日本橋天ぷらめし「金子半之助」で穴子一本揚げ海老天四本の天麩羅飯悔しい哉

kaneko日本橋室町の路地が好き。
例えばかつて、ヒロキエさんと伺ったステーキハウス「誠」やその並びに「シンセリティー」のある路地。
例えば、その旧き良き佇まいに毎度足を留めてしまう「大勝軒」裏手の、とんかつ「かつ平」のある路地。
例えば、移転を重ねて今は「二代目 長崎楼」と名乗るちゃんぽん皿うどんの店のある路地。
最近、その「長崎楼」の路地では、路地角地の行列の異様な熱気に驚くのが毎度のこととなりました。

当の行列を生んでいる犯人は、天丼「金子半之助」。
何故だか行列に並ぶ気が起こらないものの、
何度も眺める行列に、
行列を生むなりのことはきっとあるのだろうと、
そんな風に気になっていたのでした。

行列店「金子半之助」が、
近くに別の店を出したと知ったのが確か、
昨年の秋口のこと。
その場所は「誠」「シンセリティ」も間近な辺り。
先の店の行列の凝集感に比べればと、
ほとんど抵抗なく空席を待つ列の最後尾に着くことができました。

それでも20分程は待ったでしょうか。
厨房のざわめきがそのまま伝わる、
L字のカウンターへと案内されました。kaneko01kaneko02左右に2基の油殿がある模様。
油の中の天麩羅の表情を見詰める職人さんの頭上それぞれには、
排煙のための円い赤銅色のフードが飾っています。

お願いしていたのは「穴子の天ぷらめし」。kaneko03kaneko04独特の形状の容器の網の中央に載せられた穴子は、
ご多分に漏れず、しゅっとした一本揚げ。
薄からず、かといって決して濃いぃことのない揚げ色は、
これぞキツネ色と云えそうです。

単品で追加してもらっていたのが、
茄子にハゼ。kaneko05ぺろっと平らげた舞茸も、茄子もハゼも悔しいかな、素直に旨い。

時間はちょいと流れておよそ半年後。
久し振りに「大勝軒」前の通りを往くと、
通り両側の街路樹の枝先に春の気配が色付いていました。kaneko06その内の幾つかは既に花弁を開いていて、
その色合いは八重桜のような濃いぃめのピンク。
下げ掛けられた木札には「おかめ桜」と記されています。

その横の脇道にはやっぱり行列が出来る。kaneko07どふいふ訳か、天丼の店のようにアジア系外国人の姿は見られない。
その分、行列が短いとも云えそうです。

例によってカウンターに置かれたみっつの壺のひとつから、
牛蒡のお惣菜を小皿にいただく。kaneko08天麩羅が届くまでのひと時を繋ぐ役者として、
十分な存在感なのは烏賊の柚子和え的なおかずも同じこと。
これもコチラの何気ない魅力のひとつとなっているようです。

前回お邪魔した時にも勿論いただいていたのが、
専用の蓮華に載せられた玉子の天麩羅。kaneko09kaneko10ご指南の通り、ご飯の上に載せ崩し、
醤油を回し垂らし、卓上の醍醐味と呼ぶ黒七味を振り掛ける。
こうなるともう、美味しいに決まっているよね(笑)。

「海老の天ぷらめし」には、海老の天麩羅4本がメイン。kaneko11きりっとしたツユにちょいと浸し、
大根おろしをちょちょんと載せて齧りつく。
これまた悔しい哉、文句なし。

脇役のフリして定位置を確保している、
かしわ天には紫蘇の青い風味が利いている。kaneko12成る程、行列に理由がない訳ではないのだねと、
ヘンテコな納得をして腕を組みます(笑)。

三越前の裏通り、
日本橋室町エリアの脇道に天ぷらめしの「金子半之助」がある。kaneko13天ツユがやや塩辛いのと、
店内に流れる津軽三味線が気忙しいのが、
気になるところではあるけれど、
やっぱり天丼の方もいつかいただいてみたいと、
そう思う昼下がりでありました。

「金子半之助」
中央区日本橋本町1-4-3 ヴィラアート日本橋1F [Map] 03-6262-3734
http://kaneko-hannosuke.com/

column/03658

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*