鮨「おけいすし」で丁度一年振りの同じ白木のカウンターに今更乍ら想うこと

okeisushi油面辺りの目黒通り沿いも有名だけど、青山界隈もどふいふ訳か、インテリアに関するお店が多い。
例えば、長青山梅窓院の竹林アプローチの先にある「MASTERWAL」とか、神宮球場に向かう道を外苑西通りに向けて別れた通り沿い両側に点在する店々とか。
ただいずれも高級過ぎて、おいそれと手が出る代物たちではなく、でもいいものはいいものなぁと指を咥えることになるのが常なのであります。

そんな青山は南青山三丁目交叉点から外苑西通りを北上する。
それは、誰が呼んだか(コシノジュンコ?)キラー通りとも俗称する通り。
キラー通りが右にカーヴし、あれこんなに歩いたっけ、
このまま往くと「ホープ軒」の灯りが見えてきちゃうぞと思う頃、
とある鮨屋の前に辿り着きます。

店先に掲げた大振りな魚の骨にふと、
西早稲田「元祖一条流がんこ」の牛骨を思い出しつつ暖簾を払う。okeisushi01ちょうど一年前の同日にお邪魔した時と同じ、
白木と椅子が迎えてくれました。

ここからはほんの少しの訳あって、
一年前の写真を振り返りたいと思います。okeisushi02okeisushi03okeisushi04okeisushi05okeisushi06okeisushi07okeisushi08okeisushi09okeisushi10okeisushi11okeisushi12okeisushi13okeisushi14okeisushi15okeisushi16okeisushi17okeisushi18okeisushi19okeisushi20okeisushi21okeisushi22すっと白木の上に置かれた寿司酒肴のひとつひとつが、
決して過ぎることのない味わいの裡で、
篤実で魅力的な美味しさを届けてくれました。

それから一年振りに訪れたカウンターは、
なんとはなしに何かが違う。okeisushi23資質だけでも難しいのは勿論のこと、
熟練だけでも昇華することの難しい職人世界を、
図らずも覗き込んでしまったような、
今更乍らそんな心持ちを抱いた宵となりました。

キラー通りの片隅にひっそりと「おけいすし」がある。okeisushi24いつの日か頭の部屋「鈴政の部屋」を、
貸し切れる身分になりたいものだと思ったり、
いや、それが仕合せだとは限らないゾと思い直したりする。
めんどくさいへそ曲がりで御免なさい(笑)。

「おけいすし」
渋谷区神宮前2-3-26 松岡ビル1F [Map] 03-3405-4610
http://www.okeisushi-suzumasa.jp/

column/03706

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*