Piano&LiveBar「McCartney」で 伊豆田洋之の歌声と山崎の丸氷

mccarteny.jpg村っちゃんと杉真理、山本英美とともに、 「ピュアミュージック」という恒例ライブツアーを行う、 4人組のメンバーのひとり、伊豆田洋之。 1999年に安部恭弘、村田和人、鈴木雄大とによる、 コンピレーション・アルバム「奇跡はここにあるのさ」 をリリースした「A,M,S&I」の一員でもある。 杉真理やサエキけんぞう等からは、 「日本のポール・マッカートニー」と評される。 そんなイズちゃんが、 デビュー30周年記念アルバム「Hello Your Smile」をリリースしました。

その発売日にライブがあるのかぁ、と寄り道したのが自由が丘。 その店は、ご存知「自由が丘デパート」に連なる「ひかり街」の一角にあるという。 ところが、東横線に平行して進む道に面した「ひかり街」入口から入るも、 照明が落ちていてどうやら休館日のご様子。 三階まで上がってみるも、日焼けサロンの灯りも消えている。

はて困ったと改めてお店のサイトを覗いてみると、 ご注意ください!「ひかり街」中央からの階段ではございません、と書いてある。 地図は、建物の都立大学駅寄りの隅にその所在を示していました。

自由通りが東横線を渡る踏切の前まで行ってみると、 成る程こちら側にも上に昇る階段があって、そこだけ灯りが点ってる。mccarteny01.jpg mccarteny02.jpgどういう訳か、手前側の三階フロアとは繋がっていないのだなぁと思いつつ近づくと、 伊豆田洋之ライブを知らせるパネルにやっと出会えました。

建物自体は、古くて妖しいけれど、 どうも割りと最近施工したのではとも思うお店の設え。mccarteny03.jpgピアノの置かれたステージ背面の装飾も印象的。 空調の排気音がやや大きいのと、電車が通る度に振動が伝わるのは已むなしか。

客筋は、残念ながら女性がほとんどで、 互いに顔見知りで勝手知ったるご様子。mccarteny04.jpg「余市」のハイボールなんぞを舐めながら、 開演までの時間を過ごすことといたしましょう。

トレードマークのむしゃむしゃ髪を揺らしながらピアノの前に座り、 以前足を運んだ、大井町の「Lock-Up」の時と同じようにペットボトルから水を飲む。 村っちゃんとは間逆の朴訥なるMCぶりがイズちゃんらしい。

この日は、たまたまライブ予定日がアルバム発売日と重なったこともあって、 発売記念オリジナル特集セットリスト。mccarteny05.jpg普段は、P.McCartneyやThe Beatles、B.Joelの曲を主体とした構成なのだけど、 どちらかというとオリジナルを聴きたい自分には、好都合(笑)。

ギターを手にしたり、ピアノに戻ったりしながら10数曲の第一部。 Pauseには、「山崎」のロックをいただいて。mccarteny06.jpg歪ながらも丸氷を削ってくれたことに、失礼ながらちょと感心(笑)。 「山崎」舐めながら聴く第二部では、新譜のナンバーを披露してくれた。 伊豆田洋之はやっぱり、メロディラインも歌声も心地いいのであります。

自由が丘ひかり街の隅っこにこっそりと、 Piano&Live Bar「McCartney」がある。mccarteny07.jpgまるで、ポールを唄うイズちゃんのために拵えたお店のようにも映る。 床にロゴマークを照射しているところも、大井町「Lock-Up」に似ているなぁと思ったら、 どうやら「Lock-Up」が移転してきたもののようですね。

口 関連記事:   PianoBar「Lock-up」で エメラルドのカクテルと奇跡の歌声(09年10月)


「McCartney」
目黒区自由が丘1-27-2 自由が丘ひかり街3F 12号 [Map] 03-6421-2458
http://www6.ocn.ne.jp/~jpm/
column/03482

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*