Weinbau「Zawodsky」でウィーン郊外の清々しい庭のテーブルと自家製ワイン

zawodskyアドリア海北縁に浮かぶ街グラドを離れて、ザルツブルクに戻ってきた。
幼少の頃日本から独逸に渡ったEちゃんに云わせると、ザルツブルクは正確に発音するとサルツブルクとなるらしい。
Eちゃんは、誰かがクシャミをした時に間髪入れずに、Gesundheit!(お大事に!)と叫ぶととっても喜んでくれるのです(笑)。
名残惜しくもそんなサルツブルクを離れる日程が近づいてきました。
翌日の早朝に発つ便のため前泊するウィーンへと、ふたたびWestbahnに乗り込んだのでありました。

ウィーン市街をウロウロっとしてから、
地下鉄U-Bahn Wienで北方向へ。

U4のHeiligenstadt Bfという駅で降りて、バスを待つ。
親切に教えてくれたおばさまと一緒に乗り込んだバスを降りると、
Wiener Tramwayがアーチを潜っていく光景に出会した。zawodsky01zawodsky02zawodsky03StraßenbahnのGrinzingという停留所。
うんうん、何処に行っても路面電車ってのはいいものですね(笑)。

路面電車の軌道を離れ、
住宅地をうねるように進むと、
開けた視界の右手には白い塔。zawodsky04zawodsky05zawodsky06Pfarramt Kaasgraben Maria Schmerzenという、
白い教会を右に折れて往くと、
右手のなだらかな丘に葡萄畑が広がっているのが目に留まる。

なんか、そんな雰囲気になってきたねと足を急がせる。zawodsky07目指す場所はその坂道Reinischgasseの突き当たりにありました。

ここでいいのかなと覗き込むように門の中へ。zawodsky08小高い丘の上にそれらしき建物が佇んでいました。

コンニチハ~と呟きつつ、ドアを押すと、
木肌木目を活かしたボックスシートがコンニチハ。zawodsky09zawodsky10zawodsky11zawodsky12そのすぐ脇にあるカウンターでおねえさんが迎えてくれました。

硝子ケースの中や黒板メニューからお惣菜の幾つかを選んで伝えてから、
奥の階段を上がる。
裏手に広がる緑豊かな庭にはテーブルが配されて、
先発組の皆さんは既にグラスやジョッキを傾けています。zawodsky13zawodsky14清々しい空気。
いやはや、いい雰囲気だ。

隅のテーブルに腰掛けて振り返ると、
さっき眺めた葡萄畑の波が見渡せる。zawodsky15zawodsky16頭上で茂る葉の間から青空を見上げます。

素敵なユニフォームの若きおねえさんにワインを所望する。zawodsky17思わず葡萄畑を背景にしてみたくなる、
Chardonayのグラスが美しい(笑)。

ううむ、美味しい。
ふくよかな滋味とキレを生む酸味の加減がいい。
そこへそよそよ流れる風が美味しさを倍加させてくれます。

強い紅で誘うビーツの根のサラダや、
ポテトサラダErdäpfelsalatなどを盛り合わせ。zawodsky18zawodsky19zawodsky20ラードや南瓜の種のスプレッドkürbiskernaufstrichにパン。
量り売りのお惣菜たちでテーブルさらに素敵な装いになりました。
葡萄の葉で包んだご飯は、ギリシャ料理であるらしい。

お代わりは、Riesling。zawodsky21繊細さと円やかさのトーンが一段Chardonayと違って、
また別の美味しさに愉しくなるのです。

たっぷりのザワークラウトを添えた豚バラのパリパリ焼き。
schweinsbraten乃至はKrustenbrat’lという郷土料理のお仲間。zawodsky22zawodsky23キャラウェイを塗しカリカリに揚がった縁が旨い。
勿論、スープにどっぷり漬け込んだような旨味滴る身肉も旨い。
それは伝統的に食べられてきているものの底力をいただいているような気分でもあります。

黒板の文字から拾ったラタトゥイユ。zawodsky24崩れ過ぎずにしてくたっと炒め煮た野菜たちの美味しきことよ。
白ワインによく似合います。

そうそう、マッシュルームのリゾットは、
黒板にしっかり書き込んであるのに、
今日はできないって(残念!)。

木々に囲まれたテーブルゆえ、
こんなお客さまも勿論やって(降って)くる。zawodsky25間違って潰しちゃったりしないよう気をつけます(笑)。

ひと心地ついたところで、テーブルを変えてみた。zawodsky26建物の横手はテラスになっていて、
そこもまた人気の場所のよう。

屋根越しに葡萄畑を見遣れば、
さっきの教会の塔が臨めます。zawodsky27zawodsky28庭先には、いずれ菖蒲か杜若。
鮮やかな紫色がさらに気分を癒してくれます。

もう一杯と運んでもらったグラスは、
Sauvignon Blancの。zawodsky29ひと口して思うのは、ああこれが”猫のおしっこ”かということ。
雑味という訳ではない独特の風味が、
思えば思うほどそう思えてくるのがなんだか可笑しい。
そんな意味でも印象に残る一杯でありました。

と、お隣のテーブルの犬がこちらにも愛想を振り撒いてくれる。zawodsky30フレンチブルドッグパグってことでいいのかな。

陽が傾いてきたのでそろそろとご馳走さまをする。
テーブルで清算を済ませて、外階段を降りたら、
今度は猫がずんずんこちらに近づいてきた。zawodsky31zawodsky32人懐っこいネコって、いいよね。

清々しい風の抜ける庭のテーブルで、
量り売りの惣菜と一緒に自家製のワインが愉しめる、
Weinbau 「Zawodsky」は、ウィーン郊外にある。zawodsky33こんな素敵な場所、よくみつけたね(笑)。
お薦めしてくれたシャンタールさんにも大感謝!

「Zawodsky」
Reinischgasse 3, 1190 Wien [Map] (+43-1) 320 79 782
http://www.zawodsky.at/

column/03604

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*