RESTAURANT「日勝亭」でカキフライヤキメシメンチカツ秘かに祝う老舗の新装

nishotei枯れた風情も昭和な匂いも素敵な老舗が店を閉めてしまうことが、少なくない頻度で起きている。
建物の傷みがいよいよ激しくなってしまい、建て替えてまでして営る年齢ではもうないから、なんてことが、個人経営のお店では当然のことのように起きていることは、想像に難くない。
まだまだ建物は頑丈なのだけど、肝心の後を継いでくれる子供や人材がないので残念ながら、なんてことも往々に起きていることでしょう。

去る’14年の晩秋の頃。
90年ほども親族で経営してきた蛎殻町の洋食店が、
閉店すると聞いて一瞬、嗚呼ここもまた、
燈火を消す老舗のひとつになってしまうのかと思ったものでした。

’14年の11月末をもって一時閉店していた「日勝亭」が、
その姿をふたたび現してきたのは、
確か’16年の年が明けた頃。nishotei01前を通る道路や舗道の改修と歩調を合わせるように、
工事の最終工程に差し掛かっているように映りました。

その1月末に晴れて新装開店した「日勝亭」。nishotei02開店を祝う生花が店先をそっと華やかに飾っていました。

新装開店早々のメニューには勿論、
「カキフライ」もある。nishotei03nishotei04油の温度高めを思わすしっかり揚げ色の衣に包んだ、
牡蠣はやや縮んでいる気もするものの、
たっぷり添えてくれたタルタルのナイスフォローで、
一気に美味しくいただきました。

「ナポリタン」は勿論いただいたことはある。
でも、そふ云えば、
「ミートソース」のお皿を拝むのは初めてのことかもしれません。nishotei05nishotei06敢えて言い切ってしまえば、
他に類を見ない色味のミートソースではあるまいか。
グダっと汁っぽいこともなく、
こんもりと盛れる黒褐色ソースに目を瞠る。
成る程、ブラウンソースとはその名の通りと、
今更のように感心したりする(笑)。

「ハンバーグ」も気になるけれどと思いつつ、
「メンチカツ」を註文してみた。nishotei07細やかで緩みなき衣を飾っていたもの、
ミートソースと同じ色味のブラウンソース。
旨味や芳しさをたっぷりと湛えたソースが、
メンチの味をより一層高めてくれるのです。

「チキンピラフ」と並んでメニューに載っている、
チャーハンもとい「ヤキメシ」も所望する。nishotei08nishotei09一瞬魚肉ソーセージでは?と思わせた、
頂上に載せた小口のハムが特異な表情にする。
ジャッジャジャッジャとフライパンを返す所作を想像しつつ、
ゆっくりとスプーンを動かすとより美味しくいただけるようです(笑)。

90年の歴史を経て、新装なった蛎殻町の老舗洋食舗、
レストラン「日勝亭」ここにあり。nishotei10時間を積むように使い込んだ古いお店の味わいを失うのは、
勿体なくも切ないものだけど、
こうして新たに続き始めたことを秘かに祝おうではありませんか。

「日勝亭」
中央区日本橋蛎殻町1-32-2 [Map] 03-6319-1077

column/03694

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*