喫茶「岩田」で昔なつかしナポリタンに生姜焼き玉子サンドああ魚がし横丁の佇まい

iwataここ最近はちょっと、一時の壮絶な混雑からひと息ついた感もある魚がし横丁。
その良し悪しは別にして、春節とその前後の時季の場内は、これぞ中国大陸からのインバウンド効果と思わず呻くような”圧”が漲っておりました。
ただひと息ついたといっても、11月の閉場に向けて混雑するのは必至で、土曜日の築地はずっと大混雑が続いているようです。

「高はし」「かとう」「やじ満」の並ぶ8号館で、
海外組の行列からは解放されているオアシスのひとつが、喫茶「岩田」。iwata01iwata02奥の出入口寄りにご常連さんたちが、
カウンター内のお姐さんと喋り込んでいるのがいつもの風景。
横丁が混んでいれば混んでいるほど、
よりホッとさせてくれる空間になっています。

店先で眺めていた品書きの左半分が、所謂喫茶メニュー。
iwata11店主が漬け込んだという夏季限定「梅ジュース」とか、
冬場の「ポタージュスープ」なんかも気に掛かる。
そして、右手にお食事メニューが並んでいます。

お食事メニューでまず目に留まるのが、
ナポちんも勿論口にしている「昔なつかしいナポリタン」iwata03iwata04細めの麺なるも、
女性の細腕でしっかり炒め上げている点には好感が持てる。
嘗てナポちんもご指摘のように、
ここに刻んだピーマンの緑色とほの苦味が加われば、
より一層、気の利いたナポリタンになること請け合いだ。

ナポリタンの相棒と云えばやっぱり「生姜焼き」(笑)。iwata05iwata06バラ肉というよりは肩か腿かの切り落とし肉と、
玉葱のスライスとが、主要なる食材の生姜焼き。
生姜の風味も穏やかなるも、
すいすいっとライスがいただけるひと時。
炒めた玉葱の甘さも生姜焼きの重要要素でありますね。

ホットサンドが気になりつつも、
食指が動いたのは「玉子サンド」。iwata07iwata08カウンターの奥の方から聞こえてきたジュッという音が、
この玉子くんが奏でた効果音。
手に取ればその玉子の温もりが指先に伝わってくる。
ほんの少しだけ塩を振っていただけば、
玉子の優しい甘さが引き立って、美味しゅうございます。

玉子サンドのお供にと、
「レモンスカッシュ」なんてのを貰ってみた。iwata09物凄く久し振りに飲むグラス。
青春の味って、こんなんでしたっけ(笑)。

築地場内魚がし横丁の8号館の中程に喫茶「岩田」の一間半がある。iwata12この佇まいが見られるのもあと半年余り。
豊洲市場に移転するお店であっても、
この情緒をそのまま引き継げるものではないことだけは確かです。

「岩田」
中央区築地5-2-1 築地市場内 魚がし横丁8号館 [Map] 03-3541-2230
http://iwata-tsukiji.jp/

column/03674

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*