中華そば「若葉」で焼きばら海苔チャーシュー麺海苔だくに冷やし中華の細縮れ麺

wakabaじめじめっとした梅雨の頃。
気圧の具合によっては、肌寒い瞬間があったり、ただもう蒸し蒸しとするばかりの日もあったり。
立ち止まるひとも多くて、渋滞が頻発する築地もんぜき通りのアーケード。
いつもは、築地KYビルの側を通ったり、ターレの並んだ路上を敢えて歩いたり。
中華そば「井上」や煮込み「きつねや」前の行列を避けて往くと、ちょうど「若葉」の丸椅子のひとつに空きがあるのが目に留まる。
久し振りに寄ってよと呼んでくれているような気がしました(笑)。

丸椅子に腰掛けて、
寸胴の奥の壁に提げられた品札をみる。
その脇に視線を移すと、
ラミネートした貼紙の数枚がある。
好評につき期間延長、とあるのはきっと、
いつぞや習志野さんが啜ってたあのドンブリだ。

早速オヤジさんに、
「焼きばら海苔チャーシュー麺」をノリダクでと註文する。
”汁だく”ならぬ”海苔だく”ってのも楽しい言い回しであります。

成る程、真ん中の刻み葱以外を覆い尽くすようにもみ海苔が載っている。wakaba01wakaba02海苔そのものは、
食べずしてパリパリとした食感と心地よい磯の風味が感じられる、
そんなテクスチャだ。

そんな焼きばら海苔を分け入るように、
割り箸の先をドンブリに挿し入れて、
底の方から麺を引っ張り上げる。wakaba03その麺は、如何にも屋台のノリを彷彿とさせる細き縮れ麺。
キリッと醤油の利いた汁と、
芳ばしき海苔の風味を纏った麺が文句なく旨い。
ラーメンに海苔トッピング大好き派の自分には、
こんな有難いドンブリもそうあるもんでもありません。

いよいよ暑さも迫る梅雨の晴れ間には、
額に汗を滲ませながらのもんぜき通り。
「冷し中華」の幟に誘われて。

今度は三席の丸椅子のひとつではなくて、
店先の立ち喰い台へ。
「井上」ではこの手のテーブルも混み合っているけれど、
ここでは貸切なのがちょと嬉しい。

冷しにも「若葉」謹製の焼きばら海苔がトッピング。wakaba04練り芥子を少々溶いて、いただきます。

酸味ほど良いタレの感じもくらげにチャーシュー、
ばら海苔の具合も勿論悪くない。wakaba05ただ、中華そばと同じ縮れ細麺は、
冷やし中華にイメージするツルツル麺のような具合とはいかず、
温かい汁の中では魅力的だったのが一転してもっさりしたものになる。
もっとも、冷やし専用に別の麺を用意するってこととなると、
色々な課題もきっと顔を出してくる。
「若葉」の個性的な細麺は、
中華そばにこそ似合うと再認識する瞬間でもありました。

もんぜき通りのアーケードに昭和30年開業の中華そば「若葉」がある。wakaba06三代目、四代目によって守られ続けている味わいは、
「井上」のそれとも「大一」のそれとも違う伊達がある。
例え市場が近くになくなっても、
ずっとそこにあって欲しい、そんな一軒です。

「若葉」
中央区築地4-9-1 [Map] 03-3546-6589
http://www.tsukiji-wakaba.com/

column/03593

「中華そば「若葉」で焼きばら海苔チャーシュー麺海苔だくに冷やし中華の細縮れ麺」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。
    「若葉」で焼きばら海苔のノリダクなんていっちゃいましたか(笑)。
    この海苔、香ばしくて旨いんですが
    スープに沈めないと食べづらいですよね。

    焼きばら海苔の冷やし中華ver.もあるんですか。
    興味をそそられますが
    今の暑さを考えると、門跡通りで飯は食いたくないなぁ。(^^;

    1. RE:習志野習志さま
      海苔onラーメン大好きな所為か、半分スープに浸って半分バリっとしたことを麺と一緒になんてあたりが絶妙な頃合いです。
      なはは、混んでてクソ暑いもんぜき通りはしばらく回避ですね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*