サントリーラウンジ「イーグル」で白洲ハイボール67年開業の老舗バーの空気

eagle中野のSUNTRY PUBといえば、
ご存知「BRICK」のこと。
昭和39年(1964年)の創業だから、
なかなかの老舗バーだということになりましょう。
「BRICK」はもう一軒、八重洲通りから一本日本橋寄りの横丁にも現存するけれど、そこには”SUNTRY PUB”のサインは見当たらない。
一度寄りたいなと思っていた大阪のションベン横丁にあった「十三トリスバー」は、残念ながら焼けてしまったという。
宮崎市には「赤煉瓦」というトリスバーがあるらしい。
最盛期には、全国で35,000軒ものトリスバーがあったらしいけれど、今ではそのうちの何軒が残っているのでしょう。

新宿紀伊國屋書店近くの「鳥源」で水炊きのコースをいただいたご一行さまは、もう一軒だけ寄り道しようとアルタの裏手方向へと漫ろに歩く。
「桂花ラーメン」近くの角地に建つシブい鰻店「こばやし」の佇まい眺めつつ、その向かいにある「どれすでん」なんて独逸の都市の名のバーに反応しつつ、紅い看板の前にやってきました。

階段を降りていくといきなり、硝子扉が自動で開いてちょと吃驚く(笑)。eagle01そのまま階下へと足を下ろしていくと、眼下にカウンターやテーブル席が俯瞰できる。

ちょうどお帰りのお客さんたちがあって、それがハケるのをしばし待つ。eagle02センサーがあるんだよねと話しつつ、でも横にスライドしないで蝶番から開閉する自動ドアはなかなか愉しい仕掛けだと今降りてきた階段を振り返ります。

緑青色の円形の中央にエンブレムをあしらったパネルが目に留まる。eagle03ここは秘密組織ショッカーのアジトか!と思ったりなんかして(笑)。

テーブル席に収まって、カウンターやバックバーを見渡してみる。eagle04頭上のシャンデリアが、明る過ぎず暗すぎずの仄赤く加減のいい照度を齎してくれています。

ジントニックのお三人に対して「白洲のハイボール」で、Prost ! eagle05角のそれに比べて、スッキリキリリとした吞み口になるのです。

雑炊まで平らげた「鳥源」のお料理でお腹はくちいので、軽いおつまみをひとつだけ。eagle06「薬膳ナッツ」は、木の実あれこれに無花果のドライフルーツ。
ちょっと、兎か栗鼠のような気分も過ぎります(笑)。

グラスを持ち上げてしげしげ眺めたコースターには、こちらの店名の他に「SUBARU」や「ASUKA」なんて名前も記されている。eagle07「昴」はご近所同系列のサントリーラウンジなんだけど、西口にあった「飛鳥」は既に閉店してしまっているらしい。
「SUNTRY LOUNGE」と並んで「HERMES WINE CORNER」という文字もある。
そうそう、池袋にある「ヘルメスワインコーナー」にも未だ訊ねたことがないけれど、そこでは壽屋がサントリーへと名を替える謎が解けるのでありましょか。

もう一杯だけと「モヒート」を。eagle08ラムの匂いとミントの風味に包まれれば、気分は一瞬に初夏になるから不思議なものです。

お会計の際に佇んだ場所の背面には、さらに階下へと辿る階段がある。eagle09地下二階にもカウンターがあるのかな、それともゆったりしたテーブル席があるのかなと想像が膨らみます。

新宿アルタ裏のサントリーラウンジ「イーグル」は、
1967年開業の老舗バー。eagle10-01一朝一夕では醸し出せない、大入り人気も納得のいい空間です。

「イーグル」
新宿区新宿3-24-11 セキネビルB1F・B2F [Map] 03-3354-7700

column/03558

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*