洋食「ふじかわ」で 生姜焼きナポリタンかきフライ町の洋食今日も

fujikawaまず思い出すのは、 精肉店「ニッパイ」の奥にあったレストラン「成田」。 今は残念ながらシャッターが降りている。 そう云えば、その二階にある、 お好み焼きの「秋茄子」にも一度お邪魔したね。 「成田」のオッちゃんオバちゃんはリタイアされたと、 「秋茄子」の姐さんが話してくれたっけ。 他に知っているお店は、 ずっと以前に訪ねた美食酒家「花一」くらいか。 そう、意外と飲食店が少ないのが玉に瑕なのが、 中延のアーケード「なかのぶスキップロード」なのです。

そんなアーケードの中延商店街振興組合中が主催して、 隔年で催されるのが「中延ねぶた祭り」。fujikawa01今年も昭和通りからアーケードに向けて運行開始。 昭和通りのゲートを夕陽が染めていました。

飛び入りの跳人も大歓迎。fujikawa02どれだけ跳ねたかがよく判る、鍛えちゃった脹脛をしたハネト装束のお兄さんに、 普段着の客人も乱入して、跳ねる!跳ねる!

夕闇迫る昭和通りを灯りを点して鮮やかな黒石のねぷたが往く。fujikawa03急がず、慌てず、ゆっくりと、 早仕舞いしてたホットサンド「メイプルmaple」の前を通過します。

荏原中延駅近くのところで右旋回。 太鼓、篠笛、手振り鉦。 照明を落とした暗がりのアーケードをねぶたの囃子に乗って。

アーケードの両側を見物客が囲む中、休みつ進みつして、 中延駅近くまで進んだ行進はそこで折り返し。fujikawa04ラッセラ~ラッセラ~。 ふたたび荏原中延駅側の出口まで辿り着いて、大団円。 拍手に送られて熱気を孕んだねぶた達は、 商店街の裏手へと消えていきます。

ねぶたが消えていったのは、赤い看板の銀行裏手の駐車場。 そこが駐機場のようになっていて、活躍したねぶたも囃子もクールダウン。fujikawa05fujikawa06ハネ続けた跳人たちも休んで佇んでいたのが、 硝子棚に飾るコックさんが迎えてくれる、洋食「ふじかわ」の前でした。

例えば、小雨降る昼さがりには、 Gingerちんも勿論食べている「ポークしょうが焼き」。fujikawa08熱々の鉄板に載ってやってきた生姜焼きは、肉々野菜炒めスタイル。 生姜の風味はそんなに発揮されてない。 出来れば、炒め野菜とは別にして欲しいよな気もするなぁなどと、 ぶつぶつ云いつつ一気に完食(笑)。 付け合せの素ナポもペロリといただきます。

例えば、暑さの退いた夏の夕べには、 ナポちんも勿論食べている筈の「ナポリタン」。fujikawa09近くの厨房で炒めているのに、揚げ油の音に掻き消され、 臨場感にやや乏しいまま迎えた白いお皿には、 まったりとケチャップソースを纏った中太麺。

チーズは自分勝手に振り掛けたいよな気もするなぁとか、 やはり、もうひと超え煽り焼いて欲しいよな気もするなぁなどと、 ぶつぶつ云いつつ、ペロッと完食。fujikawa10 「ナポリタン」に「豚汁」を添えるシュールをちょと思う。 物足りない貴兄には、大盛り注文が宜しいようです。

例えば、秋もすっかり深まってきた夕餉どきには、 壁の貼紙確かめる、「かきフライ」はじめました。 席に座るや否や注文すれば、オカアさんの軽やかな「はーい」コール。fujikawa11如何にも洋食店の主人たる風貌のマスターが揚げる牡蠣フライは、 いつも揚げ色濃い目の松崎しげるタイプ。 しっかり火を通してくれるのはいいけど、 ジューシーさを損なわないようにして欲しいなぁなどと、 ぶつぶつ云いつつ、ハフホフと完食。 タルタルは当然に大歓迎だけど、 他所でもよく見る、牡蠣フライに練り芥子を添えてくれる意味が未だに判りません(笑)。

荏原中延駅の裏手に昼も夜も今日もある、町の洋食屋「ふじかわ」。fujikawa12fujikawa13fujikawa07メニューの中心は、「ふじかわ」謹製「エラベルセット」。 15種類のメインディッシュから2品か3品を選んで、 ライス・豚汁とセットしてくれるってヤツ。 近所の有名中華そば店の女将さんのお姿もお見掛けします。

口 関連記事:
  レストラン「成田」で 黒豚ロースカツ黒豚しょうが焼き肉屋の食堂(11年02月)
  ホットサンド専門店「メイプル」で 昼下がりの土井土井ハーモニー(11年10月)

「ふじかわ」
品川区東中延1-11-19 [Map] 03-3783-7537

column/03483

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*