麺や「七彩」でライブ手打ち麺のぺロムニュとじっくり醤油に煮干汁ああ堪らん

shichisaiそれは、7月の初旬のこと。
某SNSの画面を眺めていたら、月島方面歯医者さんの投稿が目に飛び込んできた。
そこにあったのは、麺や「七彩」のラーメンどんぶり。
この5月に東京駅八重洲口地下街の東京ラーメンストリートを晴れて卒業したとは聞いていたものの、その移転新店がなんと、さらに身近な八丁堀に登場するという吉報なのでありました。

その翌日、いそいそと訪れたのは、
平成通りとの交差点近くの八重洲通り沿い。shichisai01それは嘗て小さな書店があり、
中華居酒屋になり等していた場所。
お邪魔した正式オープンの日取りは、7月7日。
「七彩」だけに、ということなのでありましょう(笑)。

初々しい空気も孕んだ店内に立って、
入口脇にある券売機に正対します。
大きなボタンにはそれぞれ、
「喜多方らーめん(煮干)」「喜多方肉そば(醤油)」、
そして「つけ麺」が示されている。

券売機の上には、
八重洲のお店でも見掛けたような気もする、
「麺や七彩」と題された木版がある。shichisai02らーめんは、麺を美味しく食べるための料理である。に始まる、
一杯のどんぶりを作り上げることに対する想いが、
率直に語られています。

こちらの基本形と思う、
「喜多方肉そば(醤油)」のチケットをお兄さんに手渡して、
テーブル席にすぐさま変身しそうなスペースで暫しの待機。shichisai03カウンターの向こうには、
その真ん中に金髪にしてがっしり体躯の御仁がいる。
そう、「七彩」店主、阪田博昭氏その人であります。

入口側のカウンター席の隅に案内されて、
お冷のグラスを傾ける。
その眼前で麺打ち道場が繰り広げられることになるのです。

「七彩」と印字された大袋から、
ステンレスの盥に粉を盛り、適量の水を回す。shichisai04そして、それ相応の力を籠めて、捏ね纏める。

纏めた生地を軽く手で延ばし、短めの麺棒を添える。shichisai05shichisai06要所を押さえ付けるようにして、
ある程度延したら、もう少し長い麺棒を取り出す。

麺棒に巻き付けるようにして、
押して引いて、転がして。shichisai07shichisai08さらに長めの麺棒に切り替えて、押して引いて、転がして。
そうして、必要な大きさ厚さになったところで、粉を落とします。

出来上がった生地を麺切りカッターで素早く切れば、
忽ち「七彩」の麺の出来上がり。shichisai09shichisai10その後、別のスタッフが手もみをしている光景も見られます。

うどんの場合には、何時間か寝かすのが常だけど、
目の前で展開された麺打ちは、そんな時間も要さない、
一気に出来上がるライブ感がまた愉しくも興味深い。

わくわくの気分ゆえ、
どんぶりが届く所作が恭しく思えてしまう(笑)。shichisai11いやいや、不機嫌なところに届いても、
俄然気分のアガル光景でありましょう。

澄んだ汁の奥に、どっぷりと深い旨味を含むのが、
見た目でも判るって凄いことじゃないっスか。shichisai12あああ、なんだか焦ってしまいます(笑)。

箸で持ち上げた麺は、
手もみの縒れもしっかりついた螺旋状。shichisai14ペロペロというか、ピロッピロというか。
ツルピロというか、ペロムニュというか。
そんな口触り食感と真っ直ぐ伝わる粉の風味が、堪りません。

花弁展開の”肉”はと云えば、どうやら二種類ある模様。shichisai13喜多方っぽい脂ののった部位のものに対し、
ローストビーフちっくなのは、肩ロースかもも肉あたりのものでしょか。

裏を返して「喜多方らーめん(煮干)」。shichisai15shichisai16汁の表面に銀鱗混じりの粉が浮くのがお約束。
じっくり旨い醤油らーめんに、
荒ぶる煮干の旨味風味を手懐けて、
醤油の酸味を挿し色に、
成る程な塩梅に纏め上げています。
ペロムニュ麺は、固めでお願いする手もありそうだと、
打ち方の大きな背中を眺めながら思います。

間を空けずして今度は「つけ麺」にも挑んでみる。shichisai18つけ汁は、煮干スープをつけ麺用に仕立てた感じ。

麺は、件のライブ手打ち麺のぺロムニュ麺ではなく、
しっかり量感の艶やかストレート麺。shichisai19shichisai20“肉”の芳ばしさも愉しみましょう。

僥倖とも云うべき展開で八丁堀にやってきた麺や「七彩」。shichisai21一体全体、これから何度訪ねてしまうのでしょう(笑)。
そうそう、開店日には、
花輪も贈っていたご近所ラーメン店、
「ど・みそ」幹部Kくんの笑顔があったかと思ったら、
この日にはなんと「ど・みそ」社長もご降臨。
繰り出すどんぶりのタイプはまったく異なるものの、
互いにリスペクトするところがきっとあるのでしょうね。

「七彩」八丁堀店
中央区八丁堀2-13-2 ドミノビル [Map] 03-5566-9355
http://menya-sichisai.seesaa.net/

column/03598

「麺や「七彩」でライブ手打ち麺のぺロムニュとじっくり醤油に煮干汁ああ堪らん」への2件のフィードバック

  1. 日テレの「ぶら〜り途中下車の旅」で
    やってましたね。月曜日に八丁堀に
    行ったのでそのとき食べとけばよかった(^_^;)

    1. Re:puzzさま
      有力店が身近に出来て、嬉しい次第。
      一気にメディアに流れた感じで、混みはじめちまいましたね~。
      今日前を通ったら、舗道上に行列用の立ち位置をバミってました。
      もっと早い時間帯に行かなくちゃならなくなりました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*