一品料理「うさぎ」で まつも槍烏賊宗玄酒粕浜千鳥仮設でほっこり

usagi釜石のメインストリートに面して建つ、
中華料理「新華園本店」でじわっとくる、
釜石ラーメンの美味しさを堪能した後。
ふたたび車のお世話になって、
港方面などに案内いただく。
石釜ピザの店「PIZZARIA」や車中での話が、
面白いように色々繋がって、
唐突に知人の実家を訪ねたりなんかして、
釜石の夕暮れ近くを過ごしました。

何気なく眺めた光景のひとつ、
イオンタウンを出たところの右手にドブのような掘割りが、
倉庫のような建物に沿って続いていたところ。
訊けば、その上に呑み屋が軒を連ねて賑わっていたのだけれど、
津波を浴びて今はもう何もないという。
ほろ酔いのオッチャンたちが陽気に過ごしていた様子を想像して、
それが一瞬のうちに消えてしまったなんて切なくて残念で。

その後の様子は店々で勿論色々あるようだけれど、
そんなお店たちの幾つかを含めた呑み屋さんが、
釜石製鐵所近くの鈴子町の仮設店舗で営業していると訊いて、
すっかり陽の落ちた通りを釜石駅方向へと向かいました。

夜の釜石駅に辿り着いたら、なんと駅舎が素敵なことになっていた。usagi01「銀河鉄道の夜」をモチーフとしたLEDのディスプレイが、
銀河ドリームライン釜石線を静かにアピールしていたのです。

手前で引き返して迷ったりなんかしつつ(笑)、
鈴子公園に設置された「釜石はまゆり飲食店街」に到着。
飲食店街は、5棟に分かれて建っていて、
二階建てで居酒屋、小料理屋からスナック、バーまでを擁したA棟やB棟から、
ラーメン屋、寿司屋、蕎麦屋の並んだE棟までがある。usagi02「吞ん兵衛横丁」のゲートが迎えるB棟へと闖入しましょう。

目当てにしていた「とんぼ」の扉を開けると、小さなカウンターは満員御礼。
並びの「和 なごみ」は、席に空きはあるものの目星い惣菜は出ちゃってもうないという。
それでいて、誰も先客のいないところというのも気が退けるもの。
そんなこんなで、やや入り難い感のある仮設店舗の並びを前に右往左往(笑)。
「和」の女将さんが例えばと薦めてくれた「うさぎ」の扉を開けてみます。

すると、先客が二組あって、いい具合に手前の席に空きがある。
お淑やかそうで若めの女将さんが笑顔で迎えてくれました。

お酒は何がということで、
釜石の地酒、浜千鳥の山廃仕込みを燗につけてもらう。usagi04いくらの醤油漬けのお通しできゅっといただくぬる燗は、
さらっとして酸味の立った吞み口だ。

続いて女将さんが出してくれたお皿には、
芽葱のような松葉のような、鮮やかな緑色にして線状のものが浮かんでる。usagi05これは一体と訊ねるとそれは、「まつも」という海藻だそう。
しゃきしゃきした歯触りに磯の風味。
出汁酢に浮かべていただいたり、
味噌汁やお吸い物、ラーメンなどの汁物にもよく似合うという。
面白いね、土産にもいいねと頷き合います。

この日のお刺身から、槍烏賊を。usagi06まだ透明、って訳ではないけれど、十分な鮮度を思わせてくれる白肌の色艶。
噛めば甘いのは、柔らかな歯応えの下足までも。
うんうん、旨いね美味しいね。

焼きか天ぷらでと黒板メニューにあったのが、「宗玄酒粕」。
酒粕に漬け込んだ何かかと一瞬思うも然にあらず。
宗玄酒造は、釜石ではなくて石川の酒蔵らしい。
そこで醸した板状の酒粕を焼いてもらうことにしました。usagi07辺りに漂う酒粕の匂い。
焼き目のついた酒粕をそっと齧れば、
脳内に立ち昇るのは酒麹の風味か、馥郁たる発酵の残滓か。
香ばしくて、オツなものだねと頷きます。

柳鰈もなめた鰈も喜知次も既に出てしまったらしく、
目抜けのアラを炊いてもらうことにしました。usagi08骨の間や裏側をほじほじしながら燗酒を舐めるってのもまたオツでありますな。

お銚子のお代わりをして、
予想が外れた意外な仕立てだった「油揚げ焼き」なんかを摘んでいたら、
何の話題が切欠だったか、カウンターの奥にいたおふたりと会話を交わすようになる。usagi09「田酒、好きですよ~」というととっても喜んでくれたりしたおふたりは、
ともに青森は南部の出身で、釜石の港で潜水士として働いているという。
防波堤が破られ、地形の変わってしまった釜石の港の底や岸壁の縁に対して、
海中の見えないところでの土木工事を続けているのだそう。
冷たい海に何時間も潜って作業するのがどれだけの重労働か。
温かな南の海で、えへへへっとファンダイブしているのがなんだか申し訳ないなぁと、
そんな気分にもなったものの、
同じ”海に潜る仲間”のように扱ってもらえて助かりました(笑)。

釜石はまゆり飲食店街「吞ん兵衛横丁」の一室に一品料理「うさぎ」がある。usagi10仮設店舗のそれぞれに並んだ行燈看板はすべて、「浜千鳥」の名が載っている。
それはきっと、浜千鳥が地元釜石の酒蔵として提供したものなんだろうなぁと思うもの。
自信をもって薦めらる我が町の酒があるっていいですね、女将さん。
ほっこりとしたひとときをありがとーございました。

口 関連記事:
  中国料理「新華園」本店で 釜石ラーメン人形劇と海鮮ピザと釜石の今(15年01月)

「うさぎ」
釜石市鈴子町14 釜石はまゆり飲食店街 B棟114号 [Map] 0193-22-4155

column/03508

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*