Brasserie「Gyoran」で蝦夷鹿赤ワイン煮鴨肉コンフィ仔牛カツレツ牛ハラミ肉に満足

gyoran八丁堀エリアと京橋エリアとをはっきりと区切っているのが、首都高の都心環状線。
深い川の下を走るようにも見える高速道路があるのは元々、楓川という風雅な名前の付いた川だったという。
川や掘割を干上がらせ、海を埋め立ててきたのも江戸~東京の歴史なのだとすればそれも已むなし。
いま渋谷で暗渠になっている宇田川の支流、河骨川が、童謡「春の小川」のモデルなのだとしたら、楓川も「秋の小川」とか「秋のお壕」とかに歌われていても可笑しくないなぁなんて思いつつ、首都高を渡る橋の脇にある公園の喧騒に佇みます。

小さな公園の近く、高速道路を背にした区画にあるのが、
Brasserie「Gyoran」の紅いファサード。gyoran01gyoran02かつて楓川の護岸だったのではとも思い、
高速道の擁壁の上に位置するのじゃないかとも思う、
いつもの中二階のテーブル席へ。
振り返れば硝子越しに首都高の京橋ランプを知らせる、
大きな標識が見下ろせます。

ギョランのランチメニューにはすべて、
自家製のパンとスープがついている。gyoran03gyoran09gyoran11或る日は牛蒡のクリームスープ、
或るお昼は、マッシュルームのポタージュ、
別の雨の日にはグリーンピースのポタージュ等々と、
素材の風味を真っ直ぐ活かした、
時季のスープがちょっとした愉しみなのだ。

ランチでいただく機会はなかなかないと思うのが、
「エゾジカの赤ワイン煮 人参のピューレ」。gyoran04gyoran05滋味を包み込むように肉塊に煮た、
蝦夷鹿のすっきりとした旨味とコク。
赤のグラスをと叫びたくなるのはお約束ということで(笑)。

ジビエをしっかりなら鴨もある。
でもローストとかではなくて、この日のメニューは、
「フランス産 鴨肉のコンフィ シュークルート添え」。gyoran06gyoran07バリッと芳ばしき皮目の魅惑は勿論のこと、
それによって包むように蒸し揚げられた身肉が旨い。
成る程、この食べ口にザワークラウトが良く似合います。

洋食的定番なお肉料理にも映るカツレツも、
此処ではやっぱりひと味違う「フランス産 仔牛のカツレツ」。gyoran08シュニッツェルのように薄めに叩いたでもなく、
仔牛の風味をしっかりと閉じ込めた、
カリッとした衣と一体となって齧らせるに適切な肉の厚み。
うん、美味いであります。

定番と云えば此方の定番のひとつともお見受けするのが、
「フランス産 牛ハラミ肉のステーキ」。gyoran10噛み応えと一緒に愉しめるのが、
焼き包んだハラミ肉そのものの脂と旨味。
ベタつかない食べ口が好ましいのであります。

春を迎えた頃に店先のA看板で、
このメニューを見つけて飛び込んだ(笑)。
「フランス産 ホワイトアスパラとパルマ産生ハムのサラダ」。gyoran12この日は、スープもアスパラガスのポタージュ。
細めのアスパラではあるものの、
歯触りとジューシーさとアスパラ独特の香りが楽しめる。
アスパラというとオランデーズソースのシュパーゲルが、
真っ先に脳裏に浮かんでしまうのだけど、
こふいふサラダ仕立ても美味しいね。

八丁堀の裏通りにあるBrasserie「Gyoran」は、
紅いファサードが目印のフレンチ。gyoran13敢えて店名「Gyoran」の由来を訊けばやっぱり、
イクラとか数の子とかキャビアとかの魚卵、ではなくて(笑)、
八丁堀への移転前に、白金高輪の魚籃坂下近くに店を構えていたから。
オーナーシェフの羽立氏は、
三田「コートドール」での修行に渡欧、
「ブラッスリーオザミ」の名物シェフを経て独立、
今に至るのだそうです。
もしかしたら銀座でもお世話になっていたのかもしれませんね。

「Gyoran」
中央区八丁堀2-1-9 川名第一ビル1F [Map] 03-5244-9523
http://gyoran.com/

column/03680

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*