BISTRO「サンシビリテ」で仔羊の背肉香草風味と青森産バルバリー鴨ローストの夜

sensibiliteそう云えばこのところ、いつも混雑の「Coulis」にご無沙汰しちゃってる。
ご無沙汰と云えば、裏道のフレンチ「CHIC peut-être」はいつの間にか何気に大人気の店になってしまったらしい。
いつの間にかと云えば、ちょいとお洒落に作り込んだお皿が好物だったビストロ「サンシビリテ」は、いつの間にかランチ営業を止めてしまってた。
気軽なフレンチ「BISTRO BOIS DE PIN」や「Coulis」のある裏通りを歩くとき、灯りの消えた「サンシビリテ」の店先をちょっと寂しく眺めていました。

それ故、八丁堀界隈でご一献となった時、思い浮かべたお店のひとつに「サンシビリテ」のファサードが浮かんだのでした。
宵の口を過ぎた頃、約束の時間にはちょっと早いと辺りを散策する。
洋食「三好弥」の並びには「ドゥ タスク」なるトラットリアが出来ているし、以前「まめや」があった裏通りには「ノードロッソ」なるワインバーや「ロシナンテ」なる小さなビストロを新発見。
徘徊するのが愉しい街って、いいよね(笑)。

界隈をぐるっと巡ってから件の裏通り。
硝子越しに覗く夜の「サンシビリテ」の店内が、抑え目の照明でぼんやり浮かぶ。
左肩に置いたキュービックサインのオレンジだけが店の所在を知らせていました。

予約の名を告げて、所定のテーブル席へ。sensibilite01硝子越しの厨房では、シェフとサービスの奥さんとが右へ奥へと立ち動いています。

全員が揃って、こんばんは。
今は三田界隈に多く出没しているらしいPUZZさんに、初めましてのじゅんちくわさん四葉さんがご一緒です。

まずはグラスの泡をいただいて、この夜のメニューを眺めます。
4人様ですと6品ぐらいを選んでいただくとよいかと思いますとのアドバイスをいただいて、相談タイム。

まずは、メニュー外ですけど出来ますよと聞いて注文んだ「パテ・ド・カンパーニュ」。sensibilite02それは想定以上のドドンとサイズのキューブ状。
4人で取り分けるにもたっぷり。
粘度の高すぎない、ホロホロっとした食べ口がいい感じです。
もしかして店先のサインを意識したものだったりなんかして(笑)。

ドメーヌ「ムーラン」のソーヴィニヨン・ブランのボトルをいただいて、「北海道産ムール貝のエスカルゴバター焼き」。sensibilite03ひとつひとつを殻に載せ直して、ソースで覆い、パン粉を振る。
ソースを彩るパセリの緑が、例えば菠薐草のそれであるかのような、程よいまったりでムール貝を包んでいます。

そろそろそんな季節がやってくるなぁと想像しながら、「佐賀県産ホワイトアスパラとオマール海老のグリエ グリヴィッシュソース」。sensibilite04縦に半裁したアスパラには、残念ながら彼の地のような魅力はないけれど、口に出来ただけでもちょと嬉しい。

勝手に選んで御免なさいのひとつが「仔羊の背肉のロースト 香草風味」。sensibilite06それは、艶やかな断面のヴァーミリオン色。
スッとナイフの刃を受け止めてサクっと切れる。
弾力を噛むと綺麗な仔羊の香りと滋味が口腔にそっと広がって、美味い。
そんな仔羊の邪魔にならないように仕立てたソースもニクい。

同じローストでもこちらは「青森県産バルバリー鴨のロースト」。sensibilite05小舟町の「La Fenice」で初めていただいた「銀の鴨」を思い出しつつ、火入れの妙が齎した妖艶な弾力の身肉を切り分ける。
皮目の香りと真ん中辺りのじわっとくる旨味をゆっくりと咀嚼する。
そこへ「OPEN NOW」というシラーとムールヴェードルとのグラスを追い掛けます。

新富町の裏通りにひっそりと営むビストロ「サンシビリテ」。sensibilite07厨房前のカウンターを荷物置きにしておくのは勿体ない。
グラスで数杯のワインとオードブルとパスタで食事が出来るといいのだけれどなぁ。
あ、でも、パスタを含めないメニュー構成も意図してのことなのかもしれないね。

「サンシビリテ」
中央区新富1-8-7 新和ビル1F [Map] 03-6280-3481
http://ameblo.jp/sensibilite/

column/03529

「BISTRO「サンシビリテ」で仔羊の背肉香草風味と青森産バルバリー鴨ローストの夜」への8件のフィードバック

    1. Re:puzzさま
      ご指南通り6品注文もうとしていたのに結局5品だけだったことにずっと後から気がつきました(笑)。
      でも割と充分お腹満足の夜でしたよね?

  1. サンシビリテさんは私も大好きなお店です。美味しい上にボリュームもしっかりあって、いつも大満足です。(^^)v

    1. Re:バードさま
      ランチを止めてしまったのは少々残念ながら、夜に注力できる環境になったのだということですね。
      バードさん追っかけて、ちょくちょく顔出したいところです(笑)。

  2. その節はステキなお店を紹介していただきありがとうございました!
    実はジビエ苦手なんですが鴨美味しくいただきました!
    この辺りも新規店の台頭がすごいですよね。また八丁堀界隈の食べ歩き会やりましょうね!
    あと八丁堀食堂気になっています。

    1. Re:じゅんちくわさま
      ご一緒、ありがとーございました。
      苦手なものを訊ねもせず、スイマセンでした(汗)。
      でも、苦手系の美味しい体験に繋がってよかったです!
      また、界隈の徘徊(?)、ご一緒しましょう。
      「八丁堀食堂」はランチだけなので、じゅんちくわさんには意外とハードル高いかもですね。
      ガッツリボリュームを覚悟しつつ、お休みの平日にレッツトライ!

  3. 本文にあるロシナンテさんのランチに行ってきました。ランチはサラダとメインで1,200円でしたが、どちらもボリュームがあって大変美味でした。ここも人気店になりそうですね。

    1. Re:バードさま
      そうですか!
      ランチもやっているんですね。
      突撃したいと思いつつ、まだ訪ねたことがないので、遠からずお邪魔してみたいです。
      美味しくてボリュームあれば文句なし、ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*