Italian Bar「guri」で温玉ローストビーフご飯パプリカ煮込みペンネ顔代わる秋

guri以前は何があったのだっけ。
一階に小諸そばの八丁堀駅前店の入った西勘ビルの横手側。
向かって左半分は、事務所のような作業所のような車庫のような、そんな雰囲気。
その横、右側半分の狭い間口に飲食店があったような気がする。
確か、石川屋とかいう焼きとり焼きとんの店であったのではなかったか。
そのお店は、一度も訪ねることがないままいつの間にかなくなって、急に小奇麗なバルにと変貌を遂げていました。
Italian Bar「guri」がオープンしたのは、14年の年初辺りのことだったようです。

硝子戸を入るとボトルの並ぶ棚があり、
その奥に向かう通路の突き当たりに厨房がある。guri01guri02主たる客フロアは二階にあって、
階段を上がっていくと意外と広い空間が待っている、
とそんな造りになっています。

壁のセラーに黒塗りの下がり壁。guri03横の壁には、牛、豚、鶏のフォルムが描かれています。

「guri」のランチは、
そのすべてに三浦野菜がつくのがスタイル。guri04シャキシャキの野菜に気の利いたドレッシングがよく似合って、
ぷち嬉しい瞬間です。

まず目に留まったのが、
15食限定としていた「たっぷりローストビーフご飯 温玉のせ」。guri05guri06しっとりとしたローストビーフの出来に遜色なし。
そこにたっぷりと載せたソースが、
ローストビーフの旨味をぐいっと引き出してくれて、いい。
温泉玉子を突き崩して纏わせれば、
期待通りのうんまいドンブリになるのです。

夏の頃には例えば、
夏季限定の「guri風真夏のマッサマンカレー」。guri07マッサマンはタイカレーを指すようだけど、
オリエンタルなテイストでなく、
洗練と本気の仕立てを思わせる。
さらっとした中に奥行きのある滋味が滲んで、
程よくスパイシー。
辛すぎないのもいい(笑)。
あれ?さつま揚げ?みたいに仕立てたトッピングが、
豚ではなくチキンであるところも、
マッサマンゆえのことなのでしょう。

同じく夏限定では、
「冷たい”ベジポタ”ソースのカッペリーニ」なんて、
そんなメニューもありました。guri08冷たく〆たカッペリーニに、
擂り流したコーン主体のソースがさらりと載る。
期間限定で人気を集めた麺や「七彩」の、
「幻のトウキビの冷やし麺」を先取りするよな、
小粋なお皿でありました。

偶には一階の小さなカウンター席でなんてこともあって、
頭上のグラスを見上げながらお皿の到着を待つことも。guri09よく、こうして頭上に提げたグラスが見事に汚れている、
なんてことも少なくないけど、
ここでは綺麗に磨かれていました。

そうこうしている裡に急激に秋も深まっちまった、
そんな或る日。
久々に「guri」しようと足を向けて、あれ?って思う。guri10何かが違うと思うも当然。
お店の間口が広がっていたのです。

「いつの間に広くなっちゃったんですか~」と訊くと、
9月頭の2週間ほどで改装したと云う。
二階の様子は確かめてないけれど、
どうやらファサード近くの部分のみ改装した模様。guri11その為、混み合う前のランチは、
二階ではなく一階のカウンターが主体となりました。

気温がやや下がってきた中でいただいたのは、
例えば「牛ほほ肉のパプリカ煮込みとペンネのグラタン」。guri12ゴロッとした牛頬肉にパプリカの風味がしっかりと沁みていて、
そのソースに浸ったペンネが旨い。
ハンガリーの皆さんは日頃から、
こんな風にパプリカ活かした料理を食べてるンかな、
なんて思ったりなんかして。
そして、グーラッシュの気配も漂います。

ペンネのグラタンは千変万化の様相で、
「牛ひき肉のペンネのグラタン ブラウンシチュー仕立て」、
なんておひる時もある。guri14guri13デミソースノリで挽肉十分のソースとペンネの取り合わせに、
和んじゃう程の安定感を思います。
最近は、サラダに代わって、
ひと口前菜とスープのお皿とのコンビとなっています。

八丁堀の雑居ビルの一辺に、
Itarian Bar「guri」の紅いテントがある。guri15店名の「guri」の意味を訊ねたなら、
ひとつに、アグリカルチャーAgricultureの”グリ”
ひとつに、ピノ・グリPinot Grisの”グリ”。
そして、おめでとうを意味するauguriの”グリ”に由来しているそう。
きっと夜の部もよりいい感じに過ごせるンじゃないかと、
自ずとそう思う次第で御座います。

「guri」
中央区八丁堀2-21-5 西勘ビル1F・2F [Map] 03-6228-3066

column/03615

「Italian Bar「guri」で温玉ローストビーフご飯パプリカ煮込みペンネ顔代わる秋」への2件のフィードバック

  1. このお店、私が八丁堀を離れる直前に出来たんですよね。
    流行っている様で安心しました。

    1. RE:puzzさま
      はい、なかなかいい感じです。
      まだ夜は覗いていませんが、まぁまぁイケテるんじゃないかと思うとります。
      今日、グリる?なんて云ってるOLさんがひとりぐらいいるんじゃないかとも、
      思ってます(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*