札幌ラーメン「さっぽろ純連」東京店で 味噌ラーメン老舗の匂いまた

jyunren.jpg高田馬場の駅を降りると何故か、 早稲田通りを明治通りの方へ進むか、 とんかつ「成蔵」のある緩い坂道の方へと足が向く。 嘗てジャズ喫茶「土井茶廊」そして「DUO」のあった、 さかえ通りも随分とご無沙汰だけれど、 久し振りにそれらとは別の方向、 早稲田通りを小滝橋方面へと歩きます。

通りを往けば、此処でも眼に入ってくるのがラーメン店の看板たち。 「光麺」に油そばの「ぶぶか」「力」に「天スタ」なる天理市からやってきた店もある。

その先では、なんとラーメン店3軒が横並び。jyunren01.jpgまるで一軒の店の包囲網のようにも、寄生するかのようにも、 正面から挑んでいるようにも見えます。 そして今夕のお目当ては、その3軒の真ん中。 札幌ラーメンの「さっぽろ純連」です。

食券を渡して見上げるのは、 カウンターに沿うように下がった暖簾と「純連」の文字。jyunren02.jpgこふいふぐるっと横長暖簾を施したお店って他に覚えがないけど、なんだか良いね。

お願いしていた「味噌ラーメン」がやってきた。jyunren04.jpg大判チャーシューもバターコーンも味玉トッピングもない、 デフォルトなのが食べたかったのだ。

ひとまず蓮華から啜るスープは、 ラードの膜が加減のいい効果を発揮して期待通りのあっつ熱。jyunren05.jpg 濃密な味噌のコクを生姜の風味がすっきりとした輪郭にして、なかなかどうして。 10数年前の印象があまり良くなかっただけに、 ちょっと襟を正していただく感じになるところ(笑)。 直截な美味しさを想うスープでありますね。

麺は勿論のかん水添加の黄色味を帯びたやつ。jyunren06.jpg狙い通り、熱々のスープにもへたることなく、抗うことなくシュッとした食べ口を齎してくれる。 うんうん、この麺とこのスープのコンビはこれはこれで不滅のような気がするな。

jyunren03.jpg券売機の脇や業務用冷蔵庫には、二枚の貼り紙がある。 その一枚が「さっぽろ純連」東京店の閉店を知らせてる。 もう一枚は、今の従業員が独立して店名を「さっぽろ羅偉伝」と改めて早々に営業を始めるという挨拶だ。

札幌ラーメン「純連(すみれ)」の流れを正統に汲む、 「さっぽろ純連(じゅんれん)」東京店。jyunren07.jpgまたひとつ、老舗の匂いのするお店がなくなろうとしています。

口 関連記事:   札幌ラーメン「さっぽろ純連」で 味噌ラーメンスープのえぐ味ははて(02年12月)   とんかつ「成蔵」で 余熱火入れカキフライ繊細な揚げ口に何思う(13年03月)


「さっぽろ純連」東京店 新宿区高田馬場3-12-8 高田馬場センタービル1F [Map] 03-5338-8533 http://www.junren.co.jp/
column/03442

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*