カレー専門店「パピー」元住吉店でチキンカレーとナポセットカツカレーもいい

papyこの数ヶ月、時折新川崎に赴く機会が何度となくある。
武蔵小杉でも横浜でもない、その間の操車場に造られた駅、新川崎。
川崎駅の代替駅として云々とかスカ線だとか列車番号のM、S、Eとかについては、sepp先生の解説を待ちたいところ(笑)。
操車場であったことからも、周囲にはなかなか広大な敷地が残されていて、
タワーマンションも建ってはいるものの、駅周辺は開発途上といった趣きがいたします。

それ故、駅から離れた線路沿いで、
おひる時を迎えるととっても困る。
住宅地の中に奇跡的に見つけた、
食堂「末広」にふたたびお邪魔するか、
いっそ川崎駅か武蔵小杉方面に戻ろうかということになります。

小倉陸橋なるバス停から乗り込んだバスで元住吉へ。
綱島街道から駅前に入り込んでお食事処を物色します。
何度か歩いたことのある、
その名もブレーメン通りを漫ろ歩き。
ランチタイムのあるお店はそう多くない中から選んだのは、
「かつや」二階の黄色いテントが目を惹く、
カレー専門店「パピー」です。

狭い階段を上がり、
硝子戸を開けばそこは、
如何にも喫茶店を居抜きで借りた佇まい。
なんだか落ち着いてしまいそうです。

腰掛けたテーブルの脇の壁には、
トッピングセットなるメニューもアピール。papy01カレーばかりかと思ったらなんと、
ナポリタンまであるではありませんか。

きっとナポちんはもう味わっているのだろうなと思いつつ、
ここはやっぱり「ナポリタン」と「チキンカレー」とを組み合わせたセットといたしましょう。

同僚と喋りながら暫く待っていると、
普通サイズのお皿のカレーがやってきた。
えええ?
もしかして、このサイズのカレーに同じサイズのナポリタンもやってくるの?と驚いた。
慌ててお店のおネエさんに訊いたらば、配膳の間違いでありました(笑)。

ということで、恐縮しているおネエさんを宥めつつ、
受け取ったお皿は想定通りの居住まい。papy02右にチキンカレー、左にナポリタンであります。

ナポリタンは、よく炒められた気配はするものの、
およそ茹で立ての麺のイキもよく、
油断するとシャツに飛ぶかも系。papy03ナポちんは、どんな感想だったかなと紐解けば
あ、ご注文までもがカブってました(笑)。
粉チーズがひと仕事してくれそうです。

たっぷり広がるカレーの海は、
コク味しっかりなるも、
リズムよくどんどこいただけるタイプ。papy04意外と手間が掛かっているのかもしれません。

またまた元住吉で、おひる時。
今度は、セットメニューではない、
基本形のメニューを眺めます。papy05「ハヤシライス」なんて手もあるのかと思案しつつ、
選んだのは「ロースカツカレー」。
前回と同じ中辛でお願いしました。

衣と豚肉が異論なく密接した、
お行儀の良いロースカツが、
カレーソースにその身を沈めようとしています。papy06 papy07衣の歯触りとと豚の脂や身の甘さにカレーのコクと香ばしさ。
誰が一体全体最初にカツカレーを考案したのか、
改めて褒めてあげたい気分になりました。
トッピングのカツが実は、
階下の「かつや」のカツである、
なぁんてことはありませんよね(笑)。

元住吉駅前のメインストリート、
ブレーメン通りにカレー専門店「パピー」はある。papy08キャッチフレーズが、♪カレーにパピ〜!であるかどうかは、
まだ確認が取れていません(笑)。
上野毛には嘗てヒロキエさんが通っていた「パピー」の上野毛店があったのだけれど、今はどうなっているのでしょう。

「パピー」元住吉店
川崎市中原区木月1-22-6鶴田ビル2F [Map] 044-433-7339
http://www.curry-puppy.com/

column/03592

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*