map] 03-6280-3611
https://bistrolecake.shopinfo.jp/

column/03706

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*